ホンダ フィット ハイブリッドの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ホンダ フィット ハイブリッドの新型情報・試乗記・画像

フィット ハイブリッドの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

フィット ハイブリッドのモデル一覧

フィット ハイブリッドのレビュー・評価

(443件)

フィット ハイブリッド 2013年モデルの満足度

4.10

(カテゴリ平均:4.31)

    フィット ハイブリッド 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • フィット ハイブリッド 2013年モデル 2013年9月に発表された3代目フィットでは、発売当初からハイブリッド車がラインナップされた。フィットハイブリッドには横浜で開催されたメディア関係者向け試乗会に出席し、ホンダが用意した広報車両に試乗した。試乗車のグレードはハイブリッドFパッケージとハイブリッドSパッケージの2モデルだった。

      従来のフィットにもハイブリッド車の設定があったが、従来はエンジンを主体にモーターはあくまでもアシストに徹したIMA方式だった。それが今回からi-DCDと呼ぶ方式に変更され、同じ1モータータイプのハイブリッド車ではあるものの、EV走行ができて燃費性能にも優れた仕様とされている。

      i-DCDはインテ
      続きを読む リジェント・デュアル・クラッチ・ドライブの略。ヨーロッパ車に多いデュアルクラッチのトランスミッションにモーターを内蔵してハイブリッドシステムを構築している。

      ほかにも二次電池としてリチウムイオン電池を採用したり、電動サーボブレーキ、電動コンプレッサー、電動ウォーターポンプなどなど、新次元の電動系システムを積極的に採用し、いかにも最新のハイブリッド車にふさわしい仕様に仕上げている。

      新しいハイブリッドシステムを採用した新型フィットは、発進からしてスムーズだ。電池の残量にもよるが、通常の発進は電気モーターだけでするすると走り出していく。このスムーズさはいかにもハイブリッド車らしいものだ。

      今までのIMA方式のハイブリッド車は信号待ちなどでアイドリングストップしても、ブレーキを緩めただけでエンジンが始動し、走行中にはずっとエンジンがかかっていた(ごく一部例外的に止まるシーンもあった)から、それが頭にあるとすぐにこれまでと違うクルマであることを実感させられる。

      モーターだけで走れる距離や速度はそれほどではないので、走り出すと割とすぐにエンジンが始動する。でも、そのときの振動や騒音も良く抑えられていて、エンジンがかかったのは分かるが不快感などは感じない。

      またデュアルクラッチのトランスミッションはともすれば低速域でギクシャクしがちなものだが、そのギクシャク感を全くと言って良いほど感じさせることなく走り出していく。これは、モーターを内蔵したデュアルクラッチの長所である。

      走りの力強さも従来のモデルとは明確に異なっている。エンジンは従来の1.3Lが1.5Lに排気量アップされ、アトキンソンサイクルという効率重視の燃焼方式を採用する。その分だけトルクが細くなりがちだが、排気量を拡大した分がトルクの向上につながっている。

      エンジンが81kW/134N・m、モーターが22kW/160N・mと、エンジンもモーターも十分な性能を発揮するので、従来のモデルに比べてグンと力強い感じの走りを示す。同時に走行中にエンジンが止まってEVモードに入りやすいのも良い点だ。これもi-DCDがIMAと異なる部分で、静かで燃費の良い走りを得やすい。ハイブリッド車はこうでなくちゃと思わせる部分でもある。

      またアクセルを踏み込んだときのレスポンスの良さやダイレクト感もi-DCD方式のハイブリッド車の特徴だ。トヨタのTHS-Uは電気式CVTを採用する上に効率重視の味付けにしているため、アクセルを踏み込んだときのダイレクト感に欠けるきらいがあるが、それとは違うスポーティな印象を与えるのがホンダのハイブリッドらしいところである。

      電動サーボブレーキは、大きな不満というほどではないが、通常のエンジンの負圧を使ったブレーキに対して多少の違和感を感じさせる部分があった。ただこれは、電動サーボであることを意識して試乗するから感じる部分ともいえ、何も聞かされずに乗ったら、その違和感に気づくかどうかというレベルである。

