NW-F886 [32GB] スペック・仕様・特長

NW-F886 [32GB] 製品画像

拡大

NW-F886 (P) [32GB ピンク] NW-F886 (B) [32GB ブラック] NW-F886 (W) [32GB ホワイト] NW-F886 (L) [32GB ブルー]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2013年10月19日
記憶容量

記憶媒体:フラッシュメモリ 再生時間:35時間 インターフェイス:USB2.0/Bluetooth NW-F886 [32GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • NW-F886 [32GB]の価格比較
  • NW-F886 [32GB]の店頭購入
  • NW-F886 [32GB]のスペック・仕様
  • NW-F886 [32GB]の純正オプション
  • NW-F886 [32GB]のレビュー
  • NW-F886 [32GB]のクチコミ
  • NW-F886 [32GB]の画像・動画
  • NW-F886 [32GB]のピックアップリスト
  • NW-F886 [32GB]のオークション

NW-F886 [32GB]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください [ピンク] 発売日:2013年10月19日

  • NW-F886 [32GB]の価格比較
  • NW-F886 [32GB]の店頭購入
  • NW-F886 [32GB]のスペック・仕様
  • NW-F886 [32GB]の純正オプション
  • NW-F886 [32GB]のレビュー
  • NW-F886 [32GB]のクチコミ
  • NW-F886 [32GB]の画像・動画
  • NW-F886 [32GB]のピックアップリスト
  • NW-F886 [32GB]のオークション

NW-F886 [32GB] のスペック・仕様・特長



基本スペック
記憶媒体フラッシュメモリ 記憶容量32 GB
OS種類Android 4.1 インターフェイスUSB2.0
Bluetooth
Bluetooth Bluetooth 3.0 Bluetoothコーデック 
再生時間35 時間 電池タイプ内蔵
対応外部メモリ  量子化ビット数24bit
サンプリング周波数192kHz   
オーディオ機能
ハイレゾ  バランス接続 
DSDネイティブ再生  ノイズキャンセリング 
FMチューナー FM補完放送 
デュアルDAC  デュアルアンプ 
本体機能
Wi-Fi(無線LAN) 歌詞表示機能
日本語対応 内蔵スピーカー
カメラ機能  外部スピーカー付属 
ボイスレコーダー    
画面性能
タッチパネル パネル種類TFTカラー液晶
液晶サイズ4 インチ 液晶画面解像度854x480
対応フォーマット
MP3 FLAC
AAC ALAC 
DSD  MQA 
WAV  WMA
AIFF OggVorbis 
ATRAC HE-AAC
リニアPCM ASF 
サイズ・重量
幅x高さx奥行59.9x116.6x8.5 mm 重量103 g
カラー
カラーピンク
ブラック
ホワイト
ブルー
  
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

NW-F886 [32GB]
SONY

NW-F886 [32GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年10月19日

NW-F886 [32GB]をお気に入り製品に追加する <731

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、「NW-ZX1」「F880」がアップデートでDSD対応
2014年3月19日 15:00掲載

ソニーは、ハイレゾ音源の再生に対応した「ウォークマン F880」シリーズおよび「NW-ZX1」の本体ソフトウェアアップデートプログラムを4月下旬に提供すると発表した。

ソフトウェアをアップデートすることで、DSDフォーマットの再生に対応する。対応フォーマットは2.8MHz(DSD64)までのDSF/DSDIFFで、リニアPCMに変換して再生される。DSDコンテンツの転送には、最新の「Media Go 2.7」を利用する。対応機種は、「NW-F887」「NW-F886」「NW-F885」「NW-ZX1」。

「ウォークマン F880」シリーズおよび「NW-ZX1」は、最大192kHz/24bitのハイレゾ音源(FLAC、リニアPCM、Apple Losslessフォーマット)の再生に対応していたが、DSDには非対応だった。

DSDへの対応に合わせ、パソコン用の音楽管理/転送ソフト「Media Go」も最新バージョンの「Media Go 2.7」の提供を3月19日より開始する。DSDフォーマットの楽曲の転送のほか、メディア共有機能が追加され、「Media Go」に保存されているコンテンツを、ネットワーク経由で再生できるようになる。対応機器は「MAP-S1」「CMT-SBT300W」「CMT-BT80W」。

ウォークマン「NW-F885/NW-F886/NW-F887/NW-ZX1」本体ソフトウェアアップデートのお知らせ

「Media Go 2.7」ダウンロードサービス開始のお知らせ

■関連リンク

【新製品ニュース】ソニー、128GBでアルミ削り出しのハイレゾウォークマン最上位機種「NW-ZX1」

【新製品ニュース】ソニー、ハイレゾに対応したAndroidウォークマン「F880」

ページの先頭へ