シトロエン DS 7 CROSSBACKの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

シトロエン DS 7 CROSSBACKの新型情報・試乗記・画像

DS 7 CROSSBACKの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

DS 7 CROSSBACKのモデル一覧

DS 7 CROSSBACKのレビュー・評価

(10件)

DS 7 CROSSBACK 2018年モデルの満足度

4.56

(カテゴリ平均:4.29)

    DS 7 CROSSBACK 2018年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • DS 7 CROSSBACK 2018年モデル Grand Chic DSオートモビルズが2018年に発表した「DS7 CROSSBACK」の広報車両をインポーターより借用して試乗してきました。

      「DSってシトロエンではないの?」と聞かれてしまうほど、まだ認知度が低いこの”DSオートモビルズ”とは、シトロエン社が数年前から始めたプレミアムブランドです。
      トヨタで言う、レクサスみたいなものといえばわかりやすいでしょうか。

      DSは、1955年から1975年まで20年にもわたって造り続けられた世界の名車「シトロエンDS」というクルマがありました。油圧とガスを利用して、サスペンションだけでなく、ブレーキやステアリングなどもコントロールするという当時の自動車
      続きを読む 技術では最高技術を投じたクルマで、いまはなき、ハイドロニューマチックシステムを初めて導入したクルマでした。(筆者もシトロエンCX、BXとハイドロシトロエンには、その昔乗っていました。)その偉大なる名前をブランドとして復活したことは、大変名誉なことです。

      新しく登場したDS 7 CROSSBACKは、国内外で流行りのSUVスタイルですが、ライバル不在の独自の世界で、同車からは、キラキラとしたオーラを放ち、他にはない存在感に圧倒されます。

      今回の試乗車は、1.6Lツインスクロールターボのピュアテックエンジン積んだ20インチホイール仕様です。いずれもアイシンワーナー製トルクコンバーター式8速ATと組み合わされます。

      225PS、1.6リッター4気筒ガソリンエンジンを搭載するGrand Chicを100メートルほど走り出して、その柔らかで魔法の絨毯のような乗り心地に驚きを隠せませんでした。それは、筆者が以前所有していたハイドロシトロエンを思い出したからです。

      DS 7 CROSSBACKはハイドロニューマチックではありませんが、走行モードを「コンフォート」に設定すると、まさにハイドロのそれなのです。走行する路面をカメラで読み込み、4輪の各サスペンションの減衰力をソレノイドバルブで制御する「アクティブスキャンサス」は、コンフォートモードなら15km/h以上で作動します。往年のハイドロの動きを忠実に再現した実に魅力的なクルマです。

      スポーツモードを選ぶと、エンジンは、抜けの良いエキゾーストノートをキャビンに響かせ、堂々たるボディを軽やかに走らせます。ステアリング中立付近のしっかり感が増したのも実感できます。

      シトロエンは、昔からノーマルでも操舵に対する反応の正確さ、トレース性はすこぶる素晴らしいものでしたがDS 7 CROSSBACKは往年のシトロエンを知るものには涙モノです。低重心ゆえの自然なロールとストローク感は、長いスキー板を自在に操り、滑走しているような感触です。

      ロングホイールベースの恩恵と魔法の絨毯のような乗り心地で、高速道路では、静粛性も高く、まさに高速ツアラーです。

      ドイツのライバルに対して、このいたるところがキラキラしていて、走るジュエリーのようなDS 7 CROSSBACKは、アンダー500万円で手に入ります。乗り心地がよく快適。かつ安全装備を含めて、ほぼフル装備。ぜひ、DSの世界に踏み込んでみては如何でしょうか?




      参考になった 7人
      2019年9月30日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 無評価
      価格 5
    • 前車プジョー3008GT(2017年式6AT)はデザインも気に入っておりトラブルも無くすこぶる快調でしたが、当初は本国仕様にはある本革シート+シートヒーターを希望しつつも設定がなく、その後8AT化に伴ってオプション設定されたり、あとアンドロイドオートも使えるようになったりで羨ましいと思ってましたが、その後3008もMCが実施されとりあえず1回車検通しましたが、以前DS7でオーダー発注のオートクチュールでキャメル内装が選べ、いずれそれで買い替えようかと考えているうちに消滅し悶々としてたら今回類似の特別仕様車が出るということで、下取りなど条件も良くしてもらえたので買い替えました。
      以下は主に前車
      続きを読む MC前プジョー3008との個人的な比較です。

      【エクステリア】
        3008は若々しくスポーティーなイメージ、DS7は紳士的で悪く言うとおっさん車。おっさんだからいいんです。(笑)
        オートライトが3008はhighlowの切り変わりが明確で視認的によくわかりましたが、DS7は穏やかで知らぬ間に切り換わる印象で高級感があります。

