ホンダ ヴェゼル ハイブリッド 2021年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド 2021年モデルの新型情報・試乗記・画像

ヴェゼル ハイブリッド 2021年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
e:HEV X2021年4月23日/フルモデルチェンジ

265万円

-

  FF 5人 30.4km/L 1,496cc 1,350kg  
e:HEV X 4WD2021年4月23日/フルモデルチェンジ

287万円

-

  4WD 5人 26.4km/L 1,496cc 1,430kg  
e:HEV Z2021年4月23日/フルモデルチェンジ

289万円

299〜327万円   FF 5人 30.4km/L 1,496cc 1,380kg  
e:HEV Z 4WD2021年4月23日/フルモデルチェンジ

311万円

-

  4WD 5人 26.4km/L 1,496cc 1,450kg  
e:HEV PLaY2021年4月23日/フルモデルチェンジ

329万円

-

  FF 5人 30.4km/L 1,496cc 1,400kg  

ヴェゼル ハイブリッド 2021年モデルのレビュー・評価

(30件)

ヴェゼル ハイブリッド 2021年モデルの満足度

3.97

(カテゴリ平均:4.29)

    ヴェゼル ハイブリッド 2021年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 【エクステリア】
      好意的に見れば価格以上のイカつさを有した風貌、否定的に見れば身の程を弁えない下品な顔といった感じ。厳つさと下品さは表裏一体なのでこのデザインを格好いいと思うかどうかは人によると思います。
      後席のドアノブがウィンドウに隠されているデザインはクーペ感のあるプロポーションを演出するためのものであるはずだけど、胴長でクーペっぽく見えないので結果として子供と老人が操作しにくいだけの不利なドアノブとなってるのが残念。ユニバーサルデザインという観点では失敗と言わざるを得ないと思います。

      【インテリア】
      よく上質上質と言われていますがしばしば比較にピックアップされるヤリスクロスが
      続きを読む 極端に安っぽいだけで質感は普通です。
      ピアノブラックのプラ塗装は色艶に優れますが傷もつきやすいので一長一短。全体的に上品そうなインテリアスタイルの割にシートのデザインがカジュアルなのと、直線基調なのか流線的なのかはっきり統一されてない部分に違和感があります。

      【エンジン性能】
      エンジンというかモーターは非常に優秀です。2500ccセダンからの乗り換えですがパワーもあり何より静か。

      【走行性能】
      ややハンドルが軽い印象があるのと、重心の割に車体が軽いのでふわっとしているというか、セダンのような地に張り付く感じというのはないですが概ね満足できるものでした。

      【乗り心地】
      快適です。急にエンジンが動き出すと少し気になりますが。

      【燃費】
      大変良いです。適当に乗っても20を下回ることはありません。このサイズの車が軽自動車並みの燃費で動くというのは衝撃的です。

      【価格】
      コスパに優れた車ではないような…?

      【総評】
      全体的に高次元にまとまった良い車だと思いますが、部分部分を切り取ってみれば特化したライバル車(例)に劣る部分も多く、器用貧乏な印象がなくはないです。
      (例)
      コスパのヤリクロ
      静粛性のノートepower
      インテリアの上質感のCXシリーズ
      全体的なまとまり感のあるTクロス、ライズ
    • Z AWD
       自分の使い勝手で気になる所だけを記述しました。 

      【エクステリア】
       ・耳たぶミラーの耳たぶは使い物にならないので外したいが外せない。
       ・18インチはオプション扱いにしてほしいです(4本で100kg近い重量と、最小回転半径が5.3m→5.5mに拡大され小回りの効かない車になってしまった)GとXは5.3m
       ・窓が高い位置にあるので駐車券を取る時など不便になることも(試してみてください)
       ・左後方の死角が広いので後退時は要注意。

      【インテリア】
       ・スタートボタンの位置が悪くウィンカーレバーに当たらないように腕や手首を90度近く曲げて押す。
       ・カード
      続きを読む 類を収納する引き出しが欲しい。
       ・荷室のサイズや形状を犠牲にしてもスライド&リクライニングが欲しい
        バックドアまでスライドしたら最高なのに!
       リアシート中央は座面が高く更に堅いので中央席に座る人はとても可哀想です。
       3人座ることがあるなら一度中央に座ってみてください。
       
      【エンジン性能】(モータ−)
       期待と違って加速(べた踏み)は悪いです。 1800cc位のガソリン車と同等。
       踏み込むとアクセルとシンクロしてエンジン回転数が上下するのでガソリン車と同じ感覚でした。ターボ車の様なトルクを感じることもありません。 Dマンが旧ヴェゼルより早いって言っていたけど・・・。 期待外れ。 youtubeの人たち褒めすぎ。

