マツダ アテンザワゴンの価格・新型情報・グレード諸元

アテンザワゴン

<
>
マツダ アテンザワゴン 2012年モデル 新車画像
  • アテンザワゴン 2012年モデル
  • エクステリア - アテンザワゴン 2012年モデル
  • インテリア1 - アテンザワゴン 2012年モデル
  • インテリア2 - アテンザワゴン 2012年モデル
  • エクステリア2 - アテンザワゴン 2012年モデル
  • エクステリア3 - アテンザワゴン 2012年モデル
  • エクステリア4 - アテンザワゴン 2012年モデル
  • エクステリア5 - アテンザワゴン 2012年モデル
このページの先頭へ

マツダ アテンザワゴンの新型情報・試乗記・画像

アテンザワゴンの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

新車発売中のグレードはありません

アテンザワゴンのモデル一覧

アテンザワゴンのレビュー・評価

(106件)

アテンザワゴン 2012年モデルの満足度

4.61

(カテゴリ平均:4.31)

    アテンザワゴン 2012年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • アテンザワゴン 2012年モデル マツダのフラッグシップモデルとして登場したアテンザには、セダンのほかにステーションワゴンも設定されている。ワゴンはアメリカや中国ではほとんど売れず、最近は日本でも人気薄だ。でもヨーロッパでの販売比率の高いマツダとしては、欧州向けを中心にワゴンを設定する必要があったようだ。

      ボディは大きい。セダンがさらに大きく作られているので、ワゴンの大きさが目立たない感じになっているが、1840mmの全幅はセダンと同じで十分に大きい。

      トヨタのクラウンが1800mmで踏みとどまっていることからみても、日本では全幅の上限がここにあると考えてもいい。一部の立体式駐車場などのインフラが1800mmで作ら
      続きを読む れているし、取り回しを考えても全幅は適度なサイズにとどめたい。

      大柄なボディを持つことで、外観デザインが伸び伸びしたものになったほか、室内には十分な居住空間とラゲッジスペースが確保されている。セダンよりもホイールベースが短いといっても2750mmは十分な長さであり、ワゴンの後席にもゆったりした空間がある。

      バックドアには、開けるとトノカバーが一緒に上がる仕組みが採用されていて、ワゴンとしての使い勝手はまずまず。欲を言えば、リヤのガラスハッチだけが開く方式も欲しいが、そうなるとトノカバー連動式にはできなくなる。このあたりの取捨選択は難しい。

      搭載エンジンはガソリンが2.0Lと2.5Lの2機種で、ディーゼルが2.2Lの1機種。SKYACTIV技術を取り入れたエンジンで、直噴仕様やi-stopの採用で動力性能を確保しながら優れた燃費も実現している。もちろんATも電子制御6速のSKYACTIVのATだ。

      2.0Lエンジンは114kW/198N・mの動力性能を発生するが、ワゴンボディは1450kgの重量があるので、特に軽快な感じではない。普通に良く走るといった程度のイメージだ。長期的に見たら、価格面からもこれが売れ筋グレードになるのではないか。

      新搭載の2.5Lエンジンは138kW/250N・mの動力性能を発揮する。同じSKYACTIV技術を採用したエンジンだが、排気量が大きくなった分だけ動力性能は向上している。大きめボディのアテンザワゴンを走らせるには、これが最適といった感じのエンジンだ。

      2.2Lのクリーンディーゼルは、2012年にSUVのCX-5から搭載が始まったもの。発売前には上級セダンにディーゼルという設定がどう受け入れられるかと思っていたが、実際に発売されるとアテンザでも初期受注の76%がディーゼル車で占められたという。

      距離を走るユーザーが多いワゴンでは、ディーゼル車がマッチするユーザーが多いはずで、セダンよりもディーゼル比率が高くなるはずだ。少なくともマツダ車では、ディーゼルが完全に市民権を得たといえる。

