トヨタ ライズの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ ライズの新型情報・試乗記・画像

ライズの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

ライズのモデル一覧

ライズのレビュー・評価

(119件)

ライズ 2019年モデルの満足度

3.88

(カテゴリ平均:4.29)

    ライズ 2019年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • ライズ 2019年モデル Z 先に結論を言うと、試乗した後にじわじわとその良さが身体に染みこんできました。

      開発と製造を担当するダイハツのロッキー、トヨタブランドで販売を行うライズ。いわゆる姉妹車の関係にある2台ですが、コロナ禍の前にトヨタ・ライズの最上位グレードである「Z」のFF車に試乗しました。

      市場のピークは過ぎたとか色々言われますが、まだまだSUVジャンルは掘り起こせばそこに販売のチャンスは転がっています。

      過去を振り返ると、トヨタはダイハツからOEM供給を受けたコンパクトSUVであるラッシュを販売していました(ダイハツはビーゴ)。

      クルマとしては今回のモデル同様、都市部などの使いやすさを向
      続きを読む 上させたモデルでしたが、今ほどのSUVブームではなかったこともあり、販売面ではもうひとつ伸びなかった記憶があります。

      しかしライズに至っては2020年1月の販売台数がカローラやプリウスを抑えて1位になりました。一方のロッキーは健闘しているものの、ここはやはりトヨタの販売力のよる部分が大きいわけです。

      さて、クルマ本体に話を戻しましょう。このクルマの最大のポイントはボディサイズと車両重量の軽さにあると感じました。

      全長3995×全幅1695×全高1620mmの寸法は取り回しのしやすい5ナンバー枠。全高は1620mmなので都市部に多い立体駐車場への入庫は難しいですが、FFと4WD車のスペックが同じという点では最近増えてきたマンションなどの1650mmまでの立体駐車場であれば駆動方式にこだわらず入庫できる点では見所があります。

      そして何よりもFF車で1トンを切る車重は税金面だけでなく、実際の走りにも軽快感をプラスしてくれます。

      また小回り性能の基準のひとつである最小回転半径も試乗したZグレードのみ17インチホイール&タイヤを装着しますが、それでも16インチ仕様との差はわずか0.1m。トヨタ車に限らず、ホイールサイズをアップすると最小回転半径が一気に増えてしまう車両が多い中でこの差で抑えた点は評価できます。

      搭載するパワートレーンは1L直3ターボに新開発のCVTを組み合わせます。型式的にはハイト系のルーミー&タンク(ダイハツで言えばトール)などと同じ「1KR-VET型」ですが、小気味良い加速感やアクセルコントロールのし易さなど「これ同じエンジン?」と思えるほど数段レベルが上がっています。

      とにかくフットワークが軽快です。接地感で言えばややフロントが浮き気味なる時もありますが、重心高の高いSUVということを考えれば十分以上、あまりにも走りが楽しいのでついついアクセルを踏んでしまったことで結果として燃費がやや落ちてしまった点は申し訳ないです。

      ただこれだけ軽快、いや元気に走るならパドルシフトを入れればセーリングポイントとして十分通用するのに、と感じながらこれらの高いパフォーマンスは人気のタントから採用された新型の「D-CVT」やダイハツの新アーキテクチャーである「DNGA」による部分も大きいと感じました。

      その燃費に関してはWTLCの市街地モードが14.4km/Lでしたが、実際でも13.9km/Lと少々物足りない。一方で高速道路では一気に燃費がアップ!新型CVTがエンジン回転数を低く抑えることができることもあり、流れの良い高速道路では22.3km/Lまで向上しました。正直、ちょっと差がありすぎるかな、という印象も持ちましたが、トータルでは17.7km/Lだったのでまずは及第点といった所でしょうか。

      一方、コンパクトなボディからは想像できないほどので室内空間や収納など実用的な部分が多いと感じました。

      乗降性のし易さはもちろん、何よりも2525mmのホイールベースとは思えない程、後席の足元を含めた居住性が高い。リアシートにはスライド機構も無いし、リクライニングも2段階しか動きませんが、それを補って余りある程、空間の使い方が上手い。

