トヨタ プリウスの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ プリウスの新型情報・試乗記・画像

プリウスの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

プリウスのモデル一覧

プリウスのレビュー・評価

(434件)

プリウス 2015年モデルの満足度

4.13

(カテゴリ平均:4.3)

    プリウス 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • プリウス 2015年モデル プリウスはハイブリッド車の元祖であり、トヨタのハイブリッド車ラインナップをリードしてきたクルマである。今回のモデルは4代目に当たり、高い環境性能をしっかり確保すると同時に、これまでのモデルに比べて走り志向を強めてきたのが特徴だ。

      プリウスといえばまずは燃費性能だ。かねてから定評のあるハイブリッドシステムのTHS Uを進化させ、構成部品の小型軽量化を進めると同時に、システム全体の効率を高めるなどの改良を図っている。

      エンジン単体に関しては最大熱効率40%という優れた性能を達成し、その上でハイブリッド車としての効率アップにより、燃費訴求のグレードでは40.8km/Lという超低燃費が実現
      続きを読む されている。プリウスである以上、断トツの燃費性能は外せないところである。ほかのグレードでも37.2km/Lを得ていて、これが実力値ということになるのだろうが、これでも十分に良い数値である。

      4代目プリウスの走りが変わったのはクルマ作りが変わったからだ。トヨタではクルマの設計・開発システムの革新を図っていて、今回のプリウスからTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)という新しい手法を採用するようになった。

      TNGAは今後のトヨタ車の開発に順次適用されていくことになるが、これを最初に採用したのがプリウスというのは象徴的である。トヨタの主力モデルであるハイブリッド車だからこそ、TNGAを最初に採用したわけだ。

      TNGAの効果は低重心で剛性の高いボディを作れた点に端的に現れている。これが操縦安定性に優れたスポーティな走りにつながったといっても過言ではない。

      プリウスに乗り込むと低い着座位置に驚かされる。低重心化に伴ってシートの位置も大幅に低くなっているからだ。シートリフターが装着されているのでシート高は調整が可能だが、新型プリウスのシートは相当に低い。

      それでいながら、ボンネットフードの高さを低くすることなどによって、シートが標準状態の高さであっても開けた視界が得られるように工夫されている。運転席からは視界を妨げるワイパーも見えない。

      プリウスを走らせると、走り出しはスムーズそのものだ。これまでのプリウスと同様、通常の状態なら最初は電気モーターだけで静かにするすると走り出す。このEVモードの領域も拡大されている。走り出した後はアクセルの踏み具合などによってエンジンが始動し、走行条件に応じてエンジンとモーターを自在に使ったハイブリッド走行になる。

      今回のプリウスではこれまでのモデルに比べ、アクセル操作に対する反応がグンと良くなった。加速しようと思ってアクセルを踏んだとき、確実に反応してクルマが前に進んでいく感じが強くなった。

      基本が環境性能車のプリウスだから、スポーティーカーのような走りを目指したわけではないが、ドライバーの意志に確実に応える走りになっている。従来のプリウスでは、アクセルを踏んでも素直な反応が得られず、特に欧州などでは“ラバー・バンド・フィール”と言って嫌われる傾向が強かったが、それがかなり改良されている。

      乗り心地と操縦安定性のバランスも格段に向上した。特に良くなったのが操縦安定性で、低重心化に加えて後輪にキャパシティの高いダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用したことで、カーブでの挙動がとても落ち着いたものになった。

      別の機会に富士スピードウェイのショートサーキットでも試乗したが、限界に近い走りを試しても、とても安定した姿勢でコーナーをクリアしていく。横揺れも少なく、横滑り防止装置のVSCも簡単には作動しないくらいに安定性が確保されている。

      新型プリウスには4WDを含めていろいろなモデルに試乗したが、最も好感が持てたのは17インチタイヤを履いたSツーリングセレクションだった。心持ち硬めの乗り心地ながら、より高い操縦安定性を実現するのがこの仕様で、新型プリウスではこれがお勧めである。

      というか、AやAプレミアムでもなどのグレードでもツーリングセレクションがお勧めで、標準仕様のモデルは走行性能の面でやや魅力薄だ。ツーリングセレクションを選ぶと、最小回転半径が5.1mから5.4mになってやや小回りが効かなくなるが、5.5m以下なら許容範囲である。

      ブレーキを踏んだときの感覚も良かった。ハイブリッド車では油圧ブレーキと回生ブレーキが併用されていて、そのつながりの部分に違和感を感じることがあるが、新型プリウスではそれが全く感じられず、どちらのブレーキがどう働いているか分からないくらいに滑らかだった。

      今回のモデルではFFを基本に、リヤにモーターを配置した電気式4WDのE-FOURも初めて設定された。積雪地のユーザーには大いに朗報である。プリウスのE-FOURは、発進時の支援を中心に時速70kmくらいまでの領域でしか4WDにならないが、それでも4WDとして一定の効果は得られる。

      性能アップに加えてトヨタ・セーフティセンスPの採用などの仕様アップが行われた新型プリウスは、その、魅力アップに合わせて価格もざっと20万円くらい高くなったが、それでも十分に魅力的なクルマだと思う。

