ホンダ グレイス ハイブリッド 2014年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ホンダ グレイス ハイブリッド 2014年モデルの新型情報・試乗記・画像

グレイス ハイブリッド 2014年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
HYBRID DX2017年7月7日/マイナーチェンジ

201万円

63〜124万円   FF 5人 34.8km/L 1,496cc 1,160kg 137ps
HYBRID DX2015年9月18日/マイナーチェンジ

195万円

63〜124万円   FF 5人 34.4km/L 1,496cc 1,170kg 137ps
HYBRID DX2014年12月1日/ニューモデル

195万円

63〜124万円   FF 5人 34.4km/L 1,496cc 1,170kg 110ps
HYBRID DX 4WD2017年7月7日/マイナーチェンジ

223万円

73〜205万円   4WD 5人 29.6km/L 1,496cc 1,230kg 137ps
HYBRID DX 4WD2015年9月18日/マイナーチェンジ

214万円

73〜205万円   4WD 5人 29.4km/L 1,496cc 1,240kg 137ps
HYBRID DX 4WD2014年12月1日/ニューモデル

214万円

73〜205万円   4WD 5人 29.4km/L 1,496cc 1,240kg 110ps
HYBRID EX2015年9月18日/マイナーチェンジ

222万円

57〜194万円   FF 5人 31.4km/L 1,496cc 1,200kg 137ps
HYBRID EX2014年12月1日/ニューモデル

221万円

57〜194万円   FF 5人 31.4km/L 1,496cc 1,200kg 110ps
HYBRID EX 4WD2015年9月18日/マイナーチェンジ

238万円

98〜149万円   4WD 5人 29.4km/L 1,496cc 1,270kg 137ps
HYBRID EX 4WD2014年12月1日/ニューモデル

240万円

98〜149万円   4WD 5人 29.4km/L 1,496cc 1,270kg 110ps
HYBRID EX Honda SENSING2017年7月7日/マイナーチェンジ

239万円

119〜198万円   FF 5人 32.4km/L 1,496cc 1,190kg 137ps
HYBRID EX Honda SENSING 4WD2017年7月7日/マイナーチェンジ

261万円

199.0万円   4WD 5人 26.6km/L 1,496cc 1,260kg 137ps
HYBRID EX Honda SENSING BLACK STYLE2018年12月14日/特別仕様車

242万円

123〜168万円   FF 5人 32.4km/L 1,496cc 1,190kg 137ps
HYBRID EX Honda SENSING BLACK STYLE 4WD2018年12月14日/特別仕様車

264万円

-

  4WD 5人 26.6km/L 1,496cc 1,260kg 137ps
HYBRID EX スタイルエディション2016年9月2日/特別仕様車

226万円

119〜149万円   FF 5人 31.4km/L 1,496cc 1,200kg 137ps
HYBRID EX スタイルエディション 4WD2016年9月2日/特別仕様車

242万円

-

  4WD 5人 29.4km/L 1,496cc 1,270kg 137ps
HYBRID LX2015年9月18日/マイナーチェンジ

205万円

57〜149万円   FF 5人 34.4km/L 1,496cc 1,180kg 137ps
HYBRID LX2014年12月1日/ニューモデル

204万円

57〜149万円   FF 5人 34.4km/L 1,496cc 1,180kg 110ps
HYBRID LX 4WD2015年9月18日/マイナーチェンジ

226万円

88〜150万円   4WD 5人 29.4km/L 1,496cc 1,250kg 137ps
HYBRID LX 4WD2014年12月1日/ニューモデル

229万円

88〜150万円   4WD 5人 29.4km/L 1,496cc 1,250kg 110ps
HYBRID LX Honda SENSING2017年7月7日/マイナーチェンジ

227万円

114〜179万円   FF 5人 34.8km/L 1,496cc 1,170kg 137ps
HYBRID LX Honda SENSING 4WD2017年7月7日/マイナーチェンジ

249万円

129〜209万円   4WD 5人 29.6km/L 1,496cc 1,240kg 137ps
HYBRID LX Honda SENSING BLACK STYLE2018年12月14日/特別仕様車

233万円

-

  FF 5人 34.8km/L 1,496cc 1,170kg 137ps
HYBRID LX Honda SENSING BLACK STYLE 4WD2018年12月14日/特別仕様車

255万円

-

  4WD 5人 29.6km/L 1,496cc 1,240kg 137ps
HYBRID LX スタイルエディション2016年9月2日/特別仕様車

209万円

129.8万円   FF 5人 34.4km/L 1,496cc 1,180kg 137ps
HYBRID LX スタイルエディション 4WD2016年9月2日/特別仕様車

