トヨタ スープラの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ スープラの新型情報・試乗記・画像

スープラの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

スープラのモデル一覧

スープラのレビュー・評価

(14件)

スープラ 2019年モデルの満足度

4.20

(カテゴリ平均:4.3)

    スープラ 2019年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 購入検討のため2日間、370km走行した感想です。
      スポーツ(レーシング)カー未経験者の素人意見という前提でご覧ください。

      【エクステリア】
      実物は写真より迫力がありカッコいいです。見た目のインパクトは予想以上。滅多に見かけない希少性も手伝って、街では注目の的です。特に男性には年代問わずガン見されます。

      そのかわり女性ウケはイマイチかもしれません。家内は切開したような目がカッコ悪いと言っています。ルーフの盛り上がりはヘルメット装着に必要とはいえ、正直ダサい。

      リアフェンダーが近いので小石の巻き込み音が車内に結構入ってきます。空気抵抗をもろともしない空力設計はさすが。走行中
      続きを読む は気がつかず、車を降りてはじめて強風下だったことに気づくということがありました。

      正面から見たフロントのトヨタ感(エンブレム含む)はやや凡庸。リアの両端が垂れ下がる形状は他のトヨタ車と似ているところがありますね。この車を特別な存在と位置づけるのならオリジナルの形状にしてほしかったかな。

      【インテリア】
      スポーツカーなので乗り降りはしづらく、前方スクリーンは小さい。Z4みたいな高級感はないけど、全体的にしっかりしていて質は悪くないと思います。700万円超だけど予算の多くを走行性能に注いだ車と考えればこれで十分。

      シフトやスイッチ類、ナビなどはBMWと同じです。オプションではなく標準ですべて装備されているのはありがたいですね。アダプティブハイビームがあればなお良かったですが。

      メーターのデザインがレース仕様のような味気ないものになったのは非常に残念で、ここだけは仕様変更してほしいところ。実用性をより考慮するならタイム計測機能がほしいという人はいるかもしれませんね。

      シートはやや倒して乗る形状で、座面の角度が変えられないから私の腰には厳しかったです。シート自体はクッション性があり、サイドのサポートもしっかりしています。レンタカーはブラックの内装でしたがRZのみレッドが選べるのでそちらをおすすめします。

      【エンジン性能】
      アクセルを踏み込むとトルクが出るのに少しタイムラグが生じます。ATがギヤを落とすのにかかる間なので仕方ないのですが、ボクスターに乗ったあとだから結構気になりました。(逆にポルシェのPDKが優秀なんだなと実感)

      トルク自体はスペック通りとんでもない。これフツーに市販していいのか?と思うレベルです。ただし公道で活かせるものではないのでかなり持て余します。高速道路でも全然物足りず、自制を強いられます。その分、ドライバーのテンションが下がるのは他の方のご指摘の通りです。

      馬力があると運転していて楽しいけど、ありすぎてもマイナスに作用するんだな、ということを実感する車です。ロードスターやS660、GRコペンといった車の価値がよくわかります。

      直6の音はきめ細かく、質の高さを感じます。全開にしたときの咆哮はぜひ聞いてほしい。この音だけでもこの車の存在価値はあります。ただ基本的に低音なので全開時に限る、かな。常時やる気にさせてくれるのは高音の4気筒の方です。

      【走行性能】
      回頭性はそれなりです。きれば素直に曲がるけどキレッキレではありません。言われている重量差もあると思いますが、ステアリングが想像以上に重いのが素人には影響します。SZ-Rを試乗したときはここまで重く感じなかったんですけど、気のせいでしょうか。

      ブレーキ性能や直進安定性は申し分なし。アダプティブ・クルーズ・コントロールはありますが、レーンキープは警告のみでトレースまではしてくれないので自動運転のようにはなりません。むしろレーシングカーにACCが標準装備されたことを評価すべきでしょう。

      【乗り心地】
      19インチですが意外にいいですよ。公道で鍛えたというのがよくわかります。音も振動もかなりカットされているので、エンジン音を聞きたくてわざわざ窓を開けるくらい。エンジンルームからの音はカットして後方で音を作っているので、ずっと後ろから音が聞こえてきます。

