フォルクスワーゲン ゴルフの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

フォルクスワーゲン ゴルフの新型情報・試乗記・画像

ゴルフの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

ゴルフのモデル一覧

ゴルフのレビュー・評価

(236件)

ゴルフ 2013年モデルの満足度

4.32

(カテゴリ平均:4.3)

    ゴルフ 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • ゴルフ 2013年モデル GTI 新型「ゴルフGTI」の長期テストを行うため、メーカーの広報車を個人的に借り受け、様々なテストを敢行していましたが、今回が最終レビューとなります。

      ●タウンインプレッション

      ボッシュスターターを押し、エンジンを始動させますと、威勢のいいサウンドがキャビンに響きます。しかし、常に「ボーボー」と唸るのではなく、抑えるときは抑え、吼えるときはおもいっきり吼えてくれるそんな印象です。そのため、普通に走っていれば、排気音で耳が疲れるようなことはありません。
      走行モードに関わらず35.7kgmという3.5リッターエンジン並のトルクを1500rpmから生み出すため、アクセルに足を乗せた瞬間、トル
      続きを読む クの波が押し寄せ、身体がシートバックに押え付けられます。そのため、街中では、アクセルに触れるだけで、あっという間に周囲の流れを置き去りにできます。

      歴代の「ゴルフGTI」で最も乗り心地が良いといえます。18インチ、40%扁平のタイヤを履くにも関わらずしなやか。これなら、家族からも文句を言われることはないでしょう。DCCモードですが、「ノーマル」の選択で十分コンフォートに走れます。

      ●ワインディングインプレッション

      サーキット走行でも容易には破綻しない「ゴルフGTI」ですので、公道の峠道をハイスピードで駆け抜けた程度では、限界は見えてきません。35.7kgmという先代「ゴルフR」を凌ぐ大トルクは、1500rpmから4400rpmまで持続。そのため、急勾配の立ち上がりなど物ともせず、豪快な走りを満喫できます。また、装備される「プログレッシヴステアリング」は超が付くほどクイックなレシオでタイトコーナーでも、蛇角は最小限。コントロール性も特筆です。
      走行中、前方にスズキ「スイフトスポーツ」がやる気満々で走っておりましたが、こちらは涼しい顔をして後方から、ある程度の車間距離をキープして追走。ストレートで必死に引き離しに掛かる相手ですが、スロットル開度、三分の一程度でトルクが盛り上がり、あっさり相手に追いついてしまう程。あまりいじめるのも大人気ないので、お遊びは終えました。
      ブレーキは、片押しのフローティングキャリパーに耐熱のレッドペイントが施されていますが、ワインディングを攻め込んだ程度では、踏力の変化は皆無。ダウンヒルでも、エンジン性能を上回る制動能力を見せてくれました。

      ●ハイウェイ&テストコースインプレッション

      高速道路では、自制心が必要となります。ETCゲートを抜け、フルスロットルをくれると、シフトチェンジの度に「バフッ!」という大迫力のサウンドと共に、5秒台で時速100km/hに到達。これ以上は、免許書がなくなりそうですので、6速のまま、巡航。追い越し加速も特にパドルシフトに手を触れることもなく、そのままスロットルを踏むとトルクが盛り上がり、あっけなく追い越し終了。東名高速道路の大井松田〜御殿場間など高速コーナーが続く区間も、国産ミニバンが、どアンダーを出す中、思ったとおりのラインで、さらりと駆け抜けていく「ゴルフGTI」。日本国内の高速道路では、美味しい領域まで持っていくことが不可能でした。

      テストコースでは、フルスロットルでの走行、最高速度を試してみましたが、時速200km/hまでも、速度計の上昇する勢いが衰えることなくあっけなく到達。時速200km/hでのエンジン回転は3200rpmというのも驚きました。(最後の写真を参照。)

      新型「ゴルフGTI」は、ジキル&ハイド的な性格を持ったクルマであると一ヶ月共にして分かりました。お買い物に連れ出すときには、普通の「ゴルフ」、サーキットでは、完全なスポーツカーへ…。

