日産 キックス e-POWERの価格・新型情報・中古車検索

このページの先頭へ

日産 キックス e-POWERの新型情報・試乗記・画像

キックス e-POWERの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

キックス e-POWERのモデル一覧

キックス e-POWERのレビュー・評価

(46件)

キックス e-POWER 2020年モデルの満足度

4.07

(カテゴリ平均:4.3)

    キックス e-POWER 2020年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • ★ KICKS 納車1ヶ月(約1,250q走行)後の感想です ★

      ーX-TRAIL(T31) 20X【ガソリン6MT】から乗替ー

      タイで先行発表されたKICKSの映像やジムカーナ風の走行動画に魅了され、カタログも無いのに発注しました。

      (・・・TJクルーザーが世に出なかったのは残念!。
      コロナ禍のアウトドアブームの中、道具感やルックスもエポックメイキングな一台となったのでは・・・?)

      ★ X-TRAIL(T31) の3ペダルに拘った者が
      1ペダル(e-pedal)に満足しているのか?

      今の処
      続きを読む は、( YES !)である。

      理由のひとつに、
      【アクセルペダルの繊細なレスポンス】を挙げたい。

      ・ECO & Sモードであれば、クリープ現象は発生せず、前進(バック)し、アクセルの踏込みに応じて滑らかに加減速する。信号ストップは、アクセルを緩やかに戻して、NOブレーキで停止する。クラッチペダル踏込みで、そうっとコントロールするのと、クルマの動きは変わらない。
      (アクセルペダルをしっかり戻せば減速し、ブレーキランプは点灯)
      同乗者が不快に感じる前屈みの揺れは、まず無い。精細に制御されている。
      始動時、ブレーキペダルに触れたら降車まで一度も踏まないことも・・・。

      ・下りワインディング走行の際、このコーナーならば、これまでのクルマは3速から2速へシフトダウン(or ブレーキング)が当たり前のシーンであっても、KICKSはアクセルを若干緩めて(ブレーキランプは無点灯)スイスイ曲がり、容易に駆け抜けて行く。
      リアの揺れを感じる前に踏込み加速し、次のカーブへ ・・・前走車達は何度もランプを点灯させているが・・・。
      ブレーキに一切触れず、峠道を抜けることができる。
      (目立たないシャシー制御だが、4輪にブレーキを適度にかけて、実に滑らかにコーナリングをトレースコントロールしてくれている !!)
      下り坂が長く続くと、満充電状態でもブレーキ制御のために一時的だがエンジンが唸ってしまうのは自車発電の宿命か?エンジンブレーキ音に置き換えるならば、それも許容範囲だろう。

      ・右足踏み替えが無く、絶えずアクセルペダルに足裏が貼り付くように感じられるがために、むしろ、踵の置き場所に気を遣うほど。それほど、アクセルペダル一本で淀みなく繊細な加減速を実現するのが、電動車の特性だろう。「面白い」、の一言。
      ・シートは適度に身体にフィットする。ハンドル操舵角は小さく、シャシーがしっかりしているので、よく曲がる印象である。一方で、市街地走行ではショックが硬めと感じるかもしれないが、ここは好み次第。
      (クロカンのゴツゴツ極太タイヤではないので、コツコツという感じで不快ではない)

      ★ 約1250kmのうち、5度にわたり自動車専用道路を走行した。
      ・自動車道を含めた往復距離:約150km × 5 = 約750km
      ・郊外への往復ルート(自動車道:約40分 × 2、
      他:大部分はアップダウン)
      ・自動車道・・・約60→100km/h(プロパイロット使用、
      渋滞時Stop&Goあり)
      ・その他は市街地がメイン・・・約500km(短時間走行)

      ● プロパイロット走行は慣れだろう。
      ・要は、自身がクルマを信頼できるならば、積極的に使用して、疲労を軽減できる。
      (・・・慣れるまで夢に出た・・・)
      ・プロパイロットでは、右足はフリーになる(ブレーキングへの備えは必要)が、加減速をクルマに任せておけばいいのに、右手親指でスピード設定を微調整したくなる。流れの変化に対する電動車の追随は、素早い。
      (自動車道でも一車線では、車速変化が頻繁に起こる)
      ・最低30km/hでのスピード維持設定ができるので、渋滞時が安心でいちばん有用なのかも知れない。停車後、再加速は親指1本で済む(アクセルでも可)。
      ・プロパイロット制御との相関もあろうが、車台のセッティングとしては、直進性よりも旋回性を重視している印象だ。緩やかなカーブならば問題なく制御している。

