フォルクスワーゲン T-Rocの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

フォルクスワーゲン T-Rocの新型情報・試乗記・画像

T-Rocの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

T-Rocのモデル一覧

T-Rocのレビュー・評価

(18件)

T-Roc 2020年モデルの満足度

3.24

(カテゴリ平均:4.29)

    T-Roc 2020年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • T-Roc 2020年モデル 今や全世界の自動車業界をリードする立場となったSUVカテゴリーでは、セグメントCハッチバック車をベースとする、いわゆる「コンパクトSUV」も大盛況。日本勢やヨーロッパ勢、さらにはアメリカ勢も参入し、数々の人気モデルがマーケットでしのぎを削っています。

      ティグアンと基本を一にしつつもひと回り小さなサイズと、より個性的なスタイリングを与えられたコンパクトSUV「T-Roc(ティーロック)」の広報車両を借り試乗してきました。
      (なお、新型コロナウィルスの影響で、車両の試乗時間が夜間であったため、車両写真は、筆者行きつけのディーラー展示車であることをご了承下さい。)

      フォルクスワーゲンT
      続きを読む -Rocのスリーサイズは、全長4240mm×全幅1825mm×全高1590mm。T-Crossの全長4115mm×全幅1760mm×全高1580mm、あるいはティグアンの全長4500mm×全幅1840ー1860mm×全高1675mmに対して、ほぼ中間に位置するサイズ感です。

      取材したのはT-Rocのトップグレードである「TDI R-Line」(452万9000円)です。T-Rocはフォルクスワーゲンの代表モデルである7代目「ゴルフ」をベースに、サスペンションのロングストローク化やタイヤの大径化によりSUV化を実現しました。
      エクステリアデザインはこのクルマ専用で面構成こそシンプルですが、兄貴分にあたるティグアンと弟分のT-Cross、それぞれの特徴を併せ持ちます。

      さっそくエンジンを始動してみると、ディーゼル特有のアイドリング音は、おそらく遮音対策がもうひと回り入念であろうティグアンの方が、若干ながら静かに感じられます。車両重量は、同じエンジンを搭載するティグアンTDIの1730kgより300kgも軽い1430kg。ティグアンTDIが「4 MOTION」なのに対して、現状におけるT-Rocは前輪駆動版のみであることが最大の要因です。

      T-Rocのパワーユニットは、「EA288」と名づけられたフォルクスワーゲンにおける最新世代の直噴ターボディーゼルのみです。最高出力は110kW(150PS)/3500-4000rpm、最大トルクは340Nm(34.7kgfm)/1750-3000rpmを発生。WLTCモード燃費は18.6km/Lとなっています。

      T-Rocを街中で走らせると、実ににスムーズに、そして力強く走ります。調べて見ると7速DSGのギヤ段はゴルフと同一ながら、最終減速比がローギヤード化されています。発進時の1速は低いギヤ比で素早い反応を促し、続く2〜3速ではディーゼルエンジンのもつ豊かなトルクを活かすべく伸びを加え、中間加速域として多用する4〜5速ではまたローギヤード化を強めて、速度の自乗で増えていく空気抵抗値に対応するといった感じでしょうか。

      とくに中速域からのトルク感は実に活発で、あくまでディーゼルSUVにしては……という条件つきながら「スポーティ」という表現がしっくりきます。しかし、車両重量が軽くなった分、乗り心地はティグアンよりも若干固めという印象でした。

      試乗コースにはワインディングもあったため、タイトコーナーをちょっと真面目に走らせてみると、この固いサスセッティングに意味があることが判ってきます。そのハンドリングはまるでホットハッチのごとく俊敏で、クーペ的にスポーティなスタイリングの印象を裏切ることのない、爽快なドライブを満喫させてくれました。

      内装デザインは主要パーツこそゴルフと共有するものの、アップライトなポジションに合わせて各部を専用化。アクセルペダルやブレーキペダルも形状は同じですが、同じく着座位置の変化に合わせてリンク角度を見直したり、フットレストの角度に変更が加えられたりしています。

      また、フォルクスワーゲン車として日本初採用となるeSIM内蔵の通信モジュールを搭載して、常時オンライン接続が可能になった新世代インフォテイメントシステムを搭載。専用のアプリで車両データを見たり、車両のドアロックの状態やライトの消し忘れ状況を確認できたりするほか、ルート沿いのガソリンスタンド検索、近隣の駐車場検索といったことも可能になりました。

      バランスの取れた性能とフォルクスワーゲンらしくない色気のあるスタイリング、それに絶妙なサイズ感は、大変魅力的な一台といえます。


      参考になった 25人
      2021年1月15日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 3
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 5
      価格 3
    • 【エクステリア】
      精悍でなかなか良くまとまっています。
      パサート似でなかなかカッコ良いです。
      残念な点としては、フロント側はカッコよくゴルフをモディファイしていますが、リヤビューは出来るだけゴルフと共通化しようとテールランプデザインも似ているし、下部にある、エキゾースト風のモールも中途半端な仕上がりでカッコ悪いですね。
      【インテリア】
      ゴルフとは雰囲気は似ていますが、センターディスプレイが少し上に上がり視認性少しUPしました。しかし400万以上もするクルマの質感としては、フロント周りさえハードプラスチック仕上げで低い質感は、僅かなコストも削減しているようで、POPさに一生懸命振ってい
      続きを読む るつもりなのでしょうが、フランスの安いクルマのようには成れず、質感の高い内装のCX-30と比べると残念感しか感じません。

