プジョー 508 セダンの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

プジョー 508 セダンの新型情報・試乗記・画像

508 セダンの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

508 セダンのモデル一覧

508 セダンのレビュー・評価

(12件)

508 セダン 2018年モデルの満足度

4.67

(カテゴリ平均:4.3)

    508 セダン 2018年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 508 セダン 2018年モデル GT Line プジョーのフラッグシップサルーンである「508」。全3グレードのうち、ガソリン仕様の上位モデルにあたる「508GT Line」に試乗しました。

      今回のモデルは2代目となりますが、初代と比べるとかなりスポーティな路線に切り替えてきたことがエクステリアデザインからも読み取れます。

      特に508はカテゴリー上は4ドアですが、正確にはリアゲートを持つ5ドア(ハッチバック)です。これを4ドアファストバックと呼ぶことでクーペ的なイメージを持たせることにも成功しています。

      ゆえにフラッグシップモデルと言っても、他の欧州車などと比較しても重厚というよりはエッジの利いたオシャレ感も持ったデザイン
      続きを読む 、性別年齢を問わず同カテゴリーのライバル車と“差別化”も行える雰囲気をまとっています。

      インテリアも現在プジョーが採用する「i-Cockpit」、ひと目見ただけで先進感が伝わってきます。

      この「i-Cockpit」ですが、12.3インチのデジタルヘッドアップインストルメントパネルと8インチのタッチスクリーン、そしてその下に配置された7つのトグルスイッチを操作することで各機能を効率良く表示、操作することができます。

      ただ最初は少し慣れが必要でしょう。特に小径のステアリングホイールの上に配置される12.3インチのディスプレイは多くのクルマに採用される「ステアリングの間から覗く」という配置ではなく、「上から見る」ような感覚です。もちろんステアリング自体は干渉しづらいので感覚さえ掴めば視認性自体は高いと感じました。

      また8インチのタッチスクリーンは昨今のプジョー車やシトロエン車を始め、国産車でも採用が拡大している「ディスプレイオーディオ」タイプです。プジョーでは「Peugeotミラースクリーン」と呼んでいますがスマホの画面自体を表示する「ミラーリンク機構」のほか、「Apple CarPlay」や「Android Auto」にも対応しています。

      ユニット自体はスマホなどを接続するためのUSB端子のほか、Bluetoothも搭載しているのでハンズフリー通話にも対応します。正直に言えば、過去プジョー車にディーラーオプションで対応していたカーナビは価格が高く、自車位置の精度も含め、もう少しレベルアップを期待したかった部分もありました。

      その点でも実は508にはこのタッチスクリーンにプラスしてSDカーナビゲーション自体も標準装備されています。ユニットとしてはカロッツェリア(パイオニア)のものと推測できますが、このほかにもETC2.0やTVチューナーも装着されます。自車位置精度に優れたSDカーナビが標準装備化されることでユーザーの好みに応じてインフォテインメントシステムを活用できる点は非常に優れていると感じました。

      また前述したトグルスイッチは特に好感を持ちました。昨今ではUI(ユーザーインターフェース)の革新とばかりにタッチパネルや音声認識、さらに独自の操作デバイスを各社が採用していますが、508の場合はタッチパネルも採用しつつ、カーナビやAV機能、さらにハンズフリー通話などをダイレクトにキーを押すことで使うことができます。これが慣れてくると非常に快適で「右から3番目のキーは電話」と覚えておけば、キー自体を目視することなく手元で操作が可能、さらに言えば「押した」という節度感も安心に繋がります。

      どれが優れているというのではなく、UI自体はユーザーごと使う機能の好みや差も発生します。その中でタッチパネルやハードキーを並列して使うことができるこのシステムはユーザーの間口を拡げる仕掛けとしても優れています。

      室内に関してはフロントシートのできの良さにすっかり魅了されました。シート自体は少し硬めの印象ですが、流行りの“体幹”風に言うと座骨や背骨の部分をしっかりとサポートしてくれることがわかります。またリアシートはフロントに比べるとやや平板な印象を持ちましたが、着座感は良好です。ヘッドクリアランスに関してはやはりデザイン上の制約から圧迫感を感じる人もいるかもしれませんが、クルマの外から見た印象よりは空間としての余裕を感じました。

