ジャガー Fタイプの価格・新型情報・グレード諸元

<
>
ジャガー Fタイプ 2013年モデル 新車画像
    このページの先頭へ

    ジャガー Fタイプの新型情報・試乗記・画像

    Fタイプの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

    比較リストを見る

    Fタイプのモデル一覧

    Fタイプのレビュー・評価

    (2件)

    Fタイプ 2013年モデルの満足度

    4.00

    (カテゴリ平均:4.3)

    ユーザーレビュー募集中

    • 【エクステリア】
      美しいフォルム、ライン。

      アストンに似てると思ったら、
      デザイナーが同じだった。

      何も言うことありません。

      【インテリア】
      シンプルで美しい。
      質感の高さはさすが。

      メーター類も見やすい。

      【エンジン性能】
      V6はダイナミックモードでも
      ややおとなしい気がする。

      回転数上がると、乾いたサウンドや
      ミスファイヤで気分は盛り上がるが、

      スポーツカーに乗っているな〜
      という官能はやや薄い。

      加速性能も充分だが、
      驚くほどには速くない。

      つまりGTカーなんですね、これは。

      【走行性能】
      操作性は非常に良い
      続きを読む です。
      足回りも滑らかで、特に問題ない。

      想像以上の感動などは無いが、
      良い車だなーと感じさせる
      非常に上質な走り。

      【乗り心地】
      非常に気分よく乗っていられます。
      突き上げ感も無いし、マイルドな乗り味。

      しかし抑え過ぎじゃないでしょうか?
      もっと高揚感を与えてほしかった。

      ブレーキの利きが当然ながら強いので、
      低速域での制御は慎重に。

      【燃費】
      9km/Lぐらいで乗れそう。
      このクラスとしては非常に優秀。

      【価格】
      かなりお買い得で、安いと思う。

      911のベースグレード買うぐらいなら、
      絶対にこちらがおススメ。

      【総評】
      クーペタイプのフォルムが非常に好みで、
      TopGearでレビュー見てから、
      ずっと試したかった1台。

      美しい外観と、質の高い内装。
      素晴らしいサウンドと、言うこと無いが、
      乗ってみて「あれ?」と肩すかし感があった。

      スポーツカーとして見た場合は、
      ケイマンSのほうが上。

      買って乗れば、満足はすると思いますが、
      たぶんV8ヴァンテージが欲しくなると思います。
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 4
    • ジャガーについてのうんちくを語れるような立場ではないが、このFタイプは、ジャガーがEタイプ以来、実に50年以上もの時を経て、改めて投入した2シーターのスポーツカーである。

      ジャガーにはXKなどのスポーツモデルがラインナップされてきたが、いずれも2シーターではなかった。2シーターのスポーツカーを、それもコンバーチブルから投入を始めたという点に、ジャガーのこのクルマにかける意気込みを示している。

      ジャガーFタイプコンバーチブルには、日本自動車輸入組合が開催した試乗会に出席し、ジャガー・ランドローバー・ジャパンが出展して広報車両に試乗した。グレードは最もパワフルなエンジンを搭載するV8
      続きを読む Sコンバーチブルだ。

      外観デザインはいかにもカッコ良いスポーツカーだ。幌タイプの屋根を開けてオープンにしたときはもちろんのこと、ルーフを閉じた状態でも良くまとまっている感じがある。

      2シーターのスポーツカーなので全長は短めながら、全幅は1900mmを超える大柄なボディだ。それだけに運転席はタイトなコクピットという感じではなく、むしろラグジュアリーな空間というイメージのほうが強い。

      運転席に乗り込んでセンターコンソールに設けられたスターターボタンを押す。最近のジャガー車はボタンを押すとATのセレクターダイヤルが競り上がってくるタイプが採用されていたが、Fタイプでは通常のシフトレバーを採用する。このあたりはスポーツカーであることのこだわりなのかも知れない。ただ、シフト自体はレバーではなくパドルによって操作できる。

      ボタンを押してエンジンを始動すると、ブォーンとエンジンの咆哮が聞かれる。ジャガー・ランドローバーのV8エンジンは、そもそもが静かなエンジンではないが、Fタイプのようなスポーツカーではそれなりに音を聞かせる演出がなされているのだろう。

      エンジン音は走り出すとさらに高まる。試乗したV8 Sにはアクティブ・エグゾースト・システムが備えられていて、アクセルを踏み込んだときなど、バルブが開いて大きな排気音を聞かせてくれるのだ。オープンにして走るのが恥ずかしくなるくらいのエンジン音である。

      V型8気筒5.0リッターのスーパーチャージャー仕様エンジンは、ジャガー・ランドローバーのほかの車種にも搭載されているもので、364kW/625N・mの強大なパワー&トルクを発生する。

      オールアルミ製なので比較的軽く作られているはずだが、それでも1810kgもあるボディを余裕で引っ張る実力である。ZF製の電子制御8速ATがとても滑らかに動力性能を引き出すので、荒々しい咆哮の割にはしつけの良さを感じさせるような加速感を示す。もちろんアクセルを踏み込めばとてつもなく速いのは言うまでもない。

      足回りの安定感も高いレベルにある。ワイドトレッドに20インチのワイドタイヤを履くのに加えて、V8 Sには電子制御式のアダプティブダンパーが装着されているからだ。乗り心地は相当に硬いのだけれど、その硬さがしっかりした安定感につながっているのが分かる。

      1286万円の車両価格に加え、試乗車にはざっと250万円を超えるオプションが装着されていた。高級車好きのオーナーが3台目か4台目の所有車として選ぶクルマだろう。

      満足度 3
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 3
      燃費 2
      価格 2

    Fタイプの中古車

    Fタイプの中古車相場表を見る

    Fタイプとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止