スバル レガシィ ツーリングワゴンの価格・新型情報・グレード諸元

レガシィ ツーリングワゴン

このページの先頭へ

スバル レガシィ ツーリングワゴンの新型情報・試乗記・画像

レガシィ ツーリングワゴンの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

新車発売中のグレードはありません

レガシィ ツーリングワゴンのモデル一覧

レガシィ ツーリングワゴンのレビュー・評価

(98件)

レガシィ ツーリングワゴン 2009年モデルの満足度

4.53

(カテゴリ平均:4.31)

    レガシィ ツーリングワゴン 2009年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • レガシィ ツーリングワゴン 2009年モデル 2.5i B-SPORT EyeSight G Package 現行レガシィは2009年発表。翌年には運転支援システムのアイサイト(バージョン2)を採用し、12年にはマイナーチェンジとともに、2.5L自然吸気エンジンを新型にスイッチし、アイドリングストップを初搭載しました。同時にターボエンジンは、BRZ用2L直噴をベースとした新型を投入しています。

      今回は今年5月に追加された新しいエントリーグレード、2.5iBスポーツの広報車をお借りして、熟成の度合いをチェックしてみました。ちなみに試乗車はアイサイトGパッケージ仕様でした。

      エクステリアは昨年のマイナーチェンジで、フロントグリルをインプレッサやフォレスターに似たシャープな造形に一新したおかげで
      続きを読む 、少し精悍な雰囲気になりました。キャビンは初期型よりも全体的に質感が向上したという印象を受けました。

      前席はサイズが大きめで、体を心地よく包み込んでくれます。それとともに感じるのは運転環境の良さです。シートやインパネの高さ、ウインドーの位置やピラーの傾きなどが絶妙で、座った瞬間からストレスの少ない空間だと実感できます。これが長距離走行での疲れにくさにつながるのでしょう。

      実直なパッケージングのおかげで、後席はこのサイズのセダン/ワゴンとしては広いほうです。荷室の作りはシンプルながら、開口部脇の後席前倒しレバー、荷掛けフック、床下収納スペースなど、使いやすさについてはよく考えられており、根強い人気の理由をあらためて確認できました。

      新世代の水平対向4気筒エンジンは、低中回転のトルクに余裕が生まれ、走りやすくなりました。それでいて、上まで回した際の独特の鼓動感はそのままです。CVTは他のスバル同様、SIドライブの切り替えで変速特性を明確に変えるので、シーンに合わせて使い分けることができます。

      途中で追加されたアイドリングストップの作動感に不満はなく、アイサイトに含まれる追従クルーズコントロールの完成度の高さは、国産車では1、2を争う経験の長さを教えられました。

      乗り心地は現行型デビュー当初に気になったブワブワした揺れが減り、洗練されました。欲を言えば段差や継ぎ目を通過した際のショックをもう少し和らげて欲しいところです。高速道路での直進安定性は文句なく、ハンドリングは相変わらず重心の低さと身のこなしの素直さが印象的で、水平対向エンジンと左右対称4WDがもたらすメリットを実感しました。


      デビューから4年を経たレガシィ・ツーリングワゴンは、パワートレインの刷新や安全装備の充実など、絶え間ない進化を続けてきたおかげで、2013年の新型車として接しても、不満のないレベルに仕上がっていることが確認できました。
      参考になった 18人
      2013年7月27日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 3
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 4
    • 今だに街中を走ってますし、中古市場にも激安で出てます。
      昔、中古車店の知人から15万くらいで購入して乗ってました。『何でもいい』と言って持って来たのがこの車だったんですが、かなり良い買物でした。

      何より乗り心地が良いです。
      とにかく揺れません。静かにクルージングします。
      この車を手放した後もいろんな車に乗りましたが、乗り心地という面では到底及びません。
      人気のコンパクトカーでもこの車と比べたら『』これは軽自動車か?」というレベルです。

      あちこち小さな故障はありましたが、エンジンは最後までとても元気でした。ボディ剛性も十分でしたし、さすがスバルです。
      重い車体ですがターボの
      続きを読む おかげで思うように加速してくれます。

      難点は燃費の悪さだけでした。リッター7キロあるかどうかでした。税金も高かったので乗り換えましたが、この車に乗れたのはラッキーだったと思います。
    • 2.0i BP-5 Aタイプ
      2010年3月に認定中古車を購入しました。
      走行距離は3万6000キロ延長保障を3年つけてあります。(距離無制限)

      6台目のレガシィで初のNAレガシィです。
      スバルのNAは4WDRX以来ですね。
      その間に初代のロードスター乗っていますが・・・
      加速は4WDRX(雑誌テストで0-400m17秒31、170km)最高速は2.0i(0-400m18秒33、190km)が速いです。

      田舎に転勤となり、スバルの中でエコカーとして中古購入して購入。
      中古相場では、BP-5GTより高い金額でした。。

      デザインは、歴代レガシィの中で空力を考えていて
      続きを読む 良い。
      セダンでCD=0.28、ワゴンで0.30になっています。
      高速巡航時にメリットがあります。
      アンダーパワーな車でもじわじわ速度が伸びます。

