FCC-1KJ スペック・仕様・特長

2020年11月下旬 発売

FCC-1KJ

  • 独自の「スピンシステム」を採用したコーヒーメーカー。噴水のようにお湯を下から上へと循環させながらコーヒーを抽出する。
  • 温度と抽出時間を自由に設定でき、お湯が循環する時間を変えることでマイルドな味から濃いめの味まで好みのコーヒーが抽出できる。
  • ホットや水出しのコーヒーのほか、紅茶や緑茶、ハーブティーや、お湯を沸かすケトルとしても使える。一度に3〜6杯分まで淹れられる。
FCC-1KJ 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥12,444

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥12,444

Dshopone-plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥12,444¥16,280 (13店舗) メーカー希望小売価格:オープン

容量:6杯 フィルター:メッシュフィルター コーヒー:○ FCC-1KJのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • FCC-1KJの価格比較
  • FCC-1KJの店頭購入
  • FCC-1KJのスペック・仕様
  • FCC-1KJのレビュー
  • FCC-1KJのクチコミ
  • FCC-1KJの画像・動画
  • FCC-1KJのピックアップリスト
  • FCC-1KJのオークション

FCC-1KJクイジナート

最安価格(税込):¥12,444 (前週比:±0 ) 発売日:2020年11月下旬

  • FCC-1KJの価格比較
  • FCC-1KJの店頭購入
  • FCC-1KJのスペック・仕様
  • FCC-1KJのレビュー
  • FCC-1KJのクチコミ
  • FCC-1KJの画像・動画
  • FCC-1KJのピックアップリスト
  • FCC-1KJのオークション

FCC-1KJ のスペック・仕様・特長



  • 独自の「スピンシステム」を採用したコーヒーメーカー。噴水のようにお湯を下から上へと循環させながらコーヒーを抽出する。
  • 温度と抽出時間を自由に設定でき、お湯が循環する時間を変えることでマイルドな味から濃いめの味まで好みのコーヒーが抽出できる。
  • ホットや水出しのコーヒーのほか、紅茶や緑茶、ハーブティーや、お湯を沸かすケトルとしても使える。一度に3〜6杯分まで淹れられる。
基本仕様
タイプドリップ式(ミルなし) 容量6 杯
ポンプ気圧  抽出時気圧 
サーバータイプ   フィルターメッシュフィルター
タンク容量  最大抽出容量720ml
最大使用水量  消費電力800W
電源コードの長さ0.7 m   
メニュー
コーヒー  エスプレッソ  
カプチーノ   お茶
紅茶   
主な機能
液晶パネル  ドリップストッパー  
浄水   自動内部洗浄 
着脱タンク   スイングバスケット  
蒸らし機能  オートオフ 
予約タイマー  スチームノズル 
カップウォーマー  ミルクフォーマー 
給湯機能 Bluetooth 
全自動    
サイズ・重量
本体サイズ(外形寸法)幅140x高さ260x奥行210mm 質量1.4kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

FCC-1KJ
クイジナート

FCC-1KJ

最安価格(税込):¥12,444発売日:2020年11月下旬 価格.comの安さの理由は?

FCC-1KJをお気に入り製品に追加する <54

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース クイジナート、スピンシステムを採用した「ファウンテン コーヒーメーカー」
2020年11月16日 12:00掲載
FCC-1KJ FCC-1KJ FCC-1KJ

コンエアージャパン合同会社は、「Cuisinart(クイジナート)」ブランドより、「ファウンテン コーヒーメーカー FCC-1KJ」を11月下旬より発売すると発表した。

独自の「スピンシステム」を採用したコーヒーメーカー。同システムでは、「まるで噴水のように、お湯を下から上へと循環させながらコーヒーを抽出する」とのこと。お湯が循環する時間を変えることで、マイルドな味から濃いめの味まで、好みに合わせて抽出できるという。

ホットコーヒーに加えて、水出しコーヒー(コールドブリュー)にも対応。コーヒー抽出後、70/80/90度から選択した温度で30分間保温する「保温機能」も搭載した。

また、抽出温度と抽出時間を組み合わせて、紅茶や緑茶、ハーブティーなどにも使用可能。お湯を沸かすケトルとしても活用できる。

主な仕様は、容量が1L(湯沸かし時)/720ml(コーヒー抽出時)、温度設定が75/80/85/90/95/100度とCOLD、抽出時間が1〜8分(ホット)/20〜40分(水出し)。

本体サイズは約140(幅)×260(高さ)×210(奥行)mm、重量は1.4kg。電源コードの有効長が0.7m。

価格はオープン。

ページの先頭へ