HUAWEI Mate 20 Pro SIMフリー [Twilight] スペック・仕様・特長

HUAWEI Mate 20 Pro SIMフリー [Twilight]

6.39型有機ELスマートフォン

最安価格(税込): ¥96,749〜 登録価格一覧(22店舗)
発売日:2018年11月30日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 9 販売時期:2018年秋モデル 画面サイズ:6.4インチ 内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 6GB バッテリー容量:4200mAh HUAWEI Mate 20 Pro SIMフリー [Twilight]のスペック・仕様

価格.com限定キャンペーン実施中!格安SIMカードで通信費を節約しよう!

ご利用の前にお読みください

 

HUAWEI Mate 20 Pro SIMフリー [Twilight] のスペック・仕様・特長



基本仕様
キャリアSIMフリー 販売時期2018年秋モデル
OS種類 Android 9 最大待受時間 
CPUHUAWEI Kirin 980 CPUコア数オクタコア
内蔵メモリ ROM 128GB RAM 6GB インターフェースUSB Type-C
外部メモリタイプ  外部メモリ最大容量256 GB
バッテリー容量4200 mAh   
画面性能
画面サイズ6.4 インチ 画面解像度3120x1440
パネル種類有機EL   
ネットワーク
データ通信サービス  下り最大データ通信速度 
BluetoothBluetooth 5.0 BLE 赤外線通信機能 
テザリング対応  NFC対応 
LTE対応 無線LAN規格802.11 a/b/g/n/ac
カメラ
背面カメラ画素数広角:約4000万画素
超広角:約2000万画素
望遠:約800万画素
前面カメラ画素数約2400万画素
手ブレ補正  4K撮影対応  
スローモーション撮影  撮影用フラッシュ
複数レンズ   
その他
耐水・防水機能IPX8 イヤホンジャック 
HDMI端子  MHL対応  
フルセグ  ワンセグ 
GPS機能 ハイレゾ 
ワイヤレス充電 おサイフケータイ/FeliCa 
キャリア割引対象端末  認証機能指紋/顔認証
センサー加速度/ジャイロ/コンパス/HALL/環境光/近接/気圧/レーザーセンサー   
SIMカード
デュアルSIM  デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS) 
デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV) SIM情報SIMフリー (nano-SIM)
サイズ・重量
幅x高さx厚み72.3x157.8x8.6 mm 重量189 g
カラー
カラートワイライト   
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の情報を見る

HUAWEI Mate 20 Pro SIMフリー [Twilight]
HUAWEI

HUAWEI Mate 20 Pro SIMフリー [Twilight]

発売日:2018年11月30日

HUAWEI Mate 20 Pro SIMフリー [Twilight]をお気に入り製品に追加する <135

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ファーウェイ、Leicaトリプルカメラが進化した6.39型有機ELスマホ「Mate 20 Pro」
2018年11月28日 16:20掲載
「Mate 20 Pro」 「Mate 20 Pro」 「Mate 20 Pro」

ファーウェイ・ジャパンは、「Mateシリーズ」より、フラッグシップモデルのスマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」を11月30日から発売すると発表した。

ディスプレイに、19.5:9の6.39型有機EL(3120×1440ドット)を採用したモデル。ボディは、手で持つのに適した角度でカーブを施し、片手でも持ちやすいという。ボディカラーは、ミッドナイトブルー、トワイライトを用意。なかでも、ミッドナイトブルーは傷や指紋がつきにく、すべりにくい、ハイパー・オプティカル・パターン加工を施した。IP68相当の防水・防塵性能も備える。

仕様面では、7nmプロセッシング技術によって69億個ものトランジスターを集積した「Kirin 980」、およびAI専用プロセッサーである「デュアルNPU(Neural Network Processing Unit)」を装備。これらの搭載によって情報処理能力が向上し、「Kirin 970と比較した場合、パフォーマンス効率がCPUは約75%、NPUは約226%まで向上した」という。

カメラ機能では、Leica社との共同開発によるLeicaトリプルカメラが進化。背面に、有効約4000万画素広角カメラ(27mm/F1.8)+有効約2000万画素超広角カメラ(16mm/F2.2)+有効約800万画素望遠カメラ(80mm/F2.4、光学3倍)を採用する。AIが1500以上の状況をリアルタイムで認識し、被写体に対して適したモードに自動設定する機能も搭載した。前面は、有効約2400万画素カメラだ。

このほか主な仕様は、メモリーが6GB、内蔵ストレージが128GB。外部記録媒体はNMカードをサポート。OSは「Android 9.0」(EMUI 9.0搭載)をプリインストールする。セキュリティ機能は、指紋認証機能および3D顔認証を搭載。バッテリー容量は約4200mAh。本体サイズは72.3(幅)×157.8(高さ)×8.6(奥行)mm、重量は約189g(バッテリー含む)。

市場想定価格は111,880円(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソフトバンク、“国内キャリアで唯一”「HUAWEI Mate 20 Pro」を発売

ページの先頭へ