ホンダ ヴェゼルの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ホンダ ヴェゼルの新型情報・試乗記・画像

ヴェゼルの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

ヴェゼルのモデル一覧

ヴェゼルのレビュー・評価

(81件)

ヴェゼル 2013年モデルの満足度

4.33

(カテゴリ平均:4.31)

    ヴェゼル 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • ヴェゼル 2013年モデル S 昨年11月に東京モーターショーで初公開され、12月に発売されたヴェゼルは、1.5Lガソリン車と、これにモーターを組み合わせたハイブリッド車があります。そのうちスポーティな装備を施したガソリン車の最上級グレードSに、神奈川県逗子市で行われた試乗会で乗りました。

      スタイリングは、ライバルの1台である日産ジュークに負けない思い切りが見られます。フロントマスクは最近のホンダ車の常でやや煩雑な印象もありますが、サイドやリアは躍動的なラインをウインドーやランプの造形にうまくつなげていて、SUVらしい力強さとクーペのような流麗さがうまくミックスしています。近年のホンダ車ではベストデザインだと思いました
      続きを読む

      インテリアはそれに比べればオーソドックスですが、ドライバー側に傾けたセンターパネル、盛り上がったコンソールなどが、スポーティな印象をもたらしてくれます。コンソールの下には収納スペースもあるなど、日本車らしいきめ細かさも健在です。一方でパーキングブレーキを電気式にするなど、フィットより上級のクルマであることも伝わってきます。

      前席のヒップポイントはフィットより少しだけ高めで、その分座面の厚みも感じます。圧巻は後席で、身長170cmの僕であれば足が組めるうえに、角度は適切で、クッションの沈み込みも感じるなど、このクラスの国産車としてはかなり快適な居住空間でした。しかもセンタータンクレイアウトを生かして、低くフラットに畳めます。ユーティリティの点でも高得点が付けられます。

      1.5Lのガソリン直噴エンジンはフィットと基本的に同じで、131psの最高出力、15.8kgmの最大トルクも近い数値です。トランスミッションはCVTです。車両重量は、同じエンジンを積むフィットに比べて約100kg増しているものの、加速性能は十分でした。ただし遮音性については、もう少しのレベルアップを望みたいと思いました。

      足回りはスポーティさを狙ったとのことで、全般的に固めです。とくにSグレードは、他のグレードでは16インチだったホイール/タイヤを17インチにインチアップしているので、余計にそう感じました。ファミリーユースにも対応できるパッケージングを持つだけに、もう少し穏やかさが欲しいところです。

      ハンドリングは、フィットでは克服したかに見えたセンタータンク特有の前の重さにがやや気になりました。デザインやパッケージングについてはかなり魅力的で、上級車に匹敵する内容を持つだけに、それに見合った静粛性や乗り心地、ハンドリングを備えてほしいと思いました。
      参考になった 16人
      2014年2月27日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 3
      走行性能 3
      乗り心地 3
      燃費 無評価
      価格 3
    • フリードの点検ついでに試乗させて頂きましたので、感想を少々。
      試乗個体は走行距離200km弱のど新車としての感想ですので、考慮願います。

      【エクステリア】
      リアのエンブレム以外はRSと違いはグリルの色とルーフレールくらいなので、パッと見他のグレードと判別できず、ちょっと残念。

      【インテリア】
      内装も同様で従来とおり。コンビシートの色がジャズブラウンをダークブラウンにしただけで華やかさはトーンダウンしてるが、これはこれで落ち着いた大人の雰囲気で良い。
      ドアの内側はソフトパッドでフルライニング。
      小口径本革ハンドルは細身で、自分の小さい手には丁度良い。今まで本革でもスベスベし
      続きを読む てと前回指摘してたが、スムーレザーの名称のとおり、これが普通でした。
      試乗日は汗ばむ陽気で手に汗かいていたので吸い付く感じでグッ!
      その他、メーター等デザイン、機能追加なく特別感はなし。

      【エンジン性能】
      ターボの味付けは控えめ。出だしは若干速いかな…
      その後はフツーに街中流しても違いは分からないかったが、アンダーパスの急坂を登るとき、アクセルちょい踏みで、グィっと加速しました。ブーストは1500回転ちょいからかかるので、登坂、追越し時に使えるでしょう。
      エンジン音は加速はコロコロ大き目な音が入るのは、直噴エンジンご愛嬌。

      【走行性能】
      試乗コースが渋滞の市街地メインなのでアジャイルハンドリングシステムは体感出来ませんでした。
      パワステはフリードに慣れた自分にはタウンスピードのアシスト少なく重く感じました。NBoxスラッシュみたいに2段階でアシスタント量チョイス可能か。もうちょい軽めにしないと女性は厳しいかも。
      フリードの優秀なブレーキと比較すると、ブレーキ踏みこみ時、重く、調整の幅が少なく、初期の制動力が物足りない感じがしました。