      新型「ゴルフ」本当に素晴らしいクルマです。

      参考になった 27人
      2013年12月15日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 5
      価格 5
    • 2019年夏に新車購入して約半年が経過しました。
      現時点でのレビューを書かせていただきます。
      なお評価するグレードは限定車ではないGTI Performanceとなりますので他グレードとは大きく異なる部分が多々あります。
      また文中のベースモデルとは特別仕様ではないGTIを指します。

      【エクステリア】
      7から7.5にビッグマイナーチェンジを得て全体的に細部がリファインされました。
      例えば7ではフロントアンダーグリル正面に装着されていたレーダーユニットが、7.5はフロントVWエンブレムに内蔵されました。
      ウインカー類はもちろん、ナンバープレート灯に至る全ての灯火類がLED化されて
      続きを読む いて新しさを感じます。
      新型8が発表されてデザインやスイッチ類での賛否がありますが、7(7.5)のデザインが好きな方は買っておいて損は無いと思います。
      アルファロメオ156がそうであるように、ワルテル・デ・シルヴァ氏のデザインシェイプは時が経っても色褪せることは無いでしょう。

      【インテリア】
      目立つところではアナログメーターを廃止してフル液晶表示になりました。
      そのメーターパネルにナビの地図を縮尺を自由に変えて表示することができます。
      ナビ画面では1/150mくらい、メーターでは1/1500mとそれぞれ異なるスケールで表示することで、目的地までの方向と距離感がつかみ易くて便利です。
      GTI Performanceには黒を基調とした専用のインテリアが与えられていてベースモデルよりも落ち着いた高級感があります。
      個人的にはGTI伝統のチェック柄も好きなのですが、アルカンターラに似たマイクロフリース素材のシート生地は滑りにくく、着座姿勢が安定して疲れにくいです。
      汚れ易い部分や擦れて摩耗し易い部分がレザー素材となっているのは耐久性のことまでよく考えられてのことだと思います。
      ちなみにピラーから天井まで、内装が全てブラックに近いチャコールグレイのファブリックで統一されています。
      バイザーやアシストグリップまで同色でとても大人っぽくてシックです。

      【エンジン性能】
      GTI PerformanceのエンジンはAUDIが開発した名機EA888 Gen.3(第三世代)です。
      ベースモデルよりも少しだけ性能を引き上げられて(230ps→245ps,350Nm→370Nm) 別の型式を与えられています。
      実際に乗った感じはまんまトルクモンスターで、アイドリングのすぐ上からグイグイ加速します。
      高速道路の合流ではうっかりすると走行車線の車を追い抜いてしまいそうなくらいの加速力です。
      ゴルフ8 GTIにもこのEA888の継続搭載が決定したことは嬉しいニュースです。

      【走行性能】
      モンロー社との共同開発だというDCCが素晴らしい仕事をしてくれます。
      普段はノーマルで事足りますが、ゲストを乗せた時はコンフォートに、ワインディングを気持ちよく走る時はスポーツに、通勤やのんびりと運転するときはエコにと、明確な走行モードの切り替えが可能です。
      エコを選択するとアクセルオフでクラッチを完全に切り離し、アイドリングでコースティングします。コースティングを上手く使うとかなりの燃料消費削減が可能なようです。
      ブレーキも素晴らしく、ドイツ車らしい踏めば踏んだ分だけギュッと絞るような強力制動です。
      GTI Performanceにはベースモデルとは異なる大径フロントディスクに大型キャリパー、リアにもベンチレーテッドディスクが装備されています。
      他には電子制御式油圧LSDや電子制御式デファレンシャルロック(XDC)など、スポーツ走行を想定した装備が満載です。
      サーキット走行でなくても例えば交差点でのUターンなどでこれら電子デバイスが有効に作用していることを実感できます。

      【乗り心地】
      225/35R19サイズのP-ZEROが標準ですが不快な突き上げはほとんど感じません。指定空気圧よりも5%ほど高めに設定しているのにです。
      走行中も静粛性が高いのはゴルフ全般に共通することです。