231万円

-

  4WD 5人 29.4km/L 1,496cc 1,250kg 137ps

グレイス ハイブリッド 2014年モデルのレビュー・評価

(80件)

グレイス ハイブリッド 2014年モデルの満足度

4.61

(カテゴリ平均:4.29)

    グレイス ハイブリッド 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • グレイスハイブリッド4WD
      北海道でレンタル 4日1200km走行

      【エクステリア】
      個人的な感想になりますが、前から見るとかっこいいが、車高が高いのか後ろから見るとマヌケな感じに見えます。車高がもう少し低いととてもかっこいいと思います。

      【インテリア】
      5ナンバーセダンですが室内はとても広いです。特に後部座席はとても広く、身長175cmでも頭上や足元に余裕がありました。大人4人が快適に乗れると思います。
      内装も安っぽくは感じない作りでした。価格以上の上質感があると思いました。

      【エンジン性能】
      十分な性能です。街中、山道、高速全てでパワー不足を感じることはありま
      続きを読む せんでした。
      スポーツモードにして踏み込むとかなり速いです。

      【走行性能】
      詳しい事は分かりませんが、不満は無かったです。
      高速走行時でも安定していました。

      【乗り心地】
      ロードノイズやエンジン音はそれなりに聞こえます。
      たまにDCTの変速がギクシャクします。

      高級車に乗ったことがないので悪いとは感じなかったです。


      【燃費】
      4WDのスタッドレスタイヤで高速7割(北海道の高速なので超高速)、田舎道2割、街中1割の合計1200km走行で20.6km/Lでした。
      (メーター表示は22.6)

      4WDでスタッドレスでハイブリッドの燃費が落ちる高速が多い中でこの燃費はとても良いと思います。

      燃料タンクは40Lあるので1度給油すると800km以上走れます。

      【価格】
      レンタカーの為評価なし。

      【総評】
      ハイブリッドですが、無段変速ではなくDCTなのでアクセル操作とエンジン、車にダイレクト感があり運転していて楽しかったです。

      トヨタのハイブリッドによく乗ります。燃費はトヨタの方がよいですが、ホンダのDCTのハイブリッドはスポーティで燃費もそれなりによく運転していて楽しいですね。

      低グレードのレンタカーでも115km/hくらいまで設定できるクルコン(追従型では無い)が付いていて高速は楽に走行出来ました。
    • 前期モデルのハイブリッドEX(2WD)を2015年12月〜2019年7月まで所有しておりました。
      約4万km走行で手放しましたので当時のことを思い出しながらレビューします。

      【エクステリア】
       異論はあると思うんですが、斜め前方から見ると非常にスタイリッシュに見えるけど、真後ろから見ると、縦横幅の比率があまり良くなくずんぐりとした見栄えです。ちょっと腰高ですね。ちょっと前のBMWっぽいリアコンビランプはなかなか微妙な気持ちさせてくれます。

      【インテリア】
       合皮とファブリックのコンビシートはこの車のキャラに合ってまして上質感を演出してます。ホールド性はイマイチ。シフトレバーが
      続きを読む ちょっと遠い。できればシャトルかヴェゼルのコンソールを流用してほしかった。EPKBにしてカップホルダーを使いやすい位置にしてくれたらなあ。
      トランクはさすがの大容量で、ほとんどの人は不満が無いと思います。

      【エンジン性能】
       1.5Lの省燃費版のエンジンですが、モーターとの組み合わせで出だしからパワフル。このi-DCDのユニットはハイブリッドというカテゴリですが、個人的にはDCTを効率よく使い切るためのユニットと考えてました。つまりDCTのネガであるスタート時のギクシャクを無くすためにモーターのみでスタートしてその後、半クラ状態なしでエンジンをつなぐ。また、省燃費エンジンのトルクの細さをモーターで補うなど、補助的ながらDCTとモーターの組み合わせは画期的だったと思います。問題はホンダなら自社開発出来るであろうこのシステムをシェフラーから買ったことで多くの不具合を出した(グレイス発売時にはほぼ解消してましたが)こと。このシステムの一般評価が大幅に低下してしまいました。このユニットを使った本格的なホットハッチがあったら乗ってみたいと思ってましたがもう無理ですね。

      【走行性能】
       同じ時期のフィットに乗ってないので比較できませんが、2代目フィットからの乗り換えだったので比較すると、旋回時のロール挙動が穏やかで、外側の後輪に荷重を乗せつつピタッと安定して旋回してくれます。フィットの時は重心が多少高いのもありますが、ロールの挙動が早くでぐらつく印象でしたが、グレイスはそのキャラクター同様、穏やかな挙動で安定感がありました。重心が低く、ボディ剛性が比較的高く、ホイールベース延長の効果が出てるのはないかと思います。フィットシリーズとは別の乗り味と思って結構だと思います。

