EOS R ボディ スペック・仕様・特長

2018年10月25日 発売

EOS R ボディ

  • 新開発のレンズマウント「RFマウント」を採用した、約3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー搭載ミラーレス一眼。
  • 「RFレンズ」との組み合わせにより、高画質で表現力豊かな撮影が可能。マウントアダプター(別売り)を装着すれば、従来のEFレンズやEF-Sレンズが使用できる。
  • 視野率約100%の高精細な電子ビューファインダー(EVF)を内蔵し、背面モニターはバリアングル式の3.15型液晶を備えている。
EOS R ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥181,304

(前週比:-2,417円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥137,800 (180製品)


価格帯:¥181,304¥247,336 (42店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥181,305 〜 ¥217,800 (全国707店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:3170万画素(総画素)/3030万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/36mm×24mm/CMOS 重量:580g EOS R ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品において、PTP通信とファームウエアアップデートに関する脆弱性が発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • EOS R ボディの価格比較
  • EOS R ボディの中古価格比較
  • EOS R ボディの買取価格
  • EOS R ボディの店頭購入
  • EOS R ボディのスペック・仕様
  • EOS R ボディの純正オプション
  • EOS R ボディのレビュー
  • EOS R ボディのクチコミ
  • EOS R ボディの画像・動画
  • EOS R ボディのピックアップリスト
  • EOS R ボディのオークション

EOS R ボディCANON

最安価格(税込):¥181,304 (前週比:-2,417円↓) 発売日:2018年10月25日

  • EOS R ボディの価格比較
  • EOS R ボディの中古価格比較
  • EOS R ボディの買取価格
  • EOS R ボディの店頭購入
  • EOS R ボディのスペック・仕様
  • EOS R ボディの純正オプション
  • EOS R ボディのレビュー
  • EOS R ボディのクチコミ
  • EOS R ボディの画像・動画
  • EOS R ボディのピックアップリスト
  • EOS R ボディのオークション

EOS R ボディ のスペック・仕様・特長



  • 新開発のレンズマウント「RFマウント」を採用した、約3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー搭載ミラーレス一眼。
  • 「RFレンズ」との組み合わせにより、高画質で表現力豊かな撮影が可能。マウントアダプター(別売り)を装着すれば、従来のEFレンズやEF-Sレンズが使用できる。
  • 視野率約100%の高精細な電子ビューファインダー(EVF)を内蔵し、背面モニターはバリアングル式の3.15型液晶を備えている。
基本仕様
タイプ ミラーレス レンズマウントキヤノンRFマウント
画素数3170万画素(総画素)
3030万画素(有効画素)
撮像素子 フルサイズ
36mm×24mm
CMOS
撮影感度標準:ISO100〜40000
拡張:ISO50、51200、102400
記録フォーマットJPEG/RAW
連写撮影高速連続撮影:最高約8コマ/秒(ワンショットAF時) シャッタースピード1/8000〜30秒
液晶モニター3.15インチ
210万ドット
ファインダー形式 有機ELカラー電子ビューファインダー
ローパスフィルターレス   ファインダー倍率 0.76 倍
ファインダー視野率(上下/左右)100/100 電池タイプ専用電池
専用電池型番LP-E6N/LP-E6 撮影枚数ファインダー使用時:350枚
液晶モニタ使用時:370枚
記録メディアSDカード
SDHCカード
SDXCカード
スロットシングルスロット
その他機能
防塵・防滴  手ブレ補正機構  
5軸手ブレ補正  自分撮り機能 
タッチパネル ゴミ取り機構 
内蔵フラッシュ   タイムラプス 
ライブビュー  可動式モニタバリアングル液晶
GPS   USB充電 
RAW+JPEG同時記録  バルブ 
RAW14bit タイム 
PictBridge対応  セルフタイマー10/2秒
インターフェースUSB Type-C、miniHDMI 起動時間0.9 秒
AFセンサー測距点最大5655ポジション   
動画撮影
4K対応  動画記録画素数4K(3840x2160)
29.97fps
ファイル形式MP4 映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264
可変(平均)ビットレート方式
音声記録方式編集用(ALL-I)設定時:リニアPCM
標準(IPB)、軽量(IPB)設定時:AAC
  
ネットワーク
Wi-Fi  BluetoothBluetooth 4.1
BLE(Bluetooth Low Energy) Wi-Fi Direct対応  
NFC     
サイズ・重量
幅x高さx奥行き135.8x98.3x84.4 mm 重量580 g
付属
付属レンズ無(本体のみ)   
カラー
カラーブラック   
 
 
 
 
 
 
※デジタル一眼カメラ項目解説

*1 撮影枚数
CIPA規格(カメラ映像機器工業会が定める電池寿命測定方法)に基づいた枚数です。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
EOS Rシステム
EOS Rシステム
高画質を新時代へと前進させるRFマウント

