FIO-BTA30 スペック・仕様・特長

2020年12月 4日 発売

FIO-BTA30

  • LDAC/aptX HDコーデックで送受信できるBluetoothレシーバー&トランスミッター機能搭載USB DAC。LDACは96kHz/24bitに対応。
  • DACチップにAKM製「AK4490EN」を搭載。BluetoothレシーバーにQualcomm製「CSR8675」を採用し、高い接続安定性を実現。
  • Bluetooth送受信機能のほか、RCAアナログ出力や光/同軸出入力、USB Type Cコネクタなど豊富な入出力端子を備える。
FIO-BTA30 製品画像

拡大

プロダクトアワード2021

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:DAC(D/Aコンバーター) ハイレゾ:○ FIO-BTA30のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • FIO-BTA30の価格比較
  • FIO-BTA30の店頭購入
  • FIO-BTA30のスペック・仕様
  • FIO-BTA30のレビュー
  • FIO-BTA30のクチコミ
  • FIO-BTA30の画像・動画
  • FIO-BTA30のピックアップリスト
  • FIO-BTA30のオークション

FIO-BTA30FiiO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年12月 4日

  • FIO-BTA30の価格比較
  • FIO-BTA30の店頭購入
  • FIO-BTA30のスペック・仕様
  • FIO-BTA30のレビュー
  • FIO-BTA30のクチコミ
  • FIO-BTA30の画像・動画
  • FIO-BTA30のピックアップリスト
  • FIO-BTA30のオークション

FIO-BTA30 のスペック・仕様・特長



  • LDAC/aptX HDコーデックで送受信できるBluetoothレシーバー&トランスミッター機能搭載USB DAC。LDACは96kHz/24bitに対応。
  • DACチップにAKM製「AK4490EN」を搭載。BluetoothレシーバーにQualcomm製「CSR8675」を採用し、高い接続安定性を実現。
  • Bluetooth送受信機能のほか、RCAアナログ出力や光/同軸出入力、USB Type Cコネクタなど豊富な入出力端子を備える。
基本仕様
タイプDAC(D/Aコンバーター) 形状据え置き
出力RCA:最大3Vrms 電源USB Type-C
サンプリング周波数USB:44.1/48kHz
光デジタル:最高96kHz
同軸デジタル:最高192kHz
量子化ビット数USB:最高16bit
同軸デジタル/光デジタル:最高24bit
DSD対応 DSDネイティブ再生
ハイレゾ  バランス出力対応 
バランス出力端子  消費電力 
バッテリー連続再生時間    
インターフェース・機能
ヘッドホン端子(ミニプラグ)  ヘッドホン端子(標準プラグ) 
光デジタル端子入力1 系統 光デジタル端子出力1 系統
同軸デジタル端子入力1 系統 同軸デジタル端子出力1 系統
アナログ入力端子  アナログ出力端子1 系統
USB端子1 系統 BluetoothBluetooth Ver.5.0
Bluetooth対応コーデック受信:SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC
送信:SBC/aptX/aptX LL/aptX HD/LDAC
  
サイズ・重量
幅x高さx奥行120x55x23.5 mm 重量115g
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

FIO-BTA30
FiiO

FIO-BTA30

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年12月 4日

FIO-BTA30をお気に入り製品に追加する <126

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ページの先頭へ