      ★ 納車当初はECOモードでの走行だったが、現在はSモードが主体である。Sモードの方が素早く流れに乗り、アクセルペダルの踏込み量が少なくて済む。この運転で、トータル燃費は徐々に向上している。
      ・急加速時は、Dモードがスポーティな走りをする。通常走行では静粛性が高いだけに、強く踏み込むとエンジンが唸りを上げて(発電)、勢いよくダッシュする。
      (ヒュイーン)と響かせるのは未来的で、イイ。
      (ECO & Sモードに慣れると、Dモードでは、よりブレーキングへの備えを意識しておく必要がある)

      ★ 燃費 21.8km/g(メーター表示:実燃費 −1程度)
      ・短時間乗車(15分程度)の場合、99.9qや10q以下を表示することもあり、電動車制御のユニークな部分(笑
      (満タン時にリセットするのがデータ管理上も、精神的
      にもイイようda)
      ・満タン41gで、約800q 以上の走行可能

      ・トランクは深く積載物が安定して良い。デジタルインナーミラー搭載で、トノボード上に積んでも視界の妨げはない。シンプルなアウトドア志向の人には十分な容量であり、車中泊よりもテント泊を好むだろう。
      (個人的には、N-BOXと使い分けて遊ぶつもりだ)

      ・T32のボッテリ感を払拭し、シャープなラインを加えてコンパクトに凝縮したアーバンデザインである。

      ● 落ち着いたラディアントレッド&ブラックに、ルーフスポイラーとブラックプロテクターを装着。ダブルVモーションの内側のみ、ブラックに換装している。

      ☆ 燃費を重視したいだけならばTOYOTAを選べばいい。
      NISSAN KICKSは、電動車ならではの走りを楽しめるクルマである。自車発電して、LEAFのような “ 電池残量減 → 給電の心配 ” をしながら走行することも無い。

      ☆ 安全性と快適性を確保したクルマであり、カジュアルに電動車の走りを楽しみ、手軽に遊びにも使いたい方には、是非購入をお勧めします。

      * NISSANは、奇を衒わず、電動車の先進性と魅力を
      ストレートにコマーシャルして欲しい。

      ★ もっとがんばれ、技術の日産 !!! ★

    • 今回、日産本社にて試乗しました。
      試乗の際は、大人2人乗車、天気は晴れ、気温20℃くらい、路面は乾燥している状況でした。
      今回のキックスの試乗、大きな期待をもっていただけに、今後の期待も込めて厳しめに評価をさせていただきました。

      【エクステリア】
      コンパクトSUVながら、存在感のある顔は◎
      モノトーンカラーもいいですが、プレミアムホライズンオレンジ/ピュアブラックツートンがブラックのサイドモールとも相まってお洒落な印象を受けます。
      ヘッドライト部にさりげなくKICKSと入っているのもいいですね。
      なかなかカッコいいと思います。

      【インテリア】
      個人的な好き嫌いにもなる
      続きを読む と思いますが、質感の高いフィットLUXEやMS-30に比べると、非常に安っぽい印象を受けます。
      ドア内装、空調スイッチ周辺、グローブボックス等で使用でされているプラスティックの質感の低さ。サンバイザーの質感も酷い。
      インパネからナビ、空調スイッチ、シフトレバー、コンソールボックス等室内全体にかけて、もう少し統一感、一体感を出せたのではないかと思います。
      インパネ部、ドアトリムに合皮を採用したのは良いのですが、ただ張っただけにしか見えない=良い質感に感じません。明るめの色も影響しているかも知れません。
      内装色ブラックであれば、さほど感じませんが、内装色オレンジタンですと、華やかなインテリアデザインである一方で、より一体感のなさ、質感のなさを感じてしまいます。
      操作系スイッチ類もなにか統一感もなくバラバラに配置されていることも高級感がなく
      感じてしまうところだと思います。1番残念なところです。
      質感の良さは求めていない?

      室内空間は、室内高さにゆとりを感じます。コンパクトSUVの中ではかなり広いと思います。
      後部座席着座時の上部スペースは、にぎりこぶし1つ分以上の余裕があります。
      着座したひざ元にもゆとりがあり、足も全席シート下部に入れることでできるので狭さを感じません。
      後席用の空調ダクトが床からでていますが、踏んでも問題ないということです。

      ラゲッジルームは、このクラスにしては容量が大きいと思います。容量が何Lかは、教えていただけませんでしたが。
      室内の高さがあるのでラゲッジの広さも恩恵を受けており、ゴルフバッグも9型であれば3本入るようです。このクラスでは優秀ですね。