      走りに関しては搭載する1.6L直4ターボの性能はもちろんですが、新たに搭載されるアイシンエイダブリュ製の8速ATが非常にいい仕事をしています。特に変速のショックが少なく、加速&減速時のフィーリングも上々、プジョー初となるアクティブサスペンションの切り替えにより4種類のドライビングモードを選択できますが、個人的は“コンフォート”が軽快さと路面からの入力をスムーズにいなしてくれる点など、上級サルーンとしての味付けも上手いと思います。

      冒頭に書いたように508はガソリン車が2つ、クリーンディーゼルが1つというグレード構成となっています。

      今回試乗した508GT Lineは467万5000円、クリーンディーゼルを搭載する「508GT BlueHDi」は501万1000円です。その価格差は33万6000円ですが、長距離を乗る頻度が低い人であればガソリンで十分(以上)と考えます。

      特に両グレードに設定されているメーカーオプションの「フルパッケージ」は66万2200円と高額、ナッパレザーシートやパノラミックサンルーフ、そして夜間運転時には非常に心強いプジョー初の「ナイトビジョン」などが装着されます。内容から考えると非常に買い得感もあるのですが、単体で選択できないことで結果として乗り出し時の価格が上昇してしまいます。

      あくまでも予算に余裕があれば、という注釈付きですが、やはりこのオプションを選んだ方が将来のリセールバリューもプラスに働くはずです。ガソリンとディーゼルの価格差をこのオプション代に充当することで少し出費も抑えられます。

      もちろんこの手のクルマを購入する人はその辺の予算は含んでいるとは思いますが、メルセデスやBMWなど日本でも多く流通するクルマではなく、自己主張も含め、人とはちょっと違ったカーライフを送りたい人には魅力的な1台としてオススメできます。
      参考になった 10人
      2020年3月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 5
      燃費 無評価
      価格 4
    • 【エクステリア】デザインに一目ぼれしました。ちょっとアメ車を連想させるデザインですが、フロントもリアも秀逸だと思います。5ドアなのがいいです。ちょっとクーペ風であり、トランクが使いやすい実用性も兼ね備えています。ただし、デザイン重視なのか、運転すると前方の隅の位置の把握がしにくく、後方のCピラーが非常に大きいため視界が非常に狭いです。

      【インテリア】デザインはいいと思います。しかし、使い勝手がいいわけではありません。ポケット類が少ないわけではないのですが、一時的に、スっと置けるところがドリンクホルダーくらいしかないのです。助手席の人が、携帯電話を置くところもドリンクホルダーくらいしかない
      続きを読む ので、アクセサリーを色々と買って、取り付けました。
      最悪なのが、i-Cocokpit です。これが使いずらい。ナビとテレビの部分がパナソニック製なのですが、なぜか現在地ボタンがないのです。取扱説明書にも現在位置に戻ることができるとは書いてあるものの、戻り方が書いていないという、とんでもない代物です。現在地に戻るには、ナビ画面から一旦他の画面に切り替えて、もう一度ナビ画面に戻ったときに出てくるMAPボタンを押すと、やっと現在地に戻れます。この辺は、なんとか改善して欲しいです。
      もちろんですが日本仕様なので、日本語表記対応なのですが、ある日突然、表記がすべてフランス語になってしまいました。当然、ディーラーに設定方法を聞いて元に戻しましたが、どうもまだまだバグが多い気がします。

      【エンジン性能】低速でちょっと力がない感じがするのですが、十分にトルクがあって速いです。気づくとスピードが出ている感じがあります。カタログの数字だけ見たとき、190PSくらいまで出して欲しい気もするのですが、177PSもあったら、すでに十分パワフルと言えます。文句はないです。

      【走行性能】直進安定性が恐ろしいほどに良いです。そこは秀逸で素晴らしいです。コーナーリング性能は、特段にいいわけではなく、同クラスのライバル車と比較しても、変わらないのではないでしょうか。以前に所有していたプジョー406クーペには叶わない感じです。

      【乗り心地】とても乗り心地が良く、非常に快適です。ただし、昔のプジョーのような猫足ではないです。非常に引き締まってはいるものの、角が取れて丸くなっているので、全く不快ではありません。これがアクティブサスペンションのなせる業なのだと思います。平地ではダンパーを固めにして引き締めて、凹凸のあるところでは、ダンパーを柔らかくして角を取る、と言うようなことをやっているのだと思います。

