スズキ アルトの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スズキ アルトの新型情報・試乗記・画像

アルトの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

アルトのモデル一覧

アルトのレビュー・評価

(74件)

アルト 2014年モデルの満足度

3.93

(カテゴリ平均:4.31)

    アルト 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • アルト 2014年モデル 軽自動車の定番商品ともいえるアルトがフルモデルチェンジを受けた。外観デザインはちょっと意表を突いた感じがあって、発表前に流出したスクープ写真を見たときには変な顔だなと思ったが、実際にクルマを見ると、違和感を感じることなくそれなりに個性的なデザインに仕上がっていた。

      特にメガネを連想させるヘッドライトのデザインが印象的で、目力(めぢから)を感じさせる独特の個性が表現されている。この部分は某有名デザイナーの案とも言われている。

      最上級グレードのXにはミディアムグレーのバックドアをオプション装着することも可能。ボディ本体のカラーによってコントラストが異なるが、1万6200円のオプションな
      続きを読む ので、気軽に装着できる。


      新型アルトは乗降性が良くなった。直角に近いまで大きく開くドアに加え、運転席シートの座面高をやや高くすることしで、重心移動の少ない自然な姿勢で乗り降りできるようになっている。

      クルマに乗り込むと、グレードによって60mmの調節量を持つシートリフターや調節量を35mmに拡大したチルトステアリングなどが備えられていて、きめ細かい調整で最適なドライビングポジションを確保できる。軽自動車では省略されることの多い装備だが、正しい姿勢で運転するために欠かせない装備ともいえる。

      室内空間は一段と広くなった。新開発のプラットホームが採用されたことが大きな理由だ。軽量化や高剛性化、衝突安全の向上など、時代が要求するさまざまなニーズに対応して開発された新プラットホームで、これは今後のスズキ車に広く採用されていくことになる。

      インテリアはシンプルかつクリーンなデザインでまとめられた。インスト全面に左右に広がる白いパネルが使われていて、広さ感を表現するとともに、このパネルに合わせてメーター、オーディオ、エアコンルーバーなどを横一直線に配置して、見やすく扱いやすいインテリアに仕上げている。

      シートは骨格などの基本構造を見直すことで大幅な軽量化を図られ、シンプルな形状ながら座り心地、ホールド性とも良好だ。シート表皮は清潔感のあるブルー調のファブリックが使われている。

      新プラットホームの採用によるホイールベースの延長がありながら、最小回転半径はクラストップの4.2m(15インチタイヤ装着車は4.6m)としている。


      アルトの走りはけっこうというか相当に良くなった。新プラットホームの採用を始めとするさまざまな軽量化の取り組みが功を奏し、従来のモデルに比べて60kgの軽量化が図られて最上級グレードのXでも650kg(FF車)という軽いクルマに仕上げられたことが、走りに大きく貢献している。

      ボディの軽さを反映してアクセルペダルを少し開くだけでスムーズに走り出し、その後も滑らかに加速が伸びていく。この軽快感はなかなかのものだ。アクセルの踏み具合によって副変速機付きのCVTがロー側を使って力強く走り出していく。

      それでいて走りが安っぽい軽さを感じさせないのも良い。軽自動車というととかく走りの質感に欠けることになりがちだが、新型アルトはボディの軽量化と同時に剛性向上も図っていて、これまで以上にしっかりしたボディが作られた。それが走りの良さに好影響を与えている。

      燃費も大きな訴求ポイントだ。JC08モード燃費がFF車で37.0km/Lに達したからだ。これはハイブリッド車のアクアに並ぶもので、市販のガソリン車として世界最高燃費となる数字である。アルトではエネチャージやアイドリングストップなど、スズキのグリーンテクノロジーを採用するとともに、エンジンやトランスミッションにさまざまな改良を加えることでこの低燃費を実現した。

      新プラットホームに合わせてサスペンション形式も変更になった。今回のアルトでは軽量化などのためにトーションビーム式を採用したが、これがフラット感のある乗り心地などにつながり、快適性を高めている。

      新型アルトでは安全性の向上も大きなポイントで、最近話題の安全装備である追突軽減ブレーキ(レーダー・ブレーキ・サポート)が全車に標準またはオプションで装備されている。商用車のライトバンでも選択できるようにしたのは日本初だ。これには誤発進抑制機能やエマージェンシーストップシグナルなども含められている。

      逆に乗用車でも一部の廉価グレードでは後席ヘッドレストレイントの設定がなく、基本的な安全装備が省略されているのは物足りない点だが、追突軽減ブレーキの幅広い設定は評価できる部分である。


      車両価格は最上級グレードグレードのXでもFF車なら110万円台前半。オートエアコンやキーレスプッシュスタートシステム、LEDウインカー付きドアミラーなど、充実した仕様が用意されている。もちろんレーダー・ブレーキ・サポートも標準装備だ。