      参考になった 736人
      2016年7月19日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 5
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 5
      価格 4
    • --2020/03/01追記--
      購入して約1年が経過しましたので、燃費についてまとめと簡単な分析を行いました。(画像)

      【概要】
      ODO:22,442km
      平均燃費:29.7km/L
      140円/Lの場合のガソリン代:105,787円

      【分析結果】
      平均燃費と平均気温には強い相関があることが分かりました。
      ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤとの間で平均燃費に差はみられませんでした。(気温による差はある)

      【総評】
      もしあなたが燃費15km/Lの車に乗っているのなら、それは決して燃費の悪い車ではありませんが、私の倍のガソリン代を払っていることになります。もし10k
      続きを読む m/Lなら3倍です。この車に乗っているとものすごい得をした気分になります。
      静かで乗り心地が良いので同乗者の評判が良いです。
      燃費や走行可能距離は羨ましがられます。
      1年乗ってプリウスがさらに好きになりました。オススメです。

      --初回レビュー--
      【自己紹介】
      当方25歳です。前は中古の軽に乗っており、新車のプリウスに乗り換えました。
      現在納車後3ヶ月で、9000km走っています。

      【プリウスを選んだ理由】
      通勤で片道30kmを自動車専用道路も使って走るため、ACC付きであることを最重要視しました。
      国内外問わずあらゆる車を検討しました。
      静止状態を維持出来る全車速ACC付きで最も安かったのが50系プリウスでした。
      ACCが全車速対応であることは重要ではなかったものの、コスト、デザイン、広さも考慮しプリウスに決めました。

      【オプション】
      ・ホワイトパールクリスタルシャイン ・ナビ ・ナビレディセット ・ETC ・ナンバープレートフレームセット ・フロアマット ・スペアタイヤ ・寒冷地仕様

      【オプションで後悔】
      ・100V電源・・・たまにしか使わないかもしれませんが、後付できません。とりあえず付けておくべきでした。
      ・色・・・白にしましたが白プリウスが多すぎてつまらないです。走っているプリウスの色を見て一番いいと思っているのはスティールブロンドメタリックです。色は後から変えるのは大変です。もっとよく考えるべきでした。

      【エクステリア】
      前期型に比べてフロントは洗練され、リアは横長なテールランプになりシャープでスポーティな印象になりました。
      とても気に入っています。

      【インテリア】
      25の私にとっては分不相応な高級感があると感じています。
      ハイトワゴンな車と比べると収納が少ないですが、よく置き場がないと言われるティッシュはセンターコンソールボックスに入りました。
      スペアタイヤ(または100V電源?)のオプションを付けるとラゲッジスペースが底上げされ、リアシートを倒したときに段差が出来なくなります。なので、特に工夫することなく172cmの私は寝ることが出来ます。このこともプリウスを選んだ理由の一つですが、実際に寝たところとても快適でした。

      【エンジン性能】
      軽に乗っていた時は加速が鈍く、追い抜きも辛いと感じていましたが、プリウスは全く問題ありません。
      高速でもしっかり加速してくれます。
      エンジン音よりもモーター音が好きな私にとっては、エンジン音は普通にすると感じます。うるさくはありませんが。
      プリウスはハイブリッドですが、エンジン車だということを思い知らされました。

      【走行性能】
      -

      【乗り心地】
      室内はとても静かだと感じています。外の音がうるさく感じることはありません。
      数時間運転するのにはもう少しシートが硬いほうがいいかも、と思います。

      【燃費】
      3,4月は約28km/L、暖かくなってきてからは約33km/Lぐらいです。
      ほぼ自動車専用道路を走っていますので燃費がよくなる傾向にあると思いますが、それでも思ったより良く、驚きました。
      満タンで1200km以上走ります。他県へ遠出をしても給油不要で帰ってこれたり、普段から給油の回数を減らせるのがとてもいいです。

      【価格】
      本体価格は安くはありませんが、ガソリン代がかなり安いので、長距離走る人であればあらゆる面でコスパが良くなると思います。

      【ACC】
      期待していたACCですが、想像以上の性能でした。
      追従に関しては全く問題なく、足をフリーに出来るのでとても快適です。
      一度、高速の渋滞に会いましたが、全く苦になりませんでした。
      なんと土砂降りの中でも問題なく追従機能が働きました。雪はまだわかりません。
      一般道路でも問題なく動作しますが、危ないですね。前車が急停車した時、前車が右折レーンに車線変更した時、自分が右折レーンに車線変更する時等、気をつけなければなりません。
      機能としては、前車が止まれば停止も停止維持もします。

      【総評】
      最高です。
    • 【エクステリア】 すっきりしていておおむね満足しているが、フロント(顔)だけは可愛くないな。カラーはグレーにしました。気に入ってます。標準装備のホイルは気に入っています。

