スマート フォーツー エレクトリックドライブの価格・新型情報・グレード諸元

フォーツー エレクトリックドライブ

このページの先頭へ

スマート フォーツー エレクトリックドライブの新型情報・試乗記・画像

フォーツー エレクトリックドライブの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

新車発売中のグレードはありません

フォーツー エレクトリックドライブのモデル一覧

フォーツー エレクトリックドライブのレビュー・評価

(2件)

ユーザーレビュー募集中

  • フォーツー エレクトリックドライブ 2012年モデル electric drive 筆者にとって、今更ながら電気自動車初体験となったのが、「スマートフォーツー エレクトリックドライブ 」でした。国産車では、日産「リーフ」や三菱「i-MiEV」を街中で多く見かける中、輸入車関係の誌面にしか原稿を納入していない私にとっては、縁遠い話。そこで、日本自動車輸入組合が主催する試乗会にて、思い存分「スマートフォーツー エレクトリックドライブ 」に試乗してきました。

    内燃機関のスマートには、友人や、自らも短期間所有していたこともあり、散々乗りましたが、スマートは元々短距離移動に適したエコカーとして、メルセデスが開発をすすめ、シティコミューターとしての資質が高いことから、電気自動車計画
    続きを読む は、1998年のデビュー当初から始まっていました。
    「smart electric drive」プロジェクトと名付けられたその開発計画はロンドンの街で始まり、2010年には日本国内にも持ち込まれ、改良の末、2013年に今回試乗した「スマートフォーツー エレクトリックドライブ 」が、発売されました。
    (2012年導入、2013年マイナーチェンジを敢行)

    エクステリアは、どこから見ても「スマートフォーツー」そのものですが、眩いホワイトペイントにエコを意識したグリーンのライン、electric driveのデカールが、電気自動車であることを主張しています。
    フロント155/60R15、リア175/55R15というタイヤサイズも「スマートフォーツー」のベースモデルと同様ですが、ホワイトペイントのアルミホイールは、専用品。各所からクリーンなイメージを醸し出しています。

    インテリアは、初代スマートの開発にタッグを組んでいたスイスの時計メーカー「スウォッチ」と手がけた時の様なおもちゃのような可愛らしさは影を潜め、乗用車らしくなったのは、「スマートフォーツー エレクトリックドライブ 」でも同様ですが、ブラックを基調とした内燃機関モデルとは違い、インテリア各部にもエレクトリックグリーンのアクセントパーツが備わり、室内はとても明るい印象を受けます。計器類も視認性を高め、160km/hまで刻まれた大型のスピードメーターをはじめ、コックピットクロックとレブカウンターが装備される内燃機関モデルとは違い、パワーメーターと駆動用バッテリー残量計に変更されています。
    内燃機関を搭載していませんから暖房が心配ですが、(取材日は3度)セラミックヒーターを装備しており十分快適な室内空間を提供してくれた。(ただ電気消費量は顕著です。)


    ■インプレッション■

    試乗車両に向かうとまだ充電中。メーカーの広報より説明を受けると200Vの電源を使うと8時間で充電でき、100Vの場合は16時間かかるという。充電ソケットは右側後方にあり、日産リーフなどと共通。しかし、急速充電には対応しておらず、その点は不満が残った。継続距離は140km以上というから、コミューターとしては十分すぎるといえる。

    スマートは、デビュー当時から左右のシート中央にキーホールがありますが、「スマートフォーツー エレクトリックドライブ」も同様です。キーをひねると当たり前ですが、内燃機関を目覚めさせるセルモーターの音や、その後の エンジン音も皆無。メーター内のディスプレイに「レディ」と表示され、“電源”が入っていることを知らせてくれます。

    ドイチェアキュモーティブ製リチウムイオンバッテリーを新搭載。最高出力74ps、最大トルク130Nmを発生する電気モーターは、リアに収まります。

    車両重量は950キロと電気自動車では最軽量。電気モーターは全域トルク。そういえば、320km/h運転を始めた東北新幹線「はやぶさ」も電気モーターだ。遅いわけがない。
    アクセルに足を乗せると、まさに最新の通勤電車のような高周波の音とともに、キュイーンと加速していく。その加速は、実に滑らかで、電気モーターにしか、真似のできない技といえる。もちろん、変速ショックも皆無のため、実に気持ちが良いものだ。

    0-60km/h加速は5秒で到達。スタートダッシュはかなり速い。また、0-100km/h加速は13秒以下と1.5リッタークラスのファミリーカーと同等の加速性能を有しています。

    高速道路に乗っても歯がゆさなどは皆無。パワーメーターが内燃機関のタコメーターとは、比べ物にならない勢いで跳ね上がり、キューイーンと加速。速度計のメーターの指針がスルスルと上昇し、120km/nまであっけなく到達してしまう。まるで京浜急行の快速特急がフルノッチで加速していくような感覚を覚えるほど。


    エンジンブレーキに変わる回生ブレーキは驚くほどの効きを見せ、アクセルを離すとググッと減速をする。また、パドルシフトをステアリングポストに装備し、回生の強さを3段階調整できるため、フットブレーキに頼らなくとも十分な制動を発揮してくれるのは驚いた。