      【燃費】
      信号と交通量の多い市街地走行ではせいぜい9km/L、少し流れが良いと14km/L、高速走行では90km/h巡行辺りが最も効率がよく18km/Lくらいまで伸びます。
      普段はアイドリングストップを無効にしてあまり燃費を気にしないので、究極にエコ運転を追及すればもっと成績は変わってくると思われます。

      【価格】
      ベースモデルに同様のオプションを装備することを思えばPerformanceの価格設定はとてもお値打ちです。
      さらに専用装備が追加されていますのでトータルでは100万円を下らないスーパーディスカウントと言えます。
      例えばPerformanceに装着されている19インチアルミホイール(Santiago)はホイール単体で1本あたりの定価が11万円です。
      モデル最末期だからこその思い切った価格設定だと思います。

      【総評】
      VW車はこれが4台目となります。GTIは2台目です。
      実は購入を決意した時点では既にベースモデルのGTIは受注生産という名の事実上販売終了となっていてPerformanceを購入しました。
      ベースモデルを想定していたのでPerformanceでは予算的にややオーバーではあったのですが、担当をしてくれた営業さんがとても頑張ってくれたので無事購入することができました。
      ベースとなっているのが実用車として文句の付けようが無いあのゴルフですので、GTIは十分に実用に耐え得るスポーツカーと言えるのではないでしょうか。
      カーグラフィックTVで松任谷正隆氏が「ゴルフGTIがあればポルシェはいらない」とコメントされています。
      ポルシェを何台も所有されてきた氏のこの評価は大いにこの車のことを理解する手掛かりになると言えます。
      後席には家族を乗せる機会が多く、奥様が近所のスーパーへお買い物へ行ったり子供の送迎に使ったり。
      そんな普段使いの足として使えながらも一たびムチを入れると並みの運転スキルでは手に負えないほどのじゃじゃ馬振り。
      現時点での最新の安全装備も加わって、後悔することの少ない選択肢の一つだと思います。
    • まず初めに自分はアンチ外車な人でした。同程度のクラスなら国産車の方が安く買えるし信頼性も高いのに外車に乗る人の気が知れない。外車に乗るのは見栄で乗ってるだけだろう・・・なんてずっと思ってました。w
      試乗するきっかけはマツダ3の試乗でした。ネットの評価が良かったので期待して試乗してみると普通な感じで可もなく不可もなく価格がが高すぎな気がする車と言う印象でした。じゃあCセグのベンチマークと言われるゴルフってどうなのよって事で試乗したら目から鱗が落ちました。



      【エクステリア】
      正直言ってゴルフは地味ですけど、GITになると赤いラインが室内外にあって多少派手になります。
      背面にはG
      続きを読む TIのエンブレムしかないので、物凄くあっさりしてます。
      ぱっと見クラウンと同程度の価格には見えませんが、自分的にはそこが良いと思ってます。
      逆に外車にステータス性を求める人には全く合わない車ですね。

      【インテリア】
      こちらも赤い光の演出があったり、シートの柄などがあって華やかになってます。
      左のウインカーも直ぐに慣れましたが、咄嗟の操作ではワイパーが動きます。(^^;
      日本車ではハイビームやアダプティブライトを使う時にウインカーレバーを前方に動かしますが、ゴルフは1回前方にプッシュするだけです。日本車方式だとウインカーレバーの位置が前方に遠くなりますが、この方法だと変わらないので操作し易いです。
      ただし3ターンウインカーは節度が悪く可なり注意深く操作しないとならないのが面倒くさいです。
      デジタルメーターも見易いし色々な情報を表示出来て便利です。乗る前はメーターとメーターの間の狭い場所にナビを表示しても見難いだけで意味がないのではと思っていましたが、視線移動距離が格段に少なくて済むので凄く便利でした。

      【エンジン性能】
      ノーマルのゴルフでも十分速かったですが、GTIだと十分過ぎるくらいです。アイドリングストップからの復帰も殆ど振動等もなく快適です。マツダのCX-5はガソリン車でも酷い振動があったので、外車を見直すきっかけにもなりました。