      フィットハイブリッドではFパッケージとSパッケージに試乗した。Fパッケージはこれが標準グレードともいえるもので、Sパッケージは従来のハイブリッドRSをイメージさせるようなグレードとなる。

      Sパッケージはパドルシフトも備えてマニュアル車感覚の走りを可能とするほか、タイヤも1サイズ大きい15インチとなるが、燃費はやや悪くなる。

      その燃費だが、アクアを上回って世界最高(11月末にはアクアに再逆転された)の36.4km/Lを達成したのは、燃費スペシャルともいえるベースグレード。オプションであんしんパッケージを装着することができれければ、後席のウルトラシートがなく、おまけに後席中央にはヘッドレストレイントが装備されない。また燃料タンクの容量も40Lを32Lに減らすなど、なりふり構わない仕様とされている。これには幻滅だ。

      これで36.4km/LをうたってもFパッケージの33.6km/Lがフィットハイブリッドの実力だよねということになってしまう。さらにいえば、タイヤの違いなどによってSパッケージの燃費は31.4km/Lにとどまっている。実力で、あるいはユーザーが乗るときの実用燃費で一番になるようなクルマを作って欲しいと思う。

      参考になった 52人
      2013年12月7日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 3
      インテリア 2
      エンジン 5
      走行性能 4
      乗り心地 3
      燃費 5
      価格 3
    • 【エクステリア】
      個人的にはリアビューがお気に入りです。
      ボルボ風味なのには目をつぶって下さい(笑)
      フロントというよりは、ボンネットの厚みがね。。
      もうちょっと薄いと良いのに
      【インテリア】
      落ち着いてるといえば落ち着いているし
      爺むさいといえば、爺むさいですね。
      皆さんの言うように小物入れが少ないですかね
      嫁さんは、文句言ってます
      【エンジン性能】
      初めてのハイブリッドですが
      概ね気に入っております。
      エンジンはもうちょっと、シャープさが欲しかったです。
      【走行性能】
      長い付き合いの営業さんから
      4日間の長い試乗をさせてもらい
      i-DCTの問題も克服出来た
      続きを読む ように思います。
      ネガティブな部分よりスムーズさの方が目立ちます。

      【乗り心地】
      街中では、コンフォートです
      LよりもSがここまで、コンフォートに振るのもなんですが(笑)
      高速では、若干、タイやの収まりが悪い時があり
      ホンダ特有のフラットさが薄れている感じ
      とは言え コンパクトクラスでこれだけの乗り心地は中々です
      色々問題のあった フィットですが、最後に少しだけホンダの意地を
      感じさせてくれる。ビッグマイナーチェンジだったのでは?と思います。
      【燃費】
      まだ、ハイブリッドに慣れないせいか
      あまり成績は良くありません。
      長く付き合っていけそうです
      【価格】
      モデル末期という事もあり
      下取り、値引き共に頑張ってくれた
      営業さんに感謝です。
      クラス的に安い価格設定とは思いませんが
      後悔するような車だとは思いません
      【総評】
      ボデイカラーに関しては今回
      サンセットオレンジUにしました。
      家族投票で決まりました
      とても良い色で一番のお気に入りポイントです
      カタログやwebなどで見るよりも落ち着いたオレンジで
      明るいテラコッタ風で、日中と夜の雰囲気がガラリと変りま。
      車のキャラやボディサイズにマッチした色です。

      新型の内容もチラホラと出て来ておりますが
      今回、現行型を選んで良かったと思っています!
      ホームページからも選べる カラーが減ったり
      寂しい限りですが現行型には有終の美を飾って貰いたいものです
    • 【エクステリア】
      人それぞれ好みがありますが、GP/GK型フィットが出た当初は今までのフィットとは大きく変わったデザインで違和感もありましたが、見慣れてきて今はなぜかかっこよく感じますw
      ホンダは最初はインパクトがあり、だんだん馴染んでいくデザインが上手です。

