価格.com

ローン

住宅ローン比較

あなたにピッタリ、おトクな住宅ローンを探そう!

住宅ローン比較

25700

掲載金融機関の例

イオン銀行

auじぶん銀行

新生銀行

住信SBIネット銀行

PayPay銀行

三井住友銀行

三菱UFJ銀行

りそな銀行

アルヒ

条件から選ぶ

利用目的
金利タイプ

人気ランキングから選ぶ

  • 新規借り入れ
  • 借り換え
  • auじぶん銀行
    1

    auじぶん銀行住宅ローン 全期間引下げプラン 変動

    変動金利
    0.219% (2023/06/01 時点)
    • 表示金利は「au金利優遇割」(年-0.100%)が適用されています。適用前は年0.319%です。
    この住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4

    金利の低さが魅力でした

    マンションの販売会社の提携にあったので、審査を申し込みました。
    ペアローンにしなくても審査が通り、金利も非常に低かったので選びました。
    金利の適用に必要な条件等も特に煩わしいようなものは無かったので、スムーズに申し込めました。
    ネット銀行なので書類の準備やアップロードは全て自分で手配と管理が必要ですが、都度メールで連絡が来るので思っていた以上に簡単に手続きできました。

  • 住信SBIネット銀行
    2

    住信SBIネット銀行住宅ローン(WEB申込コース)<通期引下げプラン> 変動

    変動金利
    0.320% (2023/06/01 時点)
    • 審査結果によっては、表示金利に年0.100%〜年0.750%上乗せとなる場合があります。
    この住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4

    全疾病保障が基本付帯

    単純な金利だけ見ると最安値ではないですが、全疾病保障が基本付帯でこの金利なので総合的に見ると安いと思います。またネット銀行として頻繁に住信SBIネット銀行を利用していたので信用度がもともと高かった事もありますね。

    【金利】 変動金利でありかなり低めです。さらには全疾病保障が基本付帯されます。

    【借り入れ費用】 保証料や一部繰り上げ返済の時の手数料などは無料です。事務手数料は普通にかかります。

    【返済】 元利均等返済と元金均等返済があり、一部繰り上げ返済や全額繰り上げ返済もできます。

    【保険オプション】 特にありませんが、基本付帯で全疾病保障が付くので問題なしです。また女性の方はガン診断給付金特約が無料で付きます。

    【借り入れ手続き】 仮審査は気軽にウェブ上で申し込めます。正式審査は書類を郵送することになりますが、来店する必要はないです。

    【サポート】 金利などについてサポートに問い合わせた時の対応は丁寧でした。

    全疾病保障が基本付帯でこの金利は非常に魅力的です。

  • この住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4

    手続き、保険オプションなどがわかりやすかった。

    もともとメインバンクとしてみずほ銀行を利用していたので最初に候補に上がった。
    他の銀行数行とも比較したが、全体的にそれほど差がなかったためそのままみずほ銀行に決定した。
    手続きがそれほど複雑ではなく、疾病保険などもあり良かったと思う。

    【金利】当時はどこもそれほど差がなかったきがする。
    【借り入れ費用】普通
    【返済】繰り上げ返済がしやすい
    【保険オプション】別途費用がかかるが、8大疾病保険がついていてよかった
    【借り入れ手続き】1度の店舗への訪問で手続き完了した
    【サポート】利用していない

    初めての住宅ローンでよくわからず大手銀行の中から選んだが、現在はネット銀行など選択肢も多く、金利や特典など様々だと思うので選択肢が沢山あると思う。

2023/06/09 現在 [更新日時] 2023/06/08 09:00 [集計期間] 2023/06/01〜2023/06/07 人気ランキングは、価格.comユーザーのアクセス数・お申込み状況を元に集計しています。

お申し込みまでの流れ

一般的な住宅ローン借り入れの手続きは、次のような流れになります。

  • シミュレーション
  • 比較・検討
  • 仮審査・申し込み
  • 仮審査通過後
    本審査
  • ローン契約締結
  • 融資実行
    借り入れ完了

住宅ローンの比較検討は、諸費用を含めた総返済額でしっかり比較しよう!