      【走行性能】
      高速道路が一番合う感じです。スピードが出れば出るほど安定する感じで、さすが常用スピード域が高い国の車だと感じました。
      まだ冬を経験していませんが、今まで四駆にばかり乗っていたので冬の雪道走行に懐疑的でしたがゴルフは日本車より滑りません。とのことなので期待しています。

      追記
      ゴルフでの冬道走行を行ったので、感想を追記します。
      営業さんのお話では「ゴルフの冬道走行は国産四駆よりも安定していて、とっても走りやすいです。止まる時にも国産車はブラックアイスバーンなどで左右に寄って行くことがありますが、ゴルフは真っすぐのまま止まります」
      と言われCX-5に乗っていた自分は、国産四駆もセンサー沢山つけて四輪の滑りをコントロールしているのでFFには負けんだろうと心の中で思っていましたが・・・全て本当でした。(もちろん発進は四駆の圧勝ですが)
      凍結路面では車がスピンしたがるような何とも言えない感じがあるのですが、ゴルフでは一切無く物凄い安定感があります。

      【乗り心地】
      走行モードを変更することでソフトからハードまで変えられるので悪くないと思います。もちろん40扁平のタイヤなので路面の凸凹ではショックがキツイですがスポーツカーだと思えば良い方だと思います。またシートがめちゃくちゃ良くて、国産車ではシートに定評があるマツダ車のシートでも背中が痛かった自分がゴルフでは何時間乗っても平気でした。

      追記
      最近DSG(DCT)のネガな意見を聞きますが、自分の車では発進時のギクシャク感等は感じませんでした。知らなければATだと思うレベルです。逆にDSGは停止時にエンジンブレーキが掛かる割合が多い気がして、停止が楽な気がしました。
      まぁ、ワーゲンのDSGも初期は酷かったらしいですが。w
      それと、どの車に乗っても腰が痛いからとクッションを使っていた母ですが、ゴルフにしてからは100km以上のドライブに行っても何も言わなくなりました。

      【燃費】
      これだけの高馬力エンジンでも普通に走ってると燃費は13kmくらいなので十分満足です。

      【価格】
      高いっちゃ高いけど、見えないところにしっかり金を掛けてるので、こんなものかなぁ。

      【総評】
      取りあえず試乗して剛性感と言うか安定していると言うか、確かに国産車には無い感じでした。ドアがめちゃ重い事からも分かりますが速度無制限の国で作られてる車なんだなぁと思いました。
      ドアが重いから何だ?と昔の自分なら思いますがドアのヒンジの取り付け部や屋根のレーザー溶接等、営業さんから言われて納得できる点が沢山ありました。今まで色々な車に乗って来た方だと思いますが、ここまでしっくり来る車はありませんでした。
      今までは新型車が発売されると気になりましたが今は全く気にならなくなりました。もう多分ワーゲン以外の車は買えなくなってしまった気がします。木乃伊取りが木乃伊になるって感じですが、偏見など持たずもっと早くから乗っておけばと後悔しています。

      追記
      懸念していた冬道走行も過去10台近く乗り継いできた車の中で、最高の安定感があることから選択が間違っていなかったことにホッとしています。今までは、新型車が出る度に気になって動画などを見ていましたが、最近は一切気にならなくなりました。

      と、べた褒めしてますが、もちろん自分が悪いと思うところもあります。そこを書かないとフェアーじゃないので書いておきます。

      ・取説が分かり難い:国産車に比べると相当酷いレベルです。結局ネットで調べて解決なんてことが多いです。

      ・左ハンドル仕様のままの部分がある:ナビ等の画面はジェスチャーコントロール対応ですが、ウインカーレバーを操作すると手が画面の前を通って誤反応するので鬱陶しいです。走行モード切替スイッチもシフトレバーの反対側に付いているので、シフトブーツに隠れて見えない為手探りで押さなければなりません。


