パワーコードレス MC-NS10K スペック・仕様・特長

2021年10月25日 発売

パワーコードレス MC-NS10K

  • セパレート型コードレススティック掃除機。ゴミをためておくダストボックスが本体とは別なため、軽量でスリム(手元重量0.45kg)。
  • 「クリーンドック」に戻すと毎回スティック内のゴミがドックに移動し、常にスティック内を清潔に保つ。紙パック式でゴミに直接触れずゴミ捨てが完了。
  • 「クリーンセンサー」を搭載し、目に見えない約20μmの微細なハウスダストまで検知。紙パック内にたまったゴミは「ナノイーX」で除菌。
パワーコードレス MC-NS10K 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥59,000

(前週比:+590円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥59,000¥72,600 (56店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥59,000 〜 ¥65,340 (全国745店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:スティック 集じん容積:0.05L コードレス(充電式):○ パワーコードレス MC-NS10Kのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • パワーコードレス MC-NS10Kの価格比較
  • パワーコードレス MC-NS10Kの店頭購入
  • パワーコードレス MC-NS10Kのスペック・仕様
  • パワーコードレス MC-NS10Kのレビュー
  • パワーコードレス MC-NS10Kのクチコミ
  • パワーコードレス MC-NS10Kの画像・動画
  • パワーコードレス MC-NS10Kのピックアップリスト
  • パワーコードレス MC-NS10Kのオークション

パワーコードレス MC-NS10Kパナソニック

最安価格(税込):¥59,000 (前週比:+590円↑) 発売日:2021年10月25日

  • パワーコードレス MC-NS10Kの価格比較
  • パワーコードレス MC-NS10Kの店頭購入
  • パワーコードレス MC-NS10Kのスペック・仕様
  • パワーコードレス MC-NS10Kのレビュー
  • パワーコードレス MC-NS10Kのクチコミ
  • パワーコードレス MC-NS10Kの画像・動画
  • パワーコードレス MC-NS10Kのピックアップリスト
  • パワーコードレス MC-NS10Kのオークション

パワーコードレス MC-NS10K のスペック・仕様・特長



  • セパレート型コードレススティック掃除機。ゴミをためておくダストボックスが本体とは別なため、軽量でスリム(手元重量0.45kg)。
  • 「クリーンドック」に戻すと毎回スティック内のゴミがドックに移動し、常にスティック内を清潔に保つ。紙パック式でゴミに直接触れずゴミ捨てが完了。
  • 「クリーンセンサー」を搭載し、目に見えない約20μmの微細なハウスダストまで検知。紙パック内にたまったゴミは「ナノイーX」で除菌。
基本仕様
タイプスティック 2in1(2way) 
集じん方式紙パック(クリーンドック) サイクロン種類 
コードレス(充電式) 電源コード式 
ごみセンサー  ダストステーション付き 
HEPAフィルター   ヘッド種類 モーター式(自走式)
吸込仕事率   騒音値64〜72 dB
集じん容積0.05 L 最長運転時間/連続使用時間HIGH:6分
AUTO:10〜15分
充電時間3時間 コードの長さ 
ライト機能  ダストケース丸洗い 
フィルター丸洗い 乾湿両用 
充電スタンド付属  日本製
ロボット機能
掃除タイプ  形状 
稼働面積  サイドブラシ 
衝突防止機能  段差乗り越え機能 
自己位置認識  清掃エリア設定機能 
自動充電(自動帰還)  自動再開 
スケジュール機能  タイマー予約 
Wi-Fi対応  スマートスピーカー対応 
アプリ連携    
サイズ・質量
本体寸法(幅x高さx奥行)213x1030x130 mm 質量本体:0.8kg
スティック:1.5kg
カラー
カラーホワイト   
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

パワーコードレス MC-NS10K
パナソニック

パワーコードレス MC-NS10K

最安価格(税込):¥59,000発売日:2021年10月25日 価格.comの安さの理由は?

パワーコードレス MC-NS10Kをお気に入り製品に追加する <919

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース 【新生活2022】ワンルームから一軒家まで幅広く活躍する最新コードレス掃除機
2022年3月13日 06:00掲載
シャープ、“RACTIVE Air史上最強パワー”をうたうコードレス掃除機「EC-SR7」 アイリスオーヤマ、スティックとハンディを一体化した「充電式スティッククリーナー SCD-P1P」

ひとり暮らしのワンルームから階段がある一軒家まで、オールマイティに活躍するコードレススティック掃除機が人気だ。その理由は、置き場所を取らず、本体が軽量で取り回しがよいことや、電源場所など気にせず使用できるといった、利便性が高さが挙げられるだろう。

そんなコードレススティック掃除機の最新モデルをチェックしてみると、本体質量は、東芝「トルネオコードレス」が1.2kg、日立「パワかるスティックが1.4kg(いずれも標準質量)と軽量化が進んでいるのがわかる。

