imageFORMULA DR-C240 スペック・仕様・特長

imageFORMULA DR-C240

パスポートも読み取れるドキュメントスキャナー

imageFORMULA DR-C240 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥42,379 (前週比:-1円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2015年 5月28日

店頭参考価格帯:¥42,379 〜 ¥42,380 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

原稿サイズ:A4/名刺 光学解像度:600dpi インターフェース:USB2.0 幅x高さx奥行き:291x231x253mm imageFORMULA DR-C240のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • imageFORMULA DR-C240の価格比較
  • imageFORMULA DR-C240の店頭購入
  • imageFORMULA DR-C240のスペック・仕様
  • imageFORMULA DR-C240のレビュー
  • imageFORMULA DR-C240のクチコミ
  • imageFORMULA DR-C240の画像・動画
  • imageFORMULA DR-C240のピックアップリスト
  • imageFORMULA DR-C240のオークション

imageFORMULA DR-C240CANON

最安価格(税込):¥42,379 (前週比:-1円↓) 発売日:2015年 5月28日

  • imageFORMULA DR-C240の価格比較
  • imageFORMULA DR-C240の店頭購入
  • imageFORMULA DR-C240のスペック・仕様
  • imageFORMULA DR-C240のレビュー
  • imageFORMULA DR-C240のクチコミ
  • imageFORMULA DR-C240の画像・動画
  • imageFORMULA DR-C240のピックアップリスト
  • imageFORMULA DR-C240のオークション

imageFORMULA DR-C240 のスペック・仕様・特長



基本スペック
タイプシートフィード 原稿サイズA4/名刺
最大読取範囲216 mm 最大セット可能枚数60 枚
光学解像度600 dpi 両面読み取り
センサーCIS 光源LED
インターフェースUSB2.0 電源AC
自動給紙方式(ADF)  重送検知機能
OCR(文字認識)  スマホ連携 
クラウド連携    
ネットワーク
無線LAN  Bluetooth 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き291x231x253 mm 重量2.8 kg
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

imageFORMULA DR-C240
CANON

imageFORMULA DR-C240

最安価格(税込):¥42,379発売日:2015年 5月28日 価格.comの安さの理由は?

imageFORMULA DR-C240をお気に入り製品に追加する <74

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース キヤノン、パスポートも読み取れるドキュメントスキャナー「DR-C240」
2015年5月25日 15:17掲載
「DR-C240」

キヤノンマーケティングジャパンは、ドキュメントスキャナー「imageFORMULA」のビジネス向けモデル「DR-C240」を発表。5月28日より発売する。

デスクサイドや店舗のカウンターに置けるコンパクトボディで、カラー毎分30枚で両面原稿60ページ、モノクロ・グレー毎分45枚で両面原稿90ページ(いずれもA4タテ、200dpi時)の読み取り速度を備えたA4対応のドキュメントスキャナー。

自動原稿送り装置「ADF」の給紙性能が向上し、普通紙のほか薄紙、カード、パスポート、発注書、名刺なども連続で読み取ることが可能。サイズの異なる原稿を複数枚スキャンする際に起きやすい、斜行搬送を抑止する搬送機構も搭載し、原稿の重送を超音波で高精度に検知することで効率的なスキャン環境を実現する。

機能面では、頻繁に利用するモード・操作を最大9件までジョブ登録し、本体操作パネルのボタンで実行することができる。電源をOFFにした時点で使われていたジョブを記憶する機能も備えており、再開する際に効率的なスキャン作業が可能だ。

さらに、操作パネルにDFR(Doubl eFeed Release)ボタンを備え、付箋紙の貼られた原稿や封筒など、重送と検知されたくない原稿を重送検知した際に、DFR ボタンを押することで、スキャンを継続できる。

このほか、画像入力ソフト「CapturePerfect 3.1」などを同梱。ファイルの暗号化やファイル名の自動生成、白紙によるファイル区切り、1回のスキャンで複数の画像を生成できるマルチストリームなどに対応する。

主な仕様は、センサーがCIS、光学解像度が600dpi、インターフェイスがUSB 2.0を採用。最大トレイ積載量は60枚(80g/平方メートル紙)かつ、積載高さ6mm以下。本体サイズは291(幅)×231(高さ)×253(奥行)mm(トレイを閉じた状態)、重量は約2.8kg(ACアダプター他の付属品除く)。

市場想定価格は49,800円(税別)。

ページの先頭へ