      【エンジン性能】

      シングルカムは低性能のイメージありますが、設計が新しいので、
      車重の軽さ(1350kg)と改良されたATとの組み合わせで低速トルクから高回転まで、
      旧型DOHC搭載NAより好印象です。スポーティですね。

      等長等爆の為、高回転まで回しても味があります。

      高回転回すのが好きなら、山道でも大丈夫です。
      ATもスポーツモードで1速、2速ホールドでリミット6200回転迄回して走れば、そこそこスポーツしています。
      昔EP71やKP61で競技をしていた方なら、
      その程度の加速力です。
      1速、2速を使えない人には遅い車の評価になるでしょう。


      加速性能
      https://www.youtube.com/watch?v=w7ZVVzYgUfI

      【走行性能】

      少し乗っただけで、エンジンの重心位置が低い事を体感できました。
      それにエンジン軽量なので、フロントノーズが軽いです。


      車体もハイテン鋼と従来の鋼を溶接する新技術、新世代の技術を使っていて、
      3ナンバーでサイズアップしているのに、5ナンバー時の重量より50キロ軽いのです。
      BH-5 TX1400kg(AT)リアゲートもアルミ製になっていて、まるでスポーツカーの様な作り方なのです。

      軽量化と実用トルクが歴代レガシィ2リットルNAと比べ唯一合格点出せると思いました。

      スタッドレスは15インチにインチダウンしています。
      旧インプ、レガシィターボ用ホイールを使用しています。

      ABSもセンサーの開発が進んだようで、乾燥路や少しの雨では、殆ど作動する事がありません。安心感があります。
      スタッドレス使用の雪道の性能アップもかなりいいです。
      その後ミシュランxi3を使用するとボロボロの状態でした。


      ATは4速ですが、旧型とは別物に進化しています。
      その為、手動でのシフトノブによるシフトダウンが速いのと、
      コーナリングの時に変速しません。
      かなりスポーティなATになっています。
      MT乗りが許せる制御です。ポルシェと技術提携しています。

      ワインディングレビュー
      https://www.webcg.net/articles/-/14838
      氷上ドリフト
      https://www.youtube.com/watch?v=03ZtcyytiUw


      【乗り心地】

      丸目インプレッサのターボノーマルのガチガチから比べると、乗用車しています。



      【総評】

      スバルのエコカーと考えれば、広い、大きい、NA、スポーティ、安い。
      リヤゲートで車中泊もフラットなので楽々。
      レギュラーで安い。
      旅や遊びに良いですよ。


      レガシィツーリングワゴン2.0i
      全長×全幅×全高=4680×1730×1470mm
      ホイールベース=2670mm
      車重=1350kg
      駆動方式=4WD
      リッター水平対向4SOHC16バルブ
      (140ps/5600rpm、19.0kgm/4400rpm)
      228万9000円

      この後純正パーツフレキシブルタワーバーを装着。

      足回りの弱点は解消されました。

      昔のスバルで純正採用されていた普通のストラットタワーバーとは別モノですので、勘違いしないで下さい。
      足に不満のある方はフレキシブルタワーバーをおすすめします。



      装着するとステアリングインフォメーションが増え、レガシィにしてはステアリングが軽く、神経質な直進性(高速であまり走行中ドリンクを取ったり、ヒーターとか調整したくない)が、フレキシブルタワーバー装置後はドッシリと安定しています。

      コーナーでもロールが制御され、4輪の接地も増え安定します。
      荷重移動も楽にコントロールしコーナーリングスピードも上がります。

      ロールは抑えられアンダーパワーだけど安定した車になります。
      東名高速の大井松田下りながらの高速コーナーは得意ですね。
      スッパとステアリングを切らない運転にマッチします。

      このエンジンならリミッターが効く領域まで、フレキシブルタワーバーで満足でしょう。
      ノーマルサスからスバルのスポーツグレードの足回りに交換した雰囲気です。

      サーキット等リミッター作動速度は190km/h前後ですが、ターボ系も同じですので、ノーマル車比較なら加速が速い遅いの差です。

      http://hibi-tetsubun.txt-nifty.com/entrance/2009/04/post-bb1d.html

      https://www.youtube.com/watch?v=0KMzJlOkcMY
      https://www.youtube.com/watch?v=O6tL10eToyc


      その後23万キロ走行しています。

      燃費はエコモードオフの方がいいです。
      特に坂が多いエリアや発進加速が多い時には、メリット大です。
      エコモードでは点火時期をECUで制御していて、パワー、トルクダウンさせています。
      ですので、発進時も不利です。
      燃費走行のコツは、空走燃料カット、下りシフトダウンエンブレ燃料カットです。

      高速や山道でパワートルク不足の方はエコモードオフ、ATシフトノブを右側にすると自動変速スポーツモードになります。この場合シフトアップ、ダウンをマニュアル操作すると、自動モードは停止します。
      燃費は地方流れがいいエリアですとインジゲーターで11〜14km/Lです。
    • 【エクステリア】カッコいいのか悪いのか…でも飽きのこないデザインだと思います
      【インテリア】シンプルなのに高級感あります。所々のカーボン調がいい感じです