      ラゲッジスペースは床を下げて、トノカバー下で、およその実測で幅105CM、高さ60CM,奥行き70CM、上部奥行き35CMでした。概算上トノカバー下の実容量は約340Lとなり、カタログ値の445Lは天井まで目一杯積むという見苦しい積載をした場合+タイヤ収納空間を含めた容量のようでした。
      VWに限らず、床下のタイヤ収納空間が加算されていたりと各メーカーとも姑息な表示を繰り返しているので、ラゲッジを重視するなら数値によらず必ず実測した方が後悔がありません。

      室内区間はほぼゴルフと同等で後席は大人4人がそこそこ乗れる程度です。

      【エンジン性能】
      ディーゼルエンジンの割には、軽く踏み込んだ時のトルク感は穏やかで、スムーズさを優先して半クラッチを多用しているため力感が薄いように感じます。

      これでは、強く踏み込むとそれなりに力強く加速しますが、今度は8ATあたりの他社ディーゼルには加速性能とスムースさや加速の質感でDSGでは勝てません。たとえば値引きにより価格的には競合するBMW X2の8ATと比べると分かる方には分かるでしょう。

      【走行性能】
      ペースを上げるとすこしだけフロントの重さを感じますが、無難に曲がります。
      踏み込むとエンジン音はそれなりに伝わるのはゴルフと同レベルでイマイチです。しかもエンジン音の割には意外に速度が出ていません。
      【乗り心地】
      硬めですが、しっかりした乗り心地でなかなかです。
      【燃費】
      試乗のため不明です。
      【価格】
      売れ筋のグレードで総額およそ440万だそうです。

      この内容では少なくとも50万は値付けが高いですね。CX−30やBMW X2あたりと少し比べるといかに特別感の無い安っぽい内外装と走りの質感にして割高さが分かるでしょう。

      【総評】
      マツダCX-30、BMW X2など他のモデルと外装の特別感や、内装の質感、走りの質感など、いろいろ比べてみると、このクルマの立ち位置が見えてくるでしょう。検討されている方はまず他のモデルと比較してみましょう。

      VWというメーカーアメリカで数年前に排ガス処理デバイスを実走行ではスルーするという呆れたディーゼル不正事件を起こしたり、日本ではDSGのリコールを10年近くも隠し続け最近やっと認めたり、リコール認める少し前にDSGのトラブルについて営業マンに尋ねると湿式DSGモデルを試乗するとあれは乾式DSGの問題ですと説明し、別のクルマで乾式DSGモデルに試乗するとあれは湿式の古いモデルでと営業マンのセールストークも信用ならず、ユーザサイドから見るとかなり要注意なメーカーであることも気になります。

      DSGについては最近では欧州車によく使われるアイシンAGのトルコン8ATの無視できる故障可能性とは違い、メーカー保証を超えて長く乗る方は、以前ほどではないにせよそれなりの故障リスクは覚悟しておくと後悔がないでしょう。DSGの走行不能トラブルは高額な修理費がかかるので。

      T-ROCとは、結局VWお得意の比較的お手軽なコンバージョンモデルで、内装の質感も落とされた上に、少々車高の高いゴルフに過ぎず、トラブルリスクも有り、価格を50万くらい下げない限り、コスパも非常に悪く個人的にはオススメしません。
    • 当方6気筒エンジン+FRにこだわっていましたが前車でエンジンを諦めて今回はFRも捨ててこの車を購入しました。
      外装はほぼ満足です。エッジの効いたプレスライン、ツートンのボディカラー、大きく見えるサイズですが実はコンパクト。日本の道路事情にも適しています。
      次に内装。うーん、デジタルメーター、アンビエントライトがなければ10年前の車です。デザインの古臭さ、ダッシュボード、ドアノブの質感は安っぽさが。シートの出来はまずまず。とは言えやはり今どき手動調整に驚き、座面はもう少し固くても良いと思いました。
      走行性能について。先ずエンジン。2速まではレスポンスは悪い、音もうるさいでダメですが何とか合
      続きを読む 格です。1,430Kgの車重に34kgを超えるトルクを持つ2,000ccディーゼルターボですから余裕があります。特に高速では常識的な速度域であれば物足りない場面はないと思います。燃費も優秀。近所のスーパー行き帰りの状況でリッター10キロ超、高速では15キロは余裕。加えて軽油ですのでとても経済的です。ただこのエンジンに車が応えられない場面が。4速以上、速度50km以上の直線に不満はありません。しかし〜3速までの低速域ではハンドルがその振動を伝え後輪は不快なショックを路面から拾い快適とは言えません。また、ハンドルを切った状態、登り坂、荒れた路面などで大きくアクセルを開けるとホイールスピン等姿勢を乱し車が暴れます。急ブレーキもダメ。ノーズダイブに体が振らされます。
      以上今どきの車にしては欠点も多いのでオススメは難しいかと思います。

