メルセデス・ベンツ SLCクラスの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

メルセデス・ベンツ SLCクラスの新型情報・試乗記・画像

SLCクラスの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

SLCクラスのモデル一覧

SLCクラスのレビュー・評価

(3件)

SLCクラス 2016年モデルの満足度

4.00

(カテゴリ平均:4.3)

    SLCクラス 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • C220dが納車されて新車生活5日後、諸事情(ハッキリ言えば納車時よりいきなり故障していました)により1か月余り代車生活を送りました。
       その間、「CLA180シューティングブレイク」「スマート・ブラバススポーツ」そして今回のレビューを書いた「SLC200」を代車として乗り継ぎました。
       代車できたSLC200は、昨年12月登録の走行キロ数も少ない試乗車でありました。


       国産のオープンカーを40代の頃、約10年2台乗り継ぎましたが、そもそもオープンカーに乗ったきっかけは今から20年以上も前に登場した初代SLKメタルトップのバリオルーフに憧れたことがきっかけでした。
       いつかは、
      続きを読む SLKと考えた頃も有りましたが、50代も半ばになり現役最後の高額車購入には、SLCは有力候補にもならず無難にC220dを購入した次第です。

       実際、400km以上(ほとんどオープンで)試乗してみて改めてやっぱり素晴らしいオープンカーだと感じました。
       総合評価を最高の5ではなく4としたのは、以下のレビュー(3〜5)の平均を取ったことが主な理由です。


      【エクステリア】 個別評価 5点
       ドイツ本国では、ファイナルエディションも発表されて生産終了が近いですが、デザインに文句のつけようはありません。
       『開けて良し。閉めて良し。エレガントです』


      【インテリア】 個別評価 4点
       自分のC220d後期型と比較すれば、メーター回りなどやはり古さは否めません。
       しかし、SLC200に装備されていた10スピーカー・オーディオは、オープン走行でも良い音を奏でてくれました。
       (音質的には、C220dのBURMESTER13スピーカーの方が良い音です。)
       

      【エンジン性能】 個別評価 3点
       あくまでアクセルを踏み込んだ時限定ですが、C220dのトルク感や前車のゴルフ7ハイラインと比べてSLC200の2リットルエンジンは、ボディの重さを含めてパワー(トルク)不足を感じました。
       街中の流れに乗る運転では、問題ないですが、スポーツカー的なパワーとなればパワー不足です。
       モード切替で「スポーツ+」も試しましたが、排気サウンドがスポーツカー的な音を奏でてご近所迷惑なうるさい音が目立つだけでパワーがそれほど上がったような体感は出来ませんでした。
       オーディオも聞きづらくなり、同乗の嫁さんにも「うるさい!」の一言で片づけられました。
       試乗中は、ほとんどデフォルトの「コンフォート」か稀に「スポーツ」で走りました。


      【走行性能】 個別評価 4点
       ホイールベースが短いこともありますが、ハンドリングが楽しい車でした。
       「スポーツ」モードでは、しっかりとした接地感覚も堪能できました。
       ハイスピードで「コンフォート」では、コーナリングや大きな弧を描くような下りカーブなどで若干接地感に不安も有りましたが回頭性も良く楽しい車です。


      【乗り心地】 個別評価 5点
       普通に走る限り乗り心地は、文句有りません。
       乗り心地評価と違うかもしれませんが、ヘッドレスト(首回り)から温風が出る装備の「エアスカーフ」が素晴らしいです。
       この装備が有るお蔭でまだ寒空の3月でも毎晩嫁さんを乗せてオープンでドライブに出かけました。
       もともと以前乗っていたオープンカーのせいで屋根開けて走ることに不評な嫁さんでしたが、「エアスカーフ」のお蔭ですっかりSLC200を気に入ってくれました。
       嫁さん曰く『星空や夜景が綺麗で移動式露天風呂みたい。』と言われた時は、うまいこと言うなぁと感心した次第です。
       C220dにも欲しい装備であります。

       しかし、嫁さんに『これ買っても良かったんじゃない。』と言われた時には、さすがにC220dを購入する前に試乗すればよかったと後悔しました。
       一介のサラリーマンには、C220dとSLC200を同時に新車で買うだけの甲斐性はありません。(号泣)


      【燃費】 個別評価 4点
       この種の車で燃費を語るは、相応しくないでしょうが代車生活期間中(416km走行:内通勤2日約80km)の燃費が満タン法(受け取って直ぐスレスレまで給油し、返却直前で同じように給油)で10.8km/L(画像参照:車載燃費計は、11.7km/L)だったので良い方ではないでしょうか。
       通勤主体だともう少し悪くなるかと思われます。