    今後、輸入車の電気自動車も続々と上陸してくる。コミューターと電気自動車のコンセプトはまさにスマートに合致するが、是非とも、高速道路のSAなどに設置してある急速充電に対応してほしいところである。









    参考になった 2人
    2014年2月26日 投稿
    満足度 4
    エクステリア 5
    インテリア 5
    エンジン 4
    走行性能 4
    乗り心地 3
    燃費 2
    価格 4
  • スマートの電気自動車であるエレクトリックドライブが2012年12月から販売されている。スマートのガソリン車自体が、街乗り用のシティコミューターとして作られており、エレクトリックドライブも同様に街乗り中心で考えられたクルマだ。

    今回はメルセデス・ベンツ日本がヒルトン小田原をベースに開催したオールラインナップ試乗会出席した折りに、メディア関係者向けに用意した広報車両の中にスマート・エレクトリックドライブもあったので、このモデルに試乗した。

    外観デザインは基本的にスマートフォーツークーペと変わらない。ただ、試乗車はホワイト/グリーンのけっこう目立つ2トーンカラー(オプション)とされていた
    続きを読む ほか、ボディサイドには英字でエレクトリックドライブの文字と、電気プラグの絵が描かれていた。そうしないとガソリン車との見分けがつきにくいからだ。

    日産のリーフが出先で急速充電することで1台で間に合うクルマを目指しているのと違って、スマートのエレクトリックドライブは夜間に8時間(200V)で充電し、その電力を使って昼間に近場だけで使うことを基本コンセプトに作られている。出先での急速充電などは想定していない。

    航続距離はモード走行で140kmとされているから、余裕を持って使えるのはその半分として70kmくらいと考えたらるべきだろう。それでも遠出をすることなく、タウンユースを中心にした日常的な使い勝手には十分に対応できる航続距離である。

    スマートのガソリン車もそもそもがセカンドカーとして近場専用に使われているクルマであり、エレクトリックドライブはそれを電気化したものだ。走行することで直接的に排気ガスを発生しないので、気持ち良く誇りを持って走らせることができる。この気分の良さが電気自動車の長所だ。

    走りの元気良さは電気自動車ならではといっていい。動力性能は55kW/130N・mなので、トルクに関してはターボ車以上。しかもそれを発進直後から発生するのが電気自動車の特徴で、これによって0-100km/h加速は13秒で走り抜け、最高速も130km/hに達するという。

    そうした走り方をするのが電気自動車本来の目的ではないから、いっぱいの加速などは決して勧めないが、静かで走り出し、滑らかかつ力強く加速が伸びている感じは、電気自動車ならではの特徴である。スマートのガソリン車はセミATを採用するために変速時のギクシャク感があるが、エレクトリックドライブにはそれもなく、スムーズな加速が可能だ。

    ブレーキは油圧式で電動ポンプによって油圧を発生させている。アクセルから足を離したり、ブレーキペダルを踏んだときには回生ブレーキが働くが、この強さはステアリングの裏側に設けられたパドルによって加減できる。

    個性的なデザインや街乗りに適したパッケージングなど、スマートが持つ基本的な良さをスポイルすることなく、電気自動車のスムーズで力強い走りを得たのがエレクトリックドライブである。

    295万円の価格はガソリン車のベースグレードと比べると2倍に近いし、購入時には充電設備を用意する必要があるが、52万円の補助金(2012年度時点)が受けられることを考えると、かなり現実的な選択肢になる。EV専用の71カ月間のメンテパックが15万9000円で用意されているので、これに加入すると良い。

    満足度 3
    エクステリア 4
    インテリア 3
    エンジン 4
    走行性能 3
    乗り心地 2
    燃費 5
    価格 3

フォーツー エレクトリックドライブのクチコミ

(4件 / 2スレッド)

クチコミ募集中

フォーツー エレクトリックドライブのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

フォーツー エレクトリックドライブ 2012年モデル

フォーツー エレクトリックドライブ 2012年モデル

フォーツー エレクトリックドライブ 2012年モデルのクチコミを書く
フォーツー エレクトリックドライブ

フォーツー エレクトリックドライブ

フォーツー エレクトリックドライブのクチコミを書く

閉じる

フォーツー エレクトリックドライブのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

フォーツー エレクトリックドライブ 2012年モデル

フォーツー エレクトリックドライブ 2012年モデル

フォーツー エレクトリックドライブ 2012年モデルのクチコミを書く
フォーツー エレクトリックドライブ

フォーツー エレクトリックドライブ

フォーツー エレクトリックドライブのクチコミを書く

閉じる

    • ナイスクチコミ9
    • 返信数0
    • 2014年1月4日 更新
    180km以上(JC08モード走行)の航続距離とH.Pに記載されていますが
    実走はどの位走るのでしょうか??
    日産のリーフでの失望感が大きいので期待はしていませんが・・・
    • ナイスクチコミ7
    • 返信数2
    • 2013年2月16日 更新
    このモデルは急速充電には対応していないようです。
    ちょっと惜しいですね。

フォーツー エレクトリックドライブの中古車

フォーツー エレクトリックドライブの中古車相場表を見る
  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止