CAS-1 (B) [ブラック] スペック・仕様・特長

2015年10月17日 発売

CAS-1 (B) [ブラック]

  • 限られたスペースでも設置しやすいセパレートタイプのコンパクトオーディオシステム。
  • スマートフォンやウォークマンの音楽を手軽に高音質ワイヤレス再生できる、Bluetooth/LDAC/NFCに対応。
  • スピーカーとリスナーの距離が近いデスクトップなどでの使用を想定した「ニアフィールドリスニング」設計。
CAS-1 (B) [ブラック] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • CAS-1 (B) [ブラック]の価格比較
  • CAS-1 (B) [ブラック]の店頭購入
  • CAS-1 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • CAS-1 (B) [ブラック]のレビュー
  • CAS-1 (B) [ブラック]のクチコミ
  • CAS-1 (B) [ブラック]の画像・動画
  • CAS-1 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • CAS-1 (B) [ブラック]のオークション

CAS-1 (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年10月17日

  • CAS-1 (B) [ブラック]の価格比較
  • CAS-1 (B) [ブラック]の店頭購入
  • CAS-1 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • CAS-1 (B) [ブラック]のレビュー
  • CAS-1 (B) [ブラック]のクチコミ
  • CAS-1 (B) [ブラック]の画像・動画
  • CAS-1 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • CAS-1 (B) [ブラック]のオークション

CAS-1 (B) [ブラック] のスペック・仕様・特長



  • 限られたスペースでも設置しやすいセパレートタイプのコンパクトオーディオシステム。
  • スマートフォンやウォークマンの音楽を手軽に高音質ワイヤレス再生できる、Bluetooth/LDAC/NFCに対応。
  • スピーカーとリスナーの距離が近いデスクトップなどでの使用を想定した「ニアフィールドリスニング」設計。
基本仕様
対応メディア  受信バンド 
DSDネイティブ再生  MP3再生 
USB SD/SDHCメモリーカードスロット  
iPod/iPhoneドック   ハイレゾ
スピーカータイプセパレート リモコン
ネットワーク
BluetoothVer.3.0 Class 2、A2DP/AVRCP Wi-Fi 
DLNA  AirPlay 
Spotify    
本体
最大出力 48 W 幅x高さx奥行き55x178x210 mm
スピーカー
型式2 way 幅x高さx奥行き95x178x172 mm
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
ウォークマンやスマートフォンの音楽を手軽にワイヤレス再生
ウォークマンやスマートフォンの音楽を手軽にワイヤレス再生

Bluetooth(R)で、ワイヤレス再生を手軽に楽しめます。既存技術(*1)に比べ最大約3倍の情報を伝送できるコーデック技術LDACに対応しているので、LDAC対応の機器と接続すれば、ハイレゾ音源も通常の音源も、従来以上の高音質で再生できます。また、音楽配信サービスなどを、「DSEE HX」(*2)(*3)によりハイレゾ相当の高音質で楽しむこともできます。

*1 Bluetooth(R)A2DPのSBC(328kbps、44.1kHz時)との比較
*2 設定を変更するには、スマートフォンやタブレットに「Music Center(旧SongPal)」アプリをインストールする必要があります。(「SongPal」は「Music Center」へリニューアルしました)
*3 初期設定は「オート」です。圧縮音源は「DSEE HX」によって高音質化され、ハイレゾ音源はそのままの音で出力されます
※ お使いのBlutooth(R)機器がLDAC/AACコーデックに対応している必要があります

ワンタッチ接続(NFC)機能搭載
ワンタッチ接続(NFC)機能搭載

NFC対応のウォークマン、スマートフォン、タブレットなどとのペアリングから接続・切断・接続切り替えが、ワンタッチで行えます。

※ ワンタッチ接続(NFC)機能を利用するにはNFC対応スマートフォン、または一部のおサイフケータイ(R)対応のAndroid(TM)スマートフォンが必要です
※ 一部のスマートフォンは「NFC簡単接続」アプリをインストールする必要があります

手軽にワイヤレス音楽再生を楽しめるBluetooth(R)
手軽にワイヤレス音楽再生を楽しめるBluetooth(R)

音声をワイヤレスで送受信できる無線規格Bluetooth(R)機能搭載。SBC(標準)/AAC/LDACの3種類のコーデックに対応しています。スマートフォンや、ウォークマン、タブレット、PC、Playstation(R)VitaなどのBluetooth(R)対応機器(*)の音声をワイヤレスで再生できます。