      コンフォートにも乗れるレーシングカー、というのがこの車のキャラクターです。スムーズな路面では本当に滑るように走ります。キャパを超える衝撃は320dと同じくらいビシッと入ってくるのでそれなりに疲労します。おっさんは翌日実感しました。

      【燃費】
      高速、渋滞、スポーツモードといった要素はほぼ無しで13.8でした。なかなかいいんじゃないでしょうか。ただ信号のない田舎道を流していたので、市街地メインならこれより落ちると思います。時速70キロ手前で8速に入れ、1,100回転に抑えてくれるATが良い仕事をしています。

      【価格】
      標準仕様がほぼフル装備で同スペックのZ4より100万円安いのはいいね、とカタログの段階では思っていましたが、デザインやシートの差を考えるといい勝負じゃないでしょうか。あとは好みの問題です。

      現時点での買いは、安くて軽いSZ-Rの方です。RZは今秋に年次改良がある(3月発表予定)そうなのでそれを待ってからでもいい。逆にSZ-RやSZは今のところ予定がないそうなので、こっち狙いの方は即買いでもよろしいかと。

      【総評】
      サーキット走行も視野に入れている人には向いている車だと思います。公道での走りは意外に良いので購入後の使い勝手も悪くないでしょう。ただ、私のようなレースの心得がない素人が、プレミアム感や非日常感を求めて買う車ではないですね。

      この車はあくまでレーシングカーで、馬力や制動力といった走行性能だけが突出して高い車ですから、それ以外の要素もほしいなら他に選択肢があると思います。個人的には昔の国産のヤンチャな車という印象が拭えず、それも評価を下げる要因になりました。

      それと慣らし運転が2,000km必要というのも少し気になります。リリース直後ですから初期不良が出ることは想定しておいた方がいいでしょうね。それでもこの車を出したということには大きな価値があると思います。トヨタがレースにかける情熱が伝わってくる1台です。
    • たまたまトヨタを横切ったら停めてあったので急停車でディーラーへ。
      試乗車で、是非試乗をとのことでお言葉に甘えて15分だけ試乗しました。
      ウェットコンディション、田舎です。

      【エクステリア】
      リアフェンダーがマッチョで素敵です。フロントのスタイリングはまだ慣れません。

      【インテリア】
      一昔前のBMWそのまんまですが、最近のバカトレンド「タッチパネル」がほぼ無くて大変使いやすいです。
      スポーツカーのインテリアはわかりやすく使いやすくないといけません。
      輸入車乗りならウインカーレバーは全く違和感ありません。というかJISなぞやめて全車ISO標準にすべきです。

      【エンジン
      続きを読む 性能】
      ウェットなのでフル加速は一度だけにとどめました。
      4気筒/258馬力は必要十分でかっ飛んでくれます。狭い日本ではこれぐらいの方が使い切れていいかも・・・。

      【走行性能】
      ZF8HPは極上です。CVTなんて全てゴミ箱に叩きつけてこのATにすべきです。繋ぎがダイレクトで一瞬DCTかと思いました。
      ステアリングが重いのは少しわざとらしいかな・・・。

      【乗り心地】
      ボディは頑強で、多少硬いですがドン・ガン・バンで一瞬で減衰します。その間異音はありません。
      軽やかというよりは重厚、ドイツ車的です。

      【燃費】
      ぱっと確認すると9.9km/Lでした。

      【価格】
      オプションはほぼ無く、吊るしのまま買って600万弱。
      BMW製スポーツクーペ(新車)がこの価格は安い。

      【総評】
      スープラと考えるといろいろ思うところはありますが、「BMW製スポーツクーペ」と思ってしまえばこんなイイクルマはありません。
      ディーラーに聞きましたがダイアグノーシスはこのクルマ専用で各ディーラーに入っている、メンテはトヨタでやってくれる、故障はまだ未知数、パーツはトヨタ価格とはいかない、等々で維持費は決して安くはなさそうですが、中古991はおろかボクスター/ケイマン/M3・4を含め中古を買う値段で新車が買えてしまうというびっくりプライス。おまけに最初からフル装備。
      全く眼中にありませんでしたが、日常に刺激をプラスしてくれるクルマとして、新たに選択肢に入りました。脱帽です。
    • 1日レンタルで体験してきました。
      当方NDロードスターRS、BMW3シリーズ(F30系)所有です。

