スバル エクシーガの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スバル エクシーガの新型情報・試乗記・画像

エクシーガの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

新車発売中のグレードはありません

エクシーガのモデル一覧

エクシーガのレビュー・評価

(106件)

エクシーガ 2008年モデルの満足度

4.47

(カテゴリ平均:4.31)

    エクシーガ 2008年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • エクシーガ 2008年モデル 2.5i EyeSight エクシーガはスバル独自の多人数乗車モデルで、2008年6月にデビューした。発売当初にも試乗したが、今回改めて2.5iアイサイトに試乗したので、レポートしておきたい。

      2.5iアイサイトには、スバルがメディア関係者用に用意している広報車両を借り出し、1週間ほどかけてじっくり試乗した。

      多人数乗車のモデルは一般にはミニバンと呼ばれているが、スバルでは独自性を強調するためか、3列7人乗りのシートを持つエクシーガについて、あえてミニバンという呼び方はしていない。

      日本ではハイト系ミニバンが主流を占めるのに対し、エクシーガは全高を抑えたパッケージングを採用する。オデッセイなどと同じ方向
      続きを読む 性のクルマである。

      ミニバンであっても全高を抑えたタイプのほうが、重心高が低くなるほか、空力特性の面から考えても有利なのだが、日本ではそうした理性的な選び方はされていない。背が高くて広さを感じさせるタイプのミニバンが売れていて、エクシーガの販売は低迷を続けているのが残念な実情だ。

      外観デザインは個人的には可もなく不可もなくといった感じだ。ただほかの人からあまりほめる声を聞かないのが残念なところ。インパネ回りのデザインも同様で、カーナビの位置がやや低いのが気になる程度でほかはごく普通の印象だ。

      2.5LエンジンとリニアトロニックCVTの組み合わせは、それなりの走りを実現する。127kW/235N・mの動力性能は特にパワフルなものではないが、エクシーガのボディに見合った実力を持つ。ミニバンのボディで駆動方式がAWD(4WD)だから、車両重量はやや重くなって1500kgを超えるのに、その重さを感じさせない走りを実現する。

      リニアトロニックの変速フィールにも不満はない。むしろ普通のCVTに比べたらダイレクト感があって好ましい印象だし、騒音も良く抑えられている。

      それ以上に低全高・低重心のパッケージングによる走りのバランスの良さがエクシーガの特徴。しかもAWDによる操縦安定性の高さも魅力である。

      ただ、今回の試乗では振動を抑えきれていないことが気になった。アイドリングストップ機構が働いているときは良いが、エンジンがかかってアイドリングしている状態だと、ステアリングに振動が伝わってくる。

      この感覚は発売当初に試乗したときには感じなかったので、今回の試乗車個体の問題なのかも知れない。1万2000km以上走ったクルマで、広報車両としては距離を走っているほうだが、一般のユーザーが普通に乗る距離だから、距離の影響ではないだろう。

      安全装備のアイサイトは、これを理由にスバル車を選ぶユーザーが増えている。ミリ波レーダー方式ではなく、ステレオカメラ方式を採用することで10万円で人間認識もできるようにしたのが良い点だ。

