プジョー 407 クーペの価格・新型情報・グレード諸元

<
>
プジョー 407 クーペ 2006年モデル 新車画像
    このページの先頭へ

    プジョー 407 クーペの新型情報・試乗記・画像

    407 クーペの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

    比較リストを見る

    新車発売中のグレードはありません

    407 クーペのモデル一覧

    407 クーペのレビュー・評価

    (1件)

    ユーザーレビュー募集中

    • 407 クーペ 2006年モデル 昨今のプジョーラインナップは、ズバリ前衛的。これでもか!という“ツリ目顔”ばかり。質感もドイツ車を凌ぐクオリティ。15年ほど前では“マニア専用車”だったものが、いまでは、“普通”に家族で乗れるクルマになりました。

      そんなプジョーですが、最上級モデルには、エレガントなエクステリアデザインを持つオトナのクーペが存在しました。その名は、「クーペー407」。しかし、その姿をほとんど見かけたことがないのが現状。最近、同社「307」に乗る知人が、車検でディーラーに訪れた際に、このクルマを中古で見かけ、初めてその存在を知った・・・と聞いて、筆者が以前試乗した、メーカーの広報車両のレビューを記します。
      続きを読む

      2006年6月に日本国内に上陸した「クーペ407」は、先代の「406クーペ」を踏襲するラグジュアリークーペ。ベースとなるクルマは、「407」です。先代では、「ミニ・フェラーリ」などと一部で囁かれ、「ピニンファリーナ」が、デザインと生産を担当し、どこから眺めても美しいクルマでした。今回は、「プジョー」社内のデザインに変更。他のラインナップ同様の顔つきに統一され、スペシャリティ感が薄くなった感もいがめません。

      ■オトナの為のGTというカテゴリーが相応しい■

      エンジンは3リッターV6。最高出力210ps、最大トルク29.5kg-mというパワーは、昨今の時代からしたら、大排気量かつ、誰もがアンダーパワーと思うことでしょう。このエンジンは、407シリーズやシトロエンC6と同等。このエンジンに、アイシン製6AT(マニアルモード付き)が組み合わされます。エンジンは、スムースネス。

      車重が1660kgとヘビーな為、トルクの盛り上がり感や躍動感を期待する事は出来ませんが、パワーが自然と湧き上がるタイプのモノなので、ストレスはなく、気が付けば上質にハイスピードに達します。特に高速道路の直進安定性は特筆すべきもの。大陸的な距離をどこまでも走っていきたくなるような安楽感は、「クーペ407」の大きな魅力の一つです。

      先代の「406クーペ」では、極端に操舵感の希薄なステアリングフィールと、猫足と呼ばれるプジョー独自の足回りの挙動をあまり感じることが出来ず、幻滅させられましたが、「クーペ407」では、クイックなギアレシオを持つステアリングと街中では、ソフトに設定されるとはいえ、少々硬いと感じるほど締め上げられた、電子制御ダンパーが、カッコだけのクーペではないことを教えてくれます。

      自動車そのもののエクステリアデザインにクーペというカテゴリーが減少する中、このクルマは貴重な存在といえます。高速道路では、やる気満々の「BMW」にヒップをつつかれた事もしばしばありましたが、そこをさらりと交わし、優雅に流す・・・。そんな走り方がピッタリの「クーペ407」でした。


      同社の正規ディーラーでは、走行距離の少ない上質な中古車がまだまだあります。
      個性的な大人の輸入車をお探しなら、「クーペ407」はオススメです。

      参考になった 7人
      2013年4月28日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 3

    407 クーペのクチコミ

    (3件 / 1スレッド)

    クチコミ募集中

    407 クーペのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    407 クーペ 2006年モデル

    407 クーペ 2006年モデル

    407 クーペ 2006年モデルのクチコミを書く
    407 クーペ

    407 クーペ

    407 クーペのクチコミを書く

    閉じる

    407 クーペのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    407 クーペ 2006年モデル

    407 クーペ 2006年モデル

    407 クーペ 2006年モデルのクチコミを書く
    407 クーペ

    407 クーペ

    407 クーペのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ2
      • 返信数2
      • 2006年9月22日 更新
      ジュネーブショー2005で登場したプジョー407プロローグ・クーペを
      見た時から気になっており、いつ市販されるか楽しみでした。

      一度試乗し、散々悩んだあげく購入を決めました。
      海外で発売済みとはいえ、日本モデルの初期ロットを買うのに
      抵抗がなかったと言えば嘘になりますが、魅力に負けました。

      現在納車待ちで、実際乗ってから改めて詳細をレポートできればと
      思いま
      続きを読むすが、現段階でのコメントを書きたいと思います。

      (ココが良いと思った点)
      ■デザイン
      →購入理由の大半を占める要素。406とは比較できない、
       好き嫌いが非常に分かれるであろうポイント。自分は好きです。
       勝手に「ネコバス」(フロント顔)とあだ名を付けました。
      ■室内の静粛性
      →防音ラミネートガラスを挟み込むことにより、3-5dBの静音化。
       実際静かです。喧噪の街乗りや高速走行時が楽しみです。
      ■取り回し
      →細い一方通行の路地をクネクネ走りましたが、意外とラクです。
      ■音響の拡張性
      →ディーラーオプションでJBLスピーカーセットが8月発売予定。
      ■希少性
      →初回入荷250台(シルバーが大半とのこと)他色なら尚更。

      (コレはどうかと思った点)
      ■標準装備のHDDナビ
      →純正ロゴが入ってますが、中身はカロッツェリアのAVIC-XH9。
       実はこれ、2003年モデルなんです。今自分の車で使っている
       AVIC-ZH900(2004年モデル)より古いことを知って愕然…。
       売れ残った在庫処分品を付けられた感を拭えません。だったら
       オプションにして欲しかったですね。早速載せ替えを検討中。
      ■最小回転半径6.1m
      →セダンやSWで5.8mですが、更に大きく。実際運転するとそんなに
       気にならないものの、慣れるまでは気を遣うことになりそう。
      ■左右二本出しではないマフラー
      →好みの問題だと思いますが、ツインパイプマフラーではなく
       左右二本出しの方が個人的には好きです。
       ※ディーラーオプションで、デビル製の左右二本出しが発売
       されているので、こちらを装着検討中。
      ■ドリンクホルダーがない
      →ドア脇のポケットに500mlペットが入るそうなのでそれで何とか。
       追加開発中の噂も流れているようですが果たして。
      ■ドアが重い
      →内側のドアノブ位置が前寄りなのが原因なのか、そもそもの
       重量が重いのか定かではないが、この重さはびっくり。
       華奢な女の子はドアを開けられないかもしれない。これって
       男子がドアを開けろと言うことでしょうか(笑)

      …と色々書きましたが、それも全てCoupe407に惚れ込んだ上での
       こと。実際走ってみて印象がどう変化するのか、楽しみです。

    407 クーペとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止