      【インテリア】
        おそらく遮蔽ガラスのせいと思いますがウィンドウガラスの開閉のスムースさから違います。
        特筆はOPERA仕様の運転席・助手席とも標準の温冷ベンチレーション機能付きマッサージシート。
      猛暑の中シートが冷たい感触は汗ばむこともなく最高です。以前も本革シートに乗ってたことありますが、ベンチレーション付シートでこの価格で済む外車は他に無いと思います。
        あとFOCALの14スピーカー、イコライザー調整しても重低音はあまり感じられませんが中高音は音が明瞭で聴きやすく万人受けしそうな仕様だと思いました。

      【エンジン性能・走行性能】
        3008と同じ2Lディーゼルターボですが、3008は勢いよくアクセルオンにすると一瞬もたつき感があるもののホイルスピンするくらい過激な出だしでスポーティーでしたが、DS7はそのもたつき感が解消されスムースに加速していく印象です。6ATと8ATの違いかもしれませんが。

      【乗り心地】
        235/45R20とこの車にふさわしいとは思えない扁平タイヤなので意外に突き上げ感あるかも?と思ってましたが、アクティブスキャンサスの恩恵もあり3008と比べると乗り心地や静寂性は別次元なくらいいいです。
        ただまだ慣れないせいもあってか3008の方がハンドリングの反応がリニアで思いのまま操れる感があり運転していて楽しめました。
        船に置き換えると3008はモーターボート、DS7はクルーザーってとこでしょうか?まだクルーザーの扱いには完全に慣れてません(笑)

      【燃費】
        まだ500kmくらいしか走ってないので不明

      【価格】
        DS車として見たら高いのでしょうが、同程度の車格で同じ装備を有する独御三家などと比較すると乗り出し価格は安いと思います。
        あとほとんど雪降らないので4WDは不要でFFが条件でしたが、Grand ChicにもSnow・Mud・ Sandのグリップコントロールが3008同様標準設定されているのは知らなかったので、これとスタッドレスタイヤ(4シーズン雪上走行皆無。。)があれば十分です。
        
      【総評】
        2018年発売当時から数年はセンサーが過剰に反応する、画面がブラックアウトするなど3008と 似たような不具合事例も聞かれ、実際自分も3008納車後半年以内に数回だけ経験しましたが、発売数年経過し改良もされている後期型のせいか、全く何も問題起こってないです。快適なので出来るだけ長く乗りたいです。
    • 前車は同じPSAのプジョー3008ディーゼルの初期モデルで、デザインや走りは充分満足していましたが、パワーシートやシートヒーター等の装備が欲しくなり、ビッグマイナーチェンジ直前のリセールが良いタイミングで思い切って買い換えました。