      2.5Lエンジンを搭載したアイサイト付きのAWD車で252万円の価格はリーズナブルな水準といえる。

      参考になった 14人
      2013年6月29日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 3
      走行性能 4
      乗り心地 3
      燃費 3
      価格 3
    •  10年15万キロ乗ったステップワゴンRG1からの買い替えとして,中古で購入,初のスバル車です。購入時の走行距離は5600キロ,フル装備で乗り出し230万でした。現在走行距離は4万5千キロとなりました。買い替え時に重視したポイントは@いざという時7人乗れる3列シートA低速時も追従可能なACCB衝突回避ブレーキ等の安全装備充実Cできれば4WDD大きなサンルーフorガラスルーフ(元オープンカー乗りなので)E子育て中につき,コミコミ300万が上限。これで新車も含めて探しましたが,2年前は,新車のミニバンですらA,Bの条件を満たすものは少なかったですし,Dで国産車はほぼ全滅。たまたまいい出会いがあって 続きを読む エアブレイクを手に入れることができました。購入から2年経ってのインプレッションです。
      【エクステリア】
       サテンメッキ塗装のドアミラー、ハイラスター塗装のアルミ等,A〜G型の中では最もスマート。本当はCROSSOVER7のエクステリアの方が好みでしたが,ガラスルーフが選べなかったので落選でした。パールホワイトの塗装はきれいですが,特にバンパーの塗装が飛び石等で簡単に剥げてしまうのが難点です。
      【インテリア】
       長所:シートは高級感があります。CROSSOVER7で廃止されたグローブボックス上の小物入れが案外便利。それと,やっぱり季節の変化が感じられるガラスルーフは本当に素晴らしく,子どもたちだけでなく,ゲストもみんな喜んでくれます。「シアターレイアウト」はガラスルーフがあってこそ真価を発揮するものだと改めて思います。また,静粛性は運転席と3列目が普通に会話できるほど素晴らしいです。
       短所:インパネ等の樹脂素材やプラスチックはビビリ音が発生します。また,走行中の室内が総じて静かな分,あちこちからするちょっとしたガタピシ音が気になります。知人からは,これに慣れてこそ「スバリスト」なのだと言われましたが,ディーラーの素晴らしい対応でだいぶ改善しました。それと,空調面の貧弱さはやはり否定できません。常時3列目まで使用する方は要チェックです。
      【エンジン性能】
       RG1のホンダエンジンとは真逆のキャラクターで,回転を上げてもそんなにドラマはありませんが,そのかわり常用域ではトルクで走る気持ちよさを味わえます。エンジンとCVTの制御のマッチングが抜群で,スルスルっと速度が上がっていき,余裕が感じられます。一点,スタートで鋭く飛び出してしまいやすいスロットルのセッティングだけは未だに慣れず,気を遣います。
      【走行性能】
       詳しいことは他の方に譲りますが,概ねCROSSOVER7が出た時のインプレッションがそのまま当てはまると思います。安定性がとても高いですが,ハンドリングはダル過ぎもせず,思いの外ワインディングも楽しめます。
       アイサイトはVer.2ですが,開発者のインタビューでは「Ver.2.5と言っていい」ほど改善されているとのことでした。現行XV(マイチェン前のVer3)と比べると,電子ブレーキではないこと,レーンキープアシストがないこと(警告はあり),制御の細やかさ等,確かに差は感じられますが,私には必要十分です。特にひたすら前の車に追従するしかない単車線の高速道路では,ACCの恩恵をひしひしと感じます。
      【乗り心地】
       とても乗り心地が良く,家族からも好評です。ハンドリングと乗り心地の両立という意味でプジョーに近いかな?むしろプジョーより柔らかいかもしれません。これで室内のガタピシ音やビビリ音がなければ,高級車と呼べるくらいのレベルと思うのですが,これも友人に言わせれば,そうならない「惜しい」のがスバルなんだとか。とはいえ,熟成された味わいを感じます。
      【燃費】
       サマータイヤでは10〜13km/l, スタッドレスで7〜10km/lといったところ。FFのRG1よりも良く,2.5lの4WDと考えれば,上々でしょう。
      【価格】
       エアブレイクは特別仕様車で,新車時でもバーゲンプライスでした。中古になっても車の価値を考えれば安いと思います。3列目まで対応するカーテンエアバッグを装備し,後方からの衝突を受けた際も荷室である程度まで衝撃を吸収する構造を採用した車は,実は現行車でもほとんどありません。
      【総評】
       7人乗れて3列目の安全を考えた車となると,現行ではCX-8あたりが候補になりますが,コミコミ400万円クラスです。しかし,子育て中の家庭でそんなにお金を出せるでしょうか?中古のエクシーガは堅実な子育て世代の良い選択肢になると思います。とにかくバランスの良いクルマです。自動車雑誌は自分もよく読みますが,総じてトガった車の方が評価が高く,こういう全方位にバランスの取れた車はえてして「中途半端」などとバカにされがちです。しかし,よほどの好事家でもなければ,複数の高価な車を同時に持てるはずもありません。こういう実力のある車が十分に評価されず廃盤になるのは残念ですが,今でもよい条件の中古車がそこそこ見つかるはずです。個人的にはガラスルーフ付きをオススメしますが,それ以上に重要なポイントとして,今から購入するならアイサイト2装備の後期型を選ぶべきです。きっと満足すると思います。
    • 私事で申し訳ないですが、うれしいことに先月第一子が産まれました。
      それに伴い、今乗っているレヴォーグでも十分なのですが、この先も家族が増える予定であることと、状態のいいエクシーガがなくなる前に買っておきたいという思いから、レヴォーグを手放してこの車に買い替えました。

      *******************************************************
      まず、なぜこの車なのかというお話です。
      今回車を選ぶにあたって重視したポイントは「走り」と「安全性」で、3列目の快適性などは2の次です。

      候補車はプリウスαGR、ジェイドRS、プレマシー等いろいろ考えま
      続きを読む した。
      ジェイドは前に乗ったことがありますが、悪い車ではなかったです。プレマシーも乗車経験があります。走りもよく、唯一スライドドア搭載ということで、利便性の高さも気に入りました。プリウスαはHVなので、仕事用の車も兼ねている現状から考えて燃費がいいためこちらも好印象。


