電子ピアノの選び方

ホーム > ホビー > 楽器 > 電子ピアノ > 電子ピアノの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「アコースティックピアノとの違いは?」「どういった機能があるの?」など、電子ピアノ選びの際に浮かぶ疑問を解決できるのが選び方ガイドです。電子ピアノ選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェックしましょう!

電子ピアノ選びの前に

電子ピアノとアコースティックピアノの違いは?

電子ピアノとアコースティックピアノの違い
電子ピアノとアコースティックピアノ(一般にピアノと呼ばれるグランドピアノやアップライトピアノの総称)は、音を出す仕組みが根本的に違います。アコースティックピアノでは、鍵盤を押すことで内部のハンマーが弦をたたいて音を出すのに対して、電子ピアノには弦がなく、鍵盤を押すことで内蔵されている音源を発音させ、スピーカーによって増幅させるようになっています。電子ピアノはアコースティックピアノよりも低価格で、ヘッドホンを使用した消音演奏が行えたり、調律が不要だったりと使い勝手の良い機能面が充実しています。一方で、鍵盤のタッチや音色など音を表現する点に関しては、アコースティックピアノと大きな違いがあります。そのため、アコースティックピアノでの演奏に向けた本格的な練習用に購入する場合には、できるだけアコースティックピアノのタッチや音質に近い高級機を選んだほうがよいでしょう。

このページの先頭へ

製品選びのポイント

より本物のピアノに近いタッチを求めるなら「鍵盤の構造・材質」をチェック

より本物のピアノに近いタッチを求めるなら「鍵盤の構造・材質」をチェック

アコースティックピアノでは打鍵のタッチで音色が変わります。上級者ほどこの音色表現を追求するための練習が必要になるため、アコースティックピアノに近いタッチの電子ピアノを選ぶのがよいといわれています。電子ピアノのタッチをよりアコースティックピアノのものに近づける要素としては、「エスケープメント」機構によるクリック感の再現や、低音から高音に上がるにつれ鍵盤が軽くなるなどの構造、鍵盤の材質差などがあります。高級機はとくに連打感や、鍵盤の沈み、戻り感などをより厳密にアコースティックピアノに近づけるような構造が採用されています。材質は、プラスチックや木材にアクリル樹脂を塗ったものが主ですが、なかにはアコースティックピアノに使われている象牙鍵盤に似せた人工象牙を使用し、よりリアルなタッチに迫っている製品も販売されています。

「エスケープメント」とは?

アコースティックピアノには、鍵盤をゆっくり押し込んだときにまるで何かにひっかかったような独特の感覚(クリック感)があります。これは、打鍵後に弦をたたいて音を鳴らしたハンマーが、弦の振動を止めないように速やかに離れる仕組みによるもので、これを「エスケープメント」機構と呼びます。アコースティックピアノでの本格的な演奏に向けた練習をしたい場合、この機構によるクリック感などタッチの再現にこだわっているモデルを選ぶのがよいでしょう。ちなみに、KAWAIではこれを「レットオフフィール」と呼んでいます。

音質をチェック

電子ピアノも技術が進化し、グランドピアノさながらのサウンドを奏でる機器も販売されています。サンプリング音源やスピーカーの個数によって、音質が大きく変わってきますので、こだわる人は必ずチェックしておきたい要素です。

サンプリング音源

電子ピアノでは録音した本物のピアノの音を音源に使用しているものが主流です。なかにはスタンウェイなどの最高級ピアノから音源を取っているものもあり、上質な音色で演奏することができます。

スピーカー

鍵盤をたたくと内蔵音源が鳴りますが、これを外部出力させるのがスピーカーの役割です。内蔵されているスピーカーの個数は2、4、6個が標準的ですが、多ければ多いほど臨場感のある演奏が可能です。

中・上級者の練習用途なら「ペダル」と「最大同時発音数」をチェック

演奏レベルが上がるにつれ、電子ピアノにも相応の機能が必要になります。本格的に練習する人は、アコースティックピアノと同様の演奏をするために必要な機能がついているものを選びましょう。

ペダル

電子ピアノのペダルは、音を伸ばすダンパーペダル(サスティンペダル)のみと、より本格的に演奏できる3つのペダル(ダンパー、ソフト、ソステヌート)がすべて付いているものの2タイプに大きく分けられます。ダンパーペダルがあれば、音をなめらかにつなげるテクニックである「レガート・ペダル」などの練習ができます。中・上級レベルになると、その他の2つのペダルを使用したより本格的な演奏をする機会が増えますので、レベルに合わせてペダルの有無・種類を選びましょう。

最大同時発音数

最大同時発音数とは、同時に出せる音の上限数です。同時に押した鍵盤の数だけでなく、ダンパーペダルを踏んで、伸びた余韻音も発音数に加算されます。最大同時発音数が少ないと、最初に出た音から順番に切れていくため、とくにコード演奏などの音に重なりがある曲は途切れて、なめらかに聞こえません。なお、電子ピアノはステレオですので、1つの鍵盤を弾いたときの発音数は2とカウントされます。すなわち、最大同時発音数が64の場合、同時に鳴らせるのは鍵盤32個分の音となりますので注意が必要です。