      【走行性能】
       ・ブレーキは深くまで踏み込まないと安心した制動感が得られません。もう少し軽いタッチから制動力がほしいです。
       ・Bレンジの減速セレクト4でもアクセルOFFはATの3速固定程度で2速固定ほどは減速はしない印象です。 いろは坂をBレンジだけでは下れないと思う。

      【乗り心地】
       運転席:何も気になりませんでした。 後席:黙って乗っているからコツコツ感だけ伝わってくる(悪くは無いけど、いいわ〜ってことも無い。同乗者も同じ感想)

      【燃費】(想像)
       高速道路での燃費は悪そうです。 100km/h超えると4000回転近くエンジンが回っているのではないでしょうか(タコメーターが無いので想像)
      WLTC高速道路モードは平均速度(56,7km/h)・最高速度(97,4km/h)なので※平均速度100km/hで走行した場合は相当落ち込みそうな気がします。
      札幌←→帯広(片道200km)を高速道路で往復した場合、実際どれくらいか気になるところです。

      【価格】
       ・オプションだったら付けない装備もいくつか含まれているので高い。
       ・300万越で4WDでトーションビームというのを内緒にしたい。
       ・ディーラーオプションナビも高い。地図更新は5年先で終わり、1回22,000円

      【その他】
       G・XとZではタイヤサイズが異なり外径が約2cmも異なり最低地上高もその分違っています。
       ディーラーではスタッドレスタイヤのサイズをXと同じ215/60R16を指定しますが外径が約2cm小さくなります。 雪道では地上高が高く、外径が大きく、扁平率も大きい方が乗り越えやすく止まりやすいので外径も合う215/65R16を指定して欲しい。 スピード距離計算はXとZでは同じなのだろうか?? Dマンに問い合わせると勉強不足でスミマセンと。

      【総評】
      加速と視界の確認が主だったのでべた踏み走行が多く乗り心地などは気にしていませんでした。 急旋回はしていないので挙動などは解りませんでしたが、設計が新しければ悪くはなっていないだろうと思っています。 
       気になる点はありますが欲しい気持ちは変わりませんでした。
       収納スペースが少ないので(カードケース、助手席下トレイ、ダッシュボードなどに収まっている物を何処に置くか悩みそうです。

       乗り慣れた車があっての試乗でのレビューです。 今乗っている車も最初は気になる点はありましたが乗り慣れると気になりません(体が車に合わせています)。
    • 4月に試乗、購入しました。納車はまだですが試乗レビューします。

      【エクステリア】
      ボディ一体型グリルは最初どうなんだろう?と思っていましたが、見慣れてくると格好良く見えてきました。
      SUVですよ!と言いたげなオラオラ感が薄れてスマート感あるのが良いと思います。
      ただフロントとリアで受けるイメージが違うのがちょっとかな。
      フロントは曲線的で柔軟なイメージなのに対し、後ろは角ばっていて硬質なイメージ。こういうのは統一した方が良かったと思います。
      よくハリアーみたいと言われますが、確かに灯火類のデザインなどエンブレムがトヨタのものだったらハリアーと思ってしまいそうです。
      でもハリア
      続きを読む ーのデザインが良い!と思ったからこそこういうデザインになってしまったのかもしれませんね。

      【インテリア】
      黒基調のデザインは冒険せず質を高めたイメージです。
      メーカーオプションのナビはダイヤル部分がエアコンのダイヤルと同じデザインなので統一感があって良いと思います。
      ナビ画面が高い位置にあるのと、信号案内がメーター部に表示されるので、視点移動のストレスが大分緩和されたと感じます。視点移動している間に危ない状況に、、、という事も少なくなりそうです。
      旧型のタッチパネル式はデザイン性は良くても使いにくい印象がありました。新型はダイヤル式なので直感的に操作出来て良いと思います。
      無接点充電機能が付いているのは高ポイントです。スマホのコードが不要なのでスッキリします。
      そよ風アウトレットも乾燥肌の自分には良く感じました。

      【エンジン性能】
      モーターの性能はかなり良いと思います。静かで、力強く、穏やか。
      日常生活帯における運用は高トルクもあって不満を感じる事はまず無いと思います。
      高速においてはモーターでカバーしやすい領域を超えるとエンジンに切り替わるようですが、1.5リッターという事もあり高速でオラオラ出来るような性能ではありません。

      【走行性能】
      日常生活帯ではまず不満は無いと思います。
      全車速対応のアダプティブクルーズコントロールは片道1時間、渋滞多めの通勤で大きく力になってくれそうです。
      また安全性能も充実しています。対車、歩行者対応の自動ブレーキは勿論、旧型ヴェゼルには無かったブラインドスポットモニターが追加されています。これが値引きの大きい旧型ヴェゼルではなく新型ヴェゼルを選んだ決め手となりました。

