スバル レヴォーグの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スバル レヴォーグの新型情報・試乗記・画像

レヴォーグの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

レヴォーグのモデル一覧

レヴォーグのレビュー・評価

(498件)

レヴォーグ 2020年モデルの満足度

4.25

(カテゴリ平均:4.29)

    レヴォーグ 2020年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 【エクステリア】
       旧型よりスポーティーでいいと思います。旧型は街で見かけるとインプレッサと区別がつかないことが多くなってしまいました・・・。
       全長がかなり長くなりましたが,車両感覚はほとんど変わりません。レガシィが4台目から5台目に変わったときほどの違和感はありません。とはいえ,全長はもっと短くしてほしかったと思います。

      【インテリア】
       やはり,スマホを置く場所がないのが不便です。メーターの針の太さも,乗るたびにがっかりします。
       7インチセンターインフォメーションディスプレイは,手抜き感が出過ぎです。もっと表示できる項目を多くしたり,自分でカスタマイズしたりできるようにし
      続きを読む てほしいです。例えば,アイドリングストップやオートビークルホールドのオンオフができるアイコンを作れるようにするとか。つい運転中に触ってしまいたくなる人もいると思うので,事故防止にも役立つはずです。
       STIでボルドー以外のインテリアが選べれば,頑張って買ったのにと残念に思ってます。

      【エンジン性能】
       前方の信号が赤のときに,旧型の1.6lのときより早めにアクセルを離さないと急ブレーキを踏むようになってしまうので,パワーがあるのだなと実感します。
       SI-DRIVEがインテリジェントモードだと「こんなもんか」という感じですが,スポーツモードにするとかなりパワフルでレスポンスが良くなります。

      【走行性能】
       旧型と比較しての一番の違いはボディーの剛性感と足回りのしなやかさではないかと思います。すごくレベルが上がった感じがします。
       これまで,レガシィ,レヴォーグのどちらも,車内からの異音に悩まされました。ボディー剛性と関係があるかよく分かりませんが,異音が出ないことを祈りながら乗っています。

      【ナビ・オーディオ】
       ケンウッドのナビですが,機能が豊富で基本的には非常に満足しています。しかし,幾つか不満な点も見えてきました。ソフトウェアのアップデートで対応してほしいです。
      ・ナビの到着予定時刻が全くデタラメで,全然使い物になりません。設定速度が低すぎ,しかも,どういう道路か(街中か田舎道か)や交通状況を考慮しないからです。
      ・オーディオのレベルメーターとスペアナの動きが,気持ち遅れていて,とても気になります。
      ・メモリーオーディオがギャップレス再生に対応していません。
      ・MQA音源はトラック間でノイズが発生することがあります。
      ・サブウーファーが付けられません。

      【その他の機能】
        オートーワイパーとオートライトの感度がイマイチです。自分の感覚と合わないので,ほとんど手動で使っています。
       ハンズフリーオープンパワーリヤゲートは,コツをつかめば,かなりの確率で開けられるようになります。

      【燃費】
       半年近く乗ってみて,巷で言われているよりは燃費がいいなと思うようになっています。明らかに,旧型の1.6lよりは燃費がいいです。特に,遠出したときの燃費が良くなったと思います。
       燃費計もより正確になりました。旧型では,実燃費より1km/lほど良く出てましたが,差が小さくなり,むしろ燃費計よりも実燃費の方がいいときも多々あります。

      【総評】
       EXにしなくて良かったとは思っても,EXにすれば良かったと思ったことは1度もありません。EXにしかない不具合とも無縁で,安心して乗っています。
       そもそも,アイサイトXが何かを知らないで買っている人も多いのではないかと思っています。某有名自動車評論家が,コアテクノロジーに含まれる機能をアイサイトXの機能と誤解して書いている記事も見ました。
       とはいえ,アウトバックが全車アイサイトX付きとなったように,これからは標準装備になっていくのは間違いありません。レヴォーグも,後期型からは非EXがなくなるのではないかと予想しています。そのときには,アウトバックのように,ハーマンカードンのオーディオがオプションで選べたりするようにはなるのでしょう。とはいえ,ナビとオーディオの本体は基本的に変わらないでしょうから,選択の幅が狭まるのは間違いありません。
       今後,ガソリン車にいつまで乗れるのか分かりませんし,乗れたとしても税金が非常に高くなったりするなど,乗りづらくなることは考えられますが,できるだけ長く乗りたいと思っています。
    • レヴォーグ STI Sport R EX 2.4L が到着しました。近所のドライブコースを走ってきました。初乗りの印象とSTI Rへの期待をレビューとして報告します。

      初乗りの印象
      エンジン反応の速さと2000~2500rpmの高トルクのおかげで何の気も使わない加速感が得られます。Cモードで加速するときの連続する伸びが気持ちいいです。それとカーブの途中でのアクセルのリニア感が保たれ、アクセル開度に比例した加速力を得ることができて頼りになります。ベタ踏みのピーク感は2Lの時と比較して到達速度はわずかに劣りましたが、加速のフィーリングは満足の領域です。

      2.4L STI Rへの期待
      続きを読む
      2.4L STI Rの唐突な出現に驚き期待が膨らみ、不満は少めだった1.8LSTI を手放すことにしました。最良のパフォーマンスを引き出すためにターボチャージャーのバルブ制御や点火進角位置の制御も組み込み、低回転域のトルク出力を引き出すように見直しが行われているそうです。その上で、CVTの制御でアクセルのダイレクト感を増すように調整されているようです。横Gを感じた時、一定の変速域をキープする制御も組み込まれたようです。レヴォーグの完成形を目指し可能な思いつきを実装するスバルのチャレンジと技術陣に親近感を感じ敬意を評しています。

