名作図鑑 Vol.37:エルエルビーン(L.L.Bean)

L.L.Bean bag エルエルビーン バッグ

Vol.37 L.L.Bean bag エルエルビーン バッグ Vol.37 L.L.Bean bag エルエルビーン バッグ

機能性を追求したモノがファッションアイテムに進化することは多々あります。今やカジュアルスタイルに欠かせないトートバッグも、昔は氷を運ぶための鞄でした。それを最初に作ったのが「エルエルビーン」。厚手のキャンバス地にビビッドなカラーの持ち手というトートの原型は、このブランドから生まれました。タフで大容量、そしてスタイルを選ばないという三拍子そろった定番バッグをご紹介します!

Photo_Yukihisa Ishii

vol.37

氷を運ぶために誕生した強靱な鞄は今も昔も変わらず何でも運んでくれる

いつでも、どこでも、誰でも使える定番のバッグといえばトートバッグですよね。いろいろなブランドから展開されていますが、その元祖といえば「エルエルビーン」だと知っていましたか? 元々は、電気冷蔵庫のない時代に氷を持ち運ぶために開発され、とことん機能性にこだわってデザインのむだを省いたアウトドアアイテムでした。それをアメリカ東海岸の大学生がファッションアイテムとして目をつけたのがきっかけで、老若男女のいろいろなものを運ぶことになったのです。最近はマザーズバッグとしても人気を博し、ますますの万能っぷりを発揮しているココのトートから目が離せません!

Boat & Tote Bag Open Top ボート・アンド・トート・バッグ オープントップ

誕生から70年経っても変わらないつくり
誰もが憧れたMade in USAのトートバッグ

氷の塊を運ぶためのバッグ「ビーンズ・アイス・キャリア」として、1944年に発売された本品。当時、氷が溶けても染み出さないよう24オンスの分厚いキャンバス地を使用していましたが、70年経った今も素材は同じ。製造場所も変わらず、アメリカ・メイン州の自社工場です。機能性にこだわったがゆえのシンプルなデザインと頑丈な作りで、何十年と使い続けられるのが魅力。サイズはスモールからエキストララージまでの4種類。ハンドルの長さはレギュラーとロングから選べます。

名作ZoomUp!

  1. 01 厚みのあるキャンバス地を
    ダブル・ステッチでさらに補強

    重い荷物をしっかりとサポートするため、サイドは生地が重ねられています。オーバーラップ部分は、縫い目が劣化したり、ほころんだりすることのないよう、丈夫なナイロン糸のダブル・ステッチで補強。

    厚みのあるキャンバス地をダブル・ステッチでさらに補強
  2. 02 消耗しやすいボトム部分は
    キャンバス地を二重に重ねる

    負荷がかかりやすいボトム部分は、キャンバス地を重ねてさらに補強されています。この部分とハンドルのカラーリングがデザインのアクセントとなっていて、常時5色の中から選ぶことができます。

    消耗しやすいボトム部分はキャンバス地を二重に重ねる

その他の名作もCheck!

  • Hunter's Tote Bag ハンターズトートバッグ

    Hunter's Tote Bag ハンターズトートバッグ

    高い耐水性と堅牢性を誇る
    ハンター達のためのバッグ

    迷彩色を配した、ハンターのためにデザインされたトート。丈夫な素材とつくりが特徴です。本体は1,200デニールのポリエステル素材、内側は熱処理されたプラスチックでコーティングされているので、高い耐水力を発揮。サイドは布を重ね、ナイロン糸でダブル・ステッチで仕上げてあります。

    ハンターズトートバッグを探す

  • Everyday Lightweight Tote エブリデー・ライトウェイト・トート

    Everyday Lightweight Tote エブリデー・ライトウェイト・トート

    軽く丈夫で、小さくたためる
    旅行先でも便利なナイロントート

    オリジナル・ボート・アンド・トートからヒントを得たトート。ボトムの二重構造など、オリジナルと同様の丈夫なつくりはそのままに、軽いナイロン素材を使用し、ジップを配することでより日常で使いやすくなっています。小さくたためるので、旅行先でも便利。外側と内側にポケット付き。