* 接続するBluetooth(R)機器が、A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)に対応している必要があります
※ SCMS-T方式のコンテンツ保護に対応しています
※ 見通し距離約10m。通信距離は目安です。環境により通信距離が変わる場合があります
※ 9台までのマルチペアリングに対応しています
※ Bluetooth(R)スタンバイモードに対応しています

ハイレゾ対応オーディオ伝送技術「LDAC(TM)」に対応
ハイレゾ対応オーディオ伝送技術「LDAC(TM)」に対応

LDACは、既存技術(*)に比べ最大約3倍の情報量(最大伝送速度 990kbps時)を伝送することで、ハイレゾ音源をハイレゾ相当の音質で再現します。LDACに対応した機器間では、お持ちのさまざまな音源を高音質でワイヤレスリスニングできます。

* Bluetooth A2DPのSBC(328kbps、44.1kHz時)との比較

圧縮音源をハイレゾ相当の高音質に。「DSEE HX」
圧縮音源をハイレゾ相当の高音質に。「DSEE HX」

Google Play Music、LINE MUSIC、AWAなどのさまざまな定額制音楽配信サービスをスマートフォンで利用し、Bluetooth(R)経由でCAS-1から再生できます。圧縮音源をハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」(*1)(*2)により、ストリーミング音源も、ハイレゾ相当の高音質で楽しめます。

*1 設定を変更するには、スマートフォンやタブレットに「Music Center」アプリをインストールする必要があります
*2 初期設定は「オート」です。圧縮音源は「DSEE HX」によって高音質化され、ハイレゾ音源はそのままの音で出力されます

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

CAS-1 (B) [ブラック]
SONY

CAS-1 (B) [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年10月17日

CAS-1 (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <356

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、ハイレゾ再生に対応したBluetoothコンパクトオーディオ「CAS-1」
2015年9月29日 15:50掲載
「CAS-1」 「CAS-1」

ソニーは、ハイレゾ音源の再生に対応したコンパクトオーディオシステム「CAS-1」を発表。10月17日より発売する。

ステレオスピーカーとフルデジタルアンプで構成したコンパクトオーディオシステム。PCやタブレット/スマートフォン、ウォークマンなどの機器とUSB接続して、ハイレゾ音源を再生することが可能。具体的には、最大192kHz/24bitのWAV/FLAC/AIFF/ALAC、DSD2.8MHz/1bit(リニアPCM変換)に対応。DSEE HXも採用し、MP3などの圧縮音源をアップスケーリングし、ハイレゾ相当(最大192KHz/24bitまで拡張)の高音質で楽しめる。

また、スピーカー用のアンプとほぼ同面積のヘッドホン専用アンプ基板を採用。ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2」に装備した高性能ICや、高級オーディオに搭載している高品位なパーツを多数採用した専用のヘッドホンアンプによって、ヘッドホン再生でも、高音質かつパワフルな駆動を実現する。さらに、ヘッドホンのゲイン切替(HI/LOW)が可能で、ハイクラスのヘッドホンにも対応する。

Bluetooth機能では、従来比(A2DP/SBC 328kbps、44.1kHz時との比較)最大約3倍の情報量で伝送できるソニー独自開発のコーデック「LDAC」に対応。NFCのワンタッチリスニング機能にも対応し、スマートフォンなどの対応モバイル端末を本体にかざして、音楽再生を簡単にワイヤレスで行える。

機能面では、音量を下げても原音のバランスを崩さず、高音質で再生できるローボリュームモードを搭載。音量を絞る際、通常のデジタルアンプのように情報量を間引くことなく、情報をフレーム単位で小さくできるパルスハイトボリューム制御機能も備えた。

主な仕様は、スピーカーは、直径62mmコーン型ウーファーと直径14mmソフトドームトゥイーターの2ユニットで構成。周波数帯域は60Hz〜50000Hz。アンプ部の実用最大出力は24W+24W。Bluetoothのバージョンは3.0で、見通し距離がClass2相当の約10m、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、対応コーデックがSBC、AAC、LDAC。SCMS-T方式をサポートする。

スピーカーのサイズは95(幅)×178(高さ)×172(奥行)mm、重量は約1.5kg/1本。本体サイズは55(幅)×178(高さ)×210(奥行)mm、重量は約1.3kg。

市場想定価格は80,000円前後(税別)。

ページの先頭へ