      動力性能はパワーが129kW/420N・mの実力。特にトルクが凄い。ガソリン車ならV型8気筒エンジンの発生する性能だから、アテンザワゴンの走りが力強いものにならないはずがない。

      ただ、振動や騒音になると、無条件でディーゼル車をほめるわけにはいかない。アイドリング回転数は800回転ほどだが、ガソリン車とは明確に異なるエンジン音が聞こえる発進して低速でゆっくり走っている領域までは、ガソリン車とは違うレベルのエンジン騒音が聞こえてくる。当然ながら振動もそれなりに感じられる。

      高速クルージングに入ると、時速80kmでの回転数は1500回転を切ったあたり。時速100kmでも1800回転弱くらいで、この速度域ではロードノイズや風切り音なども重なるのでディーゼルのエンジン音は気にならなくなる。

      高速道路での追い越し加速などでアクセルを踏み込むと、ガソリン車並みにスムーズとまでは言えないまでも、ディーゼルとは思えないスムーズさでエンジンが吹き上がり、それに伴ってトルクが盛り上がる。

      最大トルクはわずか2000回転で発生する数字だから、ちょっとアクセルを踏めばすぐに最大トルクといった感じである。この力強さを考えると、ディーゼルを選ぶ意味は十分にある。

      ガソリン、ディーゼルとも、アイドリングストップ機構のi-stopは良く止まるようになった。これは減速時にエネルギーを電気に変えて貯め込むi-ELOOPを採用したことなどが貢献している。大きな容量の電気を一気に出し入れでき、それがモニターに表示される。

      タイヤはグレードやオプションなどによって17インチと19インチのチョイスが可能。上級グレードには19インチタイヤが付くが、これだとさすが乗り心地が硬い。湘南国際村の道路にはマンホールの出っ張りが多く、これが相当に気になった。少なくとも上級セダンとは思えない乗り心地だ。マイナスオプションで17インチを選んだほうが良いと思う。

      新型アテンザでは自動ブレーキのスマート・シティ・ブレーキ・サポートなど、最新の安全装備をセットにしたセーフティ・パッケージが上級グレードに標準で、ほかのグレードには15万円ほどのオプションで用意されている。

      オプション装着する場合にはディスチャージ・パッケージとセットでないと買えないので実質20万円以上の予算が必要になるが、アテンザを買うならぜひとも装着しておきたい。

      新型アテンザではセダンとワゴンが対応するグレード同士で同じ価格。普通ならワゴンが高くなるのだが、今回のアテンザではセダンに大きなボディが与えられたので、同価格になったようだ。

      またディーゼルとガソリンの価格差は40万円で、補助金を含めると実質的には約半分の差になる。燃料代など買った後の維持費の安さも含めて考えると、経済性の差は相当に小さい。

      距離を走る人ならディーゼルが経済的に有利で、総合的な快適性などを考えたら、ガソリン車が有利だと思う。迷っている人は実際に乗り比べた上で、クルマの使い方を考えて判断すると良い。

      参考になった 26人
      2013年3月23日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 2
      燃費 4
      価格 2
    • これから記入することは全て事実です。

      <ブレーキ音>
      新車購入後、1ヶ月くらいから、大きく、不快なブレーキの異音が止まりません。ブレーキを踏むたびに毎回大きな異音がします。
      この1ヶ月間、何度もディーラーに持ち込みましたが、ディーラーもこれだけ止まらないブレーキ鳴きは経験した事がないとのこと。ブレーキ周りのすべての部品を交換しても止まりません。ディーラーもこれ以上できることはないので、メーカーにレポートを上げてリコールを待つしかないとの回答。ディーラーの分析ではパッドの素材とローターの素材の相性と寒冷地のためでは?と考えておられるようですが、なすすべなしとのことです。これ以上、止まら
      続きを読む ないようであれば買い取って欲しいと要求していますが、通常の中古車価格でしか買取できないとのこと。毎日乗るのに、乗るたびに不快な気分になります。
      延長保証に加入しているため、社外品にも交換できず、八方塞がりです。