      また荷室に関しても容量だけでなく左右の出っ張りの少なさや十分な奥行き、そしてFF車の場合80Lのサブトランク(4WD車はそれでも38Lもあるので高評価)などの使い勝手も非常に優れています。

      オススメグレードに関してですが、高速道路を走る機会があるならば、今回試乗した最上級グレードの「Z」一択になります。

      その最大の理由が先進安全装備のひとつであるACC(アダプティブクルーズコントロール)が搭載されているのはこのZだけだからです。

      EPB(電動パーキングブレーキ)は持っていないライズですが、ACC自体は「全車速対応」、もちろん停止保持機能はありませんが、前述した高速道路の燃費の良さもACCに頼っていた部分もあり、快適性やドライバーの疲労軽減を考えたらACCはもはや必需です。

      また新型カローラから採用されたDA(ディスプレイオーディオ)に関しても「ディスプレイオーディオパッケージ(9万7900円)」として全グレードにメーカーオプションとなります。

      もちろんこの中には9インチの大画面ディスプレイやBluetooth接続、地デジTV、「Apple CarPlay」や「Android Auto」にも対応しており、内容は充実しているのですが、これにパノラミックビュー機能をプラスした上位オプションはこれもまた「Z」しか選ぶことができません。

      要は車両本体価格はかなり抑えているライズでもオプションをうまく選ばないと結果として総支払金額が高くなってしまいます。

      それでもサイズやコスパ等を考えると現在販売されているコンパクトSUVの中ではイチ押しと言えると思います。
      参考になった 78人
      2020年5月31日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 3
      燃費 3
      価格 4
    • 子供が独立したのでアルファードハイブリッドから乗り換えました。Zグレード1.2Lガソリン車です。

      【エクステリア】
      新色のスムースグレーカッコいいです
      バックドアが樹脂製でめっちゃ軽くていいですね

      【インテリア】
      もつ少し上質感があればいいですが十分機能的です
      助手席、後席も広くて快適
      後席のカップホルダーはアームレスト付きで真ん中に欲しかった

      【エンジン性能】
      どんどんストレスなく加速します
      定速巡航時はめっちゃ静かです

      【走行性能】
      アイドリングストップやブレーキホールドのギクシャク感はありますが不満ありません
      ハンドルやブレーキもしっかり反応しま
      続きを読む
      ACCはバッチリですがLKCはふらつくのが難点

      【乗り心地】
      段差で少し突き上げありますが、室内は静かで快適です。

      【燃費】
      これまで2,000キロ走行して19kmと物凄く燃費よくて助かってます。ガソリン車、街乗りプラス遠出で普通に乗ってこの燃費です。

      【価格】
      KINTOで契約しましたがリーズナブルだと思います。

      【総評】
      よく走り、街乗りも遠出も快適な車です。サイズが小さく、小回りも効くので細い道でも楽です。欲を言えば内装を上質にしたモデルがあればと思います。
    • 以前ガソリンZのレビューをしましたが
      ハイブリッドZに試乗したので再レビューです。

      結論は
      自動車の選択肢としてはありだと思うが
      ガソリンZに比べると今ひとつ価値に乏しい車です。

      【エクステリア】
      ちょっとだけ古臭い印象がありますが、トヨタのSUVらしい顔。
      (ガソリンZと同じ)

      【インテリア】
      上質かと言われたら全然そんなことはないが、直線的でギアっぽい統一感が素晴らしいデザインです。運転席ドリンクホルダーが3つあって、センターコンソールの脇に気の利いた小物ポケットなど機能性も◯。マテリアル自体は安っぽいがうまくデザインされていて良いと思います。
      (ガソリンZ
      続きを読む と同じ)

      【エンジン性能】
      1200ccにサイズアップされていますがちょっとしんどそうです。

      【走行性能・乗り心地】
      走行性能は良くなっています。モーターなので当たり前ですね。
      モーターだとどうしても堪能したいのがワインディングですが、車自体のコーナリング性能が高くなく、そこそこロールするのでワインディングが気持ちいい車ではないです。
      では平地高速はどうかというと
      ガソリンZに比べてロードノイズこそ抑えられているような気がしますが、効率が悪いのかバッテリーが小さいのか、かなり頻繁にエンジンが動いており、e-powerのようにエンジン音を隠す工夫もないので普通にやかましい車になっていまいました。
      CMで訴求されているような未来的なまるでEVかのような走行感はなく、「とりあえずHV」みたいな感じがします。

