SR6015 スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2020年 9月中旬 発売

SR6015

  • Hi-Fiコンポーネントと同じく原音に忠実で透明度の高い空間表現力を実現したAVレシーバー。
  • HEOSによるストリーム音楽再生、8K対応HDMIセレクターでTV、Apple TVを接続、Bluetoothでスマートフォンにもコネクトし、それらが自動で切り替わる。
  • Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhancedのほか、新4K/8K衛星放送で使用されている音声フォーマットMPEG-4 AAC(5.1ch)にも対応。
SR6015 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥148,500

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥148,500¥165,000 (11店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥173,000

店頭参考価格帯:¥148,500 〜 ¥148,500 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

サラウンドチャンネル:9.1ch HDMI端子入力:7系統 オーディオ入力:6系統 SR6015のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SR6015の価格比較
  • SR6015の店頭購入
  • SR6015のスペック・仕様
  • SR6015のレビュー
  • SR6015のクチコミ
  • SR6015の画像・動画
  • SR6015のピックアップリスト
  • SR6015のオークション

SR6015マランツ

最安価格(税込):¥148,500 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 9月中旬

  • SR6015の価格比較
  • SR6015の店頭購入
  • SR6015のスペック・仕様
  • SR6015のレビュー
  • SR6015のクチコミ
  • SR6015の画像・動画
  • SR6015のピックアップリスト
  • SR6015のオークション

SR6015 のスペック・仕様・特長



  • Hi-Fiコンポーネントと同じく原音に忠実で透明度の高い空間表現力を実現したAVレシーバー。
  • HEOSによるストリーム音楽再生、8K対応HDMIセレクターでTV、Apple TVを接続、Bluetoothでスマートフォンにもコネクトし、それらが自動で切り替わる。
  • Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhancedのほか、新4K/8K衛星放送で使用されている音声フォーマットMPEG-4 AAC(5.1ch)にも対応。
サラウンドフォーマット
DTSDTS:X
DTS-HD Master Audio
DTS-HD High Resolution Audio
DTS-ES Matrix 6.1
DTS-ES Discrete 6.1
DTS-ES
DTS 96/24
DTS Express
DTS
DTS Neural:X
DTS Virtual:X
DOLBY DIGITALDolby Atmos Height Virtualizer
Dolby Atmos
DOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
DOLBY DIGITAL EX
DOLBY DIGITAL
Auro-3D  AAC
THX    
出力情報
フロント出力110W(20Hz〜20kHz、8Ω)
150W(1kHz、6Ω)
センター出力110W(20Hz〜20kHz、8Ω)
150W(1kHz、6Ω)
サラウンド出力110W(20Hz〜20kHz、8Ω)
150W(1kHz、6Ω)
サラウンドバック出力110W(20Hz〜20kHz、8Ω)
150W(1kHz、6Ω)
サラウンドチャンネル9.1 ch インピーダンス4〜16Ω
入力端子
HDMI端子入力入力×7(8K 対応入力×1) オーディオ入力6 系統
コンポーネント入力2 系統 光デジタル入力2 系統
映像コンポジット入力4 系統 同軸デジタル入力2 系統
出力端子
HDMI端子出力出力×3(モニター×2、ゾーン2×1) コンポーネント出力1 系統
基本仕様
周波数帯域10Hz〜100kHz チューナーFM/AM
ワイドFM HDCP2.2
HDCP2.3 4K伝送120p対応
8K伝送60p対応 ARC対応 
eARC対応 HDR対応
HDR方式HDR10
ドルビービジョン
HLG
HDR10+
Dynamic HDR
自動音場補正Audyssey MultEQ XT32
USB1(フロント) カラーブラック系
ネットワーク
BluetoothBluetoothバージョン 4.2、Class1 BluetoothコーデックSBC
Wi-Fi スマートスピーカー連携Alexa
AirPlay  AirPlay 2
HEOS radiko 
DLNA   
ストリーミングサービス
Amazon Music Spotify
AWA SoundCloud
Deezer    
対応音声入力フォーマット
量子化ビット数WAV・FLAC・ALAC:16、24bit サンプリング周波数WMA・MP3・MPEG-4 AAC:32、44.1、48kHz
WAV:32、44.1、48、88.2、96、176.4、192kHz
FLAC・ALAC:44.1、48、88.2、96、176.4、192kHz
DSD ハイレゾ 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き440x161x398 mm 重量12.8 kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

SR6015
マランツ

SR6015

最安価格(税込):¥148,500発売日:2020年 9月中旬 価格.comの安さの理由は?

SR6015をお気に入り製品に追加する <386

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース マランツ、8K/60p対応のミドルクラスAVアンプ「SR6015」
2020年8月21日 06:45掲載
「SR6015」

マランツは、ミドルクラスAVアンプ「SR6015」を発表。9月中旬より発売する。

「マランツが考えるアンプの最も基本的かつ重要な能力である、ステレオ再生能力を高めることに注力して開発した」というモデル。すぐれたステレオ再生能力をシンプルにマルチチャンネルへと拡張することで、「ソースがステレオであっても、サラウンドであっても、Hi-Fiコンポーネントと同様の原音に忠実で透明度の高い空間表現力を実現する」と説明する。

具体的には、8K/60p、4K/120p映像信号のパススルーやHDR10+、新4K8K衛星放送で使用されている音声フォーマットMPEG-4 AAC(ステレオ、5.1ch)などの最新機能をサポート。実用最大出力220W(6Ω、1kHz、THD10%、1ch駆動)の9chフルディスクリート・パワーアンプを搭載し、「低能率なスピーカーも余裕をもって駆動できる」という。

また、Hi-Fiコンポーネントと同様に、原音への色付けを排除した忠実な再生を追求するため、パーツひとつずつの選定や、回路設計の自由度が高いフルディスクリート構成を採用。肉厚なアルミ押し出し材を使用した、ヒートシンクに2分割したパワーアンプ基板を取り付け、放熱性にすぐれ、振動にも強い構造を実現するという。プリアンプ回路には、高速アンプモジュールHDAMを採用した。

さらに、3Dサラウンドフォーマットの「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応。IMAXシアターの迫力をホームシアターで再現する「IMAX Enhanced」にも対応した。最大11.2chのプロセッシングに対応し、パワーアンプを追加すれば、「7.1.4」までシステムを拡張できる。バーチャルサラウンドテクノロジー「Dolby Atmos Height Virtualizer」「DTS Virtual:X」もサポートした。

このほか、HDMI入力1系統(HDMI 7)、出力2系統が8K/60pおよび4K/120p映像信号のパススルーに対応。また、7入力/3出力すべてのHDMI端子がデジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.3」をサポート。映像のダイナミックレンジを拡張するHDR(High Dynamic Range)については 「HDR10」「Dolby Vision」「Hybrid Log-Gamma」に加えて、「HDR10+」と「Dynamic HDR」にも対応する。

加えて、パソコンやNASなどのミュージックサーバー、およびUSBメモリーからのファイル再生では、5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCM(WAV/FLAC/Apple Lossless)に対応。FM補完放送「ワイドFM」対応のFM/AMチューナーも搭載する。

ボディカラーはブラック。

価格は148,000円(税別)。

ページの先頭へ