DMP-BDT180 スペック・仕様・特長

2016年 5月20日 発売

DMP-BDT180

  • フルハイビジョン(※24p素材、BD-Videoのみ)の映像を4K信号にアップコンバートして出力。4K(3840 × 2160)ならではの高精細映像が楽しめる。
  • 有線LAN接続により、「ネットフリックス」や「YouTube」などの豊富なネットコンテンツを視聴できる。
  • 「お部屋ジャンプリンク」対応ディーガと連携することで、録画した番組を別室で見ることができる。
DMP-BDT180 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥12,284

(前週比:+808円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥12,284¥16,669 (41店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥12,710 〜 ¥13,500 (全国740店舗)最寄りのショップ一覧

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DMP-BDT180の価格比較
  • DMP-BDT180の店頭購入
  • DMP-BDT180のスペック・仕様
  • DMP-BDT180のレビュー
  • DMP-BDT180のクチコミ
  • DMP-BDT180の画像・動画
  • DMP-BDT180のピックアップリスト
  • DMP-BDT180のオークション

DMP-BDT180パナソニック

最安価格(税込):¥12,284 (前週比:+808円↑) 発売日:2016年 5月20日

  • DMP-BDT180の価格比較
  • DMP-BDT180の店頭購入
  • DMP-BDT180のスペック・仕様
  • DMP-BDT180のレビュー
  • DMP-BDT180のクチコミ
  • DMP-BDT180の画像・動画
  • DMP-BDT180のピックアップリスト
  • DMP-BDT180のオークション

DMP-BDT180 のスペック・仕様・特長



  • フルハイビジョン(※24p素材、BD-Videoのみ)の映像を4K信号にアップコンバートして出力。4K(3840 × 2160)ならではの高精細映像が楽しめる。
  • 有線LAN接続により、「ネットフリックス」や「YouTube」などの豊富なネットコンテンツを視聴できる。
  • 「お部屋ジャンプリンク」対応ディーガと連携することで、録画した番組を別室で見ることができる。
再生メディア
再生対応ディスク BD-R
BD-R DL
BD-RE
BD-RE DL
DVD-R
DVD-RW
DVD+R
DVD+RW
DVD-R DL
DVD+R DL
その他再生メディアCD-R
CD-RW
USBメモリ
対応オーディオ    
基本仕様
4K対応  Ultra HD Premium  
DOLBY DIGITALDOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
DTSDTS-HD Master Audio
DTS-HD High Resolution Audio
ハイレゾ対応フォーマットFLAC/WAV/ALAC/DSD/DSF プログレッシブ対応
3D対応   
入出力端子
HDMI端子 D端子出力 
コンポーネント出力  光デジタル音声出力 
同軸デジタル音声出力  USB端子
LAN端子   
ネットワーク
無線LAN  Miracast対応 
DLNA対応お部屋ジャンプリンク   
サイズ・重量
重量1 kg 幅x高さx奥行312x43x180 mm
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

DMP-BDT180
パナソニック

DMP-BDT180

最安価格(税込):¥12,284発売日:2016年 5月20日 価格.comの安さの理由は?

DMP-BDT180をお気に入り製品に追加する <262

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース パナソニック、ハイレゾ対応で4Kアプコン搭載のBDプレーヤーなど
2016年4月4日 16:02掲載
「DMP-BDT180」 「DMP-BD88」

パナソニックは、ブルーレイディスクプレーヤーの新モデルとして、「DMP-BDT180」を発表。5月20日より発売する。

ブルーレイディスクの映像(24p)を4K/24pにアップコンバートして出力する「4Kアップコンバート」に対応したモデル。DVDの映像をフルHDに変換して出力し、フルHDテレビで高精細な映像を楽しめる「フルHDアップコンバート」、3D対応テレビで3Dのブルーレイディスクを再生する機能なども搭載した。

ネットワーク機能では、「NETFLIX」「hulu」「YouTube」などのインターネット動画、お部屋ジャンプリンク対応ディーガの録画番組などの再生が可能。さらに、家庭内ネットワーク上に接続したNASに保存されている動画/写真/音楽ファイル(ハイレゾ音源対応)も再生できる。

さらに、1秒以下の「高速起動・高速トレイオープン」(高速起動はクイックスタート「入」時。高速トレイオープンは電源「入」時)にも対応する。本体サイズは312(幅)×43(高さ)×180(奥行)mm(突起部含まず)、重量は約1kg。ボディカラーはブラック。

このほか、4Kアップコンバートなどに非対応で、「フルHDアップコンバート」機能を備えた「DMP-BD88」も同日より発売する。本体サイズは245(幅)×38.5(高さ)×175(奥行)mm(突起部含まず)、重量は約0.8kg。ボディカラーはブラック。

価格はいずれもオープン。

■関連リンク

【新製品ニュース】パナソニック、6チューナー/2TB HDDを搭載したBDレコーダー「DMR-BRG2020」

【新製品ニュース】パナソニック、最大10ch×28日間録画対応「全自動DIGA」など3機種

ページの先頭へ