      【エクステリア】
      第一印象は「ド派手!」でしたが、じっくり見てみると全体フォルムやパッケージング等のグランドデザインは意外と保守的で機能的。対して、ディテールデザインは遊びまくってDS独自の世界観を出しています。
      開錠時の3連LEDヘッドランプ回転キラキラ演出は感動的ですが、ドア開錠でなく遠くからリモコン操作でないと眺められないということに気づきました(笑
      続きを読む )
      【インテリア】
      随所にダイヤ形のアイコンとメッキを多用した装飾で、キラキラ感がありながら安っぽくならず破綻していないデザインセンスは、フランス車ならでは。機能的にも充実して室内も荷室も広さ充分で実用的です。運転席・助手席のマッサージ機能が予想以上に良いです。
      【エンジン性能】
      2リッターディーゼルエンジンはスムーズかつトルキーで、街中でも高速でも気持ち良い走りを楽しめます。このサイズのディーゼルはドイツ御三家やボルボ等も乗り比べましたが、PSAのディーゼルは本当に良く出来たエンジンだと思います。電動化で今後内燃エンジンは今後なくなっていく流れは止むを得ないと思いますが、残念で寂しい限りです。
      【走行性能】
      前車3008と同じエンジンですが、前車の6ATに対してこちらは8ATになり、ギアの変わり目が超スムーズで変速タイミングをほぼ感じません。良く言えば上質ですが、運転する楽しさを感じるダイレクト感ドライブ感は3008の方が上かもしれません。SUVなのでそもそも攻めた走りをする車ではありませんが、コーナーでのロール感もやや大きめです。
      【乗り心地】
      スポーツ、ノーマル、コンフォート、エコの4種類のドライブモードが選択できます。
      コンフォートモードを選択した時に作動するアクティブスキャンサスペンションはふんわりしなやかの乗り心地で、この車の真骨頂といえると思います。一方、スポーツモードでは硬めでレスポンスが鋭い走り心地になります。ノーマルとエコはその中間の感じ。
      家族が、後席の乗り心地が前車3008と明らかに違う、こちらの方が良いと言います。シートそのものの造りもあるかもしれませんが、リアサスが3008のトーションビームに対して、こちらはマルチリンクの差かと思います。ディーラー営業さんに、プジョーはFun to Driveでドライバーが一番特等席、DSはフランス大統領車に用いられてリムジン的な設計思想があると説明されて、成程と思いました。
      【燃費】
      市街地で約13km/l、高速で約16km/l。前車の3008初期モデルよりカタログJC08モード値は劣りますが実燃費はほぼ変わらず。6ATと8ATの違いかもしれません。
      【価格】
      495万のSo Chicはお買い得感高いですが、この車を買いたい人はたぶんDSならではのデザイン装飾に惹かれてなので、多くはエンジンスタートで時計が回転するギミックやレザーシート装備のGrand Chicにプラス100万出すことになるのではと思います。それでも、アクティブスキャンサスペンション、レベル2の自動運転、自動駐車支援、カメラ監視のドライバーアテンションモニタリング、ナイトビジョン等の先進機能がついて600万前後で買えるというのは、他のプレミアムブランドと比べればコスパ高いと思います。
      【総評】
      機能美ファーストのドイツ車とは方向性が全く違う個性的なデザインと所有感を満足させる高級さ、それでいて実用的にも良くできた車で、とても満足しています。あえて言えば「車は何乗ってるの?」の質問に即答しづらい知名度の低さが玉に疵かも(苦笑)
    • DS7車自体はエクステリア・ふわっとした乗り心地ともに満足。それに同じ車種を見ない希少性と、特にインテリアに関しては大大満足しております。出だしはやはりガソリンよりももっちゃりするけど、それがトルク感と言われれば文句は無いレベル。LEXUSのNXからの乗り換えでも、遜色は感じません。良い車です。人と違う車で自然と余裕を感じたい人にはうってつけの車でしょう。
      が、やはり外車は電気系統が××××でした。納車(実際には大阪から神戸にとりに行きましたが)から1か月で4回故障。突然ナビが寝てしまいます。1回目はナビがいきなり仮死状態で真っ黒画面。2回目はブルートゥースで会話中に、音声の設定をします?画
      続きを読む 面になり電話がプツ×。3回目はエンジンをかけて「さあ行きましょう!」の瞬間にラジオの音が消える。4回目は今日また画面が真っ黒。
      問い合わせると、音符マークを長押しすればリセットします。それでだめならエンジンを切って再始動で戻ります。されでもダメならエンジンを切って、少し待ってから再始動。高速を走行中はどうするんだろ?この車で遠出は怖い?
      販売店に聞くと、何台かそんな現象が出てるんですよねー(笑)。電気配線をチェックしてもダメだったんです。ナビを載せ変えてもやはりだめでねー。本国からも人が来て原因を探してるんですよ。でもまだねー。なら何かい?結構前からダメな症状が出てたの?販売の時言わなかったよね。それに進捗状況の報告もないよね。
      結果、車は魅力的です。が、フランス車は信用なりません。アフターフォローはやはり日本車、LEXUSが恋しい。
      こんな情報どこにも出てませんでした。これから購入を検討される方には、こんな状況で失敗したと感じてるオーナーもいることを参考にしてください。

    DS 7 CROSSBACKのクチコミ

    (19件 / 4スレッド)

    クチコミ募集中

    DS 7 CROSSBACKのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    DS 7 CROSSBACK 2018年モデル

    DS 7 CROSSBACK 2018年モデル

    DS 7 CROSSBACK 2018年モデルのクチコミを書く
    DS 7 CROSSBACK

    DS 7 CROSSBACK

    DS 7 CROSSBACKのクチコミを書く

    閉じる

    DS 7 CROSSBACKのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    DS 7 CROSSBACK 2018年モデル

    DS 7 CROSSBACK 2018年モデル

    DS 7 CROSSBACK 2018年モデルのクチコミを書く
    DS 7 CROSSBACK

    DS 7 CROSSBACK

    DS 7 CROSSBACKのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ15
      • 返信数6
      • 2020年7月28日 更新
      購入検討車種の一台なのですが,気になるのはメンテナンスをどこで受けられるか?ということです。

      シトロエンのディーラーならば近くにあるのですが,そちらではメンテナンスを受けられないのでしょうか? DSストアは近くにはないですし,店舗数もかなり少ないので,DSストア以外では整備を請け負ってもらえないとなると,かなり心配です。

      どうなのでしょうか?
      • ナイスクチコミ5
      • 返信数0
      • 2019年5月21日 更新
      今月発注分まで現行価格適応で来月から値上がりします。

      ご検討中の方はお早めに!
      • ナイスクチコミ22
      • 返信数6
      • 2018年12月5日 更新
      ディーゼル、ガソリン、ベーシックグレード…

      とりあえず、今選べる3種類のグレード、全てに乗って来ました!

      どのグレードも特徴があって、どれがいいかは選ぶ人の価値観次第かな。

      え? お前ならどのグレードか?

      自愛に徹するなら so chic
      家族想いを装うなら gran chic ディーゼルかな

      悩ましい。

      volvoのV60も良くできてた
      続きを読むし、XC40もノーマルサスのT4はよかったし、ドイツ車以外がアツいね。

    DS 7 CROSSBACKの中古車

    DS 7 CROSSBACKの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    DS 7 CROSSBACKとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止