スバル レヴォーグの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スバル レヴォーグの新型情報・試乗記・画像

レヴォーグの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

レヴォーグのモデル一覧

レヴォーグのレビュー・評価

(369件)

レヴォーグ 2014年モデルの満足度

4.44

(カテゴリ平均:4.31)

    レヴォーグ 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • レヴォーグ 2014年モデル スバルから新発売されたレヴォーグは、日本市場に向けて専用に開発されたステーションワゴンという触れ込みで登場してきた。といっても、スバルがたくさんの引き出しを持っているわけではなく、インプレッサをベースに作ったステーションワゴンにレヴォーグという名前を付け、新しいクルマとして発売した形である。

      レヴォーグはスバルとしてはかつてのレガシィツーリングワゴンの大ヒットよもう一度、という意気込みで開発したクルマだけに、新型車として相当に力が入れられた。搭載エンジンのうち1.6Lの直噴ターボ仕様はスバルとして初のものだし、人気の安全装備であるアイサイトは新しい制御を取り入れて安全性を高めたバージョン
      続きを読む 3という最新仕様が搭載されている。

      そんなレヴォーグには、スバルがミュゼオ御殿場をベースに開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードは1.6GT-Sアイサイトと2.0GT-Sアイサイトの2台だ。この日は箱根のワインディングを中心に走らせた。

      外観デザインは古典的ともいえるくらいにステーションワゴンらしいものに仕上げられた。あまりにも当たり前ワゴンでありすぎて、どうにも新鮮な印象に欠けるのが物足りない。ターボのインタークーラーに空気を取り入れるために設けられたボンネットフード上のエアインテークは、いかにも古さを感じさせるデザインの典型ともいえるものだ。

      インテリアに関してはインプレッサと共通である。レヴォーグは走行モードを切り替えるSIドライブが設定されて、その操作ボタンがステアリングに設けられたことがわずかな相違点だが、これもXVハイブリッドではすでに採用されている。

      ラゲッジスペースはたっぷりした容量があり、分割可倒式のリヤシートによって自在な使い方ができるほか、そのリヤシートの背もたれは後方に設けられたスイッチによって簡単に倒せるなど、使い勝手を高めている。

      走りはけっこう良い。というか十分に良かった。特に良かったのは新開発の1.6Lエンジンである。1.6Lの直噴ターボ仕様エンジンは世界の多くのメーカーが採用しているが、125kW/250N・mの動力性能はほかのメーカーのエンジンに負けていない。

      また1.6Lエンジンには、直噴ターボ仕様として世界初のレギュラーガソリン仕様とされたり、アイドリングストップ機構が装着されるなどして、燃料経済性を高める技術がいろいろと盛り込まれている。

      ハンドリング性能もとても良かった。レヴォーグでは1.6L車と2.0L車で異なる4WDシステム(どちらもフルタイム4WDだが)を採用していて、どちらかというと1.6L車のシステムのほうがアンダーステア傾向が出やすいのだが、実際に走らせて見ると想像する以上に回頭性に優れていた。

      これはトルクベクタリングという機能が全車に標準で備えられ、コーナーでは内側のフロントタイヤに軽くブレーキをかけ、外側のタイヤの駆動力を高めるようにしていることが貢献している。

      2.0Lエンジンはすでにレガシィなどに搭載されているのと同じエンジンだ。レヴォーグ用は微妙にチューニングが異なるが、221kW/400N・mという動力性能は圧倒的なもので、豪快な加速フィールが味わえる。ただ、トルクの立ち上がりなどに洗練された感じが薄く、優れた動力性能であるとはいえ、ちょっと過剰な印象である。

      トランスミッションはリニアトロニックのCVTで、1.6L用と2.0L用ではトルク容量の違いで異なる仕様が搭載されている。金属チェーン式のリニアトロニックは騒音が出やすい面があるが、レヴォーグの静粛性は相当に高いレベルにあった。さまざまな形で騒音対策が施されたことで、静かなクルージングが可能なクルマとしている。

      試乗車が両方ともビュシュタイン製のショックアブソーバーを採用したGT-Sだったので、標準車の乗り味が分からないのだが、試乗したGT-Sについていえば乗り心地、操縦安定性ともとても良かった。

      レヴォーグは全体として良くまとまったクルマであり、新エンジンを搭載し、定評あるスバルのシンメトリカルAWDや最新のアイサイトを採用するなど、さまざまな魅力を持つクルマだが、何か足りないように思う。

      多くのユーザーがミニバンを志向するのが今の時代だが、そんな時代にユーザーがもう一度ステーションワゴンを振り返ってみたくなるような、そんな魅力に欠けているように思うのだ。もっと強烈なインパクトが欲しいところである。