      【燃費】以前に所有していたマツダ アテンザ ディーゼルMTよりも、やや燃費が悪いように思います。もちろん、MTとATでは、MTの方が効率がいいのですが、アテンザにはエンジンブレーキで蓄電する減速エネルギー回収システムが付いていましたから、そういうところでも差がでてくると思います。BMWやボルボ、ベンツやアウディ、にも減速エネルギー回収システムが付いているので、プジョーにも搭載して欲しいです。そうすれは、1割くらいは燃費が変わってくると思います。ただし、そう言っても、市街地で12〜14km/l、高速で16〜18km/lくらいなので、十分に燃費のいいクルマと言えます。177PSもあって、この燃費ですから、燃費とパワーのバランスがすばらしいです。

      【価格】フルパッケージで、諸費用を含めると600万円にもなるクルマですから、決して安いクルマではないです。

      【オーディオ】これには、悩まされました。音は非常にいいです。そこは満足しています。このi-Cockpit のミュージックプレーヤーが、使いづらいのです。私は、シンプルにプレイリストを再生したいだけなのですが、これができないのです。USBメモリにMP3ファイルを入れて、フォルダーに番号をふって簡易プレイリストを作ったのですが、i-Cockpit での再生順はアルファベット順になってしまうので、曲順はバラバラになってしまいます。なぜかunknown になってしまうフォルダーもありました。次にウォークマンを試したのですが、USBメモリと症状は同じでした。iPod が頼みの綱で、iPod touch をわざわざ買ってつなげてみたところ、これはばっちりでした。プレイリストをちゃんと順番通りに再生してくれます。ですが認識が非常に不安定で、フォルダー内が空で表示されることがしばしば。ほかのミュージックリストも、iPod touch に入れていない曲やアルバムのタグデータだけが表示されたり、同じ曲が何重にもなって入っていたりと、なんだかバグだらけ。iPod touch 側で再生してやると、ちゃんと鳴るのですが、i-Cockpit 側で再生できたりできなかったりするので、それを繰り返していたら、最終的には認識してくれました。i-Cockpit で音楽を聴くなら、iPod で聞くことをお勧めしますが、もうちょっとシステムを安定させて欲しいです。

      【総評】ハード最高、ソフト最低、な感じなのですが、買って後悔はないです。何よりも運転していて楽しいのですから、こんなクルマはほかにないです。システムのバージョンアップに期待です。
    • 晴れた日の比較的空いた市街地での15分程度の試乗レポートです。
      輸入車の所有歴は、アルファロメオ、アウディA4,、Q5、で今は Porsche Macan です。
      気になる車が出ると常にリサーチして、買い替え時のイメージを膨らませています。

      【エクステリア】
      一番最初に試乗してみようと思ったきっかけとなったのがエクスリアデザインです。
      決して斬新ではないですが、派手過ぎず、嫌味なく、「綺麗に」仕上がっています。
      一見して現行のクラウンのようなサイドビューですが、ハッチバックの有無が決定的に
      違います。これは個人的には「良くやってくれた」と拍手を送ります。
      フロントビューは一
      続きを読む 見「アメ車」のような「厳つさ」が感じられますが、アメ車よりは
      上品で、何より国産某最大手のような下品な顔つきではなく、メルセデスのような
      「どや顔」でもないので結構好感が持てました。
      【インテリア】
      流石フランス車といった感じですが、シトロエンDSのように煌びやかなのではなく
      斬新ではあるが飽きのこないデザインだと思いました。
      質感はクラウンと同程度ではないでしょうか。
      価格を考えれば十分に納得感があります。
      【エンジン性能】
      ガソリンターボに試乗しました。
      街中を流すには十分なパワーとトルクですが、スポーティーに走るには絶対的なパワー不足は
      否めません。ディーゼルモデルの方がキビキビ走るのではないかと思いました。
      エンジンの出来は個人的には特に良い印象でもありません。
      音・振動・回転フィール、どれも悪くはないのですが、良くもないといった感じです。
      【走行性能】
      このエンジンではワインディングを楽しむ車ではないですね、登坂もややしんどそうです。
      ハンドルがすごく小さいもの特徴で、これはこれで良かったです。適度にクイックです。
      【乗り心地】
      プジョーの乗り心地(フランス車の乗り心地)です。特に不満はないです。
      路面からのインフォメーションは的確で、腰も割としっかりしています。
      荒れた路面からのショックも適度に角が取れている印象です。
      【価格】
      プジョーのフラッグシップにして500万円!コスパは十分に高いと思います。
      ただ、リセールが分かりません。フランス車全般に言えることですが。
      【総評】
      次にセダンを買うとしたら、候補に入る1台ではあります。
      クラウンと同等かそれ以下の金額でフランス高級車を味わえるのは捨てがたい魅力です。
      デザインも、個性(アイデンティティー)がないか、個性的だが下品すぎる国産車を避けたい人
      にはお勧めできる車だと思います。