      インテリジェントルームミラーは、夜間では見やすくなるように調光され後部視界が遮られる多人数乗車では非常に効果的な機能と思います(メーカーオプションとなります)。

      電動パーキングブレーキが標準搭載されているのは◎ですね。
      信号待ち快適です。

      【エンジン性能】
      モーター走行なので、トルクフルで加速十分です。
      高速道路の合流、追い越しもストレスなく気持ちよく走れます。
      強制的にスイッチで@エンジン駆動=発電し充電するモード Aモーター走行(充電しない)モードをドライバーの意志で選択できるのもいいですね。

      【走行性能】
      ハンドルが軽めの設定です。車両重量も1350Kgと軽く、軽快に走ります。重厚さは感じません。
      一方で、直進安定性は良くないです。常にハンドルを握っていないと怖い感じ。真っ直ぐに走ってくれる安心感がありません。
      剛性をアップしているというお話でしたが、あまり感じられませんでした。

      ワンペダル走行は、慣れが必要ですが、疲労を軽減できる機能ですね。
      思いのままにアクセル開度をコントロールして、スピード調整ができれば運転も楽しくなりますし、
      負荷軽減につながると思います。ワンペダル走行、好印象でした。

      【乗り心地】
      足回りは固めの印象です。
      路面の凹凸を拾ってコツコツ入ってきました。気になる人には気になるレベルかと思います。
      段差の大きいところは、特に気になります。振動、音も大きいです。

      【燃費】
      高速あり、街乗りありの試乗30分程度で24Km/L程度でした。
      カタログ値を超えていました。
      実燃費、まあまあ期待できそうですね。

      【価格】
      室内の質感、乗り心地、走行性能からみたら、非常に高いと思います。
      プロパイロット運転支援技術の価格分でしょうか。
      キックス Xツートン 約287万円です。オプションで、ナビ、ドラレコ等々+諸費用で合計400万円近くになると思います。ディスレイオーディオさえ標準でついていないのは残念としか言いようがないです。
      この値段ならもっと質感の高い車づくりをお願いしたいです。
      ぜひ、他社の完成度の高い車をみていただき、頑張って欲しいです。
      ちなみに、ハリアーのエントリーモデルが、車両価格 299万円です。
      車両価格だけで比較して、ハリアー買えちゃいますよ。

      【総評】
      外観、モーター走行性能、運転支援プロパイロットは◎。一方で、内装の質感、乗り心地が非常に残念な結果でした。
      運転支援技術の更なる進化も含め、次期モデルに期待したいと思います。
    • 銀座ショールームで飾ってあったKICKSを見て、興味が湧きましたので実車の試乗してみました。
      (小一時間、市街地4:高速6くらいの試乗)
      私は運転好きなこともあり、更には全国遠征するため、レンタカーを借りまくるので国内外の各メーカーを乗りまくっております。ノートe-POWERには何度か乗ったことがあり、e-Powerがどんなものかは知っておりました。

      ※試乗直後、気分が変わる前にスマホから簡易レビューしたのですが、自宅で真面目に再レビューします。


      【エクステリア】
      日産の方曰く、KICKSは押出の強い顔にしたそうですが、個人的には(良い意味で)そうは感じずこの程度にしてく
      続きを読む れて良かったかな、と感じました。
      サイドは、今時のホイールアーチがデカく見える風のデザインで、可もなく不可もなく。見慣れたSUVデザインと言えば良いでしょうか。


      【インテリア】
      そもそもこのクラスの車格と利用シーンから、質感を求めていないので潔くシンプルで好印象。むしろ限られた予算内でそれなりの質感を出したんだな、とメーカーの頑張りを感じてしまいました。
      内装に高級感を求める方はこの車に興味は無いでしょう。


      【室内空間・荷室】
      とても地味なのですが・・・、実はこの車のウリだな、と感じるところです。
      リアの着座ポイントと、室内の遮音性に相当な力を入れたそうです。リアに座った人は『ぼっち』にならず、フロントの人との会話が自然に成立します。

      更に、リアシートの空間を犠牲にせずに、トランクルームもかっちり確保されているのは、日常的にトランクへ巨大な荷物を出し入れする者としては、高評価です。


      【エンジン性能】
      思い通りの加速、車線変更、減速、停止が実現できます(試乗時は大人3名乗車)。ストレス無し。
      以前乗ったノートe-POWER(残雪が残る山道300km程度、夏の北海道600km程度、いずれもレンタカー)と比較すると、アクセルを戻した時のつんのめる感覚(ガソリンのエンブレ相当)が滑らかになった、気がします(気のせいかも?)。

      以前、私の親族にノートe-POWERを進めたら、ワンペダルがしっくり来ないということで、ガソリン車を買ったことがありました。『初めてのe-POWER』がKICKSだったら結果が変わっていたかも、しれません。