      今回の2.4L STI R にはサンルーフと最初から前後のドロースティフナーをつけました。とりあえずは気持ちの良い立ち上がり加速と、感度の良いハンドリング、粘り腰のカーブを楽しめそうです。今からどんな走りでツーリングを楽しませてくれるのだろうと期待しています。

      今後のレヴォーグに望むこと(自分勝手に)
      安心の高機能、高い走行性能はこのままで、コンフォートモードを体現したエレガントな外形と、さらに(少し重さがましても外からの音への遮音性が徹底的に高い)静粛なバージョンができればうれしいです。それからショックアブソーバーはアダプティブのまま感度を1/2000秒まで高め道路表面の小石などのショックも吸収できたらいいです。走行安定性とか微振動対策のためにフェンダーにディンプルシボとか、アルミテープなんかもどんどん加えちゃってください。(自分でも対策します)

      (余談)
      トヨタウィンダム3.0G には13年乗りましたが、その次のハイブリッド2.4L SAI は1年でおさらばしました。所有期間は車によってばらばらです。今回のレヴォーグ2.4L STI Rはトルクと反応のダイレクトさが気に入り、長いお付き合いになるのではと思っています。 
       
      ーff-1 ss からスバルファン 元気な76才ですー
    • 半年間VN1.8Lを所有したのちの乗換。
      このたびの2.4Lの体験です。

      3月25日納車。首都高も含め走ってみました!以下、取り急ぎレビューします。

      □本領はS+ですよとディーラーにはいわれたが、ノーマル設定でも余裕があります。
      □0-100Km加速のデータは不明。ただし、体感的にはバケモノ!同じものを欧州車に求めたら倍近く高額になりそう。
      □エンジンサウンドがいい?
      □シフトのレスポンスが凄いイイです。
      □新色のサファイアブルーメタリックが美しいです。
      □1.8Lと外見上の区別ができません。
      左下の新たなメーター表示とエンジンの大きさが違います。
      □見た目の違い
      続きを読む はなくても、走らせればブラインドでもわかるほどです。
      □若干の車重増は何のビハインドにもなりません。サンルーフ含め+60Kgほど。
      □ガソリンはハイオクなので燃費は要検証。


      総じて、1.8Lでも十分すばらしいですが、2.4Lは新たな世界を見せてくれると思います。
      ちなみに前車は3000キロで手離したのですが買ったときの金額で売れました(*^-^*)
      (どうやって利益だすのか僕にもわかりませんと買い取ってくれた業者さんも言ってました(;^_^A)

    レヴォーグのクチコミ

    (61602件 / 3253スレッド)

    クチコミ募集中

    レヴォーグのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    レヴォーグ 2020年モデル

    レヴォーグ 2020年モデル

    レヴォーグ 2020年モデルのクチコミを書く
    レヴォーグ 2014年モデル

    レヴォーグ 2014年モデル

    レヴォーグ 2014年モデルのクチコミを書く
    レヴォーグ

    レヴォーグ

    レヴォーグのクチコミを書く

    閉じる

    レヴォーグのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    レヴォーグ 2020年モデル

    レヴォーグ 2020年モデル

    レヴォーグ 2020年モデルのクチコミを書く
    レヴォーグ 2014年モデル

    レヴォーグ 2014年モデル

    レヴォーグ 2014年モデルのクチコミを書く
    レヴォーグ

    レヴォーグ

    レヴォーグのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ27
      • 返信数7
      • 2022年5月27日 更新
      とうとう出ましたね。
      https://www.subaru.co.jp/recall/data/22-05-26.html

      3車種の中でレヴォーグが一番台数多い見たいですね。
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数2
      • 2022年5月27日 更新
      5月26日に再びアイサイトエラーが出dて、スターリンクに販売店に持ち込むようにメールが来ました!!!今回もエンジンのリスタートで消えましたが一応販売店に持ち込んだら、アイサイトのカメラとECUのプログラミングを書き換えたら、治るといわれ預けてきました。
      データー量がかなり多いので時間がかかるそうです。28日の夕方には完了するようです。2.4lのユーザーの方気を付けてください!
      続きを読む
      • ナイスクチコミ20
      • 返信数3
      • 2022年5月27日 更新
      「こんな時だからこそ、面白おかしく行こうぜ!バカネタ第二弾」投下です。
      又、これから検討される方に少しでも参考になればと思います。

      VNレヴォは静かで、良く動く足、段差越えてもミシっとも言わない、しなやかなボディ!
      いいクルマです(今1.8はEGRに不具合出てますがもう解決しそうな感じです)
      ただ、ジェントルすぎる。リッツ・カールトンのエントランスに横づけ出来なくと
      続きを読むもいいので、もう少しヤンチャにしたくマフラー交換しました(エンドピースのみ)

      王道なら「STI」なんでしょうが、なにぶん高い!サードパーティー製ならセンターパイプまで手が届きそうです。
      後、マフラーエンドはステンのポリッシュ仕上げでチタンブルーが無い。
      で、ガナドール(VRS-052BL)をチョイスしました。

      ガナドールのHPには、馬力が上がる、トルクが上がる、燃費が上がると良い事一杯ですが、んな〜事どうでもいいです。
      1に音、2に音、3、4が無くて5に見た目です(笑)

      結果、大満足です。
      久々のスバルサウンドと、スパイラルフィンが何か違うぞ感出してます(写真1)

      後、こんなチッコイ太鼓(写真2)でホンマに「ウールレス」なんか?と疑ってガナドールさんにお伺いしてみましたが、「ウールレスです!」ときっぱり仰っておられたので信じます(笑)

    レヴォーグの中古車

    レヴォーグの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    レヴォーグとよく比較される車種

    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止