      ひとつ下のSもオプションでレーダー・ブレーキ・サポートを装着して100万円強の価格だから、このあたりのグレードを選べば良い。十分に納得モノの価格となるはずだ。クルマの出費を抑えてほかのことにお金を使いたいタイプのユーザーなら、迷わずアルトを選んだら良いと思う。

      最廉価グレードのFにはAGSと呼ぶシングルクラッチの2ペダル仕様が設定されている。シングルクラッチの中ではなかなかデキが良いので、これも選択肢に入れたいところだが、エネチャージの設定がないために燃費が29.6km/Lに下がるのが難点である。

      AGSももっと積極的なグレード設定にすれば、それなりに支持されるのではないかと思う。もうひと工夫が欲しい。


      後から追加されたターボRSはAGSだけの設定になっている。これはこれでひとつの考え方だと思うが、スポーツモデルとして考えるとやはりAGSだけでなく5速MT車の設定も欲しいところだ。

      ターボRS自体は軽量ボディが貢献してけっこう良く走るし、やや硬めの足回りも乗り心地をスポイルしていない。軽自動車としてバランスの取れたクルマである。これが130万円くらいの価格帯で手に入るのはけっこうバーゲンプライスといえる。

      参考になった 21人
      2015年3月31日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 3
      走行性能 3
      乗り心地 3
      燃費 4
      価格 4
    • CVT グレード L 2016年マイナーチェンジ

      【エクステリア】
      レトロなダサカワイイ感じが発売当初から好みだった。
      初めてのスズキ車だが、スズキの外装デザインはどれも割と好き。
      【インテリア】
      しかし内装はどれもただダサくて嫌い。そして安っぽい。
      実際安いというが、同世代のミライースと比べても質感や見栄えが劣る。
      窓スイッチ周りとかやけに小さい気がするのは気のせいか、手をかける部分などもミニチュアのよう。
      ETC取付のためAピラー内装をさっそくはがしたがあまりの薄さにびっくりした。
      【エンジン性能】
      アルトで最も褒められるべき点。
      車体が軽いためか軽快でなん
      続きを読む の不満もない。
      ※一人乗り、エアコンOFF時
      【走行性能】
      軽快でキビキビ、なのだがエネチャージのせいか知らんがエンブレが妙にきく気がする。
      アクセルオンオフでギクシャクしやすい。地味にストレス。
      浅いブレーキで十分なのに浅いとアイドリングストップが解除されかなり鬱陶しい、これが何気に一番の不満点。
      人間が制御に合わせてやらねばまともに機能しない。
      このあたりのお粗末さが安っぽいと感じる最大の要因。
      ミライースは重たいがそういったストレスはあまりなかった。
      【乗り心地】
      足回りが固いといっていいのかよくわからないが、荒れた路面を拾ってガタガタ。
      走行10万キロの普通車と遜色ない乗り心地。新車でこれかと思ってしまう。
      【燃費】
      軽快さと等しく褒められるべき点。
      【価格】
      文句なし。
      【総評】
      安さと軽快さに特化しそれ以外を蔑ろにしたクルマ。
      前提知識としてわかってはいたが、良くも悪くも思った以上だったかなという印象。
      個人的にはミライースのほうが同じ価格帯であっても満足感は高いと思う。
      ただ割り切って乗るなら安くて軽快で燃費よくていいクルマである。

      ※追記
      アクセルを踏み込むようになってわかったのが、キックダウンが2テンポ遅い
      オートマはどれもワンテンポ遅いのは仕方ないが、さらに遅く乗りにくい
      1人でエアコン無しなら気にならないが、人を乗せたときに顕著で運転が疲れる
      反応が鈍いので無駄に踏み込みすぎてオットットとなることがある
      不満点ばかりが目に付くようになったので星3→星2に評価を下げる

      乗り始めてはや数か月、不満点をまとめると
      ・ブレーキを意識して踏み込まないとアイストが解除される
      ・暖気完了するまでカクカクする
      ・エンブレが妙に効く
      ・キックダウンが鈍い
      ・ドアの閉まりがかなり悪い
      ・内装が安っぽい

      ※追記2
      星2に落としたもののやはりガソリン車でこの燃費は捨てがたいかと思うので星3に。
      一人乗りで、エアコンなしで、道がよければ25km/lは楽に超える。
      エアコンつけて街中で18ぐらい。
    • 今まで乗って来たあらゆる車の中で特に勧めたくないです。評価する気もありません。毎日通勤で使ってますが、かなり酷い。足回りもトーションビームという雑な造りであるが故に継ぎ目ではかなり跳ねてドタバタします。エンジンは3気筒という点では割り切りますが、やっぱりうるさいです。ミッションに関しても3ATというまるで昭和の時代にあったものを採用している時点で終わってます。燃費に関しては特に酷く、朝満タンにしたにも関わらず、帰る頃にはゲージが既に半分。これでは遠出などとて出来ません。次の車はスバル製の軽にしようかなと思っています。
    • アルト 2015年 モデルL CVTを購入
      軽自動車は20年前の車しか知りませんでしたので進化を感じれました。
      全体的には満足してますが贅沢を言えばもう少しって感じですが値段相当って感じで割り切ってます。
      この値段でシートヒータ(運転席のみ)シートリフターが付いて100万以下なのが購入の決め手です。

      「インテリア」
      まあ昔よりは見た目は良くなりましたが安っぽいです。
      特に気になるのはAピラーとダッシュボードの隙間が気温で変わります。
      一度Aピラーを外すと綺麗にははまりません。ペラペラなんでしょうね!