      ・・・ではなぜあえて型落ちのエクシーガを購入したのか。
      まず、2.0L水平対向ターボエンジンであるということ。
      確かにHVにも惹かれますが、この先ターボを搭載したミニバンが登場するだろうか・・・?と考えたとき、いや、これが最後のターボミニバンだろうと思い、一度は乗っておくべきだろう!と。
      実際、乗ってみて大満足です。というか、NAでも十分だろwと思ってしまうほどのハイパワー。これならサーキット走行も続けられそう。他のミニバンじゃそれは無理でしょう。
      踏み込まなければ十分静かです。

      次に、AWDであるということ。
      雪国に住んでおり、温暖化といえど今年の冬のようにドカ雪がたまに降ったりする地域。そんな時、スバルのAWDの頼もしさはレヴォーグで十分わかっていますから、プリウスαやジェイドやプレマシーといったFF車にはとても乗る気になれない。
      本気の4駆ミニバンといえば、デリカD:5もありますが、あれは箱型なので私は好きになれません。

      また、3列目の広さも他の候補車よりちょっと広い。
      というのも、車のサイズが若干大きいから。重視していないとはいえたまに使うだろうからある程度の広さは欲しいところ。
      2列目の快適性も他社より若干優っていると思います。

      さて、それ以外の部分はどうか・・?というと。
      インテリアは他社の方が圧倒的にいいですよ。レヴォーグと比べてもちょっと劣ります。
      走りは思いの他上質で、本気を出せばスポーティーに走れるという感じですが、こちらもジェイド等と比較して頭一つ飛びぬけるというわけではありません。むしろ中古車なので、若干のヘタリを感じます。
      燃費に至っては最悪です。仕事でも使うので、概算でレヴォーグの時の1.5倍燃料代がかかります。
      ガソリンの値段が上がれば、もっと厳しくなることは間違いなし。
      安全性で言えば、アイサイトもVer.3からVer.2にランクダウンし、ちょっと戸惑いを感じています。(ないよりはいいですが)
      (ただ、水平対向エンジンは安全性に優れ、またスバルはその辺に力も入れているため、若干古いとは言え問題ないと思ってます。)

      *******************************************************
      最近のミニバンは、「パッセンジャーが楽しめる車」というコンセプトのものが多いです。静粛性だとか快適性だとか。
      では、運転者は楽しいのか?というと、きっとそうじゃない。後部座席の快適性が上がるにつれて、運転者はただのドライバーとなっていくだけ。私が単純に車好きというのもあるかもしれませんが、車はやはり運転者も同乗者も全員楽しめるべきだと思います。
      一人運転席で運転して、後ろだけでわいわい盛り上がる。運転手だけ孤立する・・・最近のミニバンはそういうコンセプトですが、私は家族全員で楽しい時間を共有できるのが一番だと思ってます。それが、「家族が一つに」なることに繋がるのかな・・・と。

      この車との、また家族との絆を深めていけたら・・・と思っています。
      あなたの選ぼうとしているそのミニバン、絆は深まりますか?

      *******************************************************
      参考までに、レヴォーグの買取価格は168万(某B社、75200km走行、H28式)、エクシーガの購入価格は182万(スバルディーラー)でした。
    • 【エクステリア】
      シンプル好きなのでOK
      【インテリア】
      若干寂しいかな
      【エンジン性能】
      FBエンジン 静かですね〜。昔のSUBARUとは段違い
      【走行性能】
      カルディナ・ターボからの乗換でNAは心配してましたがスタート時のストレスはほとんど感じません。
      良い車です。排気量も大きいので山道もぐんぐん登ります。
      【乗り心地】
      柔らかい、そんな言葉がちょうど当てはまります。
      街乗り、高速共に疲れはないですね。
      【燃費】
      ターボ車・ハイオクに比べれば全然まし
      夏10〜12、冬6〜8程度

      【価格】
      中古車なので…
      【総評】
      ずっとステーションワゴン系を乗ってい
      続きを読む たのですが、家族も増えた為ミニバンを探す事に。車高の高い車より低めの車が好きなので、また走れる車がやっぱり好きなので…エクシーガにたどり着きました。
      ターボからNAへの乗換が不安でしたが全く違和感なく乗れてます。エクシーガは生産終了でSUBARUの7人乗りは今後フォレスター辺りになるとのことですが、ミニバンタイプの7人乗りがあってもいいと思います。

    エクシーガのクチコミ

    (2783件 / 293スレッド)

    クチコミ募集中

    エクシーガのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    エクシーガ 2008年モデル

    エクシーガ 2008年モデル

    エクシーガ 2008年モデルのクチコミを書く
    エクシーガ

    エクシーガ

    エクシーガのクチコミを書く

    閉じる

    エクシーガのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    エクシーガ 2008年モデル

    エクシーガ 2008年モデル

    エクシーガ 2008年モデルのクチコミを書く
    エクシーガ

    エクシーガ

    エクシーガのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ350
      • 返信数61
      • 2019年9月28日 更新
      はじめまして

