トヨタ スープラの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ スープラの新型情報・試乗記・画像

スープラの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

スープラのモデル一覧

スープラのレビュー・評価

(7件)

スープラ 2019年モデルの満足度

5.00

(カテゴリ平均:4.31)

    スープラ 2019年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 新型GRスープラの復活祭「Supra is back to Japan Fes」(メガウェブ)にて、
      運よく抽選に当たり最上位グレードRZに試乗しました。
      このなんとなく試乗したのが、注文しちゃいました。

      【エクステリア】
      実物はぶさかっこいいですよ。
      画像で見るとフロントマスクがちょっとダサいと思いましたが、
      実車はリアのほうがちょっとぶさかっこいいと思いました。
      見慣れるとアリなレベルです。

      【インテリア】
      さすがBMW、運転席周りの操作系がそのまんま。シックにまとめてます。
      センターコンソールがカーボン調です。最初から、なかなかやりよると思いました。
      インパ
      続きを読む ネ(メーター)はこんなインパネいままで見たことがない。良い意味でゲームみたいでした。

      【エンジン性能】
      そんな速度だせませんでしたが、すごくいい音しますよ。
      やばいな、まじでって思いました。
      直6の日本車離れした重低音です。
      鳥肌立ち、ポルシェっぽいです。
      6500回転までしか回りませんが、それを凌駕するエンジン性能です。

      【走行性能】
      回頭性とハンドリングはすばらしい。
      試乗車でるのかなぁ?まあ、乗ってください。

      【乗り心地】
      かなりガッチリしてます。日本の峠道はちょっと固すぎると思います。
      サーキットがターゲットでしょう・・・

      【燃費】
      試乗なので。

      【価格】
      レクサスES下取りだして、150万円支払い。

      【総評】
      久しぶりです。楽しめるスポーツカーが・・・
      新型NSXより100倍楽しいですよ。
      R35は価格も高いですが、楽すぎてつまんない。
      体感で楽しい部分が伝わってきません。
      RZに試乗してその日に近所のトヨタで商談してました。
      納期が2019年は終了で2020年分になりますが、1年以上待ちです。
      ESは先に下取りとして渡します。
      事故した場合は下取り金額減額になります。

      グレードSZとRZは最後まで悩みましたが、2.0L直4ターボを試乗してないので
      後悔したくないので、男はだまって「最上級」にしました。
      付けられるオプションがほぼ無いので、逆にすんなり決めました。
      SZも試乗させてほしいと営業マンに約束してますが、試乗車が未定ですと・・・

      グランツーリスモスポーツで毎日運転しつつ、楽しく納車日を待ってます。
      足回りのフィーリングはゲームのまんまですよ。

      【納期情報】
      ディーラーより、2020年10月分みたいです。
      余程の問題がない限り大丈夫だと・・・
      災害等あれば遅延しますと、最近多いので。
      ちなみに2Lは5月です。

    • 【エクステリア】
      ロングノーズ&ショートデッキ&ロー&ワイド。
      当時先鋭的に空力を考慮した上で、オリジナル性の
      高いスポーツカーのデザイン。
      【インテリア】
      コクピット型のインテリアは、世界的に見ても最高に格好良い素晴らしいデザイン。
      但し、質感が残念。
      【エンジン性能】
      今となっては世界的にも貴重な直列6気筒エンジン、最近は復活の兆し⁈理論上は完全バランスで耐久性も高い。古くても回転はスムーズ。
      NAだけに絶対的なパワーは少ないが、排気量が3リッターなのでエンジントルクは充分に高い。
      4,500回転以上はインマニ内のバルブが切替わり、吹けもトルクもアップする。
      続きを読む
      【走行性能】
      FF車では味わえない、FR車らしい素直なハンドリング。
      中高速コーナーの途中でハンドルを切り足しても懐深く追従してくれる。
      ロールセンター軸が高いのがもう一歩。
      【乗り心地】
      GTカーらしい少し固めの締まった乗り心地がスポーティーで心地良い感じ。
      【燃費】
      市街地 約5km/l,高速道 約9km/l。悪い。
      【価格】
      当時の定価\317万円。今の車よりかなり安い。
      【総評】
      購入して24年、やっぱりGTカーが欲しい。
      ルーフを取り外し海岸線をドライブすれば、気分は
      マイアミバイス。
      エアロトップ車は街中で見たことが無いほどレア。
      最近はスープラそのものも走っていないけどね。
    • 【エクステリア】
      これほど大胆なデザインは、最近の車ではなかなかないのでは。特にリアのデザインは、いつ見てもカッコいいと思います。
      【インテリア】
      運転席は、座るだけで高揚します。
      【エンジン性能】
      NAですけれども十分ですね。吹け上がりもいいです。
      【走行性能】
      高速でのハンドリングは、素晴らしいですし、ブレーキもいいです。ミニバンなんて相手にならないですよ。
      【乗り心地】
      ノーマルですがそんなに悪くありません。
      【燃費】
      7位です。
      【価格】
      中古で80位でした。
      【総評】
      11年間SZに乗って、一度手放して4年後に、エアロトップを買い戻しました。購入後6年に
      続きを読む なりますが、交換した部品は、サスペンション,ヘッドライトユニット,ブレーキディスクなど結構頑丈です。他に2014年式のオデッセイ所有していますが、ぜんぜんスープラが速いです。過去に、フーガやコペン所有しましたが走りは、スープラ1番です。車雑誌は、GTRばっかり評価していてムカつきますが、その分、レア度が増して嬉しいです。興味のある方買いたい人は、状態良ければオススメします。今でも走りはピカイチですよ。屋根外して走ったら最高に幸せです。

