ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07

ホーム > 投資・資産運用 > 投資信託比較 > ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07

ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07

運用会社
ブラックロック・ジャパン
投資信託一覧
基準価額:
9,985 円  前日比 +3円(+0.03%)
純資産:
5,152 百万円

(2022/09/29)

  • ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07の価格.comレーティング価格.comレーティング用語解説

    -

  • ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07の順位順位用語解説

    -位/-位中

  • ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07の人気ランキング
大分類投資信託分類用語解説
バランス・複合資産単位型
  • シャープレシオシャープレシオ用語解説
    -
  • リスクレベルリスクレベル用語解説
    -(-)
  • 信託報酬信託報酬用語解説
    0.0737
  • 信託財産留保額信託財産留保額用語解説
    -
 
 
 
  • ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07の基本情報

ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07のサービス情報

騰落率

3ヶ月6ヶ月1年3年
期間--------
年率--------

2022/08/31現在

決算日
分配金

ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07 販売会社情報

ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07 の販売会社情報はございません。

販売会社情報のある投資信託一覧を見る

ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07 商品分類・属性

分類募集形態株式属性債券属性投資形態為替ヘッジ
バランス・複合資産 単位型 - - ファミリーファンド あり
ブルベア型インデックス型ETF
× × ×
投資対象地域
グローバル、日本

ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07 運用状況

  • 設定年月日: 2022年 7月29日
  • 満期償還日: 2027年 8月27日
  • 組入比率:
    • 株式:0%
    • 債券:96.6%
    • その他:3.4%
    • (2022年 8月31日現在)

投信協会ファンドコード:48211227

「バランス・複合資産」純資産ランキング

ブラックロック・リスク抑制分散投資ファンド(満期償還時上値限定・元本確保契約付)2022−07と同じバランス・複合資産の純資産ランキングです。
名称 純資産 運用会社

1

投資のソムリエ 553,708百万円 アセットマネジメントOne

2

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型) 『愛称:円奏会』 489,584百万円 東京海上アセットマネジメント投信

3

さわかみファンド 331,863百万円 さわかみ投信

4

セゾン・グローバルバランスファンド 322,912百万円 セゾン投信

5

スマート・ファイブ(毎月決算型) 314,022百万円 日興アセットマネジメント

「バランス・複合資産」純資産ランキングへ

証券会社比較 投資応援キャンペーン
  • 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • 掲載情報によって生じたいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。
  • データは過去の実績によるものであり、将来の運用実績を予測するものではありません。
  • 掲載情報は予告なく、内容の変更、削除等が行われることがあります。
  • 投資信託をご購入の際は、必ず目論見書の内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 弊社はファンド情報の提供のみを行っており、金融商品取引業、金融商品仲介業や銀行代理業を行っているものではありません。
  • 弊社では掲載企業のサービスに関するご質問にはお答えできません。各金融機関へ直接お問い合わせください。
  • 価格.com限定特典やその他キャンペーン・特典については各掲載金融機関において実施されるものであり、掲載金融機関による募集要綱等を十分にご確認ください。
  • 投資信託の名称は略称名を使用している場合があります。

このページの先頭へ