UD7007 スペック・仕様・特長

2012年10月上旬 発売

UD7007

  • ブルーレイディスクのほか、スーパーオーディオCDや音楽CD、DVDオーディオの再生にも対応した、ブルーレイプレーヤー。
  • 2つのHDMI端子を備え、デジタルオーディオ信号、デジタルビデオ信号を別々に出力できる。相互干渉を排除し、高品位な音声、映像の伝送を実現する。
  • スマートフォン用アプリ「Marantz Remote App」に対応した同社のAVアンプと接続することで、スマートフォンを用いて本機を操作できる。
UD7007 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥150,000
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • UD7007の価格比較
  • UD7007の店頭購入
  • UD7007のスペック・仕様
  • UD7007のレビュー
  • UD7007のクチコミ
  • UD7007の画像・動画
  • UD7007のピックアップリスト
  • UD7007のオークション

UD7007マランツ

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月上旬

  • UD7007の価格比較
  • UD7007の店頭購入
  • UD7007のスペック・仕様
  • UD7007のレビュー
  • UD7007のクチコミ
  • UD7007の画像・動画
  • UD7007のピックアップリスト
  • UD7007のオークション

UD7007 のスペック・仕様・特長



  • ブルーレイディスクのほか、スーパーオーディオCDや音楽CD、DVDオーディオの再生にも対応した、ブルーレイプレーヤー。
  • 2つのHDMI端子を備え、デジタルオーディオ信号、デジタルビデオ信号を別々に出力できる。相互干渉を排除し、高品位な音声、映像の伝送を実現する。
  • スマートフォン用アプリ「Marantz Remote App」に対応した同社のAVアンプと接続することで、スマートフォンを用いて本機を操作できる。
再生メディア
再生対応ディスク BD-R
BD-R DL
BD-RE
BD-RE DL
DVD-R
DVD-RW
DVD+R
DVD+RW
DVD-R DL
DVD+R DL
その他再生メディアCD-R
CD-RW
対応オーディオDVDオーディオ
SACD
  
基本仕様
4K対応   Ultra HD Premium  
DOLBY DIGITAL  DTS 
ハイレゾ対応フォーマット  プログレッシブ対応
3D対応   
入出力端子
HDMI端子 D端子出力 
コンポーネント出力  光デジタル音声出力 
同軸デジタル音声出力 USB端子 
LAN端子    
ネットワーク
無線LAN  Miracast対応 
DLNA対応    
サイズ・重量
重量7.2 kg 幅x高さx奥行 
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

UD7007
マランツ

UD7007

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月上旬

UD7007をお気に入り製品に追加する <71

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース マランツ、ネットワークプレーヤー機能塔載のSACD/BDプレーヤー
2012年9月21日 20:15掲載
UD7007

ディーアンドエムホールディングスは、「マランツ」ブランドのSACD/ブルーレイディスクプレイヤー「UD7007」を発表。10月上旬に発売する。

SACDやブルーレイディスクなどのメディア再生に加え、DLNA1.5に準拠したネットワークプレーヤー機能も塔載。オーディオコンテンツだけでなく、ビデオコンテンツも再生することができる。著作権保護されたデジタル放送などの録画映像を視聴することも可能だ。WAVやFLACファイルは最大192kHz/24bitに対応し、収録時の音源に近い音質で再生することができる。インターネットに接続すれば、パソコンなしでYouTubeの動画も視聴可能だ。

D/Aコンバーターは、192kHz/32bitのPCM信号に加え、DSD信号のダイレクト変換にも対応。広いダイナミックレンジと低い歪み率を実現している。SACDの1bitDSD信号をPCM変換することなく、ダイレクトにD/Aコンバーターに入力し、鮮度の高いアナログ信号への変換が可能という。

ドライブ部分には、独自開発のメカモジュールを搭載。フルシールドのメカモジュールにアルミ製のカバーとダンパーを加えることで、メカモジュールの剛性と制振性を高めた。また、メカモジュールをシャーシ中央部の低い位置にマウントすることで、筺体全体を低重心化し、振動に強く、安定した読み取りを実現している。

アナログオーディオ出力は、Hi-Fiオーディオシステムとの接続を考慮し、XLRバランスとアンバランスの2系統を装備。独自の高速電圧増幅モジュール「HDAM SA2」をバッファーアンプに搭載し、ハイスピードと低歪みを実現。また、各パーツはリスニングテストによって厳選されたエルナー製の電解コンデンサーなどを採用した。アナログ出力回路を独立した専用基板にレイアウトすることで、ビデオ回路やデジタルオーディオ回路から分離し、微細な音声信号への干渉を排除している。

シャーシは、メカモジュールや電源回路、デジタル回路、アナログオーディオ回路、ディスプレイをそれぞれ独立させた5ブロック構造に設計。メインシャーシに2枚の鋼板を追加して3層構造とすることで、剛性の向上と低重心化を実現した。

そのほか、2つのHDMI端子を備え、デジタルオーディオ信号とデジタルビデオ信号を別々に出力することで、相互干渉を排除。また、HDMI端子からの信号の出力と本体ディスプレイの表示を停止し、アナログオーディオ出力の音質を向上させるピュアダイレクト機能も備えている。

インターフェイスは、HDMI出力×2、アナログバランス×1、アナログアンバランス×1、同軸デジタル×1、Network×1、USB×1(フロント)などを装備。本体サイズは440(幅)×110(高さ)×308(奥行)mmで、重量は7.2kg。

価格は157,500円。

ページの先頭へ