HT-A3000 スペック・仕様・特長

2022年 9月10日 発売

HT-A3000

  • 独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」に対応した3.1chサウンドバー。音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」に対応。
  • バーチャルサラウンド技術を大画面化するTVに合わせて最適化しサラウンド音場を拡大。高音質と力強い音圧を実現する「X-Balanced Speaker Unit」を搭載。
  • スマートフォン、PC、ウォークマンなどのBluetooth対応のオーディオ機器から音楽をワイヤレスで簡単に操作でき、約10m以内の通信が可能。
HT-A3000 製品画像
最安価格(税込):

¥50,691

(前週比:-1,318円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥50,695

SAKURA MOMO

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥50,691¥88,000 (54店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥50,800 〜 ¥79,800 (全国743店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:サウンドバー チャンネル数:3.1ch DolbyDigital:○ DTS:○ サラウンド最大出力:150W ウーハー最大出力:100W HT-A3000のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HT-A3000の価格比較
  • HT-A3000の店頭購入
  • HT-A3000のスペック・仕様
  • HT-A3000のレビュー
  • HT-A3000のクチコミ
  • HT-A3000の画像・動画
  • HT-A3000のピックアップリスト
  • HT-A3000のオークション

HT-A3000SONY

最安価格(税込):¥50,691 (前週比:-1,318円↓) 発売日:2022年 9月10日

  • HT-A3000の価格比較
  • HT-A3000の店頭購入
  • HT-A3000のスペック・仕様
  • HT-A3000のレビュー
  • HT-A3000のクチコミ
  • HT-A3000の画像・動画
  • HT-A3000のピックアップリスト
  • HT-A3000のオークション

HT-A3000 のスペック・仕様・特長



  • 独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」に対応した3.1chサウンドバー。音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」に対応。
  • バーチャルサラウンド技術を大画面化するTVに合わせて最適化しサラウンド音場を拡大。高音質と力強い音圧を実現する「X-Balanced Speaker Unit」を搭載。
  • スマートフォン、PC、ウォークマンなどのBluetooth対応のオーディオ機器から音楽をワイヤレスで簡単に操作でき、約10m以内の通信が可能。
基本仕様
タイプサウンドバー チャンネル数 3.1 ch
サラウンド最大出力150 W ウーハー最大出力100 W
4K伝送   リモコン 
壁掛け対応別売   
サラウンドフォーマット
DolbyDigital Dolby Atmos
DTS DTS:X
DTS Virtual:X   
機能
HDCP2.2  HDCP2.3 
自動音場補正 ハイレゾ  
HDR対応  電源連動
ネットワーク
Bluetooth Bluetoothコーデック 受信:SBC/AAC/LDAC
送信:SBC/LDAC
NFC   Wi-Fi
LAN  AirPlay対応
Spotify対応 音声アシスタント 
ワイヤレス    
端子
HDMI端子出力端子:1系統
(ARC対応)
(eARC対応)
光デジタル端子1 系統
同軸デジタル端子  USB
サイズ・重量
幅x高さx奥行950x64x128 mm 重量4.6 kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

HT-A3000
SONY

HT-A3000

最安価格(税込):¥50,691発売日:2022年 9月10日 価格.comの安さの理由は?

HT-A3000をお気に入り製品に追加する <137

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ソニー、360立体音響を実現するサウンドバー「HT-A5000」「HT-A3000」
2022年8月23日 12:42掲載
HT-A5000 HT-A5000 HT-A5000

ソニーは、独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」を搭載する5.1.2chサウンドバー「HT-A5000」と3.1chサウンドバー「HT-A3000」を発表。「HT-A5000」を10月22日より、「HT-A3000」を9月10日より発売する。

いずれも、別売りの専用リアスピーカーと組み合わせることで、独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」に対応するのが特徴。サウンドバーとスピーカー間、壁や天井までの距離を内蔵マイクで自動計測し、スピーカーの置かれている空間を把握することが可能。それらの情報を元にサウンドバーとリアスピーカーからの音の波面を合成し、複数のファントムスピーカーを生成して広大な音場空間を創出することで、その場にいるような没入感を体感できるという。

また、同社製のテレビ「ブラビア」と接続することで、テレビのスピーカーをセンタースピーカーとして駆動させられる「アコースティックセンターシンク」を搭載。画面から音が出ているかのような「ブラビア」独自の音響技術により、大画面における映像と音の定位感が向上する。

音声フォーマットでは「ドルビーアトモス」や「DTS:X」などをサポート。無線通信はBluetoothやWi-Fi 5に対応する。

■5.1.2chサウンドバー「HT-A5000」

5.1.2ch構成の「HT-A5000」は、天井からの音の反射を生むイネーブルドスピーカーと、独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine」で、高さ方向の音の豊かな表現力を実現。加えて、壁からの音の反射で横方向の表現力が得られるビームツイーターと、フロントスピーカーで豊かなサラウンド音場を再現する「S-Force PRO フロントサラウンド」との連携により、濃密な音の広がりとリアリティ豊かな音響空間を楽しめる。

HDMI入力では、8K HDR/4K120信号を、そのままテレビへ送信する「8K HDR/4K120パススルー」に対応する。

インターフェイスとして、HDMI入力×1、HDMI出力(eARC/ARC)×1、光デジタル入力×1、USB×1を装備する。

このほか、実用最大出力は合計450W。バースピーカーの本体サイズは1210(幅)×67(高さ)×140(奥行)mm。重量は約6.1kg。

市場想定価格は121,000円前後。

■3.1chサウンドバー「HT-A3000」

3.1ch構成の「HT-A3000」は、3基のフロントスピーカーとデュアルサブウーハーに、「HT-A5000」にも搭載している「X-Balanced Speaker Unit」を使用し、振動板の面積を拡大させることでさらなる迫力の音とともに、ゆがみの少ないクリアな高音質を実現。「Vertical Surround Engine」と「S-Force PRO フロントサラウンド」を搭載しており、より密度の濃いサラウンド音場が体感できる。

インターフェイスとして、HDMI出力(eARC/ARC)×1、光デジタル入力×1、USB×1を装備する。

このほか、実用最大出力は合計250W。バースピーカーの本体サイズは950(幅)×64(高さ)×128(奥行)mm。重量は約4.6kg。

市場想定価格は88,000円前後。

ページの先頭へ