    • 【エクステリア】本当は国産の高級車を買いたいのですが、最近はあまりに品がないデザインばかりなので、外車から選ばざるを得ませんでした。当初はCLS220dが第一候補でしたが、実車を見て乗り比べ、508に軍配があがりました。日本での自分の用途としては、サイズ感もよく、デザインも秀逸で満足しています。写真でフロントマスクを見たとき初代セリカを思い出し、当時の日本車のデザイン力と性能の進化に子供心に感激したのを思い出しました。車のエクステリアは服のようなものですから大事です。車に詳しくない老人達ですらかっこいいいと言います。私はアグレッシブというよりは意欲的なデザインだと思います。とても品がありバラン 続きを読む スのとれたGood Designです。

      【インテリア】個性的でなかなかよいです。iCockpitも慣れれば使い勝手は悪くありません。小さなハンドルは低速で軽くなるので非常に楽です。バック駐車ではバックモニターの他に360度モニターが表示されるので精度の高い駐車がし易くなりました。ハンドルのボタンでラジオからスマホにオーディオソースの切り替えができるのは便利です。ナビはパイオニア製で、学習が進むとだんだん自車位置を正確に示すようになります。メーターの位置がハンドルの上にくるのは珍しいレイアウトですが、視線移動が少なく疲れません。

      【エンジン性能】低速からトルクがでるのでターボを意識させないスムーズな発進ができ、出足は軽いです。アイドリング時の振動も少なく、スムーズに回転が上がり、全速度域で静粛性は高いです。アイシン製のトランスミッションは静かでスムーズ、エンジンとのマッチングは非常によいです。

      【走行性能】速度制限のないアウトバーンやレーシングコースを走るのでなければ全く不満はありません。コーナーリング性能はドイツのプレミアムセダン並で、昔のフランス車のイメージはありません。ワイド&ローの車体から期待するスポーツセダンにふさわしい性能があります。ただ、ブレーキのサーボ力は強いほうですが、個人的な好みとしてはもう少しあってもよいかと思います。

      【乗り心地】優れた足回りのせいで秀逸です。同じ価格帯、同じ重量帯の車ではダントツに一位でしょう。コンフォートモード以外のモードでもEセグメントよりよいくらいです。しかも昔のハイソカーのようなフワフワ感がなく、コーナリング性能がしっかりしているのにドイツ車のような固さがありません。静粛性は他のDセグメントより優れておりEセグメントと同じくらいです。ただしロードノイズの低さは値段が倍する新型A6クワトロにはかないません。

      【燃費】以前乗っていた国産車から予想した燃費より1〜2割よいのは嬉しい誤算でしたが、プレミアムガソリンなのでやや相殺されます。燃費は高速が14〜15km/l、都内が8〜9km/l程度で、7年前に買った1.2Lターボのゴルフと同じくらいです。

      【価格】抜群にかっこよいフランス製4ドアクーペが国産車並の価格。オプションゼロでもADASなど必要な機能や装備は全てついており、ドイツ御三家はもちろん、クラウンや新型スカイラインと比べても十分に戦える価格設定です。御三家ですら外車はリセールバリューが低いのが気になりますが、新型508のリセールバリューは欧州では上がると言われており、日本でもそうなることを期待して購入しました。