      【乗り心地】
      ここも昨年試乗したガソリンノーマル、ハイブリッド
      RSと比較するとその中間くらいの印象。
      18インチ50タイヤの荒い路面で硬さを感じるが、酷いショックは伝わらず許容レベルかと。
      試乗車のミシュランプライマシー3は荒れた路面のロードノイズは高めかも。
      マイチェンで標準となった振幅感応ダンパーとツーリング専用セッティングのパフォーマンスダンパーの効果は、長距離乗らないと効果は分かりませんでした。
      静粛性もNAガソリン車と変わらず。。

      【燃費】
      燃費計をリセットし、渋滞の市街地10kmでは9キロ程でした。エアコンは23度設定
      エコモードは途中からオン

      【価格】
      特別な装備や加飾少なく、高めな設定は疑問。
      ジェイドRSと同じくらいの250万代なら納得

      【総評】
      マイチェン後1年経過してからの予想外の追加グレードで興味津々の試乗でしたが、見た目、中味とも特別感もコスパ的にも物足りず。。残念

      ターボ以外にツーリング的な追加装備、MT追加は厳しいとしても、例えばパワーシート、大型アームレスト、渋滞対応やオートハイビーム等のセンシング追加があれば良かったのに。
      販売促進用のカンフル剤グレードとしてはインパクトが薄いなと。
      ナビ付けコミコミ340万くらいになりそうなので、これならプラス40万くらい追加して、CR-V購入した方が満足度は高いなと感じました。
    • ステップワゴンの台車として1日100キロほど走行しました

      【エクステリア】
      HONDA顔ですね。
      初期型に比べればずいぶんよくなりましたが、エクステリアではこの車は選ばないかな。
      【インテリア】
      悪くないですね。ホンダにしてはだいぶがんばってる気がします。
      細かく見ていくと安っぽい部分も多々見られますが、クラスからすれば十分
      室内にいる分には不満はありません。
      まあしいて言うならリアシートがそこまで広くないことと死角が気になること
      【エンジン性能】
      活発なエンジンといった印象。下から上まで不満なく回ってくれる印象
      トルク感がしっかりしてるので速く感じます。
      ただエン
      続きを読む ジンを回していくと結構なボリュームでエンジン音が入ってきます。
      演出だとは思いますが、ちょっとうるさい。
      昔乗っていたかなり改造したスポーツカー(数種類)でもこんなにうるさくなかった。笑
      CVTはステップワゴンよりかはラバーフィールは少なめ
      【走行性能/乗り心地】
      ココは一番感心しました。
      SUVにしては固めですが、その分一般道のステアフィールは上々
      高速道路も一般道も不快感、不安感ゼロで走れます。
      きっと長距離も疲れないと思います。
      ハンドリングも○
      山を攻める車ではないのでいい落とし所の、いい塩梅
      【燃費】
      無評価
      【価格】
      この価格帯は競争率が高いので値引き次第ではいいと思います
      【総評】
      最近のホンダ車に共通するイメージですが、見た目はいまいちだけど
      運転してみると他車に比べて優れている部分が結構ある。
      マツダやスバルとはまた微妙にベクトルが違います。
      もうすこし内外装に質感という物がプラスされれば、さらにいい車になると思います。

      ヴェゼルRSは買いです。
      平均点が高い。逆に言うととがった部分がない。
      同クラスは競争率が高いので、迷ったらヴェゼルの選択肢は間違いないと思います。
    • 11年間故障・不具合もなく、約19万キロ乗ったエアウェイブだったが、ついにガタが来たので、乗り換えで新車購入。
      前々から買い替えるならヴェゼルしかないと決めていたので、惚れ込んでの一点買い。
      グレードは価格と装備のバランスが良いガソリン車のX。FF車。
      (RSはカッコいいが、18インチタイヤはコストがかかり過ぎる。)
      ちょうどディーラーで新春のキャンペーンをやっていて、ナビが半額になるのとオプション5万円分の特典があり、どうせならとナビを最上級モデルの8インチプレミアムインターナビにし20万円が半額の10万円、ハイグレードスピーカーシステムも付けてDIATONEサウンドのチューニングも
      続きを読む してもらいました。
      その他、サイドガーニッシュや、ボディのガラスコート、土地柄下回りの防錆びもやってもらい、オプション5万円分サービス。
      この時点で15万円の値引きに相当するが、さらに本体値引きで12万円、トータル30万円の値引きは欲しかったので粘って廃車のエアウェイブを3万円で引き取ってもらうことで形上トータル30万円相当の値引きとなった。
      その他にスタッドレスタイヤとアルミホイールのセット定価18万円を8万円で付けてもらったので、それも含めれば合計40万円相当の値引きということになるが、相場から考えてどうだったんだろう?

