トヨタ プロボックス バン 商用車の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ プロボックス バン 商用車の新型情報・試乗記・画像

プロボックス バン 商用車の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

プロボックス バン 商用車のモデル一覧

プロボックス バン 商用車のレビュー・評価

(9件)

プロボックス バン 商用車 2002年モデルの満足度

3.92

(カテゴリ平均:4.31)

    プロボックス バン 商用車 2002年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 試乗車はおろか、レビュー記事もない中、カタログと勘だけを頼りにハイブリッドFを新車購入。納車まで1ヶ月掛からなかったのは奇跡。オーダーから生産まで僅か15日だった。

      MOPはTSSレス、寒冷地仕様、リアフォグ、シートヒーター。
      DOPはハロゲンフォグランプ、カーペットマット、バイザー、マッドフラップ。ナンバーフレームは注文忘れで別に買った。
      ナビ・ETC・ドラレコといった電装類は自分で買って自分で取付け。

      【エクステリア】
      街に溶け込むステルス性の高さが最高に良い。他のプロサクと見た目で差別化を図るなんて”お子様”みたいな事はしない。

      【インテリア】
      素っ気ないくらい
      続きを読む シンプル。オートエアコンのボタン配列が少しイマイチと思う(低くて遠い)ほかは満足。フルファブリックのFを買ったので、日常使いにも不満なし。
      最も気に入っているのがメーターの液晶。ガソリン車は白背景・黒文字の液晶で、夜運転していると眩しく感じる上に見づらい。しかしハイブリッドは青背景・白文字なので、長時間運転していても気にならず疲れない。ここが直っていなかったら買わなかったと言い切れるくらい、良いカイゼンだと思う。

      【エンジン性能】
      25年式の初期型アクアより燃費が良いとは思うが、ごくありふれた1NZ-FXE。ボンネットを開けて聞くと、インジェクターノイズ・エンジンノイズはそこそこある。

      【走行性能】
      ECOモードだと明確にトロい(アクセルが重いのが分かる)が、普通に走る分には普通。ガソリン車のCVTはフル加速するとステップ変速するのが分かるが、THSの加速感には慣れが必要。

      【乗り心地】
      ガソリン車とアカラサマに違うのはここ。バネ上制震制御で極端に揺れない。カタログ100万円台のクルマでこの乗り心地は驚異的と言える。バンというカテゴリから見れば異質なほどの乗り心地の良さ。コストに厳しい2Lクラスミニバンよりよっぽどいい。特に舗装の継ぎ目が連続するような路面の悪い場所ではテキメンに効く。
      またガソリン車とも共通だが、155/80R14というプロサク専用タイヤの銘柄による違いはかなり大きい。新車装着はFグレードがTOYO、GLがダンロップ、DX系がハンコック。乗り味も比例する。
      ヒョーロンカの先生方は「うるさいクルマ」だと書いていたが、普通の人が乗れば十分静かと感じるはず。ただ、ここにもタイヤの違いが出る。ガソリン車にはないフードインシュレーターが追加されているので静音性にはそれなりに気を遣って作っているのが分かる。

      【燃費】
      スタッドレスタイヤを使用中。
      アクアは寒冷地で使うと燃費が極端に下がった(冬場に20を超えることが稀)が、コレ20を切る事が稀。なかなかエンジンが掛からず、可能な限りモーターで引っ張ろうとする傾向にある。タイヤが細いのも効いていると思う。そこはアクアの夏タイヤを履いて実験してみる予定。

      【価格】
      他の値引きを見るに、ディーラーにツテが無いと安くならないクルマかも知れない。
      自分の仕様で200切り(現金一括)。もう一声と粘っても良かったけど、想定していた価格とキッカリ一致したので納得して買った。ハイブリッド仕様よりもガソリン仕様の方が値引き幅があるとのこと。普通の人が普通に買うクルマじゃないし、ナビやETCが付いてないので参考にならないので敢えて詳しくは書かない。
      Fグレード、TSSアリ、寒冷地仕様、リアフォグなし、MOPバックカメラ、マット、バイザー、フロントフォグ、ナンバーフレーム、エントリーナビ、ETC付き・・・のほぼフルオプションで「乗り出し210」と予測。
      30年度内登録なので取得税・重量税免税(初回継続検査の重量税も免税)。2年度目の自動車税は半額。

      【総評】
      軽バンからスーパーカーまで色々乗ってきたが、普段のアシとして、クルマという機械としてこの上ないデキの良さ。
      例えるなら、「マキタの電動工具のうち、最も小さい10.8Vスライドバッテリーシリーズ」のような感じ。18V仕様の電動工具は文字通りのプロ仕様で、これがいわゆるハイエース(14.4V仕様は最近影の薄いタウンエース?)だと思う。

      4ナンバーだから自家用車に向かないというのは全くの偏見で、税金安い、保険安い、燃費もいい。実際使って初めて満足できる。
      クルマ本来の機能を高い次元で実現しているので、自家用車で長距離を走る人は変な見栄を捨ててみんなコレにすればいい。
      新車に付いてくるTOYO J11が不思議と良いタイヤ(トーヨーでいいと思ったタイヤは初めて)。

      但し、プロボックスは「1.3GL」が最もコスパが良い(ハイブリッドは同グレードで40万円高)。ガソリン代で差額40万円を取り返すのは恐らく不可能。しかしリースで導入する人は「1.3GLとの差額次第」だろう。1.3にFグレードがあればそっちにしたと思う。
      しがらみがあってカローラ店から買えない人は、積極的にサクシードハイブリッドを買うべき。ただ、サクシードは2店併売の上にプロボックスより生産台数の割当が少ないそうで、同等グレードのプロボックスより納期が掛かるとのこと。
    • 今日のレビューはニッポンのザ・仕事車プロボックスさんです。

