ミニ MINI CLUBMAN (クラブマン)の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ミニ MINI CLUBMAN (クラブマン)の新型情報・試乗記・画像

MINI CLUBMAN (クラブマン)の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

MINI CLUBMAN (クラブマン)のモデル一覧

MINI CLUBMAN (クラブマン)のレビュー・評価

(39件)

MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデルの満足度

4.49

(カテゴリ平均:4.29)

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデル JOHN COOPER WORKS 今回試乗したMINI ジョン・クーパー・ワークス・クラブマンは、実用性を備えながらも、レーシング・スピリッツを受け継ぐ直系モデルです。
      現在、BMWグループは、このJCWブランドのコンサルタントとして、ジョン・クーパー氏の息子であるマイク・クーパー氏を招聘しているというから、スピリッツばかりか流れる血も本物なのです。

      明らかに、ノーマルのクラブマンのそれとは異なるエクステリアは、専用エアロキットで武装されています。

      フロントバンパーの大型エアインテークや、下げられた車高をはじめ、JCW専用のアロイホイールからチラリと覗く真っ赤なブレンボ製4ピストンキャリパー、左右に突き出る大口径
      続きを読む ツイン・エグゾースト・パイプなど、単なる飾りではなく、このクルマのレーシング・スピリッツから受け継ぐ動力性能を支えるものなのです。試乗車はメーカーの広報車両ですが、オプションの大口径19インチホイールがより一層迫力を感じさせます。

      ダウンサイジングエンジンが多い中、2.0リッターと意外と大排気量な直列4気筒直噴ツインパワーターボを搭載。最高出力は231ps/5200-6000rpm、最大トルクは320Nm/1250-4800rpmを発生し、ALL4ドライブにより、0-100Km/h加速は、6.1秒とスポーツカー顔負けのパフォーマンスを発揮します。

      インテリアは相変わらずミニらしい個性あふれるものですが、速度計、レブカウンターのデザインは、先代モデルの方が個性的という声も多いの事実です。

      センターコンソールのトグルスイッチでエンジンを始動させますと、オオッ!と思わず声を上げてしまうほど威勢のいいサウンドがドライバーに単なるミニではないことを教えてくれます。

      市街地走行は、先代モデルでは、ダンピングが強く、終始硬い乗り心地という印象があったJCWですが、最新モデルでは、実にしなやかで、乗り心地も良好。荒れた路面でも車体剛性の高さが際立ち、試乗車が装備していたオプションの19インチ、35扁平タイヤでも、ボディは岩のようなガッシリ感を実感できます。

      高速道路に合流し、アクセルを踏み込むと、今時珍しいほどのどっかんターボで、パワーが一気に炸裂し、時速100Km/hまでは、一瞬で到達します。無論これ以上加速することはできませんが、この勢いでアウトバーン領域まで弾丸のように速度を上げていく様は、容易に想像できました。

      走行モードをスポーツに切り替えてみると、マルチインフォメーションのライトが真っ赤に点灯し、ドライバーを刺激させてくれます。アクセルレスポンスは、まるで運動神経と直結したかのような”電光石火レスポンス”となり、腹に響く重低音サウンドは、スポーツカーそのもの。シフトアップをするたびに「バフッ!」と響くサウンドもド迫力です。ステアリングはパワーアシストがないクラシカルミニのような手応えとなり、カミソリのようなクイックなフィーリングです。
      追い越しのため、時速70Km/hからアクセルを踏むと、蹴飛ばされたかのようなロケット加速を演じてくれます。ほんと、このクルマってアツイです。

      今回の試乗では、本領発揮のワインディングでの試乗はできませんでしたが、高速道路から一般道に合流するタイトコーナーでも、クルマは路面に張り付いたままのまさにゴーカートフィーリング。

      退屈なクルマがますます増える中、ここまで刺激的な気分にさせてくれたクルマは久々でした。
      3ドアJCWには、散々試乗しましたが、このクラブマンJCWでも、その血統には変わりありません。



      なめると火傷するクルマとは、このクルマのためにある!のではないでしょうか。








      参考になった 4人
      2019年8月31日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 4
    • 【エクステリア】
      mini cooper の1か月目点検で代車代わりに試乗車を出してもらいました。 外観的には mini cooper より少し大きいかなという感じです。
      miniのエクステリアを世襲していて可否なく 安定のminiという感じです。

      【インテリア】
      グレードにもよるのでしょうがこちらも過不足ありません。
      ただ ナビは他社に比べると使いにくいです。

      【エンジン性能】
      ディーゼルを貸し出していただきました。 アイドリングストップ機構と相まって あまりディーゼル感はしませんでした。

      【走行性能】
      街乗りでは過不足ありません。

      【乗り心地】
      メイン
      続きを読む に使っている mercedes benz A180 に比べるとかなり硬いと思います。

      【燃費】
      このクラスの車としては 過不足ありません。

      【価格】
      コスパという点では 今一つです。

      【総評】
      リアドアのセンターピラーが大きくて 後方視界が悪いので 私は他のタイプを選ぶかなあ。
      https://takajun.hatenablog.jp/entry/2021/01/23/181127 にコメントを記載しています。
    • 【エクステリア】BMWグループになりイメージを残しながら革新的に進化したデザインで大変気に入っています

