ホンダ ジェイド ハイブリッド 2015年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ジェイド ハイブリッド 2015年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
RS Honda SENSING2018年5月18日/マイナーチェンジ289万円 223〜275万円   FF 5人 24.2km/L 1,496cc 1,450kg 152ps
X Honda SENSING2018年5月18日/マイナーチェンジ308万円 202.0万円   FF 6人 24.2km/L 1,496cc 1,510kg 152ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
HYBRID2015年2月13日/ニューモデル

272万円

104〜192万円   FF 6人 25.0km/L 1,496cc 1,510kg 152ps
HYBRID X2015年2月13日/ニューモデル

292万円

123〜229万円   FF 6人 24.2km/L 1,496cc 1,530kg 152ps

ジェイド ハイブリッド 2015年モデルのレビュー・評価

(59件)

ジェイド ハイブリッド 2015年モデルの満足度

4.54

(カテゴリ平均:4.31)

    ジェイド ハイブリッド 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ジェイド ハイブリッド 2015年モデル RS Honda SENSING 2018年5月に大型マイナーチェンジを行ったホンダ・ジェイド、その中でもキーモデル(鍵となるグレード)である「ハイブリッドRS・ホンダセンシング」に改めて試乗しました。

      元々ジェイド自体は中国市場に投入されたモデルでしたが、日本市場におけるホンダの車種ラインナップ変更の影響を鑑みて国内販売に踏み切った経緯もあります。

      ヒンジドアを持つ旧型オデッセイと5ナンバーで7人乗りモデルとして大ヒットしたストリーム、この2車種のマーケットを補完する意味もありましたが、特にストリームが受け持っていた領域も縮小傾向にあり、トヨタ・ウィッシュやスライドドアではありますが、マツダ・プレマシーも現在は生
      続きを読む 産終了している現実も記憶に新しい部分です。

      とはいえ、2列目シートを大きく後方へスライドできる「Vスライドキャプテンシート」など「ホンダらしいな」と思わせる発想は確かに面白かったのですが、いかんせん3列目の居住性はストリームにも遠く及ばない。言い換えれば子供しか座れないエマージェンシーシートでしたので実質は4人乗車になってしまいます。

      さらに言えばストリームが当時新車で200万円台から購入できたのに対し、発売当初のジェイドはハイブリッドのみ、2015年5月にはステップワゴンなどにも搭載され走りの良さが評価されている1.5Lターボエンジン搭載車「ジェイドRS」を追加しましたが、それでも253万円と車両価格の高さがネック。確かに立体駐車場に入庫できる多人数乗用車には一定のニーズがありますが、コンセプト自体は良くても日本市場にはミートしなかったのが現実。発売当初の月間の販売計画台数は3000台でしたが、正直厳しく、このマイナーチェンジでは500台/月と大きく数字を修正しました。

      ではジェイド自体の実力はどうなのか?と言えば、実は接地性なども含め、ハンドリングは前述したシャトルなどに比べるとクセが少なく、コントロールしやすい特性も持っています。特にターボ車が投入された際にはS660などにも搭載されている「アジャイルハンドリングアシスト」なども手伝って車両の動きもスムーズでした。

      これらの良い部分はさらに活かし、グレードの追加などニーズに応えるように変更したのが今回のジェイドというわけです。

      一番のポイントは2列シート5人仕様の追加設定です。要はこれにより後席の居住性は大きく高まっています。3列シート仕様も2列目を一番後ろまで下げれば足元にはゆとりがあったわけですが、5名仕様はシートの作り自体、言い換えれば座面部分のしっかりとした厚みや格納式のセンターアームレスト&カップホルダーなども装備されています。

      一方、荷室の広さは十分ではありますが、とにかく積載量では圧倒的と言われるシャトルに比べると約130Lも狭く、さらに後席を倒した状態もシャトルがほぼフラットになるのに対しジェイドはシートの背もたれにもコストをかけていることもあり段差があり、使い勝手ではシャトルには敵いません。

      しかし静粛性や路面からのショックなどの少なさはジェイドが上位モデルあることの証明、4人で荷物を積んででかける際には後席乗員も快適な空間を提供してくれます。

      また前述したように従来はターボ車のみであった“RS”グレードをハイブリッドに設定したことでファミリーカーとしても使えるけど、走りの部分も楽しみたい、という層にもアピールできるラインナップになっています。

