ホンダ NSXの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ホンダ NSXの新型情報・試乗記・画像

NSXの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

NSXのモデル一覧

NSXのレビュー・評価

(4件)

ユーザーレビュー募集中

  • ホンダNSXが初代モデルを大きく上回る高性能を備えたスーパースポーツとして復活した。今回のNSXはアメリカで生産される。開発作業は日米両方で進められたが、ホンダがLPLと呼ぶ開発責任者はアメリカ人である。

    NSXには、ホンダが神戸市や御殿場市で繰り返し開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。NSXは単一グレードのモデルである。

    外観デザインは、やや古典的な印象を受けるが、ともいえるなイメージもあるが、見るからにスーパースポーツらしい低全高のワイドボディを採用する。個人的にはこうしたデザインはけっこう好きなのだが、それだけに注文を付けたい部分もいくつか
    続きを読む あった。LEDのヘッドライトは今では当たり前になりつつあり、先進性を表現するひとつの要素でもある。しかしながらそのLEDライトを採用する割にフロント回りのデザイン処理は何とも普通に過ぎる印象だ。

    もうひとつ気になったのはドアノブだ。今にも折れそうな感じの細いレバーを立ち上げて、それを引っ張る方式を採用する。方式はGT-Rとも似ているが、GT-R以上に折れそうな感覚が強い。アメリカではノブが自動的に立ち上がる方式らしいが、日本ではそれが認められなかった。

    コクピット回りの雰囲気は全体としてはスーパースポーツらしいものとされているのだが、細部を見ると随所に作り込みの甘さが気になる部分があった。スイッチ類のデザインや操作部分の節度感など、これが2000万円超の高級車なのかと思わせる部分があった。

    低全高のスポーツカーの割には乗降性は比較的良かった。もちろん肥満体型の老人である私は乗り降りするのにそれなりに苦労させられたが、一般的なスーパースポーツやロータスの各モデルなどに比べたら乗降性はずっと良い。

    搭載されるパワートレーンは、V型6気筒3.5Lのツインターボ仕様DOHCエンジンに、フロント2個、リヤに1個の電気モーターが組み合わされ、SH-AWDと呼ぶハイブリッドシステムを構成する。

    エンジンの動力性能は373kW/6000〜7500rpm、550N・m/2000〜6000rpmという実力である。373kWという数値はパワーに置き換えると507psになる。これだけで自然吸気なら5.0L超のエンジンに相当する。

    フロントに2基搭載されるモーターはそれぞれが27kW/73N・mの実力を持ち、リヤのモーターは35kW/148N・mの実力である。エンジンとモーターを合わせトータルで発生できる動力性能は427kW/546N・mに達するという。これに9速DCTのトランスミッションが組み合わされている。

    エンジンを始動するとブォンとい空吹かしが入る。ちょっと気恥ずかしくなるほど音だが、これはクワイアットモードを選択することで抑えることができる。

    発進から最初に市街地を走る間はクワイアットモードで走ったが、高速道路ではスポーツモード、ワインディングではスポーツ+の走行モードを試した。さすがにサーキット用のトラックモードを試すことはしなかったが、スポーツモードの段階で相当な実力を発揮する。

    加速の凄さという点では、テスラモデルSのP85Dが圧倒的な実力を持つので、NSXもさすがにそれには及ばないが、システムとして発生する427kW(581ps)は圧倒的なもの。スポーツモードやスポーツ+モードでアクセルを踏み込めば、背中をシートに押しつけられるような猛烈な加速が得られる。

    車両重量は1780kgで比較的軽く作られていることもあって、加速の伸びは素晴らしく、あっという間に超高速域に達する。0-100加速は正式には公表されていないが、3秒フラット程度であるらしい。公道では発揮することができないような実力である。

    NSXの走りの特徴は速さよりも小気味の良いハンドリング性能にあると言っていい。これは左右のフロントモーター自在に制御してトルクベクタリング効果を発生するSH-AWDの性能によるものだ。ワインディングなどでSH-AWDの性能をいかんなく発揮され、タイトなコーナーでもグイグイ向きを変えていく。この気持ち良さはほかのクルマでは体験することのできない新しいスポーツカーの走りである。

    ちなみにSH-AWDはコーナリングだけでなく、制動時にモーターによる回生を行ったり、加速時には全輪で加速させるなど、走行状態と走行モードによってさまざまな働きをしている。