    • VWゴルフ7ハイライン1.4TSIとの比較です。
      しっかりと数千キロ走行してのレビューです。


      @非力なエンジン
      2Lディーゼルターボというエンジンに持っている期待感から
      感覚的に「2ランク下」の非力さです。
      ガルガルうるさく、走らない。
      DSGなのに初期CVTの「ラバーバンドフィール」レベルです。
      VWのディーゼルターボへの興味、期待、信頼、全て無くなりました。


      A退化したACC
      個人的にはこれだけでも致命的です。
      車間の取り方がガサツに退化しました。
      前と少し距離があるとガルルルルと唸らせ急接近。
      近づいたら減速。
      下手くそな運転手の車に乗っているよ
      続きを読む うで不快なレベルです。
      一応、公正を期すため進化ポイントも記載しておくと、
      カーブ中の補足性能だけはアップしていました。


      B貧弱な足回りと剛性感
      カーブのたびにフワフワと左右にロールする乗り心地はまるで日本車です。
      TNGAのSUVには乗ったことがありませんが、
      このレベルなら既に追いついているのでは?
      VWを選ぶ価値は全く見出せません。


      Cチープすぎる内装
      もはや質実剛健ではありません。
      華美でないとかそんなレベルではなく、安物車そのもの。
      視界に入る全ての質感がチープです。


      オーナーの方には酷評ですみません。

      上記4項目で、この車を買うべきか十分判断できると思います。
      VWの美点、信念を失った車に感じます。
      国産からの乗り換えなら「へー、VWってこんな感じなんだ」
      程度なのかもしれませんが、旧来ユーザーは失望したと思います。
      以前の信念を失ったBMWのようです。

      一説には不正ディーゼル問題で多額の賠償金を負い、
      何ふり構わずコストカットに走っていると。
      この説を見事に補強・体現してしまっている車だと感じました。

      あと、この車への高評価レビュー記事がネットには沢山あります。
      もちろん個人の感想ですので、松坂牛よりスーパーの肉が美味い!
      という人もいるでしょうが
      そう言った記事を書く人と自分の価値観が合っているのか、
      確かめるべきでしょう。

      大きなお世話ですが、記事を書く側も信憑性を失ったら最後では…
      と思いながら記者名をチェックしています。

    T-Rocのクチコミ

    (33件 / 6スレッド)

    クチコミ募集中

    T-Rocのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    T-Roc 2020年モデル

    T-Roc 2020年モデル

    T-Roc 2020年モデルのクチコミを書く
    T-Roc

    T-Roc

    T-Rocのクチコミを書く

    閉じる

    T-Rocのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    T-Roc 2020年モデル

    T-Roc 2020年モデル

    T-Roc 2020年モデルのクチコミを書く
    T-Roc

    T-Roc

    T-Rocのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ14
      • 返信数0
      • 2021年11月9日 更新
      9月末に決算時期の大盤振る舞い割引に引かれてGolf7.51.2TSIからTDI Sportsに乗り換えしました。まず、エクステリアは非常に気に入ってます。幅や全長はほぼ同じサイズなのに立派に見えます。内装のハードプラスティックが多く使われてることにコメント多いですがシートの質やアンビエントライトの装備などで質感はかなり向上してると思います(最新の日本車よりはシンプルなのは否め続きを読むませんが)。7速DSGが湿式になって変速時のショックが殆ど無くなりました。乾式DSGの変速ショックもマニュアル車のようにアクセルワークしてタイミング合わせるのが好きだったのですが、ショックが無い方がやっぱりいいですね。ガソリン価格の急騰でディーゼルがとても有難い状況です。ハイオクとディーゼルでリッター40円近く違うと大きいです。クリーンディーゼル車の車税減税や重量税が\0なのも新車時の価格に効いてきました。更にディーゼルの低回転からのトルクフルな走りはとても乗りやすいです。エンジン音もアイドリング時の音は少し大きいですけど走り出したらGolfとほとんど差が無いです。パークアシストやセンサー系の警告がGolfより少しセンシティブになって色々警告されます。全体的評価ですが今のところ星4つくらいです。もう少し距離乗って評価していきたいところです。
      • ナイスクチコミ19
      • 返信数1
      • 2021年3月28日 更新
      昨日販売店から連絡があり、5月、6月位に1.5リッターのガソリン車が発売になるとの事。どの位安く設定されるのか、気になるなぁ。
      • ナイスクチコミ17
      • 返信数6
      • 2020年10月11日 更新
      試乗した際に低速時のレーンキープがなされていないように感じたのですが、装備されているのでしょうか?
      ほかのVW車に試乗した際は作動していたもので…。
      設定がなされていなかっただけですかね?

    T-Rocの中古車

    T-Rocの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較
    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止