      実際、試乗車は足回りだけでなくハイブリッド制御にも専用セッティングを施すことで発進加速時の1テンポ遅れるようなフィーリングは改善されています。乗り心地としてはテスト車の走行距離も少なかったこともあり、路面からの突き上げはやや強め、微振動も少し感じましたが、そもそもマイナーチェンジ前にはハイブリッドのRSグレードは無かったのでこれが一番進化を感じ取れるグレードと言えるでしょう。

      ただ先進安全装備である「ホンダセンシング」も改良されてはいますが、基本設計は少し古いこともあり、EPB(電動パーキングブレーキ)や昨今では軽自動車(最近では新型N-WGN)にも搭載される「全車速対応追従型」のACCまでは搭載されていません。

      ミニバン的なマルチユースを狙ったモデルから軸足をワゴンに移した選択(3列6名乗りもラインナップには残っています)は正しかったと思いますし、同カテゴリーのライバル車として浮上した同じ先進安全装備を搭載したスポーツワゴンとしてはSUBARU・レヴォーグと比較するとやや価格は抑えられている点からも一定のニーズはあると考えます。
      参考になった 7人
      2019年7月31日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 3
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 3
    • 「このクルマよさそうだけど何で売れないの??」と、以前からほんの少し気になっており、所有している「シャトル ハイブリッド」の洗車待ち時間に、ディーラーで試乗させていただきました。以前は2人までの乗車で走りのいいクルマばかりを好んでいましたが、家族が増えてからは居住性や積載性も重視するようになり、そこで行き着いたのが、走りとパッケージングの両立が得意なホンダ車でした。シャトルは目に優しい価格と実用性の高さに感動しましたが、「ジェイド」はそこに走りの凄みを加えたようなクルマだと思います。

      【エクステリア】
      存在感のあるフロントフェイスのローワイドなボディに、大径タイヤをまとっており、いかに
      続きを読む もスポーツカーといった雰囲気です。MC後の5人乗りモデルをパッと見た感じ、実用的なワゴンという印象はありませんでした。カタログを見て初めて、1775×4660×1540mmと、国産メーカーのワゴンとしては堂々としたボディサイズであることがわかったくらいです。また、カタログや写真で見るより実物はかなりスタイリッシュで精悍なデザインに見えました。

      【インテリア】
      広さもデザインも秀逸だと思います。天井高が十分にあり、インパネが前方から緩やかに傾斜してくる形状がレーシーでおしゃれだと思いました。ノーズがそれなりに長い割に、前方の視界を妨げるものがなくて見切りがよく、開放感もありました。また、シートのフィット感も上質で、このクルマの売りである後席は広々としていて、荷室の広さも十分。スポーツハッチがいいけど後席や荷室の狭さがネックでファミリー用としての購入がためらわれるような私には、「待ってました」と膝を打ちたくなるようなパッケージングです。

      【エンジン性能】
      スムーズで機敏です。最近話題のクルマと比べると、カローラスポーツより出だしも中間加速も格上といった感じで、7速DCTはゴルフの7速DSG並みに滑らかで、加速はレヴォーグの1.6Lターボに引けを取らないリニア感です。1.5Lターボエンジンと7速DCT、ハイブリッドシステムの組み合わせが絶妙で、高効率で中・高速域に強いi-DCDの持ち味がよく発揮されていると思いました。

      【走行性能】
      走り出した瞬間に、思わず「これはいいクルマだな」と唸ってしましました。加速、ハンドリング、ブレーキングの全てが滑らかで軽快です。低重心で接地感が高く、質感もかなりのものです。カロスポの走りもマイルドでいいと思いましたが、ジェイドの走りはそのひとクラスもふたクラスも上をいくものがありました。300万円台で買える大衆向けスポーツカーではトップクラスの仕上がりなのではないでしょうか。

      【乗り心地】
      硬すぎず柔らかすぎず、快適な乗り心地です。扁平率45%の18インチタイヤを装着しているわりには段差の衝撃が少なく、ロードノイズもかなり抑え込まれています。ボディのサイズと重量バランス、剛性感、ダブルウィッシュボーンのサスのマッチングが絶妙なのではないかと思います。これもカロスポの一枚も二枚も上を行っている感じで、「なんでこんないいクルマが売れないんだろう??」と不思議につくづく不思議に思えました。