    • 購入当時モデル末期で、上位グレードがなく、消去法的に購入したトレンドラインですが、11年13万kmを突破しましたので、これを期にレポしたいと思います。

      (使用環境など)
      カーポートに保管、強烈な夏の日射しや雨は防げています。サンデードライバー、毎週末高速道路移動、通勤利用など使用頻度やパターンは変わりましたが、首都圏のような低速走行や渋滞は基本的にない環境です。
      (整備)
      オイル交換も含めこれまではディーラーを利用。オイルはVWロングライフサービスの通り2年又は3万km毎に交換してきました。なお、1K-CAX型はタイミングチェーンが伸びるトラブルが多く、潤滑はエンジンオイルで行うた
      続きを読む め、2年前から1年毎に切り替えました。私のはチェーンの伸びは無いようで、11年目の車検時にはショックアブソーバーは替えた方が良いとだけ言われました。
      ショックアブソーバーは、先頃、ビルシュタインのリプレース用をマウント、バンプラバーと共に一般整備業者に持ち込みディーラーの半額以下と思われる約11万円で交換を終了、気になっていた道路の細かな凹凸の突き上げも消え、新車同様と言っても良い走りとなりました。
      ディーラーの工賃がこのところ急に高くなりましたので、今後は巷の整備業者にお願いしていこうと思います。
      (トラブル)
      約7万kmでトランスミッションのギヤが舐め始めたことだけで、これはDSGごと無料交換となりました。珍しいことだそうです。
      (DSG)
      乾式最初の搭載車です。最初の頃はブレーキから足を離した後1秒以上クラッチが繋がらないことが多かったのですが、その後、点検時に3、4回程ソフトがしれっと書き換えられ(内1回はリコール)、問題ないレベルに改善済。使用環境もあってかジャダーもありません。下り坂ではエンジンブレーキ、急減速ではブリッピングをしてくれるし、エンジンのトルクもあって、小気味の良い加速をしてくれます。
      (燃費)
      街乗り+αで14km/L前後、中長距離の一般道18〜19km/L、高速道路17〜19km」/Lで、ハイオクなのがキツイですが、燃費も良いし、路面にピターと吸い付く軽快な走りで、納得です。
      (ボディー)
      VWメカニックの話ではVはY、Zよりボディーが強いそうで、実際に全くヤレを感じません。昨年亡くなったF.ピエヒがVWに移籍後本格的にその手腕を発揮したのがV(のハズ)で、コストがかかりすぎて利益がでないと言われていました。ドアの開閉音やドイツ車なら当たり前ですが削り出しの蝶番など、昨年、久々に日本車を買ってみて、やはりドイツ車は良いと再認識しました。
      ボディー横にはプロテクターが付いていて良いです。幅が1.76mと広いことを除けばコンパクト、最小回転半径5.0mで駐車に便利です。自転車もそのまま積み込めます。
      (シート)
      長時間乗っていてもほとんどたわまず、正しい姿勢を保ってくれます。レカロの納入のようですが、私が乗った中ではW202メルセデスCクラスに次いで良いです。ステアリング軸の中程が膨らんでいて、右膝に当たり加減という欠点はあります。
      (ナビ)
      2DINで市販のナビが取り付けられます。3年前に楽ナビに交換、悩んでいた地図データ更新も昨年暮れに料金が大きく下がって、安価に最新データに更新できました。
      (維持費など)
      小排気量&ローテクですので維持費が安いです。自動車税、任意保険は元より、タイヤは195/65/15で安価、かつ、重くないので交換が楽です。エアコンフィルターなど消耗品の交換も簡単。ヘッドライトのハロゲン球を交換しましたが、これも簡単でした。LEDライトは明るいですが、色温度の関係で見にくいことも多々ありますし、ハロゲンでも不便を感じません。
      エンジンオイルは吸入式のオイルチェンジャーでキレイに抜け、オイルフィルターはボンネットをあけると正面にあって取り外しが極めて楽です。
      アイドリングストップはありませんが、そのためバッテリーも1つ、通販なら15千円位で購入できます。
      (安全装置)
      設計が古いので安全装置は余りありません。ミラーが小さめで、加齢もあり、特に雨の日の左右斜め後方が分かりにくいです。ブラインドスポットディテクションは良いですね。
      (気になること)
      巷間言われている、DSGのジャダー、タイミングチェーンの伸び、室内材のプラスティックの加水分解が気になるところです。カーポートの効果もあってか天井の垂れはありませんが、これもどうなるか。タイミングチェーンの伸びかDSGのジャダー修理費は高額となるので、これが出た時が手放すかどうかの分岐点でしょうか。
      (今後)
      今後大きな出費の予想されるものでは、ドライブシャフトブーツの交換ですね。これまで無交換で今でも問題ありませんが、距離も距離ですので、サスペンションのブッシュ類と合わせて交換を検討中です。費用は15〜20万円位と思います。その他、経年劣化で今後どんな費用がかかるか分かりませんが、非常に良いクルマですので大事にして行きたいと思います。