      【インテリア】 まあまあ良い感じに改良されています。前型が安っぽすぎでしたから。

      【エンジン性能】 改良されています。全型はエンジン始動と同時に必ずスポーツモードにしていましたが、今回はノーマルモードでも行けます。


      【走行性能】 前型よりハンドルはきれます。安全装備も向上、レーダークルーズは前型では、オプションで付けましたが、問題なく信頼できたので今回の改良型も安心して使用しています。

      【乗り心地
      続きを読む 】 格段に改善されています。30型に多数すれ違いますが、早く新しいモデルに切り替えたら幸せですよ。と心の中で思っています。

      【燃費】 まだわかりませんが表示では、アンマリよくないです。

      【価格】 更新の2代目でしたからか、下取り価格も12万円プラスしてもらえたのが、購入決定の理由です。新春契約でかなり値引きしてもらえました。

      【総評】 レクサス クラウン ベンツ 試乗しましたが値段の割にプリウスとの差が感じられませんでした。通勤で使うものだし、ブランドのカッコよさを我慢できれば乗り心地、取り扱いの良さは改良されたプリウスがいい感じです。おすすめしますよ。
    • 【エクステリア】
      個人的には落ち着いてると思います。
      女性好みの丸まった形では。

      【インテリア】
      リサイクルショップに陳列されたプラスチックのガ ラクタ並みに酷い

      【エンジン性能】
      モーターからエンジンの切り替え時に生じる音と振動が、、その割に伸びもなく完全に妥協してる

      【走行性能】
      ボディも薄っぺらくふにゃふにゃな足回り、カーブはかなり怖い。回生ブレーキの違和感は致し方ないかも。

      【乗り心地】
      トヨタらしい柔らか目のセッティング、ただ突き上げは酷いものがある。ボディ剛性の無さが物語ってる。

      【燃費】
      続きを読む ほんと、これだけのために全てを犠牲にした車という感じ。

      【価格】
      これに300万出すなら中古のレクサス買いますね
      無論、維持費は別の話です。

      【総評
      30系がバカ売れしてた理由が理解できなかった。
      フルモデルチェンジした50系はやっとマトモな車に仕上がった筈だが、30系ほどのブームはなく不思議に思う。
      ただ、年間走行距離が長い方なら絶対的に維持費が安くなるのでおススメ。
      個人的にプリウスは50系以外ありえないけど

    プリウスのクチコミ

    (67917件 / 4044スレッド)

    クチコミ募集中

    プリウスのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    プリウス 2015年モデル

    プリウス 2015年モデル

    プリウス 2015年モデルのクチコミを書く
    プリウス 2009年モデル

    プリウス 2009年モデル

    プリウス 2009年モデルのクチコミを書く
    プリウス 2003年モデル

    プリウス 2003年モデル

    プリウス 2003年モデルのクチコミを書く
    プリウス 1997年モデル

    プリウス 1997年モデル

    プリウス 1997年モデルのクチコミを書く
    プリウス

    プリウス

    プリウスのクチコミを書く

    閉じる

    プリウスのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    プリウス 2015年モデル

    プリウス 2015年モデル

    プリウス 2015年モデルのクチコミを書く
    プリウス 2009年モデル

    プリウス 2009年モデル

    プリウス 2009年モデルのクチコミを書く
    プリウス 2003年モデル

    プリウス 2003年モデル

    プリウス 2003年モデルのクチコミを書く
    プリウス 1997年モデル

    プリウス 1997年モデル

    プリウス 1997年モデルのクチコミを書く
    プリウス

    プリウス

    プリウスのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ332
      • 返信数66
      • 2020年3月23日 更新
      3月11日 福井県で18才運転のプリウスがマクドナルドに突っ込み、車は大破し、店内のマクドナルド店員が骨折の大けがを負いました。 警察は運転手のアクセルとブレーキの踏み間違いと考えているとのことです。 なぜプリウスで同じ様なアクセルブレーキの踏み間違い事故がおこるのでしょうか。 トヨタはメーカーとして原因究明しているのですか。 個々のシフトレバーやペダル配置は問題なくとも、それ続きを読むらが複合して踏み間違いを誘因していませんか。 トヨタは特に運転技術の未熟者や高齢による技術低下者にとってプリウスは危険だとリコールすべきと思います。
      • ナイスクチコミ11
      • 返信数5
      • 2020年3月22日 更新
      前期型のダッシュボード近辺から非常に不愉快なビビリ音が多発しています。私だけかと気になりYouTubeで調べてみた所、分かりやすい動画がありましたので貼らせていただきました。
      前期型乗られている方で同じような現象の方はいらっしゃいますか。
      また対策された方のご意見を宜しくお願いします。
      • ナイスクチコミ6
      • 返信数3
      • 2020年3月13日 更新
      TRCのボタンを押すとTRCがオフになりましたと表示され、もう一度押すとシステムが復帰されるとマニュアルに書いてました。
      復帰の際はメッセージが出ないようですが、TRCがオンなのかオフなのかを確認するには、オフにして再度ボタンを押す事しかないのでしょうか?
      少し気になりましたので、どなたかお分かりでしたらご教示お願いします。

    プリウスの中古車

    プリウスの中古車相場表を見る

    プリウスとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止