      ちょっと補足すると、トヨタはヤリスにブラインドスポットモニターを付けていますが、ホンダはフィットに付けていません。ヴェゼルとの差別化を狙ったのでしょうか。安全に関わる部分だけに、フィットにも付けるべきだったと思います。

      【乗り心地】
      エンジンがかかっている時はちょっと気になるかもしれませんが、基本的に静かでスムーズに走ります。ロードノイズはあまり気になりません。
      高級車にも採用されているシート構造ということもあり、シートの座り心地は良いと思います。
      後部座席も座り心地が良かったです。普段一人乗りですが、気楽に同乗者を誘えそうです。
      ただラゲッジスペースやチップアップ機構を犠牲にしてでも、リクライニング機能があれば良かったと思います。寝心地はあまり良くなさそうです(笑)
      トノカバーがリアハッチに付いていて、荷物の出し入れ時に邪魔になりにくくなっているのは地味に感心しました。

      【燃費】
      ハイブリッドなので、渋滞多めの市内でも燃費を気にせず走れそうです。

      【価格】
      高いけれど、装備からすれば妥当か、むしろやや安い印象すらあります。
      でもちょっと勇気の要る価格です。

      【総評】
      全体的にハイレベルでまとまっている車だと思います。
      旧型はアップグレード版フィットといったところでしたが、新型は大きく変えてきて、質感は良くなりました。
      今はまだあまり出回っていないので、所有感を感じられそうですが、そのうち無くなりそうです(笑)
      販売開始後約1ヶ月で17,000台受注とのことなので、1年後にはよく見る車となっているのでしょう。
      しかし所有感が無くなっても気楽に快適に乗れる車として長い付き合いとなりそうです。納車が楽しみです。

      ところで納期の長さでも話題になっているヴェゼルですが、生産体制の強化により納期が短くなってきているようです。
      私は当初7月始めの納期から、半導体の影響により9月へ延長、その後生産体制の強化により7月末〜8月初め納期予定となっています。

    ヴェゼル ハイブリッド 2021年モデルのクチコミ

    (475件 / 26スレッド)
      • ナイスクチコミ110
      • 返信数27
      • 2021年6月13日 更新
      昨日ディーラーに届きました♪

      明日納車、やっぱりいい

      娘から時々借りよう!
      • ナイスクチコミ53
      • 返信数4
      • 2021年6月12日 更新
      新型ヴェゼル ナビに関する不具合報告です。
      同様の症状のある方やこれから購入される方の有益な情報になればと思っております。
      納車2週間後、走行中にナビが自車位置を見失ない地図上で永遠にスクロールし始める。

      地図が必要だったため一度グーグルマップに切り替える。

      ナビ地図に戻っら画面が真っ白で自車位置のみ表示されている。

      GPSを確認すると受信していない。
      続きを読む
      色々いじって見たが復帰せず、データ初期化があったので押してみる。何度目かのデータ初期化で地図復帰する。

      自車位置がホンダ青山本社になる。GPSの受信はなし。走行すると青山本社の周りをぐるぐる。

      販売店に駆け込む。エラー表示はUSBの不具合となっておりGPSのエラーは出ていないとのこと。情報も無くよく分
      からないのでユニット全交換となる。ユニット取り寄せまで時間がかかるためそのまま乗っていたら2日後なにもなかったようにGPSを受信し完全復帰する。しかし、今後も不安なんでユニット交換は行った。

      一週間後、再度地図が真っ白になる。GPSは受信している。データ初期化を何度か試すも復帰せず。何故か停車中なのにTVが映らない(TVはユニット交換後初めて押した)。走行中は表示できません。の警告が出る。

      1日空けて再度データ初期化で地図復帰する。TVは映らない。販売店に問い合わせすると接続確認はしてるので映らないのはおかしいとの回答。

      後日入院となる。
      データ初期化が有効かという点では、地図が白くなる度にデータ初期化してたら登録地点など全部飛んでしまうため有効とは言えない。


      諸事情により購入した店舗ではない駆け込んだ販売店でお世話になっていますが、嫌な顔せず、親切丁寧に対応するスタッフの皆様には頭が下がる思いです。ありがとうございます。

      • ナイスクチコミ159
      • 返信数24
      • 2021年6月12日 更新
      1500w電源需要ないのかなぁ?本革シートなんかのセットとかじゃなくて、トヨタみたいに4.5万円くらいのオプション設定にしてくれれば付ける人多いと思うんだけどなぁ?
      皆さんどう思います?必要無いですか?

    ヴェゼル ハイブリッドの中古車

    ヴェゼル ハイブリッドの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    ヴェゼル ハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止