アウディ A1 スポーツバックの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

アウディ A1 スポーツバックの新型情報・試乗記・画像

A1 スポーツバックの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

A1 スポーツバックのモデル一覧

A1 スポーツバックのレビュー・評価

(24件)

A1 スポーツバック 2019年モデルの満足度

3.67

(カテゴリ平均:4.3)

    A1 スポーツバック 2019年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 11月末予定が12月末に納車されました。タイヤは17インチで前輪がはみ出て新車なのに小さいモールが付いています。スタッドレスの16インチホイールに交換しました。ポロ用がほぼ同じ様です。

      ナビは以前のA1より画面が大きくてマシになりましたが、地図データはない道路があったり。携帯のワイヤレス充電は付いていませんでした。

      レーンアシストは車線に寄る傾向があり、もう少しだなという感じです。

      燃費は15キロぐらいかなと思いますが、パワーは申し分ありません。ホイルスピンするぐらいです。その時は燃費5キロぐらいです。

      出足は以前のA1の1.0TFSIと互角です。

      個人的にアウデ
      続きを読む ィの電気式サイドブレーキは嫌いなので、普通のサイドブレーキでよかったです。
      またレポートします。
    • 【エクステリア】
      実物はかなりカッコ良いです。
      なんとなく写真で見ると新型プジョー208にも似ていますが、実物は全く別物でした。面構成がプジョーとアウディでは別物でデイライトの光り方も違うため異なる印象です。

      【インテリア】
      Bセグメントらしく、内装のパネルはダッシュボードの上面は安全性への配慮なのか?軟質の素材を使用していますが、その他の部分はほぼ硬質プラスチックで構成されており、200万円未満の軽自動車やコンパクトカーとプラスチック素材部分で差がなく全く高級感はありません。
      価格相応に装備されるべきパワーシートはオプションすら設定されず、パーキングブレーキはガリガリと手動で引
      続きを読む き上げるタイプです。一見すると高級感を演出していますが、少し見るとチープな内装と装備ですし、まもなく発売される新型ホンダフィットやプジョー208ですら上位グレードに電動パーキングブレーキが装備される事実をどう考えているのでしょうか?

      エアコンもやっと左右独立調整タイプになりましたが、標準は未だマニュアルエアコンで、なんとオプション扱いです。

      センターアームレストも360万のベースグレードでは約三万円のオプションです。

      室内は基本的に2名乗車向けですが、リヤシートも大人も乗れるレベルとなり、トランクも実測でトノボード下で約280Lと実用的な容量を備え、全体的にクラス並みの空間を確保しています。カタログ値は天井まで積んだ場合のトランク容量と考えられます。

      【エンジン性能】
      不十分なパワーで静粛性も足回りもイマイチな先代と比べたら価格なりの加速感と静粛性ですが、日本で使うには十分ですが特に速いクルマではありません。

      気になるのは相変わらずSトロニック(VWのDSGと同じもの)を採用していること。
      イマドキの高級車なら8速以上の多段トルコンATが全ての面で優秀なのに、コスト削減のためか?最近になってリコールも出た相変わらず信頼性にも不安要素のあるSトロニックを採用しています。

      【走行性能】
      ステアリングも正確だし、足回りもしなやかで走りは良さそうでしたが、ほぼ直線試乗では詳しいことは分かりません。

      【乗り心地】
      多少17インチのため乗り心地は固めですが良好です。

      【燃費】
      新基準で15.7km/lとカタログ値からも、燃費を期待するクルマではありません。

      【価格】
      このクラスの最新のクルマをイマ風に演出するのに必要な装備として必要なのは液晶メーターパネル、アクティブクルーズコントロール、左右独立オートエアコン、バックカメラ、car playなどのスマホ連携、衝突安全ブレーキあたりでしょうか。
      アウディA1Slineの場合は、衝突安全ブレーキ以外はすべてオプションパッケージを選択することが必要になり、アウディのお約束で381万円の車両価格に100万円のオプションが入り驚愕の480万超えの車両価格となりました。

      私のような庶民の個人的感覚では、このような価格設定ではコストパフォーマンスは最低で当然星一つですね。

      【総評】
      4ドアのコンパクトとしては室内狭くて走りもイマイチで実用性に問題かがあった先代とくらべ実用的な普通のクルマになり、しかも走りは明らかに良くなりましたが、それは2019年の新型車としては当たり前なレベルに過ぎません。

      個人的見解ですが、たとえばミニクラブマンクーパーS(2Lターボ、Cセグメント)もほぼ同価格であることは両者の質感や走りを比べたらBセグメントと格下アウディA1Slineの利点は格下故のややコンパクトな事しかないでしょう。この二台がほぼ同予算は個人的見解としてはあり得ないですね。