      【インテリア】インパネ周りはポップで質感も良く良いと思いますが、少し派手なので遊びむきでフォーマルには向かないと思う

      【エンジン性能】Dは大変良いエンジンです。街乗りの低回転ではトルクを十分味わえ、高速ではよく回るエンジンで流石!と感じられます。

      【走行性能】一般道では剛性の良さがあり安定感十分、高速ではドイツ車らしい安定性があり、段差を超えた時の収まりが大変心地いいです。

      【乗り心地】レザーシートの質感も高く、長距離走行でも全く疲れません。見た目よりも車体が大きいの
      続きを読む で、どっしりとした安定感があります。

      【燃費】信号の少ない一般道では20km/L出ることも有る100点満点の性能です。

      【価格】オプションを入れたのも原因ですが乗り出し530万〜と、見た目の車格以上に高価になります。

      【総評】エンジン性能も大満足、燃費も大満足、走行安定性も大満足、価格は張りますが運転も楽しく大変バランスの取れた車です。
    • 僕はまだ免許をとって1年も経っていないのですが、父に横に乗ってもらって運転の練習をする時に家のクルマであるこの贅沢な教習車で町に出ます。
      このクルマが我が家にやってきたのは、僕がまだ小学生の時でした。クルマ好きな僕は、いつか運転してみたいなと思いながら、何年と助手席や後ろに座り続けてきました。
      いつしか僕も運転できるようになり、そして運転してみて改めて気付いたこのクルマの素晴らしさ。初心者並みにもこの良さを是非レビューをご覧の皆様に知っていただきたい。そんな思いで今回、レビューしました。
      *買った時の金銭事情は当時小学生だった僕は知らないので、勝手ながら0円としました。

      長い前置き
      続きを読む ですみません。我が家のR55は走行距離が96000kmになりました。でもまだまだ元気。異常もありません。唯一気がかりなのは、この初心者がいつぶつけて凹むなり壊れるなりするやもしれぬこと…?

      【エクステリア】
      往年のクラシックミニを思わせるヘッドライトでミニとすぐに分かるデザイン。9年見ているが飽きることなどないし、大好きだ。色が白黒のツートンなので、僕はずっと「パンダ」と呼んでいる。
      横から見るとクラブマンはステーションワゴンの小さい版のような感じ。角は丸っこいが、同時にスタイリッシュさも感じさせるこのデザインは秀逸。
      R型クラブマンの特徴として、右側のみの観音開きドアがある。しかし、これはやや使いにくい。国産でいうなら、かつてのRX-8と同じく、前を開けないと後ろが開けられない。そして、後ろの開口部が狭い為、乗り降りには多少の難が伴う。これがこのクルマの玉にキズなところだ。

      【インテリア】
      豪華という訳ではないのだが、オシャレでまとまりが良い。特にミニは本来カーナビの位置であるところの真ん中にドーンと配置されたデッカいスピードメーターが目立つ。これは他のクルマにはないユニークなデザインだ。
      シートは沈み込みがやや大きめだが、そこまで疲れはしない。ただ、結構低い位置にあるため、運転する姿勢はやや前のめり…?
      後部座席だが、これは少し狭く感じる。小学生の頃は何とも思わなかったが、最近改めて後ろに座ってみると、狭かった。これだけがマイナスポイントかもしれない。

      【エンジン性能】
      NAながらとても元気が良く、吹け上がりが良い。6000ぐらいに谷があるぐらいで、実用域は全域トルクフルで速い。いかにもこれぐらいのパワー、トルクが国産にも欲しいというのを訴えてくるようだ。

      【走行性能】
      まず車を信頼する大きな要素であるボディ剛性だが、ここからもはや別次元。国産では話にならないレベルのしっかり感があり、さすがアウトバーン仕込みといった感じ。この剛性に勝るのは、今まで僕が乗った中ではNDロードスターだけか…?
      サスペンションもやはり高速走行での安定性重視で硬めのセッティング。そのためハンドリングはややアンダーが強く感じるが、ロール、ピッチングはよく抑えられている。
      タイヤも205/55R16という太めのもの。ロードスターですら195というものにもう1cmとあって、トラクション、そしてタイヤのグリップ感が良い。この安定した感覚はなかなか味わえない。その代わり路面の凹凸などをよく拾うので、乗り心地にやや影響あり。

      【乗り心地】
      前述の通り、太いタイヤサイズで乗り心地は良くない。ただ、日本の道路事情に合わせようと思うと、国産と同じく細いタイヤや、バネレートをおとすといった選択を迫られる。
      しかし、その選択は本国の道路事情を鑑みると邪道といえるもの。こちらは100km/hまでで生活できても、向こうはその倍、あるいはそれ以上のスピード域で生活するといっても過言ではない。これが日本で外車に乗る難しさなのかなと勝手に考えたりした今日この頃の僕である。