      → 京滋マツダ舞鶴店では対応できないと言われたので、メーカーへ連絡し、メーカーから指示があった違うディーラーへ持ち込みました。結局、車をディーラーへ預けたまま4ヶ月になりますが、未だに帰ってきません。ディーラーからメーカー工場にも出したようですが、原因は分からないとの連絡があったようです。最初に持ち込んだ京滋マツダ舞鶴店からは、今まで対応したことがない異音だが、車は走るので、私の判断でこの修理を受けないこともできたとまで言われました。

      <ナビ>
      路線名表示時、画面上部中央に液晶抜けのような白く太い線が出ます。当方、海沿いのため、非常に目立ちます。メーカー云く、デザインとのことですが、デザインというような綺麗なものではなく、バグをデザインと言っているだけにしか思えません。他の車種でも同じ現象が出ているとのことです。内地では目立っていないだけのようです。

      → メーカーはデザインと言い切っていたのに、結局、バージョンアップで改善されました。

      <ワイパー>
      運転席の目の前で斜めにワイパーの筋が出ます。雨の時には目立たず、当方の地域のように霧や霧雨が多い地域では非常に目立ち、運転の妨げになります。これも、ナビ同様、他の車種でも同じで、メーカーでは改善予定はないとのこと。これについては、他の方から苦情もないと言われ、暗に当方が気にしすぎ的なニュアンスを感じ、マツダのレベルの低さを感じました。


      新車なのに4ヶ月もディーラーから帰ってこない。メーカーに何度も連絡しても謝罪もない。マツダがなぜ評価されるのか全くわかりません。
    • 【アテンザワゴンXD FF MT】
      2014年購入。
      5年経っても、今だに運転するのが楽しい。ロングツーリング性能が高く、長距離運転する度に惚れ惚れする。
      タイヤをYOKOHAMA Blue Earth GTに履き替えたインプレッションも含めてレビューします。


      【はじめに】
      クルマのレビューは、過去の車歴に影響するので参考まで。中古・新車が混在。
      マツダを買うのはGJアテンザが初めて。
      ・91レビン(AT)
      ・初代インプWRXワゴン(AT)
      ・306-S16(MT)
      ・二代目インプWRXワゴン(MT)
      ・147-1.6(MT)
      ・ロゴ(AT)
      ・320iツーリ
      続きを読む ング(AT)
      ・初代ステージア(AT)


      【GJアテンザを選んだ理由】
      1、デザイン
      2、MT+サイド(ハンド)ブレーキ
      3、ディーゼルエンジンに興味
      4、総額300万円(D補助金有・下取有・値引ゼロ)
      5、リアシートを倒せばフラットになり、大人2人が足を伸ばして寝られる


      ☆インプレ1
      【2600km旅行】
      GW10連休に、関西から青森県に旅行しました。
      主な目的は、
      @弘前城の桜
      A登山(八甲田山、岩木山、白神岳)
      です。

      雪道を走る事を想定してスタッドレスタイヤ(ブリREVO GZ)。
      名神→北陸道→R7→秋田自動車道→一般道?→東北道

      そのコースの中で面白い区間は、北陸道の滋賀県〜福井県の県境でしょう。
      80km/Hで流れる中で、連続するアップダウンとコーナー、繰り返すトンネル、遅いクルマが車線を譲らない。
      こんな状況でストレス無く走れるのが、アテンザXDです。

      まずは加速のフィーリング。
      高速道路の登り坂で、連なったトラックを追い越す時などは、トルクに余裕があるのでアクセルワークに対してリニアに反応します。
      アテンザは100km/H巡航の時、6速で1750rpmを指しますが、この辺りからブーストがかかり始め、加速の付きが良いと言うか、アクセルを踏むストロークと速度とエンジン回転数がリンクします。
      小排気量NAガソリンエンジンの場合、エンジン回転数が上がっても加速が十分でなく感覚のズレを覚えるを時があります。

