名作図鑑 Vol.17:フィルメランジェ(FilMelange)

FilMelange T-shirt フィルメランジェ Tシャツ

Vol.17 FilMelange T-shirt フィルメランジェ Tシャツ Vol.17 FilMelange T-shirt フィルメランジェ Tシャツ

夏のファッションに欠かせない存在、Tシャツ。汗ばむ夏の季節には、“Tシャツにジーンズが一番”という方も大勢いるはずです。その中でも無地Tは、スタイルを選ばずに着用できる万能アイテム。無地Tを選ぶ基準でいうなら、デザインはもちろん、素材、肌触りが重要です。そのすべてを兼ね備えた「フィルメランジェ」のTシャツは、1度着用すれば手放せない、夏の相棒になるハズ。ここでは、着る人を魅了して止まない「フィルメランジェ」の魅力にズームインしちゃいます!

Photo_Kazuo Yoshioka(BURONICA)

vol.17

原料から縫製まで徹底的にこだわる「Made in Nihon」の職人ブランド

誰しも捨てられない、愛着のあるTシャツってあると思います。何年着てもヘタれない1枚なら、なおさら愛おしさもひとしお。そんな1枚になるであろうブランドとして、名前が挙がる「フェルメランジェ」のTシャツは、オーガニック素材を積極的に使用し、着るたびに身体に馴染む肌触りが特長。“Made in Nihon”をモットーに、原料の「わた」から「縫製」のすべてを一貫して行う、こだわりっぷりも人気の1つです。知るほどに、そして着るほどに愛着のわく、職人気質のブランドに注目です。

DIZZY ディジー

ゆったりシルエットとオーガニックの肌触りが着心地最高!

オーガニックコットン糸の生産工程でふるい落とされた繊維を集め、 50%のバージンオーガニック綿と掛け合わせた、上質なリサイクルコットンを使用。肌にも環境にもやさしいディジーは、身幅にゆとりを持たせたシルエットと、胸より下に付いたポケットがポイント。オリジナルのメランジェカラー糸による、ヴィンテージの風合いは「フィルメランジェ」特有で、ほどよい厚みも持たせた柔らかなオーガニックの肌触りを、存分に楽しめる1枚になっています。写真は筆者の私物。

名作ZoomUp!

  1. 01 何度洗濯してもヘタれない
    耐久性のあるバインダー仕様

    Tシャツの中で一番汚れて、擦れてしまう部分といえば、首周り。「フィルメランジェ」のTシャツは、コシのある肉厚な生地と耐久性のあるバインダー仕様なのでヘタれ知らず。洗濯機で何度洗濯しても、ヨレヨレ、クタクタにならないタフさが自慢です。

    何度洗濯してもヘタれない<br>耐久性のあるバインダー仕様
  2. 02 着用するたびにスッと馴染む
    オーガニック素材の肉厚な生地

    独自配合の有機リサイクルコットン「オーガニックラフィー」。上質なオーガニックコットンと、バージンオーガニック綿を掛け合わせて紡績された生地は、コシのあるしっかりとした質感だけでなく、「フィルメランジェ」特有の柔らかな着心地も楽しめます。

    着用するたびにスッと馴染む<br>オーガニック素材の肉厚な生地

その他の名作もCheck!

  • SUNNY サニー

    SUNNY サニー

    1枚でサマになる、永久定番のポケットTシャツ

    ブラジル産の超長綿を「わた」の段階から別注し、紡績して編み上げたサニーの天竺生地は、何年着ても型崩れせず、肌馴染みもバッチリ。丸胴のスッキリとしたシルエットと斜行のポケットが特長の同モデルは、毎年新色がリリースされる「フィルメランジェ」の永久定番モデルでもあります。

    サニーを探す

  • VICTOR ヴィクター

    VICTOR ヴィクター

    ほどよい首元のあき具合が、ラグジュアリーな印象に演出

    カシミアのような柔らかい肌触りと、シルクのように品のある光沢を放つ天竺生地を採用。ヴィクターの特長とも言えるVネックは、本体のリブと地の目を変えることによって、耐久性を持たせています。上品なデザイン・シルエットを兼ね備えるヴィクターは、年齢の枠を超えて愛用できる名品です。