      このクルマについては色んなジャーナリストさんたちから「コスパ最強」という都市伝説を聞いていた。まあ彼らはうさんくさ…じゃなくて、しがらみ…じゃなくて、業界事情とかが色々あるから正直あんまり信じてなかったワタシ。
      そんな一般ピーポーのワタシがプロボックスを数日間レンタカーして乗ってみた結果が、この星の数だよ。ほーらねアイツらやっぱウソついてた…ではなく、満点五つ星?!ごご、ごめんなさい、ほんとその通りだった!というお話

      安いとか云々じゃなくてまず、乗ってて気持ち良さがあるのがスゴイ。
      一番いいのが、ギア比のせいなのか抜群
      続きを読む のアクセルレスポンス。ほんとにCVTなのか疑うレベル。よそのスポーツCVTとやらですらこんなに気持ちよく踏めないのになあ…。
      で、ブレーキは、ブレーキペダルのセンサーが踏力をセンシングするや否やビークルのイナーシャエネルギーがモーターを通じてエレクトリックエネルギーにコンバートされてバッテリーへアキュミュレーション!…なーんて余計な制御なんにも無いから、ただ踏んだらその分だけ効く。そんだけ。タッチが自然でコレがすんごいコントローラブル。
      そんでステアリングも、切れば切るだけ曲がる。ロールが少なく安心感もある。
      乗り心地はね、硬い。けど、ボヨンボヨンしないから全然オッケー。都内の渋滞含めて500キロ走ったあと、大して疲れてないことに気づいて愕然としたワタシ。

      昨今のクルマの技術進化って何だったのか?
      電動化技術?ステアバイワイヤ?
      何ーーーにもついてない素のプロボックスが堅牢なだけでなく抜群に運転しやすいって何のジョークよ。。

      リアシートもフラットになるから車中泊だって出来ちゃうプロボックス、新車で130万円也。
      浮いた購入資金で日本一周旅、行っちゃう?
      コイツは本来、人の目を憚らない趣味人こそ選ぶべき、
      究極の遊びクルマだ。
    • 社用車の更新で最新の一つ前のモデルになりました。最新型だとハイブリッドもあるんですね。
      【エクステリア】見た目には大差がないです。

      【インテリア】ドリンクホルダーが使い易くなったのとスマホホルダーや小物入れが増えたのが地味に便利ですね。前のプロボックスは装備を色々ケチられていた事もあるのですが
      積載性は流石です。

      【エンジン性能】【走行性能】前のモデルは距離が増えていた事もあるのですが随分滑らかに回る様になったなと思います。
      上り坂で少々パワーが足りないかなと思うぐらいで商用車としては充分です。

      【乗り心地】これも前の車はサスがへたっていたので比較としては微妙なのですが
      続きを読む こちらもあまり突き上げが無くなって良い感じですね。
      車体回りもしっかりした様に思います。

      【燃費】先日高速メインで800km程走ってリッター18kmでした。(積載70kg程)

      【価格】利便性を考えればいいのではないでしょうか。

      【総評】今回のプロボックスには追突防止装置や車線逸脱防止装置など現代の車な装備が幾つか増えていました。
      下道では余計に鳴りがちでやや鬱陶しい車線逸脱防止装置も高速でついボーッとしそうな時に有用ですね。
      社用車に多くを期待しても仕方ないかなと思っていましたが随分快適になったものだと感心しました。

    プロボックス バン 商用車のクチコミ

    (10件 / 2スレッド)

    クチコミ募集中

    プロボックス バン 商用車のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    プロボックス バン 商用車 2002年モデル

    プロボックス バン 商用車 2002年モデル

    プロボックス バン 商用車 2002年モデルのクチコミを書く
    プロボックス バン 商用車

    プロボックス バン 商用車

    プロボックス バン 商用車のクチコミを書く

    閉じる

    プロボックス バン 商用車のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    プロボックス バン 商用車 2002年モデル

    プロボックス バン 商用車 2002年モデル

    プロボックス バン 商用車 2002年モデルのクチコミを書く
    プロボックス バン 商用車

    プロボックス バン 商用車

    プロボックス バン 商用車のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ4
      • 返信数3
      • 2018年11月21日 更新
      仕事で古いプロボックスに乗ってるんですが、小回りが効かないと思うことが多々あります。
      最近の新しいのは問題ないと思うのですが、今から10年程前に製造されていたカローラフィールダーも同じように小回りの効きが悪く感じた事もありました。
      乗ってる方、どうでしょうか?
      • ナイスクチコミ23
      • 返信数5
      • 2014年11月22日 更新
      顔とお尻が、全く合ってない。

      トヨタのこの系統のデザイン採用は、なんなの?
      わざわざビジネスクラスに適用しないといけなかったの?

      スッキリとしたリクルートスーツのような、質実剛健な作業着のようなデザインだったからこそ良かったのに。
      なんだか真面目な外観でシモネタ言う、変なスーツ着てカッコいいと思ってる 勘違いチョイ悪オッサン上司みたい^^;           
      続きを読む                          

      サクシード&プロボックスは、スクエアさが良かったのに!
      なら全部やらなきゃ、後ろはそのままじゃダメでしょ。

    プロボックス バン 商用車の中古車

    プロボックス バン 商用車の中古車相場表を見る

    プロボックス バン 商用車とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止