      そしてアテンザXDはディーゼルっぽくない。
      息の長い、軽やかな吹け上がりに加えて、グォーンとビートを奏でます。
      音・加速のレスポンス・加速感。これらが組み合わさってアクセルを踏むのが楽しい。
      単純な速さとは、ちょっと違いますね。

      反面、苦手な加速はゼロ発進です。
      中間加速は気持ち良いのに、信号スタートはモタつきます。
      はっきり言って、街乗りは苦手です。

      ハンドリングも高速道路向きです。
      フロントヘビーは、2〜3速を中心になる狭い道幅の峠では厄介者ですが、高速道路のカーブでは安心感を増長させます。
      ハンドルを切った初期反応は、レスポンスが良く、その後に不安定感はない。
      むしろ荷重を加減して、リアタイヤのグリップをコントロールしながら曲げていくようなフィーリングを出しつつも、実際には終始弱アンダー。
      安心感とハンドルの初期反応の絶妙なバランスは、他には中々ありません。

      視界ついては、非常に興味深いです。
      アテンザの視認性は悪いです。
      特にAピラー周辺や後方は要注意。街乗りだと、車庫入れや一旦停止の左右確認にストレスを感じます。
      ところが、高速主体のロングツーリングは評価が一変します。
      運転に必要な情報は視界に入り、不要な情報がフィルタリングされるので、目の疲れが少ない。

      アテンザとブリザックREVO GZの相性が良かったかもしれませんが、1日 12時間で1000km、1週間 計2600km運転しても疲労は感じません。
      もちろん疲労度は、道路状況など様々な要因が加わりますが、まだまだ走れる余力がありました。
      長時間ドライブで初めて分かるシートの出来やドライビングポジションの優秀さなど、地味な魅力も溢れてます。

      素晴らしいツーリングマシンと天気に恵まれ、八甲田山と岩木山の登山、弘前の桜、男鹿半島や、魚津蜃気楼観光など、春の東北〜北陸を満喫できました。


      ☆インプレ2
      【YOKOHAMA Blue Earth GT】
      標準装備のトランザ。
      溝は残っているがヒビが発生して、5年5万キロでタイヤ交換した。

      履き替え初ドライブコースは、京阪神から福井県おおい町までのR162周山街道。片道約80km続くワインディングロード。
      ここは信号や交通量も少なく、アップ&ダウン、そして2〜6速まで使うスピードレンジでタイヤを試すには最高の場所。

      結論から言えば、Blue Earth GTは当たり。
      私のドライブフィールに、非常にマッチングしている。

      しなやか。
      そして滑らか。

      タイヤは柔らかめなので、ハンドルを切った時に捩れるような、初期レスポンスに極一瞬の間があるものの、その後はハンドルに追従する。
      タイヤからの情報量が多い。けれども段差の突き上げはキチンといなし、轍にハンドルを取られる事もない。
      そして、ロングカーブではゆっくり走っていても、まるで慣性ドリフトをしているような、連続的に前に滑っている感じがする。

      特筆するのはS字コーナー。クルマが20%軽くなったように切り返す。

      ネガティブ要因として、ひょっとしたら、ロングツーリングでは、軽快感が疲労を増長する可能性があるが、少なくとも200kmワインディングでは楽しさが圧勝した。


      ☆その他
      【燃費】
      高速
      100km/H巡航:20km/L
      追越し車線中心:17〜18

      一般道
      信号少ない郊外:20〜24
      渋滞ない一般道:18ぐらい
      土日の一般道で短距離:15ぐらい


      【ナビ】
      マツコネは搭載してません。
      現在のスマフォナビは、日本中旅行しても問題ありません。googleマップの渋滞回避能力は素晴らしい。
    • 【エクステリア】
      国産車の中で、ひと際美しく存在感のあるデザインです。マツダの「魂動」デザインは、このような低く長いボディにマッチしているデザインコンセプトだと思います。今回フルモデルチェンジでなくて本当にラッキーだと感じます。