      価格も高めの印象だ。試乗した1.6GT-Sアイサイトは本革シート付きで320万円弱、2.0GT-Sアイサイトはほとんどオプションなしで360万円弱の車両価格だった。レヴォーグは発売前に大量の予約注文を集めていたが、この価格帯では安定した売れ行きを長く続けるのは難しいのではないか。

      参考になった 58人
      2014年8月17日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 2
    • レンタカーで300キロほど乗ったよ。

      1.6ターボはパワフル。ハンドリングもスポーティで楽しい。「ホットなステーションワゴン」っていう、欧州プレミアム以外ほぼ絶滅してるカテゴリーに属する希少な日本車。さすがスバル。

      乗心地は明確に硬い。音振良くないだけど、まあ、このクルマ欲しがる人は運転すること自体が好きなのだろうからあんまし気にならないのかな。

      個人的には、硬派なエクステリアと飛行機のコクピットみたいなインテリア(←もしかして飛行機作ってた富士重工のDNA?)もイイなと思った。
    • 10年ほど前にRB1オデッセイアブソルートに乗っていたのを都心住まいになり売却して以来のマイカーです。
      4歳と1歳の息子がいて4人家族なので普通ならミニバンですが、あまり魅力的な車種がなくレヴォーグ・ハリアー・エクストレイルあたりを試乗して一番「自分の車」としてしっくり来たレヴォーグに決めました。前車RB1はこよなく愛していたので、無意識のうちにRB1と雰囲気の近いものを選んだような気もします。

      【エクステリア】
      シャープで少しやんちゃ感があり、品があるとは言えませんが正直好きです。車幅と車高のバランスが悪い感じもありますがそんなところも個性的で好きです。
      ヘキサゴングリルが主張し
      続きを読む 過ぎなので純正メッシュグリルに変えようかな、くらいです。

      【インテリア】
      そもそも内装に何を求めるかですが、内装だけ切り取って比較するとハリアーなんかには圧倒的に負けてます。ただ自分はハリアーに「車感」を感じなかった。車に住むのなら間違いなくハリアーですが、走る車としてはある程度武骨な感じがあるほうが好みです。そのへんのバランスという意味でレヴォーグの内装に不足はありません。
      ただ、ブルースティッチは個人的には好みではありません。もう少し落ち着いた感じの選択肢が欲しかった。

      【エンジン性能】
      試乗前は2.0かな?と思っていましたが、試乗車が1.6しか無く仕方なく1.6に乗ったところ200馬力あったRB1アブソルートより全然速くて、2.0の必要性を全く感じませんでした。無駄にスピード出したくなって事故率が上がるだけだなと。
      ただ皆さん言うように発進時のデロデロ感は感じました。そこで踏み込むとグォーン!と行ってしまうのでアクセルワークの工夫が必要。慣れればなんてことありませんが。

      【走行性能】
      家族を乗せてるんでそんな限界走行みたいなことはしていませんが、操作性はすごく良いです。思い通りに操れます。不満な点が見当たりません。
      あとアイサイトのクルーズコントロールは優秀すぎてビックリしました。「追従?信用ならねえな…」程度の認識でしたが、RB1の速度固定クルコンとは全くの別物です。疲労感が違う。高速乗ったら即クルコンです。

      【乗り心地】
      これもあくまでも前車との比較ですが、特段硬さは感じません。ハリアーと横並びで比較したらもちろん負けますが、そもそもそういう車ではないので気になりません。
      エンジン音もかなり抑えられています。アイドリングストップしてるんだかしてないんだかわからなくなるくらいです。ただロードノイズはそれなりにあります。これがもうちょい抑えられたら最高なんですが。

      【燃費】
      まだあまり走っていませんが、街中ではあまり伸びませんね。ダウンサイジングと言いながらプリウス等のエコカーにはものすごい水をあけられてしまっているのは寂しい気もします。まあ仕方ないんですけど。

      【価格】
      10年前にRB1アブソルートを買った時は車両価格が280万くらいで乗り出し310万。似たような車格のレヴォーグで310万が乗り出し360万。最初400万超の見積りを見た時は「あれ?」となりました。
      点検パックみたいなものは昔無かったし、アイサイトのアドバンスドパッケージみたいなのも付けちゃったしまあ仕方が無いんですが、車って高くなりましたね。安全性能も格段に上がっていることを考え合わせれば納得、という感じです。

      【まとめ】
      総合的には本当に満足しています。自分が思うところの車らしい車です。ドライビングプレジャーという奴でしょうか。家族を乗せて、どこまでも走って行きたくなる。
      無資格検査だのリコールだの残業代未払いだのと騒がれていますが、車からはトヨタや日産とは異なるこだわりを持った車作りをしてきたことが感じられます。日本人はイメージ先行で欧州車に走りがちですが、北米では売れているというのも頷けます。自動車メーカーとしては小さな会社ですが、間違ってもミニトヨタになるようなことなく、うまく生き残って良い車をつくりつづけて欲しいです。
    • この車も、約1年前にレンタカーで乗りました。その時のレポートになります。
      辛口になっていますので、そこはご了承願います。