      【乗り心地】
       乗り心地はタイヤでガラっと変わるようですね。自分は新車購入からタイヤ交換しなかったので、純正のダンロップのままでした。これはロードノイズが大きく、タイヤ自体も硬いので最高の乗り心地という感じではなかったですね。LE MANS Vの評価が高いようなので、中古車両購入してタイヤ交換すると幸せになれそうです。

      【燃費】
       東京近郊在住で比較的渋滞路がある状況で20km/Lくらいは出てた気がします。高速道路を制限速度内で走れば、満タンで1000km近く走れますので長距離ドライブが非常に楽です。

      【価格】
       EXを選ぶと、ほぼオプションで付ける必要がなくなるというか、至れり尽くせりなので、ナビ以外での出費がほぼ無いことを考えるとリーズナブルな価格設定だと思います。

      【その他】
       i-DCDシステムのネガについて1件。「夏」「渋滞」この2つが重なるとちょっと怖いことが起こります(解消方法は当然あります)。
       ハイブリッド車はエアコンのコンプレッサーを強電バッテリーからの電力でモーターを回してます。そのバッテリーへの充電はハイブリッドモーターをエンジンか車軸からの回生で回して発電します。しかし、渋滞時のごく低速でのノロノロ運転だとモーターを走行用に使用するので発電するタイミングが無くなります。結果、強電バッテリーの電欠となり、「至急、停止してPレンジに入れてください」というアラートが出ます。自分は2回出ました。
       システムを理解していれば状況は理解できますが、最初出たときは何かのトラブルかと思いました。
       解消方法としては、渋滞時停止したら、動き出すまでPレンジに入れておく。こうすることでPレンジに入ってる間はエンジンで発電して強電バッテリーの電欠が防げます。ブレーキ踏んで止まってるだけではモーターがスタンバイ状態になるのでダメです。あとは、エアコンを切るですね。暑いけど走行不能になるよりはマシです。

      【総評】
       無難なスタイリングと優れた走行性能で隠れた名車と言って過言ではないでしょう。
       ただバブル崩壊後の日本には合わなかっただけ。所有した人の満足度は高いクルマであることは間違いないと思います。
    • マイチェン後の走行1万キロ弱の試乗車 EXをディーラーで購入しました。

      [エクステリア]
      フロントグリル ビームライトなど総額5万円以上のオプションが最初からついていたので言うことなし。
      エアロをつけなくてもカッコいいです。
      フロントグリルを変えるだけで印象が変わります。

      [インテリア]
      第一印象はこのクラスとしては高級感がある方ですが可もなく不可もなくといったところ。
      皆さんが言うように収納は少ないです。
      子育て世代としてはやや不満。
      ホンダらしいこれ便利というアイデアは皆無です。
      恐らくターゲットが子育て世代ではないので仕方ないですが。
      せめてサイドブレーキを
      続きを読む フットにして大型のアームレストやゴミ箱等を置けるスペースが欲しかった。
      このクラスで後席にエアコン吹き出し口があるのは好印象。

      [エンジン・走行性能]
      街中を走る分には必要十分、高速の合流や坂道なども踏み込めばスーっと加速して行きガソリン2リッター並みのパワーがあります。
      ハンドリングがとても良くカーブでは多少オーバースピードでカーブに入ってもすっと曲がってくれます。
      上りのワイディングは少々レスポンスが悪いのでSモードにすれば高回転までエンジンを回してキビキビと走れて楽しいです。
      あくまでもエンジンが主体でモーターは補助という感じで踏み込んだ時のエンジン音と加速はエンジンのホンダと言われていた時代の事を思い出します。
      さすがにフィットでリコールしまくったシステムだけあって熟成されています。

      [燃費]
      とても良いです。
      エアコンを使わない時期だと何も考えずに運転しても20km/Lは出ます。
      高速だと25km/L以上、悪くても15km/Lはいけます。
      燃費が良い車なので何も考えずに楽しく乗ったほうが良いです!