      「外観」
      昔のアルトを思い出すような印象は好感が持てます。

      続きを読む 走り」
      車体が軽いので出だしの加速・トルク感は良好。
      出だしで置いて行かれることは無いです。
      高速での走りも良く普通に走るなら十分です。
      ブレーキに関しては普通の走りには問題ないですが
      緊急ブレーキ時は少し怖いです。タイヤが細く・車体が軽いのでしょうがないです。

      「燃費」
      私の通勤では信号が多く車が多いのであまり燃費は伸びにくい環境です。
      気候により左右されますが5月エアコンなしでリッター20キロ程度です。
      高速ではリッター25キロ以上になりました。
      ですがタイヤの空気圧・エンジンオイルの劣化などでも大きく変わります。
      メンテナンスはエンジンオイル4000キロ以内に交換するようにしてます。
      タイヤの空気圧は推奨2.8ですが3.0くらいにしてます。

      「不具合」
      特に大きな問題は今までありませんでしたがCVTの駆動系に癖があります。
      特に減速して止まるような状況になると急に少し加速するような癖とガクガクするような症状がが
      たまにあり、ディーラーで問題を指摘した所メーカーにも前歴がありプログラムアップデートを
      しましたが少しマシになった程度で完全に完治した感じではないです。
      代車で同型アルトに乗りましたがその車両には感じませんでしたので個体差があるようです。
      その代り私の車両ではトルク感が大きく感じます。

    アルトのクチコミ

    (3473件 / 261スレッド)

    クチコミ募集中

    アルトのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    アルト 2014年モデル

    アルト 2014年モデル

    アルト 2014年モデルのクチコミを書く
    アルト 2009年モデル

    アルト 2009年モデル

    アルト 2009年モデルのクチコミを書く
    アルト 2004年モデル

    アルト 2004年モデル

    アルト 2004年モデルのクチコミを書く
    アルト 1998年モデル

    アルト 1998年モデル

    アルト 1998年モデルのクチコミを書く
    アルト

    アルト

    アルトのクチコミを書く

    閉じる

    アルトのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    アルト 2014年モデル

    アルト 2014年モデル

    アルト 2014年モデルのクチコミを書く
    アルト 2009年モデル

    アルト 2009年モデル

    アルト 2009年モデルのクチコミを書く
    アルト 2004年モデル

    アルト 2004年モデル

    アルト 2004年モデルのクチコミを書く
    アルト 1998年モデル

    アルト 1998年モデル

    アルト 1998年モデルのクチコミを書く
    アルト

    アルト

    アルトのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ13
      • 返信数5
      • 2019年3月23日 更新
      @カタログ記載の燃費37ですが、燃費不正後は38.3という情報がネットにのってました。
      更に上のグレードは38.3
      下のグレードは40.3という情報ですがこの値は信憑性ありますでしょうか?

      A現行ではs-エネ見送るとの事ですが、見送るのはなぜでしょうか?

      B次期新型が早くて今年 下半期に出るとの予定ですが、更なる燃費向上の可能性はアルト思われますか?
      私は夢お
      続きを読むい人なんで燃費に対しては、アルトは軽だけでなく全ての車でナンバーワンであってほしいです。
      従ってダイハツさんにも自動車造りの一環として改めて、燃費競争へカムバックしてほしいですね。
      • ナイスクチコミ6
      • 返信数4
      • 2019年3月21日 更新
      現在HA36Sの普通のアルトに乗っております。
      最近フォグランプを取り付けたいなと思って質問したのですが、普通アルトにフォグをつけるには今着いているフロントバンパーに穴をあけるか、フロントバンパーを付け替えるかだと思うのですがワークスのフロントバンパーは普通アルトに取り付け可能なんでしょうか?可能ならどのくらいお金がかかるか知りたいです。
      • ナイスクチコミ20
      • 返信数19
      • 2019年3月18日 更新
      現在通勤で片道1時間を通っているのですが朝早く夜遅い時間帯ですし山道、田舎道なので真っ暗で鹿とかめっちゃ出てきます笑笑
      そこでアルトのヘッドライトをハロゲンから変えようかと思っています。まずLEDかHIDどちらがいいか悩んでいるのとHIDが良いとして現在アルトにも純正HIDがありますがそれの評価が知りたいです。
      純正よりも社外品のがいいかとかも教えてもらえれば幸いです。
      続きを読む

      とりあえず条件として明るい、丈夫、車検適応が優先事項です

    アルトの中古車

    アルトの中古車相場表を見る

    アルトとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止