    前述の4種類のモードは、インテグレーテッド・ダイナミクス・システムによるもので、エンジンやモーターの出力を始め、9速DCTの変速制御、ステアリング、ブレーキ、サスペンション、エンジンサウンドに至るまで、走りの要素のすべてが統合制御され、異なる4つの車両特性を実現する。

    強烈な加速を楽しんだり、ワインディングでのコーナリング性能を楽しんだりするのはもちろんのこと、一般道を普通に走らせていてもストレスがなく楽しいと感じられるのがNSXの特徴でもある。スポーツカーとしてのパフォーマンスを考えたら、GT-Rのほうが数段上にあると思うが、幅広い条件で楽しめるという点ではNSXのほうが上だと思う。

    日本の自動車メーカーからこうしたスーパースポーツが誕生したことは素直に喜んでおきたい。

    惜しむらくは価格だ。2300万円を超える価格は性能に見合ったものと言っても良いが、普通のユーザーには完全に手の届かないクルマになってしまった。実際に購入するときにはさらに200万〜300万円のオプション装着も必要である。

    初代NSXは、若いユーザーに「中古車になって安くなれば、いつかは買えるかも」と思わせる部分があったが、新型NSXにはそうした望みも持てない。

    もうひとつは安全装備だ。ホンダセンシングの設定がない。全高の低いスポーツカーでは、先進緊急ブレーキ用のセンサーを設定するのが難しいなどの技術的な問題があるのは理解できるが、今どきのこの価格帯のクルマとして先進緊急ブレーキを備えないのは考えられない。


  •  H6年式を5千キロ位の中古で買い、16、7年所有していました。新型で話題になってますが、購入検討をしている方の参考になれば。仕様はタイプSの足回り、マフラー位ですね。平均で年間4千キロ乗ってませんでしたけど。

     とはいえ、大きなトラブルは起きませんでした。動かないとかはなかったですね。オーディオが逝って、雨漏り数回(ウエザーストリップ、リアランプ交換)、ウインカートラブル位ですね。タイミングベルトは十数年目に交換しましたが、ディーラー曰く、もう10年いけそうなくらい綺麗だったそうです。あとはウォッシャータンクの底にヘドロの様な成分が。交換はバンパー外しますから工賃が。タイヤはフロント1
    続きを読む 万キロ、リア5千キロ位ですね。あと、フロントローターのジャダーは持病のようです。換えても無駄なので研磨で。か社外品。
     ただ、車齢が15年位になった辺りから正直昔と違ってきたな?との感覚は出てきました。リフレッシュプランは足回り、ブレーキ周りそれぞれ150万近く取られますので、そこの負担は正直できなかったです。足回りのブッシュはアルミアームに封入されてますので、足回りごとの交換でかなり出費になります。ブレーキもフィールが戻せず。サーキットは数回の走行だったんですけどね。

     が、最期まで本当に楽しいいい車でした。エンジンは最期まで気持ちよく拭け上がりましたし。サーキットではリアの重心が高いのか、振り出される様な感覚があり、ちょっと怖いですが、峠レベルではそんなこと無いですし、フロントが軽いミッドの気持ちよさ280PSのパワーも気持ちよく、メンテがばっちりであればブレーキもフロントヘビーの車と違い気持ちよく止まります(下りでつんのめらないんですよ)が、今のご時勢なら要交換かな。街中も視界が良く、斜め後ろも確認できますから乗りやすいです。これはF様に勝ってますね。あと、ノーマルの足なら今のハイグリップタイヤよりグレード落としてもいいかもしれません。晩年はタイヤが勝っている感じがでてきてました。
     ケイマンの値段とか見れば性能で選ぶ車では無くなってます。思い入れが必要かもしれません。全域トルクのいまどきエンジとは違いますから、加速したければシフトダウンし高回転を楽しむ、VSCもないから、曲がりたければフロントに加重をかけていくとかの操作を楽しむという車だと思います。NA3Lクラスのスポーツカー。絶滅危惧種ですが、最高でした。
  • 平成3年式ベースグレードに乗っています。70スープラ → 80スープラ(RZ) → GTO(SR) と乗り継いできました。
    70スープラ:ツインターボが織り成すなかなかの加速、安定性もありました。街乗り、高速ともに快適でした。
    80スープラ:爆発的な加速、パワー剥き出しの力強いトルクが印象的です。どんなに混んでいても僅かな隙間さえあれば、ストレスなく前の車を追い抜かすことが出来ました。
    GTO(SR):この車については様々なところで酷評を受けていますが、私は大好きです。確かに遅いです。曲がらないです。ブレーキもゆとりをもってかけないといけません。ですが、なぜか惹かれる魅力がありました。
    続きを読む
    NSX:爆発的な加速力は80RZスープラに遠く及びません。ただ滑らかな加速は非常に快適です。高速域に達するほど安定感が増していきます。このような“地を這う走り”は、70スープラ、80スープラでは体感できませんでした。
    しかし、如何せん値段が高すぎる、、、スープラとの価格差がどうしてこれほどあるのか、全く持って理解できません。