      [乗り心地]
      静粛性がかなり高いです。
      遮音性の高いフロントガラスもついてるので高速も後席と難なく会話でき音楽も音量を変えずに普通に聞こえます。
      特筆すべきは後席の広さと座った瞬間良い!って思えるシートです。
      膝下は300万以上するセダンと同様の広さがあり長距離も快適です。

      [悪い点]
      収納が少ない。
      使えないアームレスト。
      リアワイパーが無い。
      エンジン音や風切り音が低く抑えられてる為かロードノイズがやや気になる。
      ホンダ純正ナビがイマイチで前車の8万で買った楽ナビのほうがよっぽど使えます。
      ACCがまだまだ改良の余地があり割り込みや前の車が車線変更したときなど急制動になります。(これ無しでは高速に乗れませんが)
      夜間ドリンクホルダー上のライトが暗くて見えません、最初あまりにも暗すぎてライトがあることにさえ気づきませんでした。

      [総評]
      最上級グレードのEXはホンダセンシング、シートヒーター、8スピーカーなど他にも装備がてんこ盛りです。
      ホンダセンシングや他にも色々細かく設定出来るのも良いです。
      ディーラー中古車でも悲しいかな不人気車の為、低走行が200万以下で探せCP最高です。
      コンパクトなのに中は広く駐車も楽々、フリードやヴェゼルも考えましたが燃費を気にせず楽しく走れる事を優先しました。
      長い付き合いになりそうです。

      長文失礼しました。

    グレイス ハイブリッド 2014年モデルのクチコミ

    (1468件 / 100スレッド)
      • ナイスクチコミ56
      • 返信数23
      • 2020年4月2日 更新
      旧型LXに乗っていましたが、今回GRACE HV EX Honda Sensingに乗り換えて1ヶ月経ちましたので旧型との比較をしたいと思います。

      まずエクステリアですが、すべてにおいて新型が勝っていると思います。
      あのシャープな印象のヘッドライトがいいですね。
      私自身も外観に惚れて今回乗り換えました。
      オプションのビームライトもデザインがかなりかっよくなっています
      続きを読む

      インテリアは旧型よりも約10ヶ所ほど上質な装備になっています。
      特にルームランプはかなり上質な印象を受けました。
      ちなみに最近発売したクラリティと同じルームランプでした。

      そして1ヶ月運転してみてですが、
      EV関係で何点か違いを感じました。
      まず回生ブレーキが旧型と比べて強くなりました。
      ペダルを踏まずに減速した場合、
      旧型はChargeが2メモリに対し、新型は3メモリでさらに効率よくエネルギーを回収できるようになったと感じました。

      次に、信号停止状態から加速する時に、
      EV状態からエンジンを始動させるペダルの踏み込みの強さの違いを感じました。
      旧型よりも少しの踏み込み具合でエンジンが始動してしまいます。
      また、大通りから小道に曲がって低速で走行する場合に旧型ではそのままEV走行だけで走れたのが、新型は減速して曲がって少しアクセルペダルを踏むだけでエンジンが始動してしまいます。
      さらに、登り坂がしばらく続き平坦な道になった時、EV走行しようとしてもなぜか停止しない限りしばらくはEVに切り替わりません。

      細かい部分かもしれませんが、燃費に敏感な私にとってこれらは旧型の方がEV走行がしやすいと思いました。

      ですが、それ以外はホンダセンシングやオートハイビーム、アクセサリーランプ機能などいいところだらけです。

      燃費も相変わらず燃費モンスターです笑
      東京-宮城間を約700kmほど下道で走行しましたが、カタログ燃費越えてくるとは思いませんでした。
      普段の通勤や娯楽で使ってても燃費30kmは越えてきますのでガソリン代浮くのが実感できます。

      この価格でこの装備や機能はお得すぎるくらいだと感じさせてくれる車でした。
      • ナイスクチコミ11
      • 返信数4
      • 2020年3月3日 更新
      初期型のEXに乗っておりますが、先月車検をお願いして、代車にシャトルの初期型をお借りしました
      その代車で、パドルシフトでのシフトアップ時のギアチェンジスピードが、自分の乗っているグレースの初期型のEXと比べて
      少し早いことに気が付きました
      シフトダウン時はほぼ同じと感じましたが、シフトアップ時に少し差があるように感じました

      これくらいのシフトアップ時の変速スピードが
      続きを読むあれば、初期型のグレースEXのドライブがもっと快適でより楽しくなると感じたのですが
      このことについて詳しい方がおられましたら、どうかご指導していただけたらたいへんうれしいのですが、調整方法はないでしょうか?
      よろしくお願いいたします。

      グレースEXは,サイドから見た形がとても好きで末永く乗ろうとおもっております。
      • ナイスクチコミ33
      • 返信数12
      • 2019年9月14日 更新
      制御プログラムのバグで低速からの停止後に発進できないことがあると事です。
      プログラム書き換えに1時間15分かかると書かれています。

      我が家ではグレイスHV以外にもFit3HVも対象で2台をディラーに持っていく必要がある憂鬱です。
      2台とも定期点検時でいいかも....

    グレイス ハイブリッドの中古車

    グレイス ハイブリッドの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    グレイス ハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止