    ゴルフのクチコミ

    (24462件 / 2119スレッド)

    クチコミ募集中

    ゴルフのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    ゴルフ 2013年モデル

    ゴルフ 2013年モデル

    ゴルフ 2013年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ 2009年モデル

    ゴルフ 2009年モデル

    ゴルフ 2009年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ 2004年モデル

    ゴルフ 2004年モデル

    ゴルフ 2004年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ 1998年モデル

    ゴルフ 1998年モデル

    ゴルフ 1998年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ

    ゴルフ

    ゴルフのクチコミを書く

    閉じる

    ゴルフのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    ゴルフ 2013年モデル

    ゴルフ 2013年モデル

    ゴルフ 2013年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ 2009年モデル

    ゴルフ 2009年モデル

    ゴルフ 2009年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ 2004年モデル

    ゴルフ 2004年モデル

    ゴルフ 2004年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ 1998年モデル

    ゴルフ 1998年モデル

    ゴルフ 1998年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ

    ゴルフ

    ゴルフのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ145
      • 返信数58
      • 2020年2月15日 更新
      すみません、しょーもない質問で。
      以前友達のプリウスに乗りました。現行です。運転してみて確かに良く出来てるなと感じましたが、ゴルフ7.5より剛性高いからね。と言われ納得行きません。『トヨタのホームページに出ているそうです』私自身は完全にゴルフの方が剛性感を感じるし、車として洗練されていると思います。
      剛性に関して数値的なものが有るのでしょうか?ググっても出てきません。親切な
      続きを読む方教えて下さい。
      • ナイスクチコミ20
      • 返信数16
      • 2020年2月11日 更新
      モデル末期のTDI Highline Meisterを購入予定で、
      ディーラーに見積もりを取った所。下取り込みで32万程の値引き額でした。OPは、ボディーコーティングのみ。
      モデル末期だけあってもう少し期待してたのですが、これは妥当な線なんでしょうか❓ アドバイス伺いたいです。
      • ナイスクチコミ25
      • 返信数22
      • 2020年2月11日 更新
      2014年ヴァリアントHLに乗っています。
      44000km走りました。

      素晴らしい車で気に入ってますが、新車購入時から、乗り心地だけがちょっと不満です。
      都合によりDCCはつけることが出来ませんでした。

      ちょっとした凹凸をコツコツ拾いますが、不快というほどではありません。
      ただ、もっと当たりがマイルドで、しなやかだったら言うことがないです。

      スバルのイン
      続きを読むプレッサ2L(18インチ)のような乗り心地が理想です。
      同じコースを、自分の車とインプレッサで数回走ったところ、驚いたことに明らかにインプの方が良かったのです。
      ハンドリングは互角の印象でした。

      去年タイヤを純正トランザからアドバンdbに変えましたが、ほとんど改善されませんでした。
      ちなみにハンドリングは、かなり鈍くなってしまいました。

      よほどの不具合が出ない限り、あと4〜5年は乗る予定ですので、ダンパー交換で乗り心地が良くなるならと考えています。
      ヴァリの板よりも、こちらの板の方が見ておられる方が多いと思い、質問させていただきました。

      ちなみに車高は低くしたくないです。インチダウンも考えておりません。

    ゴルフの中古車

    ゴルフの中古車相場表を見る

    ゴルフとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止