      信号待ちからの発進加速中で20km/hでしょうか一瞬回転が上がりその直後
      飛び上がらんばかりの衝撃と音。後続車がぶつかったかと思いました。
      でもルームミラーには何もうつってません・・・

      後で冷静に考えると、こうです
      Dレンジで発進、アクセルを軽く踏む、本来ならば1〜2速へスムーズかつ一瞬でシフトするはずが
      何かが原因でニュートラルの時間が数秒入
      続きを読むったため回転が一気に上がる
      あれ?っと思った次の瞬間その回転数のまま2速へフルで繋がる、ッドォンッ!と車体ごと飛び出す。

      驚きましたがその後かなり走りましたがその一度だけでしたので様子を見ることに

      その2ヶ月後また同じことが。ディーラーへ持ち込むと「あ〜・・・」っと行った感じですぐ理解していただけたようですが
      試走してきた後、再現できデーターを取れなければ部品交換したとしても治るかどうかは保証できないと。

      つまり
      自己責任で原因で”あろう”パーツ(諸込20万弱)を交換してもらうか。

      再現しデーターが取れるまで預ける??ただ、2ヶ月通勤で乗ってるにもかかわらず2回しか起きてない。
      60000kmで年数も経ってる為に代車は1日2日ならともかく〜という感じ。


      そして自分でいろいろ調べて行き着いた先は国土交通省のページ↓
      http://carinf.mlit.go.jp/jidosha/carinf/opn/index.html

      1 2016年04月15日
      男性埼玉
      スバルエクシーガ2009年11月66,000 KmCBA-YA5EJ20 動力伝達2016年4月
      1速→2速の変速時に、回転数だけが上がって空ぶかしのような状態になり、後ろから追突されたようなガンという激しい衝撃があった。

      同じ様な報告がここだけで12件、潜在的にかなりの台数ありそうですよね
      しかも年数ごとに増えてるってことはだんだん悪化して発症?

      自車 2008年 60,000km YA5 まさに同じ

      どうしたものでしょうか・・・
      ミッションをコントロールするバルブを交換らしいのですがなにせ高額ゆえもし治らなければ・・・と不安です。
      どなたか交換された方いませんでしょうか?その後どうでしょうか?

      メンテナンスできるような部品でもなく、外観からも判断できない。なのにすぐに修理するのであれば
      お客様の判断で・・・と言われる始末。どうしたものか困ってます。

      治るものであればすぐにでも!エクシーガはとても気に入ってますから!
      出費は痛いですが保証は切れてるので仕方ないですよね〜リコールにならないかしら^^;

      わかりづらい文章ですみません。経験された方などアドバイスなどよろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ17
      • 返信数9
      • 2019年8月19日 更新
      2008年6月製 エクシーガ YA5 GT です。
      走行距離117000mですが、先月7月末より
      前輪部分で、速度50Kmを越える辺りからグオーンと異音発生 スピードを上げるとより大きい音になりました。ディーラーに持ち込み見ていただいたところ、フロントデフの異常とのこと。
      フロントデフの交換は、トランスミッションと一体型なので、トランスミッションもいっしょに交換です。リ
      続きを読むビルト品で40〜50万円位ですと、、、、

      3年位前から、例のタービンセンサー異常を知らず、何回もショックがあることを、ディーラーに言って来ましたが、プラグ交換、タイミングベルトを交換をさせられても、改善せず、このスレで、昨年12月にタービンセンサー異常をしり、やっと交換して、ショックがなくなったところ、このように異常です。センサー異常で、トランスミッションに相当ダメージがあったのでは?と思いますが、、、
      なんとか安く修理する方法は、ないでしょうか?
      詳しい方、よろしくお願いします。デフオイルの交換で治ったりしないでしょうか?
      • ナイスクチコミ22
      • 返信数13
      • 2019年4月3日 更新
      現在Sパッケージに乗ってますが、215/45R18で指定空気圧が前250kpa・後240kpaとなっています。

      この空気圧だと跳ねる感じがするので調整しようと思い調べたところ、tSの指定空気圧が同じサイズのタイヤを履いて前230kpa・後220kpaでした。
      なぜ違うのか色々調べてみましたが、車重がtSのほうが若干重いくらいでその他の違いは結局分かりませんでした。
      続きを読む通であれば重いtSの方が空気圧が高くなりそうですが…。
      さらにスバルにも確認しましたが、Sパッケージの指定空気圧で入れてくださいとしか返信がありませんでした。

      車体の基本構造に大きな違いはないと思うのですが、なぜ20kpaもの違いが出るかわかる方いらっしゃいますでしょうか?
      問題なければtSの空気圧でしばらく走ってみようかとも思っています。

    エクシーガの中古車

    エクシーガの中古車相場表を見る

    エクシーガとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。消費税率変更等に伴い、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止