のむラップ・ファンド(普通型)

ホーム > 投資・資産運用 > 投資信託比較 > のむラップ・ファンド(普通型)

のむラップ・ファンド(普通型)

運用会社
野村アセットマネジメント
投資信託一覧
基準価額:
22,220 円  前日比 -131円(-0.59%)
純資産:
212,702 百万円

(2022/09/30)

大分類投資信託分類用語解説
バランス・複合資産追加型
  • シャープレシオシャープレシオ用語解説
    0.92
  • リスクレベルリスクレベル用語解説
    2(やや低い)
  • 信託報酬信託報酬用語解説
    1.3530
  • 信託財産留保額信託財産留保額用語解説
    0.3000
 
 
 
  • のむラップ・ファンド(普通型)の基本情報
  • のむラップ・ファンド(普通型)のクチコミ

のむラップ・ファンド(普通型)のサービス情報

騰落率

3ヶ月6ヶ月1年3年
期間+1.26%+4.47%+3.07%+27.87%
年率+5.04%+8.94%+3.07%+8.54%

2022/08/31現在

決算日 2011/
2/18
2012/
2/20
2013/
2/18
2014/
2/18
2015/
2/18
2016/
2/18
2017/
2/20
2018/
2/19
2019/
2/18
2020/
2/18
2021/
2/18
2022/
2/18
分配金 10円0円10円10円10円10円10円10円10円10円10円10円

のむラップ・ファンド(普通型) 販売会社情報

販売会社 販売手数料(※) コメント 掲載本数 ファンド詳細
SBI証券 0.0000% 株式・投資信託など、取扱商品数はネット証券トップクラス!600万人以上に選ばれているネット証券最大手の証券会社です。 2496本
マネックス証券 0.0000% はじめやすい手数料、米国株など豊富な取り扱い商品、独自のツール・アプリであなたの資産形成をサポートします。 1067本
楽天証券 0.0000% 業界屈指の株式取引手数料、投資信託取扱本数はトップクラスの品揃え、充実のトレーディングツール「マーケットスピード」は投資初心者の方にも好評です。 2525本

※手数料は各金融機関での最高手数料又は最低手数料〜最高手数料を表示しています。買付金額又は買付方法により手数料が異なる場合がありますので、ご購入の際にお確かめください。

のむラップ・ファンド(普通型) 商品分類・属性

分類募集形態株式属性債券属性投資形態為替ヘッジ
バランス・複合資産 追加型 - - ファミリーファンド なし
ブルベア型インデックス型ETF
× × ×
投資対象地域
グローバル

のむラップ・ファンド(普通型) 運用状況

  • 設定年月日: 2010年 3月15日
  • 満期償還日: -
  • 組入比率:
    • 株式:37.7%
    • 債券:47%
    • その他:15.3%
    • (2022年 8月31日現在)

投信協会ファンドコード:01313103

「バランス・複合資産」純資産ランキング

のむラップ・ファンド(普通型)と同じバランス・複合資産の純資産ランキングです。
名称 純資産 運用会社

1

投資のソムリエ 551,742百万円 アセットマネジメントOne

2

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型) 『愛称:円奏会』 489,173百万円 東京海上アセットマネジメント投信

3

さわかみファンド 325,224百万円 さわかみ投信

4

セゾン・グローバルバランスファンド 324,161百万円 セゾン投信

5

スマート・ファイブ(毎月決算型) 313,656百万円 日興アセットマネジメント

「バランス・複合資産」純資産ランキングへ

証券会社比較 投資応援キャンペーン
  • 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • 掲載情報によって生じたいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。
  • データは過去の実績によるものであり、将来の運用実績を予測するものではありません。
  • 掲載情報は予告なく、内容の変更、削除等が行われることがあります。
  • 投資信託をご購入の際は、必ず目論見書の内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 弊社はファンド情報の提供のみを行っており、金融商品取引業、金融商品仲介業や銀行代理業を行っているものではありません。
  • 弊社では掲載企業のサービスに関するご質問にはお答えできません。各金融機関へ直接お問い合わせください。
  • 価格.com限定特典やその他キャンペーン・特典については各掲載金融機関において実施されるものであり、掲載金融機関による募集要綱等を十分にご確認ください。
  • 投資信託の名称は略称名を使用している場合があります。

このページの先頭へ