      【エクステリア】
      これは文句なしにカッコいい!!
      個人的な主観になるが、今出ているSUVの中では断トツにカッコいいと思うし、SUV以外のジャンルに広げてもここまで純粋にカッコいいと思える車はなかなかない。
      特にマイチェン後は顔がよりシャープになり、精彩感が増した。
      周りからの評判も上々。
      グレードによってカッコよさに差が出る車は多いが、ヴェゼルはRSでなくても充分過ぎるほどカッコいいし、ロアガーニッシュ部分がボディと同色となるハイブリッドZよりも、個人的には黒の樹脂となるXの方がツートンとなって引き締まると思う。
      ボディカラーはミッドナイトブルービームメタリック。
      一見すると黒に見えるが、光の加減によって紺が浮かび上がる深みのある色。
      濃い色なので汚れが目立ちます。
      ボディのガラスコートは確かに水は弾くが、水をかければサッと汚れが落ちるとはいかず、高圧洗浄機をかけても汚れは完全には落ちず、ある程度は残ります。
      やはり完全に綺麗にするには洗剤とスポンジで洗車する必要があります。
      ボディコートの価格7万円を考えると費用対効果は疑問の残るところだが、新車時にコーティングしておけば塗装面が守られツヤも長持ちするので安心感は得られます。

      【インテリア】
      スポーティーでよくまとまっていて高級感があり、しっかりとした剛性感もあって包み込まれている感があります。
      ハイブリッドZならジャズブラウンのツートンカラーも選べてさらに高級感が増すのだが、個人的にはこれで充分です。
      ドリンクホルダーの位置がやや使いづらいが大きな問題ではありません。
      多くの方が書かれているタッチパネル式のエアコンについては見た目は良いが、視線を向けずに手探りでは使えないので、やはり使いづらいです。とはいえ、反応は悪くないので個人的には有りかなと。
      居住性は文句なし。
      後部座席、ラゲッジルームともに広く、ライバル車を大きく上回る部分です。


      【エンジン性能】
      1.5Lだが、1.8LのC-HRよりもエンジン単体のパワーは上回っており、日常生活上では不満はありません。
      ホンダ車全般に言えることですが、エンジンの精度が高くモーターのように効率良く回る印象です。
      燃費は冬場で暖房を使っているので正確には分からないが、信号の少ない自分の環境では通常の使用では18キロくらいは普通に走りそう。
      この辺はさすがホンダ。
      ハイブリッドとの燃費差も少ないのでガソリン車で充分です。

      【走行性能・乗り心地】
      走行フィールはスムーズで、挙動も自然なので扱いやすい。
      サスペンションはやや硬めで多少の突き上げ感はあるが、個人的にはフワフワしているよりも好みです。
      静寂性については車格なりに考えて普通なので、過度の期待は禁物です。
      エンジン自体は振動も少なく特に低回転時は静かなので、アイドリング時はアイドリングストップしているのかエンジンが回っているのか分からないくらい。
      ただし加速時などエンジンを回すとエンジン音は車内に入ってきます。
      1.5Lでパワーを搾り出しているので仕方のないところですが、ハイブリッドであれば余裕が生まれると思います。
      また、当方スタッドレスタイヤを履いている影響からか、舗装の粗い道路などではロードノイズをけっこう拾います。
      個人的には全然許容範囲だが、人によってはうるさく感じる人もいるかもしれません。
      当方のグレードはガソリン車のXだが、グレード差やハイブリッドによって静寂性に差があるのかは不明。

      【その他補足・価格等】
      8インチのサウンドナビ+ハイグレードスピーカーシステム(Tuned by DAITONEサウンド)は音に厚みと広がりがあって非常に良い感じです。
      スピーカー等は後から替えると大変なので、音に多少なりともこだわりがあるのであれば、長い目で見て最初に多少無理してでも付けておくことをお勧めします。きっと後悔はしないと思います。

      他の方も書かれていましたが、ハイブリッドにする必要性が本当にあるのか考慮が必要です。
      ヴェゼルはガソリン車とハイブリッドの燃費差があまりないし、日常生活においてはガソリン車でも性能は充分です。
      ただでさえ最近の車は価格が上がっている中で、ハイブリッドにすることで一昔前の高級車並みの価格になってしまうし、ハイブリッドとの価格差をガソリン代でペイするのは難しい。
      10年以上乗ればペイできるかもしれないが、機構が複雑なハイブリッド車は長く乗れば余計なメンテナンス費用がかかる恐れもあります。
      内装の質感であったり、パワー面でのゆとり、プレミアム感という意味ではハイブリッドをチョイスする意味もありますけどね。