      一方で、ノートe-POWERユーザーから「発電がうるさい」という声が多かったそうで、『極力発電しないようにしている』とのこと。私の場合、ノートe-POWER乗車時に「発電がうるさい」と思ったことが無かったのでチェックポイントにしませんでしたが、実際に試乗している間、どこで発電しているのか判りませんでした(気にすれば判るでしょう)。
      現ノートe-POWERユーザーさんで気になる方は、チェックすると違いが分かるかもしれません。


      【走行性能・乗り心地】
      一世代前の車と比較すればイイに決まっているのですが、足回りそのものよりもボディの塊感があって好印象。猛烈なフル加速は試せませんでしたが、加速時の車体の姿勢変化は気になりませんでした。
      その昔所有していたRNN14は、フル加速するとリアが沈み込んでいましたが、今時の車はよくできてるなあと感心。

      また、ProPILOTが標準搭載されています。特に長距離走行時は、率直に便利です。ゆるいコーナーでは勝手にハンドル切ってくれます(手放しは厳禁)。
      スピードは、5km/h刻みで設定できます。これに慣れると高速道路では、右手親指だけで加減速できるようになります。


      【燃費】
      小一時間程度の試乗なので、数値は分かりません。
      ※ご参考:カタログ値で21.6km/L(WLTC)。


      【価格】
      丸っと、約300万円です。
      額面だけ見てしまうと高そうに思えますが、e-POWER、ProPILOT、その他安全装備、室内空間、トランクルーム、頑張った内装、標準搭載されている装備トータルで考えると納得感はあります(激安!とは思いませんが)。


      【総評】
      燃費のスペックだけで語ってはいけない車。ワンペダルの操作性、リア空間、荷室の広さ、標準装備のProPILOT、そして価格。トータルバランスが優れており、メーカーさんの苦労が伝わります。

      言い換えると、燃費に振ったり、走りに振ったり、デザインに振った分けでない(と思える)ので、キャラクターはちょっと弱いかもしれません。高評価ポイントが地味であるが故、良さがジワジワ来る車です。通信簿はオール4以上を付けても良いかと思います。気になる方は先入観を捨てて一度試乗されることをおススメします。

      あえて苦言を加えるならば、もうちょっと早く出ていたならなぁ、という事。オール4の評価が変わったかもしれません。

    キックス e-POWERのクチコミ

    (713件 / 50スレッド)

    クチコミ募集中

    キックス e-POWERのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    キックス e-POWER 2020年モデル

    キックス e-POWER 2020年モデル

    キックス e-POWER 2020年モデルのクチコミを書く
    キックス e-POWER

    キックス e-POWER

    キックス e-POWERのクチコミを書く

    閉じる

    キックス e-POWERのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    キックス e-POWER 2020年モデル

    キックス e-POWER 2020年モデル

    キックス e-POWER 2020年モデルのクチコミを書く
    キックス e-POWER

    キックス e-POWER

    キックス e-POWERのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ12
      • 返信数4
      • 2020年10月30日 更新
      あと1週間ほどで納車になります。
      今からワクワクが止まらず、あれもつけようか、これもか…といろいろ考えるだけで楽しくなってます。

      いろいろ考える中で、パワースイッチ奥、エアコンダイヤルの下のスペースって何に使えばいいのだろう…
      となっています。

      実際に乗られてる方がどう使っているのか、納車待ちの方でこれに使おうと決めている方などなど、参考にさせていただけたら…と
      続きを読む思っています。
      みなさん、いかがですか?
      • ナイスクチコミ197
      • 返信数22
      • 2020年10月26日 更新
      久しぶりに見にきましたが、レビューって実際に購入した方がこれから買おうか悩んでいる時に参考になるとこだったのに、本当に乗ったのだとは思いますが、買わない人のレビューを掲載する意味はどこにあるのでしょう?どうしてもネガティブなコメントを入れたいのならクチコミにして欲しいです。価格コムさん、ちゃんと考えた方がいいですよ。
      • ナイスクチコミ49
      • 返信数13
      • 2020年10月24日 更新
      現行e-powerで 効率重視(燃費重視)運転をしていましたけど、e-powerの優位性を最大限に引き立てていなかった自分がいました。
      他社との明確な優位性は
      駆動バッテリーによる瞬間加速。
      リーフ由来の優れたモーター制御
      この2点だと思います。
      キックスは この優位性をさらに磨いたe-powerです。
      燃費も大切ですけど、燃費では 他社に敵いません。
      e-pow
      続きを読むerの優位性を最大限に引き立てながら運動を目標にしましょう!
      e-powerは 車のコントロールがしやすいパワーユニットと思います。(低中速が主に)だから気持ちの良い走りが可能になる。

    キックス e-POWERの中古車

    キックス e-POWERの中古車相場表を見る
    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止