      【価格】 個別評価 4点
       代車のSLC200の新車乗り出し価格(値引き前)と今回購入したC220dの乗り出し価格がほぼ変わらない価格です。
       実用性だけで捉えれば、2人しか乗れない車としては高いですが、装備や車の素養を考えれば決して高くないと思います。
      セカンドカーとして買える甲斐性が無い現状の自分には、新車ですぐには買えません。(再び号泣)


      【総評】
       ファイナルエディションも発表されてもうすぐ終了するであろうSLCクラスですが、BMWのZ4のように数年で復活して欲しいです。
      ただしあくまで幌では無く、伝統のバリオルーフで復活して欲しいです。
      2〜3年様子を見て場合によっては、程度の良い中古が有れば購入しても良いかなぁと改めて考えた代車(試乗)でした。

    • 2016年11月登録、走行距離9,000qのを購入
      Z4(当然中古)かロードスターRF(新車)が候補でしたが、安全装備と快適性を考慮しこのクルマに決めました

      【エクステリア】
      ワイド&ロー
      先が長過ぎずバランスが良い、後半の曲線美がたまらない、見とれる
      オープン時はもちろんクローズ時のクーペスタイルもなかなかの出来映え
      フロントマスクはもちろんテールも質感が高く見飽きない

      【インテリア】
      全体的に装飾性は少ないが適度にメタルを配置、シックで落ち着きます
      インパネ:やや古く感じるデザインですが、丸型メーターはスポーツカーらしくカッコイイ
      シートの赤いステッチとシートベ
      続きを読む ルトの赤がさりげなくスポーティー感を演出
      シートはホールド感も適度であまり疲れない座り心地、悪くない
      電動テレスコピックハンドルが最適なドライビングポジションを提供してくれる


      【エンジン性能】
      アイドリング時のカシャカシャとするエンジン音は悲しくなるほど安っぽい。

      印象はトランスミッションとの相性によって大きく左右しますが
      さすがは2000tのターボエンジン、トルクは十分あるようです

      【走行性能】
      9速ATは変速は感じるもののギクシャク感は殆んど無くスムースな加速フィーリング
      ギアはほぼ10q/hで1速づつUPするので市街地、郊外でも7速に入ることは無い
      今までがFFばかりだったのでフロントの入り方が軽く反応が良くてハンドルを切るのが気持ちよい
      スポーツモード+にすると文字通りのスポーツ走行を楽しめる、それなりの速度でコーナーを安心して曲がれる
      ダイナミックハンドルパッケージの効果は素晴らしいものがある、全てのシーンでしっくりと快適


      【乗り心地】
      乗り味は上品ではないです、
      特にスポーツモード+にすると車高を下げた車のような振動です
      それなりガタゴトとしますが不思議と不快感は無く長距離も疲れない

      【燃費】
      主に郊外を1,000Kmほど走行して平均が11〜12ほど、カタログ値からの予想通り

      【価格】
      中古になると180と200の差があまり大きく感じない
      オプションのマジックスカイコントロール(変色ガラスルーフ)装備車の価格差も感じなかった
      ブリリアントブルーは不人気色だからだろう、4〜50万安かっただろうか


      【総評】
      想像以上にスポーツな乗り心地と音でスペシャリティー、ラグジェアリー性を求めて購入すると、飽きるというか嫌になると思います。
      まあ私の場合は週末用のクルマなのでそれを楽しんでいますので問題なしです。
      スポーツ+モードで豹変する?エンジン特性とハンドリング(ダンパーも)で楽しめます
      インテリジェントシステムが凄い!! ハンドルの切角で先へ先へと光を放ってくれる、初めての峠道でも怖くない
      ウィンカーを出さなくても切角度が大きいとコーナーランプが点灯します、あ〜、これが安全対策なんだ、と実感
      極寒に乗ってはいませんが、4℃くらいではシートヒーターと首元からの温風(エアスカーフ)の装備でまったく寒くありません(それなりの服装で)
      一番のお気に入りは、マジックスカイコントロール(変色ガラスルーフ)。
      日差しの強い日や夏、雨天時には閉じるであろうルーフ、そうなるとただの狭いクーペでしかないので
      天井の開放感は必要だと思ったので装備車を探した。
      結果大正解!! 面積も広く位置的にも割と視界の範囲に入るのでその効果は大きいです
      ステレオは良い音です、ナビは縮尺、拡大の動きがぎこちなく遅い、
      ルーフを閉じると静かです
      ややスポーツ寄りの乗り心地ですが長距離も疲れません、とても楽しいクルマです。
    • 【エクステリア】
      SLKからのマイナーチェンジで曲線が増え、色気が出てきました。
      全長は短いですが全幅があるため、真横以外からの見た目も迫力があります。