      【燃費】
      市街地での短時間の試乗のため無評価とさせていただきます。ただし、シャトルでもそうですが、i-DCDは動力の伝達効率が非常に高いハイブリッドシステムで乗り方によってはカタログ燃費も超えるほどなので、幹線道路や高速道路主体なら17-20km/Lくらいの燃費は期待できるのではないでしょうか。シフトアップがかなり早く、時速50kmまでに7速に入るようなので、高速道路ではEV走行を意識しなくてもかなりの低燃費で走れると思います。シャトルの場合、幹線道路や高速道路を7速で巡航すると、25-30km/Lくらいの平均燃費が出ますので、ジェイドなら20km/L近くまで出るのではないでしょうか。

      【価格】
      走りも居住性も上等で“掘り出し物”と思えるようなクルマなので、乗ってみればこの価格設定にも納得できると思います。競合車種と比べても、レヴォーグより安く、秋に発売されるカローラツーリングと同等なので、妥当だと思います。ただし、縮小したツーリングワゴン市場で、レヴォーグという強力な個性を持つクルマが先行していた状況で、そのブランドイメージを上回るようなコストパフォーマンスを打ち出せなかったためか、どうしても高く見えるようです。特に、登場時点で「オデッセイ」と「ストリーム」のいいとこ取りをしたというような、中途半端でわかりにくいPRをしたことも、その後のブランドの定着につながらず、「そんなポッと出のクルマに300万も出せない」というように、ある意味敬遠され気味なのではないかと思われます。

      【総評】
      このクルマもまた“隠れた名車”と言えそうです。デザイン、走り、居住性の三拍子揃っていますが、マーケティングの中途半端さや知名度の低さから地味な存在となっています。しかし実際に乗ってみると、価格以上の価値があることが実感でき、競合車種と比べても総合的に一枚上手と感じました。走り好きでアウトドアが趣味の人のツーリングワゴンとしても、走り好きなお父さんがいるファミリー向けとしてもうってつけで、もっと売れていい気がします。
    • 【エクステリア】いわゆるスマートな印象で、見た目には案外小ぶりで、けれどスポーティな感じもあります。HONDA車らしいと思います。

      【インテリア】自分好みです。機能的に洗練されていて、嫌味な感じもありません。高級感もあります。

      【エンジン性能】購入時に、ハイブリッドではないCVTエンジン車と迷いました。試乗時に、やはりこちらが静かだったので、こちらを選びました。このJADEのCVTエンジン車は「名車」だというレビューもあったので、それに気持ちも惹かれたのですが、結局はハイブリッド車にしました。わたしはカーマニアでも走り屋でもないので、この選択で良かったと思いました。

      【走行性
      続きを読む 能】とても良いと思います。わたしは、おもに通勤利用で、毎日、高速道路を往復100km以上走っています。追い越し時などは、ハンドル操作の反応も良いですし、加速も良いです。パワーもあるので、軽く130kmぐらいまで加速して、追い越しできます。(自分としてはスピードが出過ぎてしまうので、しばしば反省しながら運転しています)

      【乗り心地】快適です。振動もあまり感じないし、走行時も静かだと思います。長距離運転をしても疲れにくいというレビューがあったので、その点もこの車を選択した主たる理由なのですが、実際に乗ってみて、長距離運転でも疲れにくいと思っています。

      【燃費】高速走行時に、エアコンを使わなければ、リッター20kmぐらいになります。一般道でのいわゆる街乗りでは、リッター17kmぐらいでしょうか。高速走行と一般道走行の差が大きくないのは、ハイブリッド車ゆえでしょうか。

      【価格】もう少し安いと、なお良いです。しかしながら、車両の品質から言えば、納得できる価格ではあります。

      【総評】たいへん満足しています。自分の乗り方は、おおむね通勤の使用で、たまにレジャーで家族や友人を乗せます。3列目のシートは狭いので、イレギュラーな使用と割り切っています。4人までがゆったり乗車できて、荷物もたっぷり積めます。そういう使い方をしていて、とにかくドライバーである自分が楽に快適に運転をできるのが何よりです。
    • 都市発想の、機械式駐車場に収まる 3 列シート車。
      コンセプト通りでよくできた車だと思うのですが、「ストリームの後継」 として待っていた方々には不評となっている様ですね。
      (主に、価格と 2 列目のキャプテン シート?)

