BRAVIA Phone S005 [クールブルー] スペック・仕様・特長

BRAVIA Phone S005 [クールブルー]

「WIN HIGH SPEED」に対応し、「モーションフロー Lite 60コマ」や1GHzの新CPUを採用した「BRAVIA Phone」

公式オンラインショップ購入時の端末代金

価格情報の登録がありません

発売日:2010年11月 5日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

販売時期:2010年冬モデル 液晶サイズ:3.2インチ 形状:折りたたみ 重量:145g メインカメラ画素数:808万画素 BRAVIA Phone S005 [クールブルー]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

BRAVIA Phone S005 [クールブルー] のスペック・仕様・特長



基本仕様
形状折りたたみ 販売時期2010年冬モデル
最大待受時間260 時間 外部メモリタイプmicroSDHCメモリーカード
画面性能
タッチパネル  液晶サイズ3.2 インチ
液晶画面解像度480x854   
ネットワーク
パケット通信速度  Wi-Fi(無線LAN)
Bluetooth  赤外線通信機能
カメラ
メインカメラ画素数808 万画素 撮影用フラッシュ 
手ブレ補正   
その他機能
防水機能 着うた着うたフル
おサイフケータイ ワンセグ
GPS機能 FLASH対応 
海外使用 指紋や顔などによる認証 
テレビ電話    
サイズ・重量
幅x高さx厚み51x111x18 mm 重量145 g
カラー
カラークールブルー   
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の情報を見る

BRAVIA Phone S005 [クールブルー]
ソニーモバイルコミュニケーションズ

BRAVIA Phone S005 [クールブルー]

発売日:2010年11月 5日

BRAVIA Phone S005 [クールブルー]をお気に入り製品に追加する <90

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース au、X-RAY、BRAVIA Phone、AQUOS SHOTを11/5発売
2010年11月2日 17:34掲載
[X-RAY] [AQUOS SHOT SH010] [BRAVIA Phone S005]

au(KDDI)は、「iida」ブランドの「X-RAY」(エックスレイ)と、「AQUOS SHOT SH010」(シャープ製)、「BRAVIA Phone S005」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)の発売日を発表。11月5日より順次発売する。

「X-RAY」は、デザイナーの吉岡徳仁氏による初のiidaモデル。デザインコンセプトとして「透明なかたち」を採用し、携帯電話の内側をデザインした透明なフォルムが特徴だ。3.0型フルワイドVGA液晶や、「X-RAY」のために開発した7×102ドット表示対応のマトリクスLEDを装備。快適な動作を実現する新CPUを搭載した。また、受信速度が最大9.2Mbps、送信速度が最大5.5Mbpsの高速データ通信が可能な「WIN HIGH SPEED」や、世界197か国・地域で話せる「グローバルパスポート」のデュアルローミング(GSM/CDMA)にも対応。本体サイズは、49(幅)×110(高さ)×15.7(奥行)mmで重量約123g。カラーは、RED、BLACK、BLUEの3色となる。

「AQUOS SHOT SH010」(シャープ製)は、5倍デジタルズーム対応の超高解像度1410万画素カメラを搭載。ISO12800の超高感度撮影に対応するほか、ハードウェアによるノイズ除去を行う画像処理エンジン「ProPix」を搭載し、薄暗い室内でも肌や服の質感を美しく再現できるという。タッチ対応の3.4型フルワイドVGA液晶や、1.0型有機ELディスプレイを搭載。「Wi-Fi WIN」もサポートする。本体サイズは、112(幅)×51(高さ)×17.8(奥行)mmで重量約142g。カラーは、スプリントブルー、ファントムブラック、アルパインホワイトの3色。

「BRAVIA Phone S005」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)は、液晶テレビ「BRAVIA」の技術を応用し、コマ数4倍の「モーションフロー Lite 60コマ」搭載で、動きの速いワンセグ映像もなめらかに再生できる、防水対応モデル。1GHzの高速CPUの採用や、「Wi-Fi WIN」対応といった特徴を2010年夏モデルの「S004」から継承しつつ、新たに「WIN HIGH SPEED」をサポートしている。デュアルオープンスタイルのボディには、3.2型フルワイドVGA液晶や、0.9インチ有機EL液晶、808万画素CMOSカメラなどを搭載する。本体サイズは、111(幅)×51(高さ)×18.0(奥行)mmで重量約145g。ボディカラーは、ビビッドレッド、シュガーピンク、クールブルーの3色。

■関連リンク

【新製品ニュース】au、吉岡徳仁デザイン「X-RAY」など「iida」2機種

【新製品ニュース】au、2010年冬〜2011年春モデル14機種を発表

ページの先頭へ