      【総評】
      家族の車を含め複数台所有しており約40年で20台近く乗り継いで来ました。これまで購入したほとんどの車はリセールバリューが高かったので、それなりの鑑識眼があると自負しています。若いころ流行ったセリカやシルビアのようなスペシャルティカーは年配の男性が乗れるような車ではありませんでしたが、508なら年齢を気にせず乗れます。車幅が1860mmもありますが、車両感覚は掴みやすく小回りがきくので自分にとってはジャストサイズでした。購入して1ヶ月以上経ちましたが、運転が楽しく疲れません。フランス車への先入観を吹き飛ばす意欲的な設計がなされた名車だと思います。

    508 セダンのクチコミ

    (25件 / 5スレッド)

    クチコミ募集中

    508 セダンのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    508 セダン 2018年モデル

    508 セダン 2018年モデル

    508 セダン 2018年モデルのクチコミを書く
    508 セダン 2015年モデル

    508 セダン 2015年モデル

    508 セダン 2015年モデルのクチコミを書く
    508 セダン 2011年モデル

    508 セダン 2011年モデル

    508 セダン 2011年モデルのクチコミを書く
    508 セダン

    508 セダン

    508 セダンのクチコミを書く

    閉じる

    508 セダンのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    508 セダン 2018年モデル

    508 セダン 2018年モデル

    508 セダン 2018年モデルのクチコミを書く
    508 セダン 2015年モデル

    508 セダン 2015年モデル

    508 セダン 2015年モデルのクチコミを書く
    508 セダン 2011年モデル

    508 セダン 2011年モデル

    508 セダン 2011年モデルのクチコミを書く
    508 セダン

    508 セダン

    508 セダンのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ39
      • 返信数6
      • 2020年4月24日 更新
      プジョーに乗り始めて20年になります。
      転勤の関係で色々なプジョーディーラーを利用してきましたが
      その間、5度もディーラーの閉店を経験しました。
      @ブルーライオン大分(ヤクシンモーター)
      Aブルーライオン下関(カラト)
      Bブルーライオン八王子(オールウェイズ)
      Cプジョー福岡(福岡トヨペット)
      Dプジョー北九州(西欧自動車)
      どこもディーラーとしての対応は良かっ
      続きを読むたのですが、経営上の問題や
      輸入元との契約上の問題なのか閉店に至ってしまったようです。
      初めて購入した20年前と比べ、今のプジョーはトラブルもほとんどなく
      ほんとに良いクルマなのですが、こうもディーラー難民を経験すると
      正直疲れてしまいます。
      購入後のことを考えると、次はメジャーなブランドにした方が良いのかと考えてしまいます。
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数1
      • 2019年11月25日 更新
      はじめまして。
      同じような症状のあるかたいらっしゃいませんか?
      また、どのような対応をうけられましたでしょうか?
      アドバイス下さい

      508購入→納車引き取り、帰り道からカーナビの電波が受信されません。
      カーナビを使用すると、必ずルートから外れ、20分くらい走行しないと自車位置が戻りません。
      販売店に相談しましたが、
      何台かは症状が出ている、その場合はこのように
      続きを読む対処していると、ナビのセンサーをメーカー出荷時ではない場所に移動してきました。(ダッシュボード右端から左端)
      「これでしばらく様子を見てくれ」との事ですが、新車である事、また、なぜ出荷状態では受信しないのかの理由が明確ではない為、ナビもしくはセンサーの故障ではないか?と伝え交換を希望してます。
      ※納得がいかず、車両引き受けしておりません。

      同じ経験されたかた、また、このような件詳しい方アドバイスをお願いいたします。
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数2
      • 2019年4月28日 更新
      昔、プジョーの406(スピードメーターが赤色のやつ)に乗っていた時期がありまして、キックダウン時、1000ccのエンジンでも無理矢理ブン回してるような感じがあったのですが、最近のモデルではエンジン音は押さえられているのでしょうか?

      排気量は2000ccだったか、3000ccだったのか良く覚えていませんが、とにかくエンジン音が安っぽくて五月蠅いという印象しかありませんでした
      続きを読む

      周りからは、青いカリーナに乗ってるの?とか、その程度の認識しか無く、全く存在感がありませんでした。

    508 セダンの中古車

    508 セダンの中古車相場表を見る

    508 セダンとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止