EOS Rシステムを象徴する大口径RFマウントは、かつてない高画質を実現するために大口径マウント、ショートバックフォーカスを採用。その内部には、35mmフルサイズCMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 8を搭載しました。RFレンズの描画性能との連携で、被写体のディテールまでシャープに描きます。そして肉眼では捉えられない繊細な色彩のグラデーションまで再現。さらに、新マウント通信システムにより、カメラとレンズの通信性が飛躍的に向上。数々の新機能を実現するだけでなく、画像処理性能を大幅に高めました。

大口径マウント

EOS Rシステムが目指したのは「従来と同じ映像表現ができる小さな一眼カメラ」ではありません。かつてない映像表現と撮影領域を拡大するシステムです。そのためにはマウントの小型化ではなく、EFマウントの大口径54mmを継承することが最良の選択でした。その結果、レンズを肥大化させずに光学性能を高めることができます。そして、F値の明るい高画質レンズをはじめ、ハイスペックなレンズ開発が可能になりました。

ショートバックフォーカス

RFレンズの性能を最大限に発揮させるためには、 ショートバックフォーカスの採用が不可欠でした。その結果、ミラーレス構造を選択。この構造により、CMOSセンサーとレンズ最後部を近接し配置できるため、光学設計の自由度を高めることが可能に。かつてない光学性能を実用化したRFレンズ群により、これまで以上の高画質を達成できます。また、一眼レフのミラーのあった空間を光学的に有効活用できるため、カメラとレンズのシステム全体で小型化に貢献できます。

新マウント通信システム

EOS Rシステムの機能を全面的に進化させる、新マウント通信システム。12ピンの電子接点により、EFマウントと比べ通信速度は大幅に向上しました。フォーカス、ズーム、絞り、手ブレ補正、レンズの諸収差などの情報を、瞬時にカメラ側へ伝達します。またカメラ内でのデジタルレンズオプティマイザを初期設定から[する]に設定していても、連続撮影時に速度を低下させず、高度な光学補正が可能です。

約3030万画素、高性能35mmフルサイズCMOSセンサー/映像エンジンDIGIC 8
約3030万画素、高性能35mmフルサイズCMOSセンサー/映像エンジンDIGIC 8
高解像・高感度、高速化を追求

高画素と高感度・低ノイズ化を両立した、自社開発・自社生産の約3030万画素、35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。RFレンズに対応した光学設計の最適化を図り、高い解像力を発揮。またフルサイズという大型センサーが、RFレンズの美しいボケ味を最大限に引き出します。さらに豊かで滑らかな階調表現を可能にする、広いダイナミックレンジも実現しています。

EOS Rの頭脳を司る、映像エンジンDIGIC 8

RFレンズに導かれた光を、高性能CMOSセンサーが受け止める。その良質な素材を余すところなく画像へと反映させるのが映像エンジンDIGIC 8です。先進の画像処理性能により、高画素ながら常用ISO感度40000を達成。高感度でも鮮明な一枚を描きます。さらに最高約8.0コマ/秒の高速連続撮影や、デュアルピクセルCMOS AFの進化、4K/30pのEOSムービーなど数々の機能も実現しています。

世界最速AF、0.05秒を達成※
世界最速AF、0.05秒を達成※

EOS RのデュアルピクセルCMOS AFは、35mmフルサイズカメラにおいて世界最速※のAFスピードを達成。撮影者の意思に遅れることなく動体の一瞬の動きを捉えます。さらにAF精度や追尾性能も進化。あらゆるシャッターチャンスに対応します。

※2018年9月4日現在販売されている35mmフルサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルミラーレスカメラの撮像面位相差AFおよびコントラストAFにおいて(キヤノン調べ)。CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や使用レンズにより異なる)。内部測定方法。
[測定条件]測距輝度:EV12(常温・ISO100)、撮影モード:M、RF24-105mm F4 L IS USM使用、焦点距離24mm位置、シャッターボタン操作による静止画撮影時、AF方式:1点AF(中央)、AF動作:ワンショットAF時

ファインダー内ですべてが完結する。内蔵EVF

0.5型・有効画素数約369万ドット・視野率約100%のOLED※1(有機EL)カラー電子ビューファインダー(EVF)を搭載。光学ファインダーに迫るリアルな“見え”を追求するため、ファインダー光学系に非球面レンズを採用。メガネをかけたままでものぞきやすい約23mmのアイポイント、約0.76倍のファインダー倍率など撮影に没入できる快適なファインダーを実現。また露出シミュレーション表示、メニュー画面の表示など、ファインダーで行うことができます。

多彩で機能的なファインダー内表示

背面モニターに近いレイアウトで、多彩な情報をファインダー内に表示。表示項目はカスタマイズも可能です。また、カメラを縦位置に構えると、自動的に縦型のレイアウトに変更される機能※2 や、操作可能な撮影設定にダイヤルアイコンが表示されるなど、ファインダーをのぞいたまま一連の設定・撮影操作がしやすく、被写体への集中力が高まります。