      【エンジン性能】必要にして十分。街乗りならターボよりいい。ただCVTの音が気になります

      【走行性能】真っ直ぐ走るし良く曲がります。レガシィの真骨頂じゃないでしょうか

      【乗り心地】ビルシュタインは少々硬め。でも気に入ってるし同乗者にも不満は聞いたことないです
      街中だと硬く感じるが高速だと乗り心地が良くなる。これぞスバル。
      【燃費】街中で8`高速で13`くらいです
      【価格】中古だからなんとも言えないけど色で随分値段は変わ
      続きを読む ります
      【総評】一回でもスバルを所有すると他のメーカーのが買えなくなる。遠乗りで安定感を味わうともうこれしかないって感じです。でも次はインプレッサスポーツでもいいかな。なんかレガシィ大きくなりすぎたな。ちなみにスタッドレス履くと雪道無敵ですよ!

    レガシィ ツーリングワゴンのクチコミ

    (8452件 / 1008スレッド)

    クチコミ募集中

    レガシィ ツーリングワゴンのクチコミ対象製品を選択してください。(全6件)

    レガシィ ツーリングワゴン 2009年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 2009年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 2009年モデルのクチコミを書く
    レガシィ ツーリングワゴン 2003年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 2003年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 2003年モデルのクチコミを書く
    レガシィ ツーリングワゴン 1998年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1998年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1998年モデルのクチコミを書く
    レガシィ ツーリングワゴン 1993年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1993年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1993年モデルのクチコミを書く
    レガシィ ツーリングワゴン 1989年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1989年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1989年モデルのクチコミを書く
    レガシィ ツーリングワゴン

    レガシィ ツーリングワゴン

    レガシィ ツーリングワゴンのクチコミを書く

    閉じる

    レガシィ ツーリングワゴンのクチコミ対象製品を選択してください。(全6件)

    レガシィ ツーリングワゴン 2009年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 2009年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 2009年モデルのクチコミを書く
    レガシィ ツーリングワゴン 2003年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 2003年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 2003年モデルのクチコミを書く
    レガシィ ツーリングワゴン 1998年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1998年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1998年モデルのクチコミを書く
    レガシィ ツーリングワゴン 1993年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1993年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1993年モデルのクチコミを書く
    レガシィ ツーリングワゴン 1989年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1989年モデル

    レガシィ ツーリングワゴン 1989年モデルのクチコミを書く
    レガシィ ツーリングワゴン

    レガシィ ツーリングワゴン

    レガシィ ツーリングワゴンのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ13
      • 返信数4
      • 2019年10月18日 更新
      2010年モデルBR9 B型Lパッケージに乗っています。
      数ヶ月前から道の細かい段差(でこぼこ、道のひび割れ等)を通過すると助手席のドアあたりから前の方でボコボコ(コトコト)音がするようになりました。
      大きな段差を通過する時はそのような音がしません。細かい段差を連続(道のひび割れとか)で通過する時は特に音が大きくします。
      音がするのは左側だけで右側の方からは音がしません。
      続きを読む
      ドアのパネルをはずして内部を見てみたり、左右のタイヤを入れ替えてみたりしましたが原因が分かりません。
      素人目ですが足回りを確認しましたが異常が無い様に思います。

      どなたか同じような経験をされて原因が分かる方いらっしゃいましたら教えていただけると助かります。

      よろしくお願い致します。
      • ナイスクチコミ45
      • 返信数26
      • 2019年10月18日 更新
      H24式のBRM(E型)です。
      車好きで割ときれいな状態を維持してますが、最近ヘッドライトのくすみ(擦り傷)が気になるようになりました…。
      ヘッドライトの上部でボンネットの延長線上にあたる箇所です。
      基本洗車は洗車機なのでその影響かなと思ってます。
      お手軽にクリアーの輝きを取り戻す方法がありましたら教えてください。
      よろしくお願いします。
      余談ですが、街で見かけるB
      続きを読むRも結構同じ症状の車を見かけます。
      希少車?になってきたので大事に乗っていきたいです(笑)
      • ナイスクチコミ224
      • 返信数26
      • 2019年10月3日 更新
      普段や通勤でしか使っていないスバルレガシーGTを久しぶりに高速で3時間連続運転したらターボが焼け付きマフラーから白煙がでてきた。ディーラーはオイル交換を1000kmから3000kmでするように推奨された。ターボ交換費用38万円。水平対向エンジンのターボは他のエンジンより頻繁にオイル交換しないとターボが焼け付く。5年間はメーカー保証であるが、その後ターボが壊れると廃車にするかどう続きを読むかを検討させられる車。昨年はサスペンションが壊れたが、10万円以下ですんだ。とにかくこの車は5年過ぎると修理費にお金がかかりすぎる。5年乗って売り飛ばすのがベストの車。それでも愛着があり廃車にできない。

    レガシィ ツーリングワゴンの中古車

    レガシィ ツーリングワゴンの中古車相場表を見る

    レガシィ ツーリングワゴンとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。消費税率変更等に伴い、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止