ICD-UX523F (B) [ブラック] スペック・仕様・特長

2011年10月21日 発売

ICD-UX523F (B) [ブラック]

リニアPCM録音に対応したICレコーダー(FMラジオ塔載)

ICD-UX523F (B) [ブラック] 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

内蔵メモリー容量:4GB 最大録音時間:1073時間 ICD-UX523F (B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ICD-UX523F (B) [ブラック]の価格比較
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]の店頭購入
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]のレビュー
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]のクチコミ
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]の画像・動画
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]のオークション

ICD-UX523F (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年10月21日

  • ICD-UX523F (B) [ブラック]の価格比較
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]の店頭購入
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]のレビュー
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]のクチコミ
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]の画像・動画
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • ICD-UX523F (B) [ブラック]のオークション

ICD-UX523F (B) [ブラック] のスペック・仕様・特長



用途
ビジネス  学習 
趣味    
仕様
対応メモリー内蔵メモリー
microSD
microSDHC
内蔵メモリー容量4GB
最大録音時間1073 時間 USB充電 
電池持続時間(録音)30 時間 電池持続時間(再生)41 時間
電源単4形充電式ニッケル水素電池1本(付属)/単4形アルカリ乾電池1本(別売) AC電源接続 
スティック・ペン型  入力端子 
出力端子    
機能
PC接続 ハイレゾ対応 
ダイレクト接続  PCM対応 
MP3再生  WMA再生  
ローカットフィルタ   ピンポイント録音 
Bluetooth対応  スマートフォン対応 
ラジオ  録音レベル自動調整 
録音ファイルフォーマット  サンプリング周波数 
量子化ビット数    
サイズ・重量
幅x高さx奥行36.6x102x13.7 mm 質量58 g
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

ICD-UX523F (B) [ブラック]
SONY

ICD-UX523F (B) [ブラック]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年10月21日

ICD-UX523F (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <55

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、リニアPCM録音対応レコーダー2機種
2011年9月26日 17:40掲載
[ICD-UX523F] [ICD-UX523]

ソニーは、ICレコーダーの新モデルとして、「ICD-UX523F」「ICD-UX523」の2機種を発表。10月21日より発売する。

いずれも、非圧縮のリニアPCM録音形式(44.1kHz/16ビット)に対応したICレコーダー。録音形式は、リニアPCMのほか、MP3にも対応する。録音マイクは、遠くの音や小さな音までクリアに集音する独自の「Sマイク・システム」を採用。新たに、マイクを左右前方に向けた「新マイクデザイン」を採用し、録音方向が視覚的にわかりやすくなっている。

また、再生時のノイズを大幅に低減する「強力ノイズカット」機能を搭載。プロジェクターなどのノイズが発生する機器の近くで録音した場合でも、クリアな音質で再生することができる。

さらに、本体にUSB端子を内蔵しており、パソコンとダイレクトに接続して録音データの保存や管理、本体の充電が可能。USB端子は、スライド式となっており、本体に収納することができる。大音量で聞きやすい口径20mmスピーカーも塔載する。

このほか、上位機種「ICD-UX523F」には、広帯域再生、広ダイナミックレンジを実現する13.5mmドライバーユニットを搭載した「密閉型インナーイヤーレシーバー」が付属。FMラジオを塔載しており、録音することが可能だ。ほかの機器と接続してダイレクト録音ができるオーディオコードも付属する。

内蔵メモリーはいずれも4GBで、リニアPCMで6時間、ステレオ長時間(MP3 128kbps)で67時間5分の録音が可能。microSDカードスロットを備えており、メモリーを増設することもできる。本体サイズは、36.6(幅)×102(高さ)×13.7(奥行)mmで、重量約58g(電池含む)。バッテリーは、単4形1本で、約30時間の長時間駆動が可能。録音した音声ファイルを管理・編集できる新開発のPCソフトウェア「Sound Organizer Ver.1.2」が付属する。

ボディカラーは、「ICD-UX523F」はシャンパンゴールド、ホワイト、ブラック、レッドの4色、「ICD-UX523」はシルバー、ピンク、ブルー、バイオレットの4色を用意。市場想定価格は、「ICD-UX523F」が13,000円前後、「ICD-UX523」が10,000円前後。

ページの先頭へ