住宅ローンは借入額が大きいため、少しでも低い金利で借りることが鉄則。同じ3,000万円(金利2%、期間35年)借り入れの場合でも、金利が0.5%高くなるだけで、総返済額が約330万円も増えます。わずかな金利差にも敏感になりましょう。

また、住宅ローンの契約時には諸費用も発生します。ですので、保証料などの諸費用コストをしっかり確認することが大切です。

金利だけの単純な比較ではなく、諸費用分も含めた「総返済額」でプランを比較・検討しましょう。

住宅ローン 評判・借り入れレポート

  • 変動金利型の住宅ローンですが、色々な銀行の住宅ローンを比較検討した結果金利が比較的低く、近くにある銀行のため、説明やサポートが細かく可能な点などが決め手になりました。またもともと横浜銀行は定期的に利用しており、審査結果に良い影響が出ると考えたこともあります。

    【金利】変動金利型ですが、比較的低めです。
    【返済】基本は元利均等返済であり、一部または全額繰上返済にも対応しています。
    【保険オプション】 金利上乗せにより様々なオプションが可能です。一般団信は上乗せなしであり、ガン保障特約、3大疾病保障特約、8大疾病保障特約、全傷病保障特約など種類が豊富です。
    【借り入れ手続き】ウェブ上で事前審査を申し込んだ後、1〜2週間で結果がくるので、その後手続きに移ります。
    【サポート】近くに銀行があり、何度か説明してもらいに行きましたが、非常に丁寧な対応でした。

    日曜日でも店舗で相談できるのは良いです。

    • 借り入れ額2,000万円
    • 世帯構成夫婦と子供
    • 年収900万円台
    総合評価 4
    金利 4 保険オプション 5 借り入れ費用 3
    借り入れ手続き 4 返済 3 サポート 5

    投稿日:2022年06月27日

  • 変動金利型ですが、5年間は毎月の返済額が一緒である点や、他の住宅ローンと比べても特に金利が高いということはなく、お得感がある点が魅力です。また元々銀行に口座があり良く利用しているので信頼感があったことや、保障特約のオプションもあまり上乗せ金利が高くないことが良いですね。

    【金利】変動金利ですが、五年間は返済額が一定など安心感があります。
    【借り入れ費用】事務手数料などは普通にかかります。
    【返済】元利均等返済であり、毎月預金口座からの自動引落です。
    【保険オプション】3大疾病保障特約、特定状態保障特約などがあります。
    【借り入れ手続き】ウェブ、または来店で申込みが出来て便利です。
    【サポート】実店舗でスタッフの方に色々と相談が出来ます。対応はとても丁寧でした。

    • 借り入れ額2,500万円
    • 世帯構成夫婦と子供
    • 年収800万円台
    総合評価 5
    金利 4 保険オプション 4 借り入れ費用 3
    借り入れ手続き 5 返済 4 サポート 5

    投稿日:2022年12月27日

  • 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • 本サービスは住宅ローン商品等に関する情報の提供を目的としたものであり、ローン契約締結の代理、媒介、斡旋等を行うものではありません。ローン契約の申込等はご利用者様が契約先金融機関に対して直接行うこととします。
  • 当社が掲載する金利、手数料、その他商品に関する情報は各金融機関のウェブサイト等にて公にしている特定時点の情報を収集したものです。ご利用者様が当社提供情報を閲覧される時点での各商品の金利、手数料その他を保証するものではありません。
  • ローン契約時には当該金融機関から直接提供される正確かつ最新の情報を必ずご確認の上、ご契約ください。
  • 当社では各金融機関の商品/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各金融機関に直接お問い合わせください。
  • キャンペーンは各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止