      レンタカーは黒でした。ボディの抑揚が分かりづらく、格好良さがかなりスポイルされているように見えました。
      特にドアのところはボディラインがのっぺりしているように見えて残念でした。明るい色だったらもっと格好良く見えると思います。

      エンジンは低回転からトルクがあり、運転は楽です。レスポンスもよく、ストレスを感じる部分はありません。
      ノーマルモードで一般道を走っていると、とても静かです。遮音性も高いことから,スポーツカーというよりはセダンという感じです。
      スポーツモードに切り替えると
      続きを読む 、回転数が高く保たれエンジン音もよく聞こえるようになるのですが、この音が好みではなかったです。
      一般道を走っているときの回転数程度だと、籠ったような音で耳障りだと感じました。

      ノーマルモードの乗り心地は〇。変な硬さがなく、結構しなやかな感じです。スポーツモードだとかなり固くなります。
      高速道路での継ぎ目では、明らかに接地感が低くなりました。

      コーナーはぐいぐい入っていく感じで、安心して運転出きました。

      さて、ここからは私の使用の仕方で点数が低くなった理由になります。
      常識的速度で走っていて楽しかったか、という点を重視しています。
      @一般道を走っていてもつまらない。
       剛性が高いことから、全然スピードが出ていないように感じます。250馬力の40キロというエンジンは、時速100KMを8速1600回転程度で走らせます。常に音も静かで、高級なGTカーというイメージを持ちました。
      A走っているときの感じが3シリーズそっくり
       乗っていてわざわざスープラに変える理由がパワー以外見つからなかったです。スープラを得ることで、スポーツカーならではの官能性を得ることが出来るかというと それはないかな、と思いました。コーナーを曲がるときのステアリングの変な重さはなかったため、その点は3シリーズよりも安心感がありました。

      総評として、節度ある大人が乗るにはとてもいい車だと思いました。
      普通車を乗っている人が乗り換えたとしても、変な緊張感を持って走ることはないと思います。今までの車と同じように走らせることが出来る、という意味で誰でも安心できる内容になっていると感じました。また、走っていること自体珍しく、なかなか所有できる類のものではないため所有感も大きいと思います。そのポテンシャルを十分に発揮できるであろうサーキットで使う方にもお勧めしたいです。
      一方で、ロードスターのような普段使いのなかで走る喜びを見つけたい方にはストレスが溜まるのではないかと思いました。その秘められたポテンシャルを一般道ではなかなか感じ取りにくいためです。運転するときの我慢の割合が多く、楽しめない と思いました。



      珍しいタイプのとらえ方だと思いますので、似たような嗜好の方の参考になれば幸いです。



    スープラのクチコミ

    (927件 / 37スレッド)

    クチコミ募集中

    スープラのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    スープラ 2019年モデル

    スープラ 2019年モデル

    スープラ 2019年モデルのクチコミを書く
    スープラ 1993年モデル

    スープラ 1993年モデル

    スープラ 1993年モデルのクチコミを書く
    スープラ

    スープラ

    スープラのクチコミを書く

    閉じる

    スープラのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    スープラ 2019年モデル

    スープラ 2019年モデル

    スープラ 2019年モデルのクチコミを書く
    スープラ 1993年モデル

    スープラ 1993年モデル

    スープラ 1993年モデルのクチコミを書く
    スープラ

    スープラ

    スープラのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ15
      • 返信数14
      • 2020年2月18日 更新
      2021モデル アメリカで発表されましたね。
      3月納車待ちですが・・・
      納車 即 旧型に(悲)
      382HP サスセッティング変更の様です。
      ピストン変更迄している様です。
      皆さんのご意見 聞きたいですね
      • ナイスクチコミ289
      • 返信数146
      • 2020年2月16日 更新
      スープラの納期情報を共有しましょう。
      スープラのグレード、カラー、契約日、納期など。

      私はRZ、ホワイト、契約日は5月17日(1500台増産後)、納期1〜3月

      納期が曖昧だと思いますがディーラーからの情報を共有して、お互い気長に待ちましょう。
      • ナイスクチコミ38
      • 返信数15
      • 2020年2月14日 更新
      技術の進歩は認めるけど、
      スープラの曲がってナンボの
      走りを楽しむなら、無用の長物
      だと思います。

       

    スープラの中古車

    スープラの中古車相場表を見る

    スープラとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止