      我が家の場合、普段は最大でも 4 人乗車までで、3 列目を使う事は年に 1 回あるかどうか、という状況です。
      その為、JADE の通常乗車定員は 4 人 (但し、最大乗車定員が 6 人の、4 + 2) として捉えています。
      イメージとしては、賛否あるかと思いますが 3 列目のシートは 『バスの補助席』 程度と考え、通常は荷室にしてステーション ワゴンの様に使
      続きを読む っています。

      ちなみに、以前の車から買い換える際に挙げていた次の車の条件は、以下の 4 点でした。

       1. 機械式駐車場に収まるサイズ (H=155p、W=180cm 以下)
       2. 二列目のシートがリクライニングできる
       3. 多くの荷物が積める
       4. 燃費がイイ

      この内、特に 1 + 2 の条件をクリアする車は非常に少なかったです。
      駐車場のサイズは変わらないのに、新しく発売される車はサイズがどんどん大きくなっていくんですよね(苦笑)。

      また、以前の車 (5 ナンバーの 4 ドア セダン) のトランクと同程度以上の荷室容量も確保したいと考えていました。
      以前の車では、中型のスーツケース 2 つがピッタリとトランクに収まっていた為、そのスーツケースを各ディーラーに持ち込み、実際に積み込む事ができるか、様々な車で確認させてもらいました。

      LEVORG も良かったけど、燃費がもう少し欲しかった。
      MINI Crossover や CX-3 などのディーゼル勢は、(ディーゼルだからという訳ではありませんが) 荷室が狭かった。
      ATENZA WAGON は、幅が広くて駐車場に入らなかった。
      COROLLA FIELDER や WINGROAD は、個人的に商用車のイメージが強く却下。

      と言う事で、JADE はこれらの条件をすべてクリアする唯一の車となり、無事に我が家にやってきました。


      ◆エクステリア
      少しおとなしい様な印象もありますが、逆に言えば 「飽きないデザイン」 でコレもアリかなと。
      T 社のイカツイ感じは、個人的には好みではありませんので。

      ◆インテリア
      デザインは良いと思います。
      また、エアコンの操作部がタッチ パネルではなく、従来のスイッチ式が採用されているのも好印象です。
      (タッチ パネルの場合、必ず目視しないと操作ができませんので)
      但し、センター コンソールに収納がほぼ無いのと、バイザーにチケット ホルダーすら付いていない事から、収納面での評価は下がります。

      ◆エンジン性能
      1.5L エンジン + モーターの組み合わせですが、モーターのみで発進した後、エンジンがかかった時の切り替えも滑らかで、ショック等を感じる事はありません。
      また、モーターのアシストによって、リニアで気持ちの良い加速感が得られていると思います。

      ◆走行性能
      コーナーを安定して曲がる事が出来ますし、気持ちよく走れています。
      また、常にエコモードで走っていますが、高速の追い越し等でも不満を感じた事はありません。

      ◆乗り心地
      2 列目でも広々と乗車できる他、シートをリクライニングさせる事も可能です。
      その為、長距離移動の際に子供が寝てしまっても、首がとんでもない角度に曲がってしまう事が無く安心です。

      ◆燃費
      以前の車に比べて倍近くの燃費性能となっており、満足しています。

      ◆価格
      最近は、軽を含めどの車も価格が高くなっている印象がありますが、やはりチョット高いかなと思います。
      ※購入したタイミングの問題もありますが、発売直後で値引きが無かったので尚更...