      【インテリア】
      Lパケではなくproactiveを選びましたが、ファブリックも大変品質の良いもので、全く心配は不要でした。只一点残念なのは、ダッシュボードに光沢がある部分があり、フロントガラスに映りこんで煩わしいことでしょうか。反射防止のフェルトを用意しようと思います。

      【エンジン性能】
      初めてSKY-Dに乗りましたが、トルクがあって速いうえに燃費も
      続きを読む 郊外で18Km/l以上走りますね。上手にフュエルカットやポンピング圧を抜いている動作が効率アップに効いています。どこかの評論家の方が「アクセルオフでエンブレがかからず、ディーゼルらしくない」と評していましたが、全くの的外れコメントだと言わざるを得ないと感じます。SKY-Dはディーゼルエンジンではなく、新しい原動機なのです。これは未来に向けて必要な工夫でしょう。

      【走行性能】
      コーナーは安心感が増していて、余裕をもって走ることができます。運転中不安に感じることが少なくなりました。

      【乗り心地】
      しなやかでしっかりしています。2012年に乗せてもらった時とはすっかり印象が変わりました。長く付き合っていける乗り心地です。

      【燃費】
      コンパクトで軽いBLスカイアクセラよりずっと燃費がいいのには驚きました。まだ新車なので、もう少し伸びることを期待していますが、最初からクルマ全体がしなやかに摩擦なく動いている印象もあり、今回はそれほど伸びないかもしれません。istopとi-eloopは確かに燃費に効果があり、バッテリーにも優しい大変優れた装置だと感じました。

      【価格】
      この性能、品質。デザインであれば、相当良い買い物と思います。

      【総評】
      今回は、他のクルマと比較することなく、試乗一回で納得させられ、購入に至りました。ナビの性能やBOSEオーディオの音質には文句を言いたくなることもありますが、このクルマは本当に素晴らしい。相当長く乗ると思います。

    アテンザワゴンのクチコミ

    (3163件 / 293スレッド)

    クチコミ募集中

    アテンザワゴンのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    アテンザワゴン 2012年モデル

    アテンザワゴン 2012年モデル

    アテンザワゴン 2012年モデルのクチコミを書く
    アテンザワゴン

    アテンザワゴン

    アテンザワゴンのクチコミを書く

    閉じる

    アテンザワゴンのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    アテンザワゴン 2012年モデル

    アテンザワゴン 2012年モデル

    アテンザワゴン 2012年モデルのクチコミを書く
    アテンザワゴン

    アテンザワゴン

    アテンザワゴンのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ11
      • 返信数10
      • 2019年7月15日 更新
      ディーラーさんにお願いするべきでしょうか?
      見積りが四万円弱でした
      • ナイスクチコミ110
      • 返信数31
      • 2019年7月4日 更新
      北米では2019改良版が5月から発売されるようですが、日本では5月発表で6月発売あるのでしょうか。
      GVC+と新しいコネクテットが気になっており、3月からずっと現行にするか気になっています。
      購入予定の皆さんも同じ思いではないでしょうか、ご意見お聞かせください。
      • ナイスクチコミ45
      • 返信数10
      • 2019年6月28日 更新
      タイヤ交換を考えてます。
      お薦め、又はチョイス失敗談等、お願いします。

      ◆GJアテンザワゴンXD- MT前期モデル
      ◆購入後、約4年で3万5000km
      ◆冬季はスタッドレス使用(ブリザック)
      ◆主な用途
      ・週末に趣味の登山へ出掛けてます。
      ・高速、郊外での長距離移動+峠道
      ・通勤では使いません。
      ・短距離で使う事は少ない。
      ◆希望
      ・ハイペー
      続きを読むスで走ります。
      ・なので真円バランスを最重視します。
      ・ハイドロ性能
      ・長距離(500km以上)で疲れにくい事。
      →静かで、振動が少なく、直進安定性が高い
      ・現在19インチですが、19インチ以下も可。

      よろしくお願いします。

    アテンザワゴンの中古車

    アテンザワゴンの中古車相場表を見る

    アテンザワゴンとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止