最大同時発音数で探す

便利な機能で選ぶ

電子ピアノのなかには、練習を補助する機能やさまざまな音色で演奏を楽しめる機能など、多彩なサポート機能を搭載しているものがあります。

録音機能

自分の演奏を録音できる機能です。機能の内容はさまざまで、録音した演奏にさらに重ねて録音できる製品もあります。このような製品では、違う音色の音楽を重ねることでバンドサウンドを作成することも可能です。

録音機能搭載製品を探す

自動伴奏機能

自分の演奏に合わせて、ギターやバイオリンなど各種楽器の音色によるさまざまなリズムパターンの伴奏を自動で鳴らしてくれる機能です。伴奏を聞きながら練習できるので、クラシックピアノだけでなく、ポップスやジャズも練習してみたいという人にも便利な機能です。

自動伴奏機搭載製品を探す

音色数

ピアノのほかに、シンセサイザーやオルガンなどの鍵盤楽器をはじめ、ギターやバイオリン、ヴィオラ、チェロなどの弦楽器、ドラムなどの打楽器まで豊富な音色が内蔵されており、鍵盤をたたくことでさまざまな音色での演奏が楽しめます。

ネットワーク機能

Wi-Fiでのネットワーク接続やUSB接続により、スマートフォンやタブレットで演奏曲を録音・編集したり、専用サイトでダウンロードした曲を電子ピアノで自動演奏したりと、ネットワークを駆使した便利機能を搭載したモデルがあります。

配置スペースを考えて選ぶ

通常のアコースティックピアノよりはスリムで軽量な電子ピアノですが、それでも一定の配置スペースを確保する必要があります。とくに奥行きは本体のみならず、椅子の出し入れも考慮してサイズを選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ

電子ピアノのおすすめ製品はコチラでチェック

電子ピアノの主なメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハ(YAMAHA)

すべての層に対応したラインアップと品質が魅力

エントリーモデルからハイスペックモデルまで、すべてのユーザーに対応したラインアップの広さが魅力。限りなくグランドピアノに迫った音質のハイグレード機種でも信頼を得ています。

ヤマハ(YAMAHA)製品を探す

カシオ(CASIO)

カシオ(CASIO)

気軽に楽しみたい人から本格派まで幅広くフォロー

低価格で初心者向けのイメージですが、最近ではベヒシュタインの音源を使用した、「CELVIANO Grand Hybrid」シリーズなど、本格派も認めるハイスペック機も販売しています。

カシオ(CASIO)製品を探す

KORG(コルグ)

KORG(コルグ)

デザイン性が高くコスパにもすぐれ、気軽に楽しみたい人に最適

スタイリッシュなデザインが人気のメーカー。求めやすい価格のわりに、音質にも一定の評価があります。気軽に演奏を楽しみたい人にピッタリです。

KORG(コルグ)製品を探す

KAWAI(河合楽器製作所)

KAWAI(河合楽器製作所)

独自の響板スピーカーで大迫力のサウンド

グランドピアノ級の高い音質を求めると、各メーカー30万円以上のハイクラスになることが多いですが、 KAWAIなら独自響板スピーカーを採用しミドルクラスでも高いレベルの音質が得られます。

KAWAI(河合楽器製作所)製品を探す

ローランド(Roland)

ローランド(Roland)

独自のサンプリング再現性で高い音質とタッチを追求

高いレベルでグランドピアノの音質と打感を追求するメーカー。とくにサンプリング技術は優秀で、「スーパーナチュラル・ピアノ音源」によって鍵盤ひとつひとつの音色や響きまで再現しています。

ローランド(Roland)製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Q5万円の電子ピアノと30万円のものではどう違うのですか?
A良音を奏でる構造や素材が決定的に違います。
5万円クラスのモデルが、単純に演奏を楽しむ目的に限られる一方で、高級機では音の強弱や大きさなど、演奏の繊細な表現力を反映できるようになります。ほかにも、高級ピアノからとったサンプリング音源や、木製の鍵盤など細部も「グランドピアノらしさ」に限りなく近づいています。

このページの先頭へ

用語集

高精細センサー
ピアノを弾く強弱ニュアンスをキャッチするセンサー。センサーが複数になるほど表現力豊かな演奏が可能です。連打性能にもすぐれているうえ、高級機のなかには弾き方の微妙な違いまで感知する高性能なセンサーが搭載されているものまであります。
ガイド機能
曲の弾く箇所に合わせて鍵盤が光ります。楽譜を読まずとも練習ができるので、簡単な演奏を楽しみたい人や初心者に適した機能です。

このページの先頭へ

このページの先頭へ