      意外に良かったのは、リアゲートです。
      3 列目に人が座った状態でリアゲートを開けると、頭が見える状態になります。
      (雨に濡れたりする事はありませんが)
      発表当初、ネット上でそういった写真を見て驚かれた方もいらっしゃるかと思います。
      しかし、あの位置にヒンジがある事によって、後ろの壁との距離が近い駐車場でも、リアゲートの開け閉めに苦労する事がほぼありません。
      その為、荷室としての使い勝手は高いと思います。


      納車後 3 年半を経過しましたが、これからも長く乗り続けていきたい車です。


      尚、自動車番組のレビュー動画がありましたので、参考までにリンクを残しておきます。

      tvk クルマでいこう! 2015/4/19放送
       #367 ホンダ ジェイド
       https://youtu.be/zFaCp8K0890

      tvk クルマでいこう! 2018/8/12 放送
      #540 ホンダ ジェイド (MC 後)
      https://youtu.be/7F3PpZBI23A

    ジェイド ハイブリッド 2015年モデルのクチコミ

    (849件 / 82スレッド)
      • ナイスクチコミ19
      • 返信数5
      • 2019年8月5日 更新
      リコール対象??とのことで、アップデートをしてきました☆
      所要時間は1時間ほどでしたが、代車としてCR-Vに試乗させて頂きました。
      (CR-V試乗の感想はCR-Vのところへ投稿します)
      営業さんの言う通り、アップデート後は発進時や低速時のギクシャクもなくなり、非常に滑らかになった気がします。
      まだの方は早めにアップデートされてはいかがでしょうか?
      • ナイスクチコミ129
      • 返信数21
      • 2019年5月28日 更新
      2015年モデルで、基本アップデートは全てやってある車両なのですが、LKASを起動させても、直進でも右寄りを走ることがあります。
      ドアミラーから見た感じ、右1:左4ぐらいです。右側はタイア2本分。
      危険を感じるので特に印象に残っているのですが、片側1車線の高速※ではほぼそんな感じがします。

      ほぼ直線ともいえる緩いカーブ※では、白線を認識したまま白線に寄り、遂には越えて
      続きを読む、ハンドルを震わせて「車線逸脱警報」を出します。LKASオフだった?みたいな感じ。右が多い気がしますが、左でもよく越えます。

      その程度でキープできないんじゃ、いつレーンキープするんだよって感じですが、意外とちょっときつめのカーブはちゃんと曲がったりします。

      「これぐらいのカーブは曲がれないだろうな」とかクセが掴めればいいんですが、そんなにきつくないカーブでも、認識が消えるでもなく不意に白線を越えたり、まっすぐでもオンにしていることで車線に寄るとなるとむしろ危険で、「機械」として全く信用できないなぁと思います。

      『東名高速や東北道といった、いわゆる"高規格幹線道路"であれば、ほとんどのカーブに対応できます』なんて触れ込みだったのに、カーブどころかwww
      https://www.honda.co.jp/tech-story/engineer/engineer-talk/acc-lkas/interview-lkas/page2/

      それとも学習機能があるというから、過学習なんでしょうか。リセットできるのかな。

      YouTubeで載ってるLKAS紹介動画はフリードが多いながら、意外とすごいよ的な意見があります。ジェイドだと身の危険を感じるんですよねww
      LKASの問題なのか、ジェイドの問題なのか。

      みなさんのLKASもそんな精度でしょうか。伺ってみたいです。


      ※例えばこれぐらいのカーブ
      https://www.google.com/maps/@34.4406555,136.4854989,3a,75y,27.22h,90t/data=!3m7!1e1!3m5!1sgQZpnM0KYM2t3fVvGlpm-Q!2e0!6s%2F%2Fgeo3.ggpht.com%2Fcbk%3Fpanoid%3DgQZpnM0KYM2t3fVvGlpm-Q%26output%3Dthumbnail%26cb_client%3Dsearch.TACTILE.gps%26thumb%3D2%26w%3D96%26h%3D64%26yaw%3D27.218765%26pitch%3D0%26thumbfov%3D100!7i13312!8i6656
      • ナイスクチコミ38
      • 返信数8
      • 2019年1月28日 更新
      2018年5月のマイナーチェンジ後、ネットの情報ではハイブリッドモデルのみ全車速対応になったとの情報が見られますが、ホンダのhpや説明書には記載がありません。
      実際に所有されている方、もしくは確実な情報をお持ちの方に質問です。

      @ハイブリッドモデルには全車速対応(渋滞追従機能)のホンダセンシングは付いていますか?

      Aホンダセンシング全車速対応版は最高設定速度が13
      続きを読む5キロになったようですが、ジェイドは115キロのままでしょうか?

    ジェイド ハイブリッドの中古車

    ジェイド ハイブリッドの中古車相場表を見る

    ジェイド ハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止