      【インテリア】
      圧迫感はさほど感じず、シートのホールド感もちょうど良いです。
      ロングドライブも苦になりません。
      インテリアはこの価格だけに良いですね。

      【エンジン性能】
      低速域の詰まり感はストレスを感じます。
      ターボとはいえ排気量を考えたら仕方ありませんが…。
      音は意外に結構良いです。

      【走行性能】
      コーナーの安定感が素晴らしいです。
      交差点を曲がるたびにニヤニヤしちゃいます。

      【乗り心地】
      固す
      続きを読む ぎず柔らかすぎず、ちょうど良いです。

      【価格】
      強気ですよね。
      SLKのときに買っておけば良かった。

    SLCクラスのクチコミ

    (1件 / 1スレッド)

    クチコミ募集中

    SLCクラスのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    SLCクラス 2016年モデル

    SLCクラス 2016年モデル

    SLCクラス 2016年モデルのクチコミを書く
    SLCクラス

    SLCクラス

    SLCクラスのクチコミを書く

    閉じる

    SLCクラスのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    SLCクラス 2016年モデル

    SLCクラス 2016年モデル

    SLCクラス 2016年モデルのクチコミを書く
    SLCクラス

    SLCクラス

    SLCクラスのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ39
      • 返信数0
      • 2016年7月9日 更新
      先週200スポーツが納車されました。
      もともと、2013年式SLKに乗っていましたので違いについて記載します。

      @走りに余裕が出来た。
      全体的な乗り味は換わらないですが、ATが7速から9速になった事とプラス200ccの余裕か、今までのように低速トルクがなくいらつくことはなくなりました。
      あと、このATレバーが扱い易い!後退したい時はレバーを前に、パーキング時には手前
      続きを読むのPボタン押すだけになったので、今までのゲート式ではリバースに入れたつもりがパーキングに入ってしまったというミスが防げます。

      Aアダプティブハイビームアシストの動作が実感出来るようになった。
      今まではバイキセノンでなかなかオートハイビーム等が実感出来なかったのですが、今回からフルLEDのアダプティブハイビームアシストになったので、先行車にヘッドライト当たらないようにハイビーム状態になります。かなりの走行で実感出来ます。

      Bオープン操作が楽になった。
      今までオープンにしようと開始スイッチ押してもトランクカバーが閉まってない時は、いちいちトランク開けてカバーを閉めてましたが、カバーにバネが付いたのでカバーを閉め忘れてもルーフ開閉可能になりました。
      また、停車時から時速40kmまでルーフ開閉可能になったので、信号停車時の開閉が楽になりました。

      Cバックカメラの採用。
      今まで無かったのが信じられない!しかも、Cクラスと同じリトラクタブル式なので、雨が付きにくい。

      Dオートエアコン採用。
      これも今まで付いていなかったのが不思議。SLKに乗っていた時はあまり不便に感じなかったのですが、やはりあると便利です。

      Eワイヤレスキーでのルーフ開閉が電波式になった。
      今までもキーレスゴー搭載車はワイヤレスキーでルーフ開閉可能でしたが、赤外線だったかと思います。だから、キーを車に向ける必要がありましたが、今回からポケットに入れても操作が出来るようになりました。
      Fナビゲーションシステムの変更。
      使い勝手が違うので、慣れが必要。3D表示が空ばっかりで使えなくなってしまいました。

      Gその他
      ダイナミックセレクトは今までもオプション設定あったかと思いますが、標準装備になりました。特にスポーツプラスモードが他のモードとの差が大きい。使い分けが楽しいです。
      SLKの時も付けていましたが、パノラミックスカイルーフは非常に気に入っています。オプション設定が180系にはないのが残念…だから、200スポーツ購入しまいました。
      ホイールは180スポーツの方が良かったのですが、200スポーツのマルチスポークも見慣れてくると良いです。意外にこのマルチスポークも洗車し易かったです。

    SLCクラスの中古車

    SLCクラスの中古車相場表を見る

    SLCクラスとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止