Mavic Air スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2018年 1月25日 登録

Mavic Air

  • 3軸ジンバルカメラを搭載し、4K/30fps動画撮影や1080p/120fpsのスローモーション動画撮影が可能な折りたたみ式ドローン。
  • 水平方向/垂直方向/180度パノラマのパノラマ撮影が可能。25枚の写真を8秒で合成し、32MPスフィアパノラマにも対応。
  • 高度操縦支援システム(APAS)により、機体の前方後方にある障害物を能動的に回避することができる。
Mavic Air 製品画像

拡大

Mavic Air [アークティックホワイト] Mavic Air [オニキスブラック] Mavic Air [フレイムレッド]
最安価格(税込):

¥70,990 アークティックホワイト[アークティックホワイト]

(前週比:-3,300円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥70,990 アークティックホワイト[アークティックホワイト]

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥70,990¥105,926 (15店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥74,990 〜 ¥85,560 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

カメラ搭載有無:標準 FPV:○ 動画解像度:3840x2160 飛行時間:21分 重量:430g Mavic Airのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Mavic Airの価格比較
  • Mavic Airの店頭購入
  • Mavic Airのスペック・仕様
  • Mavic Airのレビュー
  • Mavic Airのクチコミ
  • Mavic Airの画像・動画
  • Mavic Airのピックアップリスト
  • Mavic Airのオークション

Mavic AirDJI

最安価格(税込):¥70,990 [アークティックホワイト] (前週比:-3,300円↓) 登録日:2018年 1月25日

  • Mavic Airの価格比較
  • Mavic Airの店頭購入
  • Mavic Airのスペック・仕様
  • Mavic Airのレビュー
  • Mavic Airのクチコミ
  • Mavic Airの画像・動画
  • Mavic Airのピックアップリスト
  • Mavic Airのオークション

Mavic Air のスペック・仕様・特長



  • 3軸ジンバルカメラを搭載し、4K/30fps動画撮影や1080p/120fpsのスローモーション動画撮影が可能な折りたたみ式ドローン。
  • 水平方向/垂直方向/180度パノラマのパノラマ撮影が可能。25枚の写真を8秒で合成し、32MPスフィアパノラマにも対応。
  • 高度操縦支援システム(APAS)により、機体の前方後方にある障害物を能動的に回避することができる。
カメラ性能
カメラ搭載有無標準 FPV 
動画解像度3840x2160 RAW撮影
本体性能
飛行時間21 分 充電時間55 分
操作可能距離2000 m スマホ/タブレット対応
対応OSiOS 9.0以降/Android 4.4以降 Wi-Fi内蔵
障害物検知 自動追尾機能
自動帰還 ジェスチャーコントロール
GPS GLONASS
折りたたみ   
サイズ・重量
全長x全幅x全高168x184x64 mm 重量430g
カラー
カラーアークティックホワイト
オニキスブラック
フレイムレッド
  
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

Mavic Air
DJI

Mavic Air

最安価格(税込):¥70,990登録日:2018年 1月25日 価格.comの安さの理由は?

Mavic Airをお気に入り製品に追加する <112

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース DJI、430gで4Kカメラを搭載したドローン「MAVIC AIR」
2018年1月25日 16:59掲載
MAVIC AIR

DJIは、ドローン「Mavic」シリーズの新モデルとして、「MAVIC AIR」を発表。1月28日より発売する。

重量430gと、同社製ドローンで最も携帯性にすぐれたモデル。アームとプロペラを折りたたむことで、スマートフォンと同等のサイズになるという。

また、4Kカメラを搭載。3軸ジンバルはフレームにより保護され、3方向の衝撃吸収部から吊り下げることで、振動が大幅に低減し、安定性のある撮影が可能だ。

カメラ性能では、1/2.3型CMOSセンサーと35mm判換算の24mm相当のF/2.8レンズを搭載し、高品質な写真と動画を撮影することができる。4K、30fps動画を、最大ビットレート100Mbpsで撮影することが可能。動きの多いアクションシーンは、1080p/120fpsのスローモーション撮影に対応する。

記録メディアは、microSDカードに加えて、同社製ドローン初となる8GBの内蔵メモリーを採用する。

このほか、1年間無償の賠償責任保険が付帯(要登録)。本体サイズは184(幅)×64(高さ)×168(奥行)mm。重量は430g。

ボディカラーは、オニキスブラック、アークティックホワイト、フレイムレッドの3色を用意する。

価格は104,000円。

ページの先頭へ