    スープラのクチコミ

    (498件 / 18スレッド)

    クチコミ募集中

    スープラのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    スープラ 2019年モデル

    スープラ 2019年モデル

    スープラ 2019年モデルのクチコミを書く
    スープラ 1993年モデル

    スープラ 1993年モデル

    スープラ 1993年モデルのクチコミを書く
    スープラ

    スープラ

    スープラのクチコミを書く

    閉じる

    スープラのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    スープラ 2019年モデル

    スープラ 2019年モデル

    スープラ 2019年モデルのクチコミを書く
    スープラ 1993年モデル

    スープラ 1993年モデル

    スープラ 1993年モデルのクチコミを書く
    スープラ

    スープラ

    スープラのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ81
      • 返信数23
      • 2019年9月17日 更新
      スープラの納期情報を共有しましょう。
      スープラのグレード、カラー、契約日、納期など。

      私はRZ、ホワイト、契約日は5月17日(1500台増産後)、納期1〜3月

      納期が曖昧だと思いますがディーラーからの情報を共有して、お互い気長に待ちましょう。
      • ナイスクチコミ29
      • 返信数13
      • 2019年9月15日 更新
      とある、販売店でGRスープラRZ販売中
      その価格、、1600万円〜応相談!


      すごいプレミアム価格つけててびっくりしました!
      自由な値段で販売すればいいですが、買う人いるんでしょうかね、、
      • ナイスクチコミ33
      • 返信数4
      • 2019年9月14日 更新
      GRさんのイベントに呼んでいただき、筑波サーキットで試乗しました。
      ショートコースで先導車ありなので、かなり制約がある中での試乗です。

      BMWベースと言われていますが、もしサーキットを走る予定があるなら、
      迷わずBMWよりもスープラをおすすめします。
      日本のBMWはサーキット走行を許容していません。壊れても保証対象外です。
      サーキットを走るには最低限、フルバケット
      続きを読むシート、6点式シートベルト、ブレーキパッド、インタークーラー、
      ヒートエクスチェンジャー、チャージパイプを社外品に交換することを強くすすめますが、
      これらを交換したBMWは、ほぼすべての部品の保証を受けられなくなるとサービスから言われました。
      ナビの画面が消えても、パワーウィンドウが不動になっても、エアコンが効かなくなってもです。
      はっきり言って理不尽ですが、それがBMWジャパンの方針だそうです。

      一方、スープラは、逆にサーキット走行を推奨しています。必要な社外品の取り付けなどは
      GRガレージがやってくれるそうです。もちろん純正品はメーカー保証してくれます。
      ハイパワーの車でサーキットを本気で走るということはハイリスクです。
      メーカーやディーラーがバックアップしてくれるのと、「自己責任でどうぞ。我々は一切関知しません」と
      言い切られるのでは、安心感が天と地です。

      トヨタ、さすがです。社長がクルマ好きで、自らサーキットを走り、レースに出ているだけのことはあります。
      スープラもトヨタも大好きになりました。なんちゃってニュルクラウンのことは忘れてあげます(笑)
      RZはすでにオーダーしてあるので、マニュアルが出たらもう1台必ず買います。
      ちまみにスープラのリミッターは180キロではなく250キロです。解除の必要なし。
      アクセルを戻したらマフラーからパンパン音がします。あえて燃料を出して破裂音を出してます。
      よくこんな車を保守的の代表企業であるトヨタが発売したものだと感慨深いです。

      フェラーリ、飽きました。2003年のモデナに始まり、もうおなかいっぱいかもしれません。
      今はF8よりもスープラのほうが待ち遠しいです。ぜひたくさんのひとに買ってもらいたいと願います。

    スープラの中古車

    スープラの中古車相場表を見る

    スープラとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止