NSXのクチコミ

(319件 / 38スレッド)

クチコミ募集中

NSXのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

NSX 2017年モデル

NSX 2017年モデル

NSX 2017年モデルのクチコミを書く
NSX 1990年モデル

NSX 1990年モデル

NSX 1990年モデルのクチコミを書く
NSX

NSX

NSXのクチコミを書く

閉じる

NSXのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

NSX 2017年モデル

NSX 2017年モデル

NSX 2017年モデルのクチコミを書く
NSX 1990年モデル

NSX 1990年モデル

NSX 1990年モデルのクチコミを書く
NSX

NSX

NSXのクチコミを書く

閉じる

    • ナイスクチコミ47
    • 返信数18
    • 2021年10月2日 更新
    当選しました!
    期待はして無かったが 当たってしまった(笑)
    色指定での当選 マット色 完全展示用の色(笑)
    雨ダメ コーティングダメ 洗車は日陰 擦っちゃダメ
    虫? キズついたら 板金は全塗装
     
    怖くて 走らせられない(笑)
    納車は来年8月から翌年3月らしいです。
    • ナイスクチコミ45
    • 返信数13
    • 2021年2月22日 更新
    今晩は。車欲しいな〜とホンダのカーラインアップを見ていると、一台だけで桁のおかしい本車を発見いたしました。
    トヨタのスープラ?中身BMとか見たような、、ですらこんなに高くなかったのに驚きです。

    そこで質問なのですが、この車は何台ほど売れてるんですか?こんなの走ってるの見たことないです
    • ナイスクチコミ110
    • 返信数19
    • 2017年10月6日 更新
    知り合いの見舞いで、ある病院を訪れました。
    専用の駐車場を登って行き、3階に到達しました。
    その駐車場は4階建てで、3〜4階は、主に病院関係者が使っている場所です。

    その一角に車を止めました。
    ふと、通路向かいの対面を眺めましたら、
    何と、向かいに止まっていた車が、〔Honda〕の『NSX』だったのです!!

    http://www.honda.co.jp/NS
    続きを読むX/

    メーカー希望小売価格(消費税込み)二千三百七十万円の、あの『NSX』ですヨ!!!

    “札幌ナンバー”を付けていました。色は〈ブラック〉。
    初め、“札幌ナンバー”の後の‘ひらがな’表記が「ら」である事から、[レンタカー]と考えました。

    2017年8月21日付けで、

    《選ばれし人しか乗れない!?オリックスレンタカーが、ホンダ「NSX」のレンタカーを配備!!》

    http://jp.autoblog.com/2017/08/20/nsx-honda-2017-orix/

    という配信記事を読んでいたからです。

    ところが改めて調べてみますと・・・
    レンタカーのナンバープレートは「れ」であり、
    (過去には、北海道で「わ」が使用されていたという、特殊な事例もありますが、おしなべて「れ」です)
    私が目撃(?)した「ら」は、一般販売車(?)だったのです。

    スゴイですねぇ・・・高額車を所有できるなんて・・・
    持ち主はいったい、どの様な・何の職業なのでしょうか??
    医者???かしら????

NSXの中古車

NSXの中古車相場表を見る

愛車の買取査定額をオンラインで比較

複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

  • Point01
    営業電話
    メール一切なし
  • Point02
    一回の入力で複数の
    買取店に依頼
  • Point03
    査定額を
    オンラインで比較

NSXとよく比較される車種

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止