また、パナソニック「パワーコードレス」は、“スティック本体のゴミ捨てが不要”という独自のセパレート型を採用。ダイソン「Omni-glide」は、“まるで浮いているように”前後左右あらゆる方向へ操作できるとうたい、取り回しがさらに向上。レイコップ「RAYCOP GENESIS」は、ヘッド部分にUVランプを搭載したことでUV除菌ができるなど、各メーカー独自の機能や能力を備えたモデルが登場している。

そこで今回は、2021年から2022年に価格.com新製品ニュースで取り上げた、「コードレススティック掃除機」の主な最新モデルをピックアップしてご紹介する(リンク先はすべて記事公開時の情報。在庫状況など、最新の情報は各メーカーのホームページまで)。

レイコップ、UVランプ一体型ヘッド搭載のコードレスクリーナー「RAYCOP GENESIS」

「医療現場で除菌灯として使用されている」というUVランプと、回転ブラシを一体化した「新搭載ヘッド」を採用するコードレススティッククリーナー。ヘッド部分は、布団などに使用する「フィンパンチブラシ」と床掃除の「床用ブラシ」が一体化し、「さまざまな場所のUV除菌掃除」に適しているという。

東芝、シリーズ最軽量1.2kgのコードレスクリーナー「トルネオコードレス VC-CLS2」

標準質量(本体・延長管・ヘッド・バッテリーの合計質量)が1.2kgと、「トルネオコードレス」シリーズ最軽量となる軽さを実現したサイクロン式コードレスクリーナー。「小型モーター」を搭載し、アルミ延長管、「軽量パワーヘッド」など細部まで軽量・最適化したという。

Anker、最大吸引力16000Paのハンディクリーナー「Eufy HomeVac H30」

フローリング用延長ノズルが付属するハンディクリーナー。吸引力が最大16000Pa、最大駆動時間が20分(省電力モード)/10分(最大モード)。本体を置くだけで充電可能なドックを備える。

日立、標準質量1.4kgで風量が約10%向上したコードレス掃除機「パワかるスティック PV-BL50J」

「ジェット3Dファンモーター」の搭載により、風量が向上しつつ、標準質量1.4kgを維持したコードレススティッククリーナー。「パワフル スマートヘッド」裏面に「からまんブラシ」を新たに採用し、髪の毛などがからまりにくくなったという。ヘッドには緑色のLEDライト「ごみくっきりライト」を採用した。

Shark、新開発ヘッド搭載のコードレススティック「EVOPOWER SYSTEM ADV FLEXモデル」

日本専用に新たに開発したヘッド「ハイブリッドパワークリーン」を搭載したコードレススティッククリーナー。ボタンひとつでパイプが曲がるFLEX機能を搭載する。また、パワーフィンとソフトローラーを組み合わせた独自のブラシロールが「あらゆる床に常に隙間なく密着」することで、一度で多くのゴミを取り除けるという。

パナソニック、セパレート型で“スティック本体のゴミ捨てが不要”なコードレス掃除機

掃除後のゴミを自動で収集するクリーンドックを搭載したセパレート型コードレススティック掃除機。1回の掃除が完了するごとに、本体のフィルターケースにたまったゴミをクリーンドック内の紙パックに自動収集し、スティック本体のゴミ捨てが不要になるという。

アイリスオーヤマ、スティックとハンディを一体化した「充電式スティッククリーナー SCD-P1P」

スティッククリーナーとハンディクリーナーを一体化したモデル。本体からワンタッチでハンディクリーナーを取り出せるため、床と同時に部屋の角や階段など、用途に合わせて使い分けて掃除できる。また、独自開発の「静電モップクリーンシステム」を搭載。スタンド部分に静電モップを付属することで、棚上のホコリなどを床掃除と同時に掃除ができる。

シャープ、“RACTIVE Air史上最強パワー”をうたうコードレス掃除機「EC-SR7」

高密度セル搭載の2500mAhバッテリーを採用し、最長約90分の連続運転を実現したモデル。ドライカーボンパイプを採用したボディにサイクロン構造を搭載し、「RACTIVE Air史上最強パワーと1.6kgの軽量ボディを実現した」とうたっている。

ダイソン、“浮いているように軽快な”全方向駆動コードレス掃除機「Omni-glide」

「ダイソンで最も操作性にすぐれたコードレスクリーナー」をうたうモデル。「前後左右あらゆる方向へ、まるで浮いているように軽快で自由自在に操作できる」と同社では説明。モーターやサイクロン、クリアビン、フィルター、ハンドルを直線的に配列した設計を採用し、180度フラットに寝かせて、ソファやベッドなどの低い家具下もスムーズに掃除できるという。

ページの先頭へ