      【インテリア】
      メーターが派手な点以外は無難なデザインだと思います。
      グレイス、シャトルなどと大きく変わらないです。
      タッチパネル式オートエアコンの見た目はカッコいいのですが、運転中に操作したいときにどうしてもパネルを見る必要があるので結構不便です。

      【エンジン性能】
      1.5Lハイブリッドなので力は十分すぎるぐら
      続きを読む いあります。ハイブリッドなのでどうしても電池残量によって左右されますがSモードで踏めばかなり速いです。

      【走行性能】
      2013年の発売当初はトラブル&リコール続きで悪評高かった7DCTですが、かなり熟成されて快適で楽しいミッションになっていました。
      しかし、発進時にアクセルを踏んでから車が動き出すまでに若干のタイムラグがあるのは出た当初から気になっていましたがあまり変わっていませんでした。また、ブレーキも充電のためか何となく独特な感じがあります。そのためかエンジンブレーキもそれなりに効きます。
      自分はシャトルHVも運転したことがありますが、車体も小さく重量も多少軽いためかフィットの方が気持ちよく走る印象を受けました。

      【乗り心地】
      コンパクトカーではかなり中は広いです。今回乗ったときは1人で乗ったのであまり恩恵は無かったですが、ホンダ自慢のシートアレンジや荷室、後席の広さはとてもいいと思います。
      最近増えてきていますが、このクラスの車でもハンドルのテレスコピック機能が付いているのはありがたいです。

      【燃費】
      かなり良いです。100キロ近く運転しましたが殆ど燃料が減りませんでした。メーターで確認すると23.5km/Lでした。

      【価格】
      HVなので多少購入時の金額は高いと思いますが、燃費も走りも良い車なのでおすすめです。

      【総評】
      かなり前から一度しっかり乗ってみたいと思っていた車だったので、レンタカーで借りてしっかり乗ってみました!
      シャトルHVは運転したことがあったのですが、フィットHVは初めて。荷室の広さが必要ないのであれば価格も安く走りも良いフィットを選んだ方が幸せになれますw
      道中、何度か少し強めにアクセルを踏んで加速を試してみましたが、かなり速い。それでもって平均燃費を確認したらリッター20超え。購入時の金額は多少高いかもしれませんが、速くて燃費の良い車という点ではこの車を超えるものは無いと思います。
      強いて欠点を挙げるとすれば、ホンダ車なので他メーカーの車と比べると外装の痛みと部品供給の停止もかなり早いという点でしょうか。
      短期間で長距離走って手放す人であれば全く問題ないですが、一台の車を長く大切に乗ろうと思う人にはあまり向かない車かもしれません。(ハイブリッドなのでバッテリー問題などもあるので...)
      あと、本当にハズレを引くと色々壊れます。
      でも、良い車なんです。
    • 見やすくしようかな、と再レビューです。
      【エクステリア】
      発売からもう8年経とうか、というモデルですが不思議と古さを感じさせないデザインです。特にリアの造形が後期型は特に洗練されていて好み。

      【インテリア】
      普段づかいには不満ナシ。かなり広いです。どこの席に座ってても窮屈に感じません。
      ただまぁ、結構プラスチッキー?だと思います。取り立てて上質さがあるとか、所有欲を満たすものがあるってワケじゃないです。(そこを求めるとゴルフとかになるのかな?)
      趣味でよくロードバイクを載せますが、前輪を外せば2台は入ります。後席を倒すとフルフラットというのはかなりの優れもの。

      【エンジン
      続きを読む
      HONDAお馴染みのi-vtecエンジン+1モーターハイブリッド。
      (ハイブリッド)
      トヨタのシステムと違い、30km/hを超えないとアシスト入りません。この速度域からペダル感覚が変わり、「お、進む進む。」と思えるくらいの加速になります。
      ニッケル水素なので電池容量は少なめです。坂道を登り続ければ1分と経たず空っぽに。ただエンジン単体でも十分パワフルなので、回せば何とかなります(笑)