      今回は以前借りたことのあるインプレッサとの比較も含めて書かせて貰いました。

      (エクステリア)
      正直、オーソドックスではないでしょうか。とんでもなく変でも無ければ、尖ったデザインでないですね。

      (インテリア)
      レンタカーなので、ベースグレードだったと思います。
      スバルの印象として、価格の割にはインテリアはあまり良いとは思えない印象です。
      ガッカリだなぁと思ってしまったのは、下のクラスのインプレッサとさほどインテリアの質感が変わらない、という印象を持
      続きを読む ってしまったところです。
      車格が上なのですから、それなりに差別化があっても良いのでないかと。

      (走行性能、乗り心地)
      これが一番ビックリしました。はっきり言って、これで購入の候補からは外れました。
      これも、下のクラスのインプレッサの方が評価としては上です。
      はっきり言って、ムダに「硬い」という印象。乗り心地の感じ方はあくまで人それぞれなので、あくまで自分の見解ですが、レガシィツーリングワゴンGTのイメージを残したからなのか分かりませんが、ごく普通の道での突き上げのヒドさに閉口しました。

      走行性能は、ターボ付きと言ってもあまりターボの恩恵が感じられない印象でした。もともと速さを追求するターボで無いので、昔ながらのドッカンターボは期待していなかったものの、出だしの遅さは「なんだかなぁ」と思ってしまいました。

      (燃費)
      大分・熊本2泊3日の旅行で走って、約"12キロ。AWDなので、まあ普通なのでは。昔と比べたらかなり良くなっていますね。でも、もう少し頑張って欲しいかな。

      (総括)
      車両価格が量販グレードで多分280万円台だと思いますが、価格そのものは妥当の範疇かもしれませんが、あの乗り心地でこの金額を出して乗ろうとは思えませんでした。
      スバルと言えば「アイサイト」ですが、これはインプレッサで経験しており、良く出来ていると思います。流石は運転支援システムの先駆けだけあると思いました。

      でも、個人的にはレヴォーグよりもインプレッサの方が良かったです。

      車って、家に次ぐ高い買い物だと思うので、欲しい車があるなら、高いお金払ってもレンタカーで最低1泊2日乗り回すことを強くオススメします。
      ディーラーの周りを試乗するだけでは、絶対に分からない情報が多すぎると思います。

      レヴォーグはBG型レガシィに乗っていた自分からすると、かなり残念でなりません。
      次期型が新プラットフォームに変わるので、そこに期待しています。

    レヴォーグのクチコミ

    (52601件 / 2800スレッド)

    クチコミ募集中

    レヴォーグのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    レヴォーグ 2014年モデル

    レヴォーグ 2014年モデル

    レヴォーグ 2014年モデルのクチコミを書く
    レヴォーグ

    レヴォーグ

    レヴォーグのクチコミを書く

    閉じる

    レヴォーグのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    レヴォーグ 2014年モデル

    レヴォーグ 2014年モデル

    レヴォーグ 2014年モデルのクチコミを書く
    レヴォーグ

    レヴォーグ

    レヴォーグのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ5
      • 返信数10
      • 2019年3月22日 更新
      現在、社外ホイール購入検討中です。(所有車はVM4-Stiスポーツ)

      鍛造は予算オーバーなので、RAYSのGRAM LIGHTS 57Transcendの18インチにしようかと思案中です。

      無難なサイズは7.5J-インセット50だと思いますが、8J-インセット45も外見重視という観点では魅力的
      に感じます。

      ただ、8J-インセット45だとノーマルと比較すると
      続きを読む約16ミリ外に出ることになり、車検に通るのか、走りの
      バランスはどう悪い方向に行くのか良くわかりません。

      みんカラ等で調べましたが、フェンダーからはみ出ることはなく大丈夫という意見とか駄目ではないか
      という意見があります。スバルディーラーに確認すると車検はおそらく大丈夫ではないか、ただし、
      轍にハンドルを取られやすくなるという回答でした。

      実際に18インチ 8J-インセット45のホイールを装着されておられる方のご意見をお聞かせ下さい。

      ちなみに、当方、サスは純正のままです。

      よろしくお願い申し上げます。

      • ナイスクチコミ23
      • 返信数16
      • 2019年3月22日 更新
      レヴォーグの購入を考えていますが、カタログを見たりディラーに聞いたりしましたがどのオプションがいいのか迷ってわからなくなってきました。
      実際に購入してこれは便利だと思うオプションが有れば教えてください。
      • ナイスクチコミ5
      • 返信数4
      • 2019年3月21日 更新
      エンドレス、MX72を取り付け考えてます。
      ブレーキタッチはどんな感じ?また、注意すべき点はどんなことですか?

    レヴォーグの中古車

    レヴォーグの中古車相場表を見る

    レヴォーグとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止