      【燃費】
      これはまあまあといったところ。最近は11.4km/L辺りを彷徨っている。決して良くはないのだが、極端に悪い訳でもない。

      【価格】
      新車で300万こそ越したものの、父は十分納得できる価格の買い物をしたと思う。

      【総評】
      この車にあって大体の国産にないもの。それは「FUN TO DRIVE」つまり「運転の楽しさ」だ。僕個人の考えだが、車に乗るというのは、アクセルを踏んでエンジンを回して楽しく走って、ドライバーと車が繋がること。ちなみに「FUN TO DRIVE」はトヨタが1984年に掲げた企業スローガン。現在「AGAIN」という一言を加えて再び訴えかけている。
      マツダの「人馬一体」はまさにそれだと思う。ロードスターやデミオに乗った時に感じた楽しさとこの車で味わった楽しさには繋がるものがあった。
      ところが、ほかのメーカーはどうだ(まだ乗ったことのないメーカーもあるので、それは話に入れない。)。正直、今まで国産ではマツダ以外の車でこの楽しさを感じたことはない。ここにクルマづくりに対する考え方の違い、ズレを感じた。
      いくら先進的だって、いくら使いやすくたって、いくらおサイフに優しくたって、根本がズレたままじゃ、結局おざなりはおざなりのままだし、本質的な進歩はそこにない。クルマはやっぱり楽しくなくっちゃ!楽しいと思えるから本当に愛着が湧くんじゃないか。同じような車が2台、3台停まっていてどれか自分のか分かんないなんて、そんなの愛着がない証拠。それ程度に思われる車なんて、車が可哀想。
      今の国産メーカーはそんな車を単純作業のように造る。全ては利益(カネ)のため。クルマ好きからしたらそんなのは見え見えだ。それがメーカーの考えるクルマづくりなら、この先間違いなく他国に置いてかれる。このメッセージが開発者の方に届くように祈ります…。
      話が逸れたが、このR55クラブマンは、モデルとしてはもう10年以上前の車だ。しかし、そのポテンシャルは最新の連中をヨユーで蹴飛ばすもの。ファミリーユースのFF車のパッケージングとして、僕の中ではほぼ完璧といえる。国産なんか10台ぐらいまとめてかかってきても敵わないだろう。僕はそんなこの車をこれからも大事に乗り続けていきたいと思う。これからもヨロシク、パンダくん。

    MINI CLUBMAN (クラブマン)のクチコミ

    (736件 / 85スレッド)

    クチコミ募集中

    MINI CLUBMAN (クラブマン)のクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデル

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデル

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデルのクチコミを書く
    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2007年モデル

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2007年モデル

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2007年モデルのクチコミを書く
    MINI CLUBMAN (クラブマン)

    MINI CLUBMAN (クラブマン)

    MINI CLUBMAN (クラブマン)のクチコミを書く

    閉じる

    MINI CLUBMAN (クラブマン)のクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデル

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデル

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデルのクチコミを書く
    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2007年モデル

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2007年モデル

    MINI CLUBMAN (クラブマン) 2007年モデルのクチコミを書く
    MINI CLUBMAN (クラブマン)

    MINI CLUBMAN (クラブマン)

    MINI CLUBMAN (クラブマン)のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ10
      • 返信数12
      • 2020年10月30日 更新
      新型のクラブマンCooperDを使用しています。引越しで新しく駐車場を探しているのですが、車幅1850以下指定のタワー式って入りますでしょうか。車検証には1800が車幅と書いてあるのですが、駐車場の方からタイヤの厚みがあるから擦っちゃうかもといわれたのですが、経験ある方おりますでしょうか。
      一度試しには行くつもりですが、予め経験者の方の声聞けると安心できます!
      • ナイスクチコミ3
      • 返信数4
      • 2020年10月29日 更新
      先月2018年式のクラブマンSDを中古で購入しました。
      乗り始め当初は振動や騒音が全く気にならず、これディーゼル車?と思うほどでした。
      しかし最近、一般道巡航中の速度域で、フットレストに置いた左足の裏と、ハンドルを握る手に伝わる微振動が気になり始めました。路面がざらついてるいるから?と思いアクセルオフすると振動は感じません。
      今まで気になっていなかっただけかもしれませんが
      続きを読む、ジリジリと伝わる振動がむず痒く感じます。
      最近気温がぐっと下がりましたが、何か関係があるのでしょうか?
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数5
      • 2020年10月29日 更新
      リモコンで右側は開きますが、左側はロックが解除されるだけで開きません。これって故障でしょうか?

    MINI CLUBMAN (クラブマン)の中古車

    MINI CLUBMAN (クラブマン)の中古車相場表を見る

    MINI CLUBMAN (クラブマン)とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止