      これも個人的見解ですが、現状のアウディA1は所詮VWポロをベースにエンジンを1.5Lにパワーアップして、外装を変え、内装をアウディらしく一見高級風にみせかけただけの大幅に割高なクルマです。
      総額500万の小さな高級車を目指すなら、DSブランドのDS3クロスバックの様な特別感や価格相応に内装や装備に高級感がなくてはならないでしょう。
      そもそも素質の無かった先代アウディA1と異なり基本は十分に高級感があるので内装や装備を高級に仕上げて本物の小さな高級車を目指してほしいですね。それが出来た時にアウディA1は本物の高級車になるでしょう。

      現状では高級風車であり、こんな中途半端で大幅に割高感のあるクルマでは到底オススメはできません。
    • 【エクステリア】
      今でも最高にかっこいいと思います。下品さはなく、小さくてもAUDIとすぐ分かります。
      【インテリア】
      所有するA3と比べるとコストダウンは感じますが、シルバーリングをあしらいジェットエンジンを模したエアコンアウトレット、複数パーツで組み合わせたボタン類はこだわりを感じます。全ての操作系は夜間照明があります。面白いのはスピーカーグリルは14個もありますが標準は10スピーカーなので4個はダミーです。でもかなり良い音を出します。
      後席は大人は緊急用のサイズですが、ライフスタイル次第で問題なし。
      【エンジン性能】
      1リットルとは思えない加速に満足です。ちょっと踏み込むと瞬
      続きを読む 時にDTCが下のギアにつなぐのですぐにぐっと加速を感じられます。ワインディングでは限界値は低いもののトルクが分厚いためパワーの息継ぎ感はないです。3気筒の振動は確かに感じますがエンジン音も静かで優秀です。
      【走行性能】
      フロントが軽く、軽やかにコーナーを走り抜けます。高速道路も安定感を感じます。
      【乗り心地】
      不整地路はどうしても跳ねますが、車体剛性が強く、不快感はありません。
      【燃費】
      市街地で17km/Lくらい。郊外を流す走り方をするとすぐに22km/L超えます。
      【価格】
      高い。ベースグレードでもナビや及第点の装備を付けると300万超える。プラットホームを共用するVWも上質なので割高感はある。
      【総評】
      車検の代車で一週間借りた感想です。さすがにナビは6インチと小さく設計の古さは感じますが魅力のある車です。今では新型が出ており、居住性は良くなってますが外寸が大きくなっているので当たり前。こういう小粒で高級感のある車は年々貴重になっています。

    A1 スポーツバックのクチコミ

    (71件 / 12スレッド)

    クチコミ募集中

    A1 スポーツバックのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    A1 スポーツバック 2019年モデル

    A1 スポーツバック 2019年モデル

    A1 スポーツバック 2019年モデルのクチコミを書く
    A1 スポーツバック 2012年モデル

    A1 スポーツバック 2012年モデル

    A1 スポーツバック 2012年モデルのクチコミを書く
    A1 スポーツバック

    A1 スポーツバック

    A1 スポーツバックのクチコミを書く

    閉じる

    A1 スポーツバックのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    A1 スポーツバック 2019年モデル

    A1 スポーツバック 2019年モデル

    A1 スポーツバック 2019年モデルのクチコミを書く
    A1 スポーツバック 2012年モデル

    A1 スポーツバック 2012年モデル

    A1 スポーツバック 2012年モデルのクチコミを書く
    A1 スポーツバック

    A1 スポーツバック

    A1 スポーツバックのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ82
      • 返信数11
      • 2020年2月11日 更新
      1500ccで360〜390万は高くないですか?
      ランクが違うでしょうがVWポロのRラインと性能的には同じようなのに50〜80万の差、さらに2000ccのGTIより高いのは何故なんでしょう? アウディ ブランドだからですかね?
      • ナイスクチコミ3
      • 返信数2
      • 2020年2月7日 更新
      1stエディションは本国40TFSIと同じ215/45ZR17_7.5Jx17 ET46が標準装備ですが、前輪だけタイヤ内側とショックアブソーバーのクリアランスが2センチしかありません。チェーンは通常のものは装着不可です。可能なのはK-summitだけかもしれません。本国では15インチも装着可能となっていますが、純正オプションは16インチだったので、純正でない195/55R16続きを読む_6.5Jx16 ET40にしました。この状態で、タイヤ内側とショックアブソーバーのクリアランスは3センチちょっと。これで普通のチェーンは装着可能となりました。後輪は元々クリアランスは3センチ以上です。
      • ナイスクチコミ18
      • 返信数5
      • 2019年11月4日 更新
      やっと新型A1が発表されましたね。
      先代は少し狭く感じたので、室内空間が広くなった新型が、どのくらいゆったり感じるのか楽しみです。
      ただ今日、アウディからDMが届いたのですが、販売価格を見てびっくりしました。
      これではA3より高くなっちゃうじゃうないか!
      と思ったのはわたしだけでしょうか?

      とりあえず点検の時にでも試乗させてもらおうと思いました。

    A1 スポーツバックの中古車

    A1 スポーツバックの中古車相場表を見る

    A1 スポーツバックとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止