    ヴェゼルのクチコミ

    (3130件 / 337スレッド)

    クチコミ募集中

    ヴェゼルのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    ヴェゼル 2013年モデル

    ヴェゼル 2013年モデル

    ヴェゼル 2013年モデルのクチコミを書く
    ヴェゼル

    ヴェゼル

    ヴェゼルのクチコミを書く

    閉じる

    ヴェゼルのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    ヴェゼル 2013年モデル

    ヴェゼル 2013年モデル

    ヴェゼル 2013年モデルのクチコミを書く
    ヴェゼル

    ヴェゼル

    ヴェゼルのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ33
      • 返信数8
      • 2019年3月25日 更新
      DBA-RU1に乗ってますが、走行中に警告灯が複数点灯。ディーラーに持ち込むと、診断結果空燃比リーンが表示されてるとのこと。清掃のみ実施し、チェックランプリセットしてもらいましたが、またすぐに点灯しました。
      再度ディーラーへ。
      インテークバルブ、インジェクターが汚れている可能性があると言われ、修理見積が20万弱…
      まだ走行距離3万程度ですが、こんなに早く故障するものなんで
      続きを読むすかね?
      正直金額が高いため、参ってます…
      インジェクター汚れを疑い、とりあえずフューエルワン 投入し様子を見てます…
      似たような経験をした方やお車に詳しい方のご意見を聞きたいです。
      • ナイスクチコミ72
      • 返信数29
      • 2019年3月23日 更新
      ガラスコーティングについて質問です。
      今年の1月に納車されたばかりで、ディーラーオプションでガラスコーティングを施しました。
      ボンネットやルーフ部分は確かに水を弾くのですが、サイド部分の水弾きが明らかに弱く感じます。
      ボンネット部は水滴が水玉になって撥水性を確認できるのですが、サイド部分(特にドアの下半分など)は水が親和して弾かないというか。
      サイドの特にドアの下半分は
      続きを読む雨や泥が跳ねて被膜に付着するからそうなってしまうものなのでしょうか?

      また、ガラスコーティングを施せば水洗いだけで簡単に汚れが落ちるイメージでいましたが、ケルヒャーの高圧洗浄機で洗い流しても完全にはキレイにならず、うっすらと汚れは残ります。
      特にサイド部分とリア部分全般。
      当方の車の色はミッドナイトブルービームメタリックでほとんど黒に近いので汚れが目立つんです。
      ネット等で調べると「水洗い」と言っても水で流すだけではなくてスポンジを使った水洗いのことを指しているようですが、高圧洗浄機でも落ちないとは。
      (そもそも洗剤を付けなくても水とスポンジで洗えばガラスコーティングしていなくても汚れは落ちるような・・。)

      もちろん硬いガラス被膜でボディの塗装をコーティングすることでボディを保護する、汚れや傷が付きにくくなるというガラスコーティングの意味は理解しているつもりです。
      ところが、サイド部分をよく見ると細い線傷が付いているんです。
      (意図的に付けらてたような傷ではなく、よく見れば見える細い線傷。)
      まだ買ったばなりで丁寧に乗っているし、木の枝に擦ったりといったことはしていませんし、洗車はたっぶりの水を使って来い高圧洗浄機で汚れを落としてから塗装面に気を使いながら手洗い洗車をしています。
      線傷が付くとすれば公共の場に駐車した時に人の服やバッグなどが擦れて付いたものでしょうか。
      いずれにしてもこんなに簡単に線傷が付いてしまうならガラスコーティングの意味がないような。

      まさかサイド部分だけコーティングの施工が甘かったなんてことはないと思いますが、ガラスコーティングって(特に濃い色の車の場合は)こんなものなのでしょうか?
      • ナイスクチコミ28
      • 返信数10
      • 2019年3月22日 更新
      2014年5月に購入してからそろそろ4年目に入ろうとしています。
      ここに来て急に塗装面が劣化してきました。

      今回はリアゲートを開けた時に見えるリア上部です。
      白っぽく見える所は反射や雪ではなく、塗装が剥げて下地が見えている状態です。(写真添付)
      以前は青い塗装が乗っていた部分が急に劣化してしまいました。
      リアゲートの蝶番部分も錆が進んで来ました。
      続きを読む仕事の関係で、山奥から東北の海岸2kmの所に引越ししたことも影響していると思います。

      折角、高いお金を払って社外のコーティングをしたのに残念です。

      まだ外からは目立たないから良いですが、見える部分もいずれこのような状態になるのか心配です。

      他のユーザーさんは、どんな感じでしょうか?
      進行を止めるには再塗装なのかなぁ…。

    ヴェゼルの中古車

    ヴェゼルの中古車相場表を見る

    ヴェゼルとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止