      【燃費】
      ガソリンZに比べるとだいぶ良くなり、元を取るのも難しくはないでしょうが、
      カローラくらいの燃費、フィットやアクアよりちょっと悪いくらいの燃費と考えると
      「Aセグメントでこんなもんかー」という気持ちはあります。

      【価格】
      ガソリンZの場合は「軽自動車にちょっと出せばそこそこかっこいいSUV」という価値があったが、
      HVZはある程度オプション乗せていくと300万に近い価格になるので
      他に選択肢もあるかなぁと思います。
    • 【エクステリア】
       フロントからの見た目が好き 車体サイズは小さいのに大きい車のように見える
      【インテリア】
       プラスチッキーで傷がつきやすいが赤部分のアクセントやカーボン調のデザインなど個性的で凝っている印象
      【エンジン性能】
       シリーズハイブリッドなので発電のみだが意図しないところでエンジンがかかり 結構高回転で回ることがあるのでシチュエーションによっては不快に感じる
      【走行性能】
       モーター特有のトルク感で街乗りでは充分な動力性能 高速では余力に乏しいがパワー不足は感じないため必要にして充分な動力性能
      【乗り心地】
       道路状況が良いところだと乗り心地は良いが 路面状況が
      続きを読む 悪いとピョコピョコ感がある
      【燃費】
       20〜25km/h程度 高速でも燃費良い 
      【価格】
       色々装着すると300万超えてしまう
      【総評】
       ハイブリッドZです 音質も地味に良くて一通りの安全装備も付いており 5ナンバーサイズSUVは唯一無二の存在です コンパクトで着座位置も高く 視界も良いので運転もしやすく燃費の良い車なので良くみかけるクルマですが それだけの実力があると思います ダイハツ製なのでウインカレバーとパーキングブレーキの操作は慣れるまで違和感があるのと レーダークルコンの追従精度や安全装備系も最新トヨタのセーフティーセンスに追いついてもらいたいですね

    ライズのクチコミ

    (3849件 / 314スレッド)

    クチコミ募集中

    ライズのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    ライズ 2019年モデル

    ライズ 2019年モデル

    ライズ 2019年モデルのクチコミを書く
    ライズ

    ライズ

    ライズのクチコミを書く

    閉じる

    ライズのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    ライズ 2019年モデル

    ライズ 2019年モデル

    ライズ 2019年モデルのクチコミを書く
    ライズ

    ライズ

    ライズのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ29
      • 返信数2
      • 2022年5月15日 更新
      RAIZE納車待ちの皆様
      ちゃんとメーカーのダイハツは車を作ってますよ。
      安心して納車をお待ちください。
      滋賀竜王製造と思ってましたが、池田のダイハツ本社で製造してますね。本日の比率ハイブリッド1:ガソリン4の積載でした。昨日生まれたてのRAIZEです。当方の2月納車のZハイブリッドは450km超えて燃費は24.5km通勤車のプリウスを超える燃費となっております。そろそろ
      続きを読む1000km入庫考えます。
      • ナイスクチコミ28
      • 返信数10
      • 2022年5月14日 更新
      納車して半年です。
      フェンダーが取れかけているのに気づきました。
      画像ではわかりずらいですがよく見ると全体的にガフガフしてフェンダーが歪んでいるように見えます。
      ディーラーでは雪や悪路で爪が取れたのではないか?と言われましたがGW後に点検予定です。
      もちろん事故など起こしていません。
      同じような症状のかたいらっしゃいますか?
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数6
      • 2022年5月11日 更新
      2月下旬にハイブリッドを注文。
      GW前に納車予定でしたが、現在納車日未定となってしまいました。どこも同じなので気長に待つしかないですね。

    ライズの中古車

    ライズの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較
    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止