      (エンジン)
      高回転域でパワーを発揮します。
      加速が必要な高速の合流・坂道の巡航では、ecoモードOFFにして、シフトをS・Lレンジにして踏み込むと思いの外進んでくれます。知らないと損です。


      【走行性能】
      40km/h〜の巡航は安定しています。
      ただ道路の陥没したところや小さな段差は苦手です。ピョコピョコ跳ねます。後輪も「いなす」というよりは、どっこいせ、と持ち上がって段差を乗り越えていく感じです。
      カーブの安定性や直進安定性は、うーん、普通。狙ったところにスッと入っていく!という感覚は、あんましですね。ハンドルを押さえつけていかないと難しいです。
      ハンドルの効きは良好で、機敏に反応してくれます。切り始めの操舵角と実舵角がゆるくて離れてるの、苦手なので、調度いいです。

      【乗り心地】
      小さな段差は跳ねます。あとザラザラした路面で「ゴーーー」っという音が後ろから結構響きます。

      ふんわり停めるのが難しい車です。停止直前のブレーキ操作が一癖も二癖もあるやつで、不慣れな内は同乗者に負担を強いるかと…。これは15km/hごろに回生ブレーキから油圧ブレーキに切り替わるのが原因で、細かいペダル操作をしないとカックンブレーキになっちゃいます。

      【燃費】
      下道でも15km/lを切ることは早々ない。
      高速だと20km/lは越えてきます。

      【総評】
      良い車です。着飾らない良さがあります。

    フィット ハイブリッドのクチコミ

    (56859件 / 2496スレッド)

    クチコミ募集中

    フィット ハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    フィット ハイブリッド 2013年モデル

    フィット ハイブリッド 2013年モデル

    フィット ハイブリッド 2013年モデルのクチコミを書く
    フィット ハイブリッド 2010年モデル

    フィット ハイブリッド 2010年モデル

    フィット ハイブリッド 2010年モデルのクチコミを書く
    フィット ハイブリッド

    フィット ハイブリッド

    フィット ハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

    フィット ハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    フィット ハイブリッド 2013年モデル

    フィット ハイブリッド 2013年モデル

    フィット ハイブリッド 2013年モデルのクチコミを書く
    フィット ハイブリッド 2010年モデル

    フィット ハイブリッド 2010年モデル

    フィット ハイブリッド 2010年モデルのクチコミを書く
    フィット ハイブリッド

    フィット ハイブリッド

    フィット ハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ191
      • 返信数41
      • 2019年8月18日 更新
      2015年7月納車のフィットハイブリッドLパッケージに乗っています。
      安心パッケージを付けましたので誤発進抑制機能が付いています。

      この機能は最近事故が多発し話題になっているアクセルとブレーキの踏み間違いに対しても効き目があるのですかね?
      • ナイスクチコミ22
      • 返信数8
      • 2019年8月13日 更新
      本日、ミシュランエナジー+からREGNO GR-XII 185/55R16 83Vにタイヤ交換してきました。結構、いい感じでした。
      • ナイスクチコミ20
      • 返信数18
      • 2019年8月11日 更新
      一年半の点検時、ワイパーのビビりが酷いので、保証内でフロントワイパーの根元部を交換した方が良いとのディーラーからの提案で、無償ならと交換しました。

      特にワイパーに衝撃を与えた事もない為、原因は?と尋ねましたが、分からないとの事。

      確かに、フロント、リアともにビビり音はあり、勝手にガラスの汚れのせいかと思ってました。

      交換後、フロントは気にならなくなりましたが、
      続きを読むリアはその後の使用でビビりあり。リアに関してはゴムの交換を推奨されただけ。

      他にエアコンフィルター交換も勧められましたが、禁煙車で気になる事もない為、一年半点検ではお金をかけずに済ませました。

      次回洗車時に、リアワイパーのビビりも気になる事を伝えようと思います。

    フィット ハイブリッドの中古車

    フィット ハイブリッドの中古車相場表を見る

    フィット ハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止