ファインダー内ですべてが完結する。内蔵EVF

※1 Organic Light-Emitting Diode
※2 静止画モード時のみ。縦表示は各種アイコン、ヒストグラム、水準器が対応しています。

EOSムービー/5軸手ブレ補正
4K・UHD、新時代EOSムービー

EOS Rシステムにより、EOSムービーの可能性はさらに拡大。RFレンズと、70種類を超えるEFレンズで多彩な映像表現が楽しめます。また4K・UHD(3840×2160)の内部記録が可能で、フレームレートは29.97p/24.00p/23.98p、それぞれALL-I/IPBが選択できます。4K撮影時、常用最高ISO感度12800に設定できるため、暗いシーンでも感度を上げて撮影することが可能です。ファインダーをのぞいたままでも動画撮影が行えるため、液晶モニターへの光の反射が気になる日中撮影にも便利です。

強力な手ブレ補正で快適な撮影をサポート

動画撮影時の手ブレ補正効果も強化。IS搭載のRFレンズ※1 装着時は、レンズ側のISで補正しきれていないブレ量を、カメラ側の映像情報で検出、補正効果を高めます。さらにカメラ側の動画電子IS※2 とレンズ側のISの双方を新マウント通信によって協調制御、コンビネーションISとして強力な手ブレ補正効果を実現します。従来のIS搭載EFレンズとの組み合せにおいては、レンズ側の手ブレ補正と電子式手ブレ補正を組み合せた5軸補正(レンズ側:水平回転、縦回転/カメラ側:回転軸、左右、上下)が可能です。IS非搭載レンズ装着時でも、カメラ内の動画電子IS※2 がブレを補正します。

EOSムービー/5軸手ブレ補正

※1 対応レンズ:RF24-105mm F4 L IS USM/RF35mm F1.8 MACRO IS STM(2018年9月現在)。
※2 動画電子IS使用時は、撮影範囲が狭くなります。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

EOS R ボディ
CANON

EOS R ボディ

最安価格(税込):¥181,304発売日:2018年10月25日 価格.comの安さの理由は?

EOS R ボディをお気に入り製品に追加する <2366

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース キヤノン、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R」を10月25日に発売決定
2018年9月21日 16:18掲載
EOS R

キヤノンは、10月下旬発売予定としていた、「RFマウント」を採用するフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」の発売日を10月25日に決定した(※画像は「RF24-105mm F4 L IS USM」装着時)。

「RFレンズ」と有効約3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー、最新の映像エンジン「DIGIC 8」との組み合わせによって、高画質で表現力豊かな撮影を可能にするモデル。レンズの収差などを補正する「デジタルレンズオプティマイザ」が、連写速度に影響なく使用できるため、連続撮影時でも快適さを損なわずに「RFレンズ」の性能を引き出せるという。また、常用ISO感度100〜40000を実現し、明るいレンズと組み合わせることで、室内や夜景などの暗いシーンでも高画質な撮影を行えるのも特徴だ。

AF機能では、各画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」と「RFレンズ」の駆動制御を最適化したことで、最速約0.05秒の高速AFを実現。AFエリア任意選択時は、撮像面の約100%(縦)×約88%(横)の範囲で、ピントを合わせたい場所を最大5655のポジションから選べるため、自由な構図で撮影できる。さらに、EOSシリーズで初となるEV-6の低輝度限界を達成し、肉眼では被写体の判別が難しい暗い状況でも、高精度なピント合わせを実現するとのことだ。

また、約369万ドットの有機ELパネルを採用した、視野率約100%の高精細な電子ビューファインダー(EVF)を内蔵。ボディ背面には、スライド操作やタップ操作で、撮影設定や画像送りを簡単に行える、EOSシリーズ初のマルチファンクションバーを搭載する。背面モニターは、バリアングル式の3.15型液晶(約210万ドット)を備えた。

加えて、「キヤノンのカメラで初」という露出モード「Fv(フレキシブル AE)」を装備。単一モード上で、シャッター速度、絞り、ISO感度など、露出に関わる設定値を、AUTOまたは任意の値に設定できる。撮影モードなどを変更する必要がないため、状況に応じて素早い設定変更が可能だ。

このほか、動画機能は、4K撮影(3840×2160)に対応し、撮影動画からの画像の切り出しも可能。外部記録媒体は、SD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応。撮影可能枚数の目安は常温が約370枚、低温が約350枚。

本体サイズは135.8(幅)×98.3(高さ)×67.7〜84.4(奥行)mm、重量は約660g(バッテリー、カードを含む)、約580g(本体のみ)。

キヤノンオンラインショップでの価格は237,500円(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】キヤノン、RFマウント対応レンズとマウントアダプターを10月25日発売

ページの先頭へ