マツダ CX-3の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

マツダ CX-3の新型情報・試乗記・画像

CX-3の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

CX-3のモデル一覧

CX-3のレビュー・評価

(270件)

CX-3 2015年モデルの満足度

4.31

(カテゴリ平均:4.31)

    CX-3 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • CX-3 2015年モデル 20S L Package 「この選択肢は十分あるな」。これがマツダCX-3に新たに搭載されたガソリンエンジン車に乗った印象です。

      CX-3は2015年2月に発表した新世代商品群の第5弾となるコンパクトSUVです。プラットフォームこそデミオと共通化を行っていますが「次の時代のスタンダートを創造する」という開発陣の当時掲げた志からもわかるようにコンパクトでも内外装のデザインや質感、さらに装備面でのクオリティなどもデミオとは異なる価値観も提供してきました。

      今回試乗したガソリン車は2017年6月に追加したモデルです。なかなか試乗する機会が無くレビューも遅くなりましたが、その分市街地から高速までかなりじっくり試乗す
      続きを読む ることができました。試乗車はガソリンモデルの最上位となる「20S Lパッケージ(2WD,6AT)」です。

      発売当初はデミオ(後にアクセラにも)に搭載された1.5L4気筒のスカイアクティブD、つまりクリーンディーゼルのみを搭載したCX-3。当時としては大胆な割り切りかと思いましたが、このクルマの商品性や価値を高めるためにもこの考え自体は有り!と感じていました。

      ただ時間が経つ中、実際にセールスマンと話をすると「クルマは凄い良い。特にデザインで興味を持ってもらえる。ただそこでネックになるのはやや高めの価格設定です」という声でした。

      先に言ってしまえば今回試乗した同グレード比較でも27万円の価格差が発生します。個人的には「この差額を何万km走れば元が取れる」という考えにはあまり同調しません。なぜなら価格が高い分、得られる走りの質なども異なってくるからです。

      それでも今回のガソリンモデルの投入はユーザーの拡大にも十分効果がありますし、それほど遠距離を走らないけど、このデザインやサイズ感は魅力と思っている層にもミートします。実際、CX-3のユーザーには女性が多く、発売開始当初から比較すると女性ユーザーは約2倍に増えていることからも導入タイミングとしては良かったと考えます。

      搭載するエンジンは2L4気筒の直噴で使用燃料もレギュラー仕様とおサイフにも優しいです。スペック自体は109kW(148ps)、192N・m(19.6kg-m)と特筆する部分は少ないですが、新しく表示が義務化された燃費モードである「WLTCモード」にもいち早く対応しています。

      走り始めて感じたのは何よりもその軽快感です。そもそも車両重量はディーゼル車より30kg、前後重量を見てもフロント側は軽くなります。アクセルに対するピックアップの良さ、コーナリング時のスムーズさなどもディーゼルとはひと味異なるテイストに仕上げてあります。現在のマツダ車のほとんどに搭載されているGVC(G-ベクタリングコントロール)のおかげもあるのでしょう。高速道路などでのレーンチェンジ時などの挙動の収まりの良さなどはガソリン車でも同様です。

      ディーゼルほどではありませんが、実用的なスペックを有しているガソリンエンジンなので高回転まで回して楽しむというよりは中回転域までを使って軽快に走るのが似合っています。パドルシフトも活用すればよりアクティブな走りも楽しめるでしょう。

      個人的には少し乗り心地、特に不整地を走った時の突き上げは固いかな、という印象を受けました。タイヤの影響もあると思いますが、この部分はハンドリングとのトレードオフの部分もあるので後述する次回改良時にはさらに進化を期待したいところです。

      気になる燃費ですが、今回600kmをWLTCモードに合うように「市街地」「郊外路」「高速道路」とその都度満タン給油→リセットして走ってみましたが、概ねカタログ値に近い結果でした。全行程でオートエアコンを25℃前後で設定、特にエコ走行は意識しないで市街地が12.6km/L、郊外路が15.2km/L、高速道路は19.6km/L、トータルでは13.8km/Lという結果でした。郊外路に関しては山道も含めて走ったこともありカタログ数値より落ちてしまっていますが、傾斜の少ない道路であれば燃費は向上するはずです。

      前述したようにガソリンエンジンの投入で大きく魅力が向上したCX-3ですが、先進安全装備を含めた装備と価格のバランスの良さでは「20S プロアクティブ」がオススメです。FF車の6ATで228万4200円ですが、これにはレーダークルーズコントロール(マツダではMRCC)とスマートブレーキサポートが付いていません。これをメーカーオプション(5万4000円)で付けることをオススメします。また試乗車にもオプションで搭載されていたBOSEのサウンドシステム(6万4800円)もぜひ装着をオススメします。正直標準装備のシステムがやや物足りない部分もありますが、この価格でこれだけのシステムを組み上げるのは難しいと思えるほどコスパが高いです。元々静粛性の高いCX-3ですから車内でいい音は楽しみたいというのは誰もが共通した気持ちでしょう。

      最後に魅力が増したCX-3ですが「常にその時に最良の商品を送り出す」という開発陣の言葉が気になっています。これまでのクルマのモデルチェンジサイクルとは異なるタイミングでアップデートを行ってきたマツダ車ですからそう遠くないタイミングで何かが起こりそうな予感もしています。実際の購入はその時まで待つ、というのも十分有りだと思います。
      参考になった 36人
      2018年4月30日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 3
      燃費 4
      価格 4
    • 他社からの乗り換えです。
      他検討はヴェゼル、ハリアー、XV、スイスポで
      一通り試乗しました。
      価格差はありましたが、今時はどれもそれなり
      以上に出来が良く選定に悩みました。
      結果、本車を選んだわけですが自分にとっての
      決め手はデザインとパワートレーンでした。
      納車から5000km走行した現在までで
      特段の不満はありません。(ないわけではない…)

      【エクステリア】
      うーむ、素晴らしい。
      フロントは美しく、リアは可愛らしい。
      街中で対向の同車種とすれ違ってニッコリ。
      降車して振り返ってニッコリです。
      個人的にはcx系で一番好きなスタイルですね。

      【インテリア】
      続きを読む
      内装シート、インパネ等の質感は
      これといって高級感があるものではありません。
      が、決して安っぽくなく、長く普段使いしても
      ダサくは感じない小綺麗なデザインだと思います。
      センタクラスタの操作系も、慣れれば手元を見ずに
      ソラで操作できる配置であり使いやすいです。
      不満はダッシュボード奥やフロント内窓が
      掃除しにくいことでしょうか。
      また自分の使い方ではドリンクの収納は
      どうしても足元ドアポケットになりますね。
      中央ポケットだとひじ掛けの上げ下げに
      絡むことが多いのであまり使いたくないです。
      静粛性については価格帯からすると並みだと
      感じますが、タイヤノイズがやや大きいかと。
      気になる人は18を諦めて16インチにしましょう。
      乗り心地も良くなりますし。


      【エンジン性能】
      ディーゼルだけに普段からパワフルさを感じさせてくれます。特に登坂車線においてそれが顕著です。
      踏めば踏むだけ応えて、なおかつ余力も感じさせてくれます。
      応答速度や回転数、音からするとスポーティーではありませんが、そういう車ではありませんし
      国内での運用ならば十二分な性能でしょう。
      ただ発進時や急加速時に電子制御感ありありな
      挙動を感じてしまうことも。
      人によってはスロコンが欲しくなるかもしれません。

      【走行性能】
      市街、結構な傾斜の山道といったシーンでの、
      加速、曲がる、止まる、で不満を感じることは
      ありませんでした。
      不満ではありませんがブレーキに若干癖が
      あるかなとは思っています。
      はっきりと効かせるには結構踏力が必要です。
      もうちょっとリニアに効いてもいいと思う。
      ですがi-mdのブレーキ評価の仕方を見る限り、
      ドライバに減速後半で緩やかなGを一定時間
      感じられるブレーキをさせたいようなので、
      メーカの意図するところなのでしょう。


      【乗り心地】
      一般舗装路を走る限り悪くはありませんが、
      やはり路面状態に大きく依るでしょう。
      例えば幹線道路で大型貨物が常時走行して
      路面が荒れているようなところだと、
      露骨にピッチがきます。
      揺れや傾きをある程度のラインまでは
      押さえ込んでくれるけど、そこを越えると、
      もういいやフィードバックさせちゃえみたいな感じですね。
      個人的には、酔わない程度に路面状況を伝えてくれればイイよという考えなので、これでOKです。
      GVCは自分の体感では効きが分かりませんでした。


      【燃費】
      市街地通勤用途のみの測定にて、平均16.4km/L。
      片道14kmを45分という過酷なストップ&ゴーでの値です。
      なお谷を越え山を越えの往復200kmの田舎道だと
      22.4km/Lです。
      高速はまだ乗り入れていないので不明。

      【価格】
      FWDでエントリークラスの価格帯で見た場合、
      安全装備や年次改良の頻度、内容を勘案すると
      妥当というかお安いです。
      が、下にはデミオ、上には5と8といった色々と
      優秀な仲間がいますのでコスパ比較されると苦しいですね。
      私も車庫証明に引っ掛からなければ
      5にしていたかもしれません。

      【総評】
      エクステリアが好き、
      馬力はそこそこでいいからトルクが欲しい、
      4人乗ることはほぼないので後席は考慮しない、
      ラゲッジにはキャリーケースが2つ入れば十分、
      そんな自分にぴったりなので満足しています。

      cx-3は2018モデルでおそらくモデル末期でしょう。
      装備的にこの車両価格で必要なものは
      ほぼ揃い終えたとも言えるのではないでしょうか。
      また次期モデルが出るにしても
      このエクステリア感でこのサイズはもうないかも。
      頻繁な改良に対して買い時を戸惑っている方は
      一歩踏み込んでみては如何でしょうか?

      (追記)
      操安性、MGコートについて追記。

      【操安性】
      どうにも轍耐性が低めに思えます。
      ワンダリングが月毎に何度かありました。
      昔の車がレーンチェンジで食らっていたレベルの
      怖いやつではありませんが、車体とハンドルを
      取られることがあるのはやはり不快です。
      (コンパクト〜ミドルで大径低扁平ならば当然と言えば当然ではありますが)
      50扁平ならまあ大丈夫と甘く見たのが不味かった…
      元々のホイールデザインは好きですし、
      プロクセスR52のグリップ(登り急カーブも攻めていける)も悪くないと思いますが、
      インチダウン検討を始めました。
      可能であれば試乗の際に16、18インチ両方で
      乗り味等を確認されるほうがよいでしょう。

      【MGコーティング】
      初マツダ車だったためディーラーとの付き合い初め
      も含めて納車オプション施工してもらいました。
      さてこのMGコーティングですが、専門業者の
      施工する一般的なガラスコーティングと
      機能的にも質的にも大差ありません。

      耐キズ → 当然飛び石キズレベルには無力
      防汚 → 花粉鳥糞には早い処置が必要は変わりなし
      撥水維持 → 市販剤よりは持つがメンテ必須
      ウォータースポット → 耐性は無施工と変わらず

      隔週で付属のメンテ剤をちゃんと使うなら
      初回車検までキレイキレイでいけそうですが、
      それなら施工せずとも、隔週でプレクサスなり
      バリアスなりブリスなりで代替できます。
      普段からまめに洗車や市販剤コートをする方には
      特に必要はないオプションかと思います。

      4月時点で半年点検を通過しました。
      内装の軋みや駆動系の鳴きもなく、
      乗り心地もこなれてきて安心しています。
      まずは初回車検まで大事に乗りたいと思います。
    • 【エクステリア】カッコいいの一言です。柔らかな曲線美がこの車の最大の特徴です。
      色はホワイトパールマイカにしました。ボディのホワイト、ウインドウのブラック、テールランプのレッドの三色が最高。
      この車のデザインを最大に引き出すのは、ホワイトカラーだと私は思いました。


      【インテリア】室内の黒と銀色メッキのコラボレーションは、一言でシックです。
      それに、シートやダッシュボードのスエード調生地に手縫いのシルバー色の縁取り糸が高級感を引き出します。
      以前乗っていたベンツの室内が高級重厚なら、このCX3は高級モダンです。
      ただ、運転席のメーターのデザインは?です。中央の回転計と左右の距
      続きを読む 離計・燃料計を鳥が羽ばたいているように銀メッキ板で囲って有ります。
      これがダサいし、掃除がしにくいです。


      【エンジン性能】私のは、2000ccガソリン車です。トルクが低め(greeco channelでは全世界の車4466台中CX3の低トルクランキングは342番目でした。)に設定されているせいか?低回転から粘りが有ります。
      私はエンジン音を聴くのが大好き!
      ハイブリッド車には、全く魅力を感じません。


      【走行性能・乗心地】タイヤが18インチ、幅広の215ミリの設定だからでしょうか?悪路では、硬めの突き上げが有ります。でも、普通の舗装道路では全く問題ないレベルです。
      マツダのシートは硬めの設定です。だから余計に突き上げ感はありますが、これが腰への負担感を軽減しています。
      ソフトなシートは最初は気持ちいいですが、疲れが溜まって私には向きません。


      【総合評価】見てワクワク。乗って更にワクワク倍増の車です。
      車の評価は性別、年齢、地域、用途などなどで変わるのでしょうか?
      でも、車好きの人の評価は、その車に対するワクワク感の強弱だと思います。

      なお、私のブログにもCX3の記事を載せています。

      CX3などの試乗記事は下記。

      https://blog.goo.ne.jp/rabi714/e/1f8ca3c6927aeff5c7fdb1addbd1539f

      CX3の我が家への到着記事は下記。

      https://blog.goo.ne.jp/rabi714/e/f02026c06ca6e7b08559c7a24b335c6b
    • 【エクステリア】
      赤に一目惚れ。
      斜め前と真横の後席辺りのビューはサイコー!
      【インテリア】
      インパネは一眼で安っぽいが、スポーツチックで自分は好み。
      しかしやはり狭さが・・・。
      前席のシート幅が狭く腿がサポートに当たり、痺れがくる。また後席も言うに及ばず狭すぎ。家族全員175以上なのに何で買ってしまったのか、後悔。
      家族からも大ブーイング。
      【エンジン性能】
      このクラスで2Lは充分ですがやはりディーゼルターボの方が魅力的か。

      【乗り心地】
      最悪でした。
      購入前は戦闘機のタイトなコクピットで操縦する姿を想像してワクワクしていましたが、室内の狭さと相まって突き上げの醜
      続きを読む さで運転していて脚の痺れと頭痛で1時間も持ちません。

      【燃費】
      街乗り14.高速17くらいと満足でした
      【価格】
      やはり高い。乗り出して230マンくらいかな。自分はデザイン料としてお支払いしました
      【総評】
      デザインに一目惚れだったので大抵のことは我慢出来る筈だったのですが・・・。
      運転大好きで遠回りしたい派なのですが、この車は早く目的地に着かないかなという気持ちにさせます。5台乗り継いで初めてです。
      赤色だったこともありキズにも気を使う毎日で半年で疲れ切り売却しました。
      次は中古のシルバーで室内広い実用性重視の車にします。

    CX-3のクチコミ

    (14589件 / 876スレッド)

    クチコミ募集中

    CX-3のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    CX-3 2015年モデル

    CX-3 2015年モデル

    CX-3 2015年モデルのクチコミを書く
    CX-3

    CX-3

    CX-3のクチコミを書く

    閉じる

    CX-3のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    CX-3 2015年モデル

    CX-3 2015年モデル

    CX-3 2015年モデルのクチコミを書く
    CX-3

    CX-3

    CX-3のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ2
      • 返信数1
      • 2019年4月20日 更新
      今年の2月にCX-3のディーゼルが納車されてセルスターのレーダ探知機(AR-252GA)をOBD-2ケーブルで繋いでいるのですが燃費の計測ができません。
      どなたかご存知ないでしょうか。
      • ナイスクチコミ53
      • 返信数9
      • 2019年4月20日 更新
      もう長いこと新規投稿もなく、こうなるとこの車はもう世間的に終わってる感が漂ってる気がしてしまい、大変複雑な気分です。




      • ナイスクチコミ9
      • 返信数2
      • 2019年4月19日 更新
      年末の車検時にダムドリアプロテクターを装着しましたが、両面テープが弱いのか4ヶ月で左側がやや剥がれ来ました!